トランプ大統領

2020年3月31日 (火)

Covid-19:究極の外交問題

2020年3月25日
ディーナ・ストライカー
New Eastern Outlook

 今、アメリカ人は外交問題に「関心がない」と主張して、世界事情を報道しそこねているのを正当化するマスコミは、トランプ支持者が、彼らが心配する必要がない「外交」問題であるCovid-19は「中国」ウイルスだというトランプの主張を繰り返すのを馬鹿にしている。世界的な難問に立ち向かう話での中国の優越や、あるいは習政権が経験を共有するため、多数の医者を外国に送ったことを認めずに、独裁政権だと批判する。(一部の読者は、医者や教師を低開発国に送る任務が、キューバ革命の特徴の一つだったことを覚えておられるかもしれない。これを、全く巧妙な広報活動だと切って捨てる捨てる人々は、コロナ患者を乗せているイギリスのクルーズ客船が、トランプの命令によるアメリカを含め、至る所で拒絶された後、入港を許可したキューバの決定で明らかなように、「他者」との団結は社会主義の基本原則であることを無視している。

 「今や、我々の共通課題に立ち向かうため、革命と我が国民の人本主義的慣習に固有の価値観である、団結、人権としての健康としての理解、国際協力を強化する時だ。」

 (キューバは、薬品インターフェロンがコロナ19と戦う上で効果があると報告しているが、アメリカ・マスコミはそれも無視している。)

 一方、最近、フィル・バトラーが、このジャーナルに書いたように、ロシア国民は、2024年まで、ウラジーミル・プーチンが率いるのを是認しているように思われるが、ジョージ・ワシントンからリー・クアンユー(30年で、シンガポールを、田舎から国際金融の発電所へと一変させた人物)に至るまで、偉大な指導者が、自国のための彼らの計画を実現する認めるには時間が必要なことを認識しているのだ。それでも、目の前の証拠にもかかわらず、民主政治の話になると、アメリカ人はロシアによる選挙「干渉」が、心配する必要がある唯一のことだと信じ続けている。彼らは選挙が国がうまく導かれるの保証しており、「民意」はプロパガンダや金に免疫があると信じるよう条件づけられている。

 企業を含め、1%のための障害を取り除いて、政治運動に無制限の額を寄付できるよう、2010年に、金は、一種の演説だと宣言したことを、最高裁判所はまだ批判されている。だが10年後、私の受信箱は、個人候補からの、政治事務所や、考えられるあらゆる進歩的「大義」のための緊急寄付依頼であふれている。本当の地元民主政治に対する要求は増大しているが、現在の草の根活動は、寄付無しでは、存在できないと主張するが、彼らがどのように寄付を使っているか報告する義務を感じていない。

 最終的に、アメリカのマスコミは、大量感染と対決するためにシステムが構築されていないのを認めるのではなく、イタリアのコロナウイルス死者の大きな数が「政府による医療保険制度」が機能しない証明だと主張している。一方、フランス24は、イタリア前首相のマッテオ・レンツィが開いた窓の前で歌っているイタリア人を示して、事態は良くなるだろうと言って、インタビューを終わらせた。次の日フランス24は、ほんの少し前には、黄色ベストを着ていたパリっ子が、窓から、災難への対処で、マクロン政府を騒々しく称賛しているのを見せた。

 究極の皮肉が、どうやらアジアやヨーロッパの緊急状況に気付いていないアメリカ大統領は、彼一流の賢明さで、イースターを祝うため、アメリカ経済再開すると強く主張していることだ。「この国は封鎖するために建国されたのではない。」

 ディーナ・ストライカーはアメリカ生まれの国際関係専門家、東・西ヨーロッパで暮らした著者、ジャーナリストで、50年間、全体像について書いている。彼女は数年間で、Russia’s Americansを含め多くの本を書いた。彼女のエッセイはOtherjonesにも掲載されている。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2020/03/25/covid-19-the-ultimate-foreign-affair/

----------

 この、今回のキューバの活躍については藤永茂先生の『私の闇の奥』最新記事でも触れられている。

新型コロナウイルス:キューバと米国

 櫻井ジャーナルでも触れられている。

  COVID-19が広がるイタリアへキューバや中国の医師に続き、露国からも救援の手

 LITERA

「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 1月から野党が指摘していたのに放置、3月29日になっても「増産を調整している段階」

 日刊ゲンダイDIGITAL

国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

2020年3月19日 (木)

一つしか選択がない選挙

2020年3月9日
Chris Hedges
TDオリジナル

 この選挙で、選択は一つしかない。ジョー・バイデン下の寡頭支配集団か、ドナルド・トランプ下の寡頭支配集団かだ。トランプなり、バイデンなりと寡頭支配層が、再び勝つのだ。我々が負けるのだ。もしバーニー・サンダースが奇跡的に民主党被指名者になったら、彼を押しつぶすため、共和党に協力することを寡頭支配層は極めてはっきりさせた。もしサンダースが被指名者になったら、民主党支配層は、トランプから悪魔や圧政嗜好を即座に消し去るだろう。金曜日「バーニー・サンダースが、より親密なつながりを推進する中、ソ連は好機を見い出した」という記事で、ニューヨーク・タイムズが意地悪く書いたように、サンダースは赤狩りの標的になり、愚弄と嘲笑の対象にされた。寡頭支配層は、我々にヒラリー・クリントンやバイデンを押しつけようと試みる際は、よりましをと説教するが、彼ら自身はそれを無視している。連中はトランプよりは、バイデンが好きだが、どちらとでも、やれるのだ。

 寡頭支配層にとって、重要なものは一つしかない。民主主義ではない。真実ではない。支配される人々の同意ではない。収入の不平等ではない。監視状態ではない。果てしない戦争ではない。仕事ではない。地球温暖化ではない。大企業権力の優位と、彼らの富の継続的増加と強化だ。民主主義を消滅させ、労働者階級の大部分を窮乏状態にした寡頭支配層の覇権を、体制の枠内で、粉砕したり、有意義な改革を取り入れたりするのは不可能だ。本物の変化は、フランスの黄色いベストや、イギリスを本拠とするエクスティンクション・リベリオンのような持続的な市民的不服従や大量動員なしには、実現しない。インチキ選挙で、長い間だまさればだまされる程、我々は益々力を奪われてしまう。

 2016年の民主党大会で、何百人ものサンダース代議員が会場から退出した際、フィラデルフィアの、その名もふさわしいウェルズ・ファーゴ・センターの外に、私も抗議行動参加者といた。「民主主義がどのようなものか示せ!」と出口からなだれ出た際、バーニーのプラカードを掲げながら、彼らは唱和した。「民主主義はこういうものだ!」

 サンダース最大の戦術的失敗は、彼らに加わらなかったことだ。彼は大企業支配国家の強力な祭壇の前で頭を下げたのだ。指名プロセスを尊重し、混乱せず、クリントンを支援しようという、大半がクリントン選挙運動メンバーが書いたメッセージを彼の名で繰り返し送って、支持者と代議員による反乱を必死に食い止めようとした。サンダースは彼の不機嫌な支持者に、クリントン選挙運動を支持させようとする忠実な牧羊犬だった。彼がクリントン指名動議を提起し、棄教した瞬間、何百人もの彼の代議員が退席した。

 2016年の民主党全国大会後、サンダースは、彼が反抗分子として立候補した際に引き寄せていたものと比較して、哀れなほど少数の群衆の集会をクリントンのために開催した。大企業とウォール街からの何千万ドルもの資金を、選出された民主党候補者につぎ込む能力ゆえに権力を握っているチャック・シューマー上院院内総務を支持して、上院に戻った。彼に対する予備選挙の不正操作について、民主党全国委員会に対して起こされた訴訟支援をサンダースは拒否した。彼は彼が反対すると主張する新自由主義経済の政治的立場を奉じる民主党候補者を支持したのだ。自身無所属と呼ぶサンダースは民主党員として参加した。民主党は上院での彼の職務を決めた。もし民主党が上院の主導権を握ったら、シューマーはサンダースを上院予算委員会委員長にすると申し出た。サンダースは党官僚になった。

 民主党支配層に、十分追従的にすれば、彼らは、2016年に否定した機会を、2020年には、与えてくれると、どうやらサンダースは信じたのだ。政治とは、妥協と実務的なものだ、と彼は主張するだろう。これは本当だ。だが、民主的でない制度で、政治をするのは、政治茶番の共犯だ。サンダースは、大企業支配国家のどろ沼の生き物、民主党指導部を読み損ねたのだ。彼は大企業の蜃気楼である民主党を読み違えたのだ。連中は、せいぜい、前もって承認した候補を選択し、集会や演出された党大会で、小道具役を務めることができるだけだ。民主党支持者の、党活動や党方針に対する影響力は皆無だ。サンダースの純朴さと、おそらく、政治的勇気の欠如が、最も献身的な若い支持者を離反させた。これら支持者は、彼の裏切りを許さなかった。彼らは予備選挙で必要な得票を得られるだけの人数が、投票しないと決めたのだ。彼らは正しい。彼は間違っている。我々は、この体制を懐柔するのではなく、ひっくり返す必要があるのだ。

 サンダースは傷を負っている。寡頭支配層は、とどめをさしにかかるだろう。彼はフランクリン・デラノ・ルーズベルト以来、支配層を本格的に脅かすのに成功した、たった二人の進歩的大統領候補、1948年のヘンリー・ウォレス、1972年のジョージ・マクガヴァンに向けられた商業マスコミの茶坊主に幇助されたと同じ人身攻撃をするはずだ。無気力なリベラル階級は、容易におびえて、既にサンダースを捨て、おぞましい独り善がりで、サンダース支持者を厳しく非難し、政治的救済者としてバイデンを擁護している。

 トランプとバイデンは、老いて、認知的に衰えて、道義心にかけた実に不快な人物だ。トランプはバイデンより危険だろうか? そう。トランプは、より無能で、より不正直か? そう。トランプは、開かれた社会に対して、より大きな脅迫か? そう。バイデンは解決策だろうか? そうではない。

 バイデンは古い新自由主義秩序を代表している。彼はあらゆる政治思想の支配層に対する深い憎悪をひき起こした、民主党による働く男女の裏切りの権化なのだ。彼は、少なくとも、これらエリート連中が憎まれているのを理解しているトランプのような扇動政治家、詐欺師に対する贈り物だ。バイデンは、まことしやかな変更を実現できない。彼は同じことを更に提供できるだけだ。大半のアメリカ人は更に多くの同じことを望んでいない。無関心あるいは嫌悪から投票しないアメリカ最大有権者年齢層、一億人強の国民は、再び家に留まるだろう。選挙民のこの道徳退廃は、意図的なものだ。それで、私が思うに、トランプは、もう一期任期を得るだろう。

 バイデンに投票するのは、虐待者と対決したアニタ・ヒルのような勇敢な女性の屈辱の承認だ。中東での果てしない戦争の構築者の賛成票だ。イスラエル・アパルトヘイトの承認だ。政府諜報機関による国民への全面的監視や、適法手続きや人身保護令の廃止への賛成票だ。福祉と社会保障の削減や破壊を含め、緊縮経済計画への賛成票だ。NAFTA、自由貿易協定、産業空洞化、賃金下落、中国やベトナムの労働搾取工場で働く、不十分な賃金の労働者に対する何十万という製造業と雇用の海外移転による損失への賛成票だ。公教育に対する攻撃と、営利的キリスト教チャータースクールへの連邦資金振り向けへの賛成票だ。アメリカの刑務所人口を二倍にすること、有罪判決を三倍、四倍にし、死刑に値する犯罪を拡張することへの賛成票だ。罰せられずに、貧しい有色人種を射殺する軍隊化した警察への賛成票だ。グリーンニューディールと移住改革への反対票だ。女性の妊娠中絶の権利や生殖の自己決定権制限への賛成票だ。裕福な人々が教育の機会を得て、貧しい有色人種は機会を拒否される、人種別公立学校制度への賛成票だ。懲罰にも等しい学生ローンや、自己破産によって債務から自らを解放できなくなることへの賛成票だ。銀行とグラス- スティーガル法の廃止に対する規制緩和への賛成票だ。国民皆保険制度に反対し、営利保険会社や製薬企業への賛成票だ。肥大化した防衛予算への賛成票だ。アメリカの選挙を買収すため、寡頭支配層、大企業資金の無制限使用への賛成票だ。上院議員時代、デラウェアに本部を置き、バイデンの息子ハンターも雇用している最大の独立クレジットカード企業MBNAの権益に卑屈に奉仕した政治家への賛成票だ。

 民主党と共和党には、大きな政治的相違はない。我々は、参加民主主義だと錯覚しているだけだ。民主党員と彼らのリベラルな擁護者は、人種、宗教、移住、女性の権利と性的アイデンティティーに関して、寛大な見解を採用して、それが政治であるふりをしている。右翼は社会の片隅に追われた人々を、いけにえに使っている。文化戦争は現実を覆い隠す。両政党は、アメリカ社会を、一種の新封建制に再構成する上での全面協力しているのだ。人々が、どちらの衣装を好むか次第だ。

 彼らの権益を優先事項にできる「という錯覚を、無力な階級内で促進することで」民主党は「彼らをなだめ、裏返された全体主義システムでの野党のスタイルを定義している」と政治哲学者シェルダン・ウォーリンが書いている。

 民主党は、実際には、大企業全体主義への行進を阻止するために、ごくわずか、あるいは何もせず、再度、不本意ながら他よりましな代替物を演じている。大衆が欲し、それを得てしかるべきものは、またもや大企業ロビイストが要求するもののために無視されるだろう我々が、国民の大部分になされた社会的、経済的破壊に素早く対処しなければ、大企業専制の勃興とキリスト教ファシズムを阻止することはできないだろう。

 我々は隅に押しやられた人々を社会に再統合し、破断した社会的きずなを修復し、労働者に、威厳、地位向上と保護を与える必要がある。我々は、グローバルな世界的大流行に向かって疾走する中、特に国民皆保険制度が必要だ。我々は持続可能な賃金、仕事保護と年金を雇用に提供するプログラムを必要とする。我々は全てのアメリカ人のための品質公教育を必要とする。我々はインフラを再建し、我々の資源を戦争で浪費するのを終わらせる必要がある。我々は大企業略奪を止め、ウォール街と大企業を規制する必要がある。我々は炭素排出を抑制するため、根本的な迅速な措置で対処し、我々自身を生態系破壊と絶滅から救う必要がある。我々にはトランプとバイデンの「パンチとジュディー」ショーなど不要だ。だがそれは、大企業の圧制的権力行使と同様、我々が街頭に繰り出して既存体制を打倒しない限り、得るよう運命づけられているものなのだ。

記事原文のurl:https://www.truthdig.com/articles/the-one-choice-election/

----------

 電源喪失による最悪事態警告を無視した連中が「呪われた五輪」!

 安倍首相「改ざんはあってはならない」 森友問題で自殺職員の遺書巡り

 森羅万象男が何を言っても驚かない。覆工オリンピックを目指していたのだろうか。

 「操縦席に猿」発言、座ぷとん十枚。上野動物園のお猿の電車を思い出す。

 植草一秀の『知られざる真実』

安倍・検察・財務省癒着の超巨大犯罪握り潰し

 日刊ゲンダイDIGITAL

森友問題で自殺の財務省職員手記「許せないリスト」の中身

 山尾議員、離党届け。

 日刊IWJガイド「国と佐川元理財局長を自殺した財務省職員の妻が1億1千万円超で提訴!! 『佐川さん、どうか改竄の経緯を、本当のことを話してください』!IWJは『「森友文書」改竄事件で自殺した、財務省職員遺族の代理人弁護士による会見』を録画配信しました!!」2020.3.19日号~No.2744号

2020年3月 1日 (日)

サンダースに対し、民主党はロシア干渉中傷を展開

2020年2月24日
wsws

 ネバダ党員集会でのバーニー・サンダースの勝利は、民主党支配層や、ニューヨーク・タイムズやワシントンポスト、CNNやMSNBCなどの民主党に同調するマスコミによる、反サンダース・ヒステリーをエスカレートさせた。これは、2020年選挙で、サンダース立候補を支援するロシア介入という、でっちあげ主張の形をとっている。

 この作り話は、軍・諜報機構が記事で取り上げて欲しいものなら何であれ、同紙で最も信頼できる速記者として伝説的な記者デイビッド・サンガーによる日曜のニューヨーク・タイムズ一面の長い記事で述べられている。「混乱を求めて、アメリカで賭けをするモスクワは」という見出し記事で、サンガーは、2020年選挙でサンダースを、ロシア支援の受益者と呼んで中傷している。

 サンガーは詐欺的「分析」の長い実績を持っている。彼の署名入り記事で現れる物語は一般にその主張は非の打ちどころがないとされる匿名諜報源に基づいている。典型的なサンガー分析の特徴は、いかなる特定可能な事実の基礎が欠けていることだ。彼は記者というよりも、不完全なあらすじの三流スパイ物語のいらだった著者だ。

 この最近のスリラーで、サンガーは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、サンダースを支援している、あるいは彼の選挙運動を支援するために何かしたという主張を裏付ける事実を一つも示していない。

 多数の匿名の「外部専門家」や「諜報専門家」以外に、サンガーは、元ロシア担当の国家情報機関職員で、今ジョージタウン大学教授で、Putin’s World: Russia Against the West and With the Restの著者で、サンダースについては、実際に何も言っていないアンジェラ・ステントを含め、三人の元諜報関係職員の言葉を引用している。

 ビクトリア・ヌーランドも引用されている。自分で自慢している通り、2014年、ウクライナで民主的に選出されたヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権を不安定化し追い出すため、50億ドルかけた取り組みの中心的役割を演じたヌーランドは確かに外国選挙破壊活動専門家だ。

 ヌーランドは「政治を急進的にして、アメリカの中道派の意見や団結に害を与える人物なら、プーチンのロシアにとって良い」という断言以上、サンガーの筋書きを裏付ける証拠は言っていない。言い換えれば、彼の政策が、CIAがひいきにする民主党候補者より左寄りなので、サンダースはプーチン手下役を演じているのだ。

 サンガーは、モスクワに好都合な方法で、アメリカ社会を分裂させると主張して、サンダースが「劇的増税とメディケアのような政府プログラムの拡大」を支持しているのは、プーチンの影響だと見ているのだ。

 サンガーは、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁のクリストファー・クレブス局長もあげている。サンガーは「彼らが2016年にした失敗から学び、ロシア要員がどのように、より潜行しているか実証する」上で、彼の役職を引き合いに出している。これらロシア工作員は恐ろしいほど賢明なので、彼らはアメリカ選挙への彼らの狡猾な操作の全てを、まんまと隠している。

 サンガーの空想の世界では、まさしくそのロシア干渉の証拠の欠如こそ、彼らの破壊活動の証拠なのだ。彼の筋書きは、ジョセフ・マッカーシー上院議員の「実に膨大な陰謀」という反共念仏の現代版だ。

 プーチンの触手から安全なアメリカ人はいないのだ。サンガーは、ロシアが「疑うことを知らないアメリカ人に、フェースブックや他のソーシャル・メディアで、ニセ情報を送り込んでいる」いると主張している。彼は続ける。「プラットホームで、陰謀論や根拠がない主張をばらまいて、ロシアは平凡なアメリカ人が自分のアカウントから、そうしたウソを再送するよう期待している。」

 彼は、言論の自由の存在に対する明らかな遺憾の意を示して「意図的でないにせよ、ロシアの筋書きをオウム返ししている可能性がある本物のアメリカ人の発言を禁止するのは非常に困難だ」と結論している。

 反ロシア言説は、アメリカ人の民主的権利に対して極めて不穏な影響がある。ニューヨーク・タイムズは、アメリカでの社会不満、何よりも、増大する社会的不平等に対する怒りのいかなる表現でも「ロシアの筋書きのオウム返しだ」として非合法化され、禁止される可能性をほのめかしている。

 サンダースがロシアによる支援の受益者だという諜報機関の主張は、民主党支配層の主要人物に取り上げられている。オバマ・ホワイトハウス首席補佐官を勤めた前シカゴ市長のラーム・エマニュエルは、「今週」ABCニュースの日曜インタビュー番組に出演して、サンダースの民主党大統領選挙での上昇は、トランプ再選を確実に保するため、プーチンとトランプが最も弱い対抗馬を選んでいるのだと述べた。

 これらの反応はサンダースが「民主社会主義」というのラベル下で進めている手ぬるい、全く受け身なものでさえ、社会主義に対する民主党指導部の悪意に満ちた憎悪表現というだけではない。経済不均等の強調と、億万長者やアメリカ大企業対する人々の敵意に訴えるサンダースの選挙運動は、民主党指導部の政治的狙いに対立するのだ。

 民主党支配層は、上院で、マラー報告を、更には、ロシアとの戦争のためにウクライナへの軍事援助を延期することに対し、トランプ弾劾を作り出し、彼の無罪に終わった反ロシア選挙運動の継続として、トランプに対する2020年選挙運動をしたいと長い間望んでいるのだ。ナンシー・ペロシ下院議長が決して繰り返すのがいやにならないように「すべての道はロシアに通じる」のだ。

 民主党はトランプがロシアのウラジーミル・プーチン大統領の工作員、あるいは手下だという主張に2020年の大統領選選挙運動を集中させ、民主党を、アメリカ政治に対するモスクワの干渉に対する"我々の"諜報機関の擁護者、"我々の"外交官と将官たろうと望んでいるのだ。

 このような選挙運動が、トランプを追い出すのに成功した場合、結果は中国同様、ロシアに対する軍事エスカレーションに対する国民の負託として描写され、世界の主要核大国間でのあからさまな戦争の可能性の脅威となり得る。だが結果にかかわらず、反ロシア・ヒステリーに熱心な選挙運動は、アメリカで増大している社会的緊張を抑圧し、労働階級の煮えくりかえるような怒りの、いかなる政治的表現も阻止するのに役立つだろう。

 サンダース台頭に対する党支配層の対応は、民主党が、予備選挙や党員集会で投票する何百万人もの人々ではなく、諜報機関と金融エリートに支配されてんという核心的政治情勢を強調するだけだ。民主党は資本主義の政党で、マスコミ宣伝や、卑劣な企みから、徹底的暴力まで、自由に使える全ての手段を使って、支配階級が支配を維持しようとつとめているアメリカ最古の団体なのだ。

 民主党支配層の対応は、サンダースの政治戦略の破綻を示している。サンダースが社会変動のために手段だと認識している党は、実際は、下からの大衆のあらゆる異議申し立てを抑圧し、破壊することで悪名高い政治的拘束衣なのだ。

 サンダースは、彼の変わらない振る舞いで、彼に対するロシアの手先イジメ猛攻撃に、ロシアが実際にアメリカ政治に重大な干渉をしたという根拠がない主張を認めて対応した。同時に、彼の新たな「先頭走者」の地位を、民主党支配層を安心させようと努めて対処している。

 日曜夜、CBSプログラム「60ミニッツ」でのインタビューで、「革命」の呼びかけを、そのスローガンに焦点を合わせたくないと、嘲るような声で言い、彼の選挙運動と同一視されるのを拒否した。

 インタビュアーのアンダーソン・クーパーに、もし大統領に選ばれたら軍事力を使うことを「絶対」いとわないと言い「我々には世界最良の軍がある」とまで自慢した。

 サンダースは彼を急進的政治的変化の使徒と見なす多くの支援者を失望させる譲歩や調整を既にしている。これは大衆の反対を、民主党の枠内にとどめる彼の取り組みの避けられない結果だ。民主党を変えると主張しながら、民主党が急速に彼を変えているのだ。

 民主党策謀への本当の答えは、両党と資本主義制度全体に反対して、労働階級を動員する戦いだ。選挙運動でSocialist Equality党と候補者ジョセフ・キショールとノリッサ・サンタクルスは労働階級と青年とで社会主義指導部を作る戦いの先頭に立っている。

 今晩、SEPはジョセフ・キショールとSEP全国委員長デイビッド・ノースが登場するミシガン州アンアーバーでの大会を生オンライン配信する。詳細情報は、socialism2020.org/townhallをご覧願いたい。

パトリック・マーティン

著者は下記もお勧めする。

Trump emerges strengthened after Democrats’ impeachment debacle(トランプは民主党の弾劾の大失敗後、一層強くなって出現)[2020年2月6日]、

Democratic Party establishment wages war on Sanders[2020年1月22日](民主党支配層、サンダースに戦争をしかける)

記事原文のurl:https://www.wsws.org/en/articles/2020/02/24/pers-f24.html

----------

 インチキ記者会見独演会。質問を断腸の思いで打ち切り、逃げ去った。保険適用とは言っても、韓国並の検査体制にするとは言わない狡猾な政権。検査拒否は、緩慢な老人削減政策だろう。

 日刊スポーツ記事

首相会見で「質問があります」声の主は江川紹子さん

 東京新聞の望月衣塑子記者も、質問打ち切りをツイッターで怒っておられる。

 様々な番組に出ずっぱりの岡田教授。番組のどれかで、実に不機嫌な表情をみせたことがあった。司会者が「お疲れなんですね。」と言ったのに対して、(再三主張している対応をしないことに)「怒っているだけです」と憮然として答えたのが印象的だった。真実を語り、医療を続け、亡くなった中国人医師を連想する。

【新型コロナ】PCR検査の拡大を感染研OBが妨害……「岡田教授」がテレ朝で告発の波紋

日刊IWJガイド「岡田教授が告発!!『感染研OBのデータ独占志向が背景』!? 先月16日の岩上安身インタビューで上昌広医師も感染研利権が検査遅れ原因と断定!!」2020.3.1日号~No.2726号

2020年2月27日 (木)

ゲームの新しい規則

2020年2月17日
Chris Hedges
Truthdig

 悪いものの中から一番ましなものを選ぶ、あるいは、企業権力に奉仕する大統領候補に投票するよう、いかに大衆を怖がらせるかの4年毎の政治ゲームは、今シーズン、新たな展開を示している。もし彼がピート・ブティジェッジ、ジョー・バイデン、エイミー・クロブチャーあるいはマイケル・ブルームバーグと対決するなら、ドナルド・トランプは、アドルフ・ヒトラー、アル・カポネと反キリストの融合のままだろう。だが、もしバーニー・サンダースが民主党エリートが彼にしかける罠や計略や地雷敷設地帯を避けるのに成功すれば、もし彼が奇跡的に党指名候補になれば、悪いものの中で一番ましなものを選ぶゲームは根本的に変化するはずだ。トランプに住み着いた全ての恐るべき悪魔は瞬時に追い払われるだろう。だが聖書の、悪魔たちを豚の群れにへと追いやったイエスの話とは違って、悪魔はバーモントの上院議員に放たれるだろう。トランプは支配体制にとって、気が進まない悪いものの中で一番ましな選択肢になるだろう。サンダースは世間から、のけ者にされるだろう。彼らが1972年の大統領選挙でしたように、民主党と共和党の支配層は協力して、彼らが50の州の49で負けたジョージ・マクガヴァンにしたことを、サンダースにするだろう。

 「もし民主党員がサンダースを指名したら、最も巧妙にアメリカをだいなしにするには、誰のために働くべきかロシアは再考しなければなるまい。サンダースはトランプと同じぐらい意見の対立を招き、アメリカ経済を台無しにするだろうし、アメリカ軍のことは気にしない」と元ゴールドマン・サックスCEO、ロイド・ブランクファイン(資産11億ドル)がTwitterで書いた。「もし私がロシア人なら、今回はサンダースを支持する。」

 メディケアやメディケイド社会保障削減を主張し、2013年、三回の講演のためにヒラリー・クリントンに、675,000ドル支払った時、ゴールドマン・サックスを率いていたブランクファインは、民主党を支配している億万長者階級の姿勢を語ったのだ。ニューヨーク・タイムズが、ゴールドマン・サックス出身者で、仮想通貨マーチャントバンク「ギャラクシー・デジタル社」のCEO、マイケル・ノヴォグラッツが、サンダースの反抗的な性格が「余りに多くの友人たち」に、11月には、彼には反対投票すると言わしめたと言ったと報じた。「しかも彼らはトランプを憎んでいる」と彼は言った。」

 「誰も彼を好きではない、誰も彼と働きたいと思わない、彼には何も実績がない。彼は職業政治家だった。全てたわごとに過ぎない、私は人々がそれに飲み込まれているの」がとても不愉快だと、ヒラリー・クリントンは、間もなく公開されるテレビ・ドキュメンタリーでサンダースについて述べた。

 サンダースのニューハンプシャーの勝利を、大企業に支持された他の連中の勝利であるかのように、哀れにも歪曲しようしているマスコミのおべっか使い連中は銃殺隊の一員だ。「トランプに反対して出馬しているサンダースは狂気の沙汰だ」が、ニューヨーク誌のジョナサン・チェイト記事の見出しだ。「1964年の共和党、バリー・ゴールドウォーターを例外として、サンダース候補公認がもたらすような損失を被るリスクがある大統領候補を、政党が指名したことはない。サンダース指名は正気ではない」と彼は書いた。今ジョージ・W・ブッシュ支持者からトランプ批判者へと変わった多くの共和党員のような民主党エリートのお気に入りデーヴィド・フラムは、バーニーは勝てないとアトランティック誌で、
宣言した。「サンダースは時間に忘れられた国の弁証法的唯物論の旧弊マルクス主義者だ」とフラムは書いた。「階級関係が基本だ。他の全ては付随現象だ。」

 ワシントン・ポストでジェニファー・ルービンは、サンダース指名は「民主党にとって大惨事」だと宣言した。「サンダースの選挙運動は、全ての予備選選挙運動と同様、大統領選挙戦、もし当選したら、彼が率いる政権の予告編だ」とルービンは書いた。「個人的にあらゆる懐疑派やマスコミ攻撃を強く主張する被指名者が、共和党にとっては手本かもしれないが、民主党は、彼ら自身のドナルド・トランプ、特に背水の陣を敷いて、自身の党内で憤慨をかき立てた人では勝てないだろう。」

 民主党世界の変幻自在な最新救済者ブルームバーグを支持するコラムで、トーマス・フリードマンは、サンダースについて書いた。約1億5000万人のアメリカ人の私営医療保険を奪い去り、それを試されたことがない、不法入国者にも申し出るだろう巨大なメディケア皆保険で置き換えることを望む、公然の「社会主義者」が、今年トランプを打倒しようとしているのは「銀河内の一体どの惑星だろう」? それはサンダースにチェ・ゲバラ役を振り当てることになろう、それはさほど困難でさえあるまい。」

 MSNBC解説者のクリス・マシューズは、ブランクファインが使った赤狩りにまで身を落として、「もしカストロと赤が冷戦に勝っていたら、セントラルパークで処刑があったろうし、私は処刑される人々の一人だったかもしれない。他の連中はそこで歓声をあげるだろう。」と言った

 マシューズやフリードマンのような大企業茶坊主の過度な騒ぎ立てにもかかわらず、サンダースの民主社会主義は、本質的にニューディール民主党のそれだ。彼の政治的意見は、民主社会主義が受容される政治的見解であるフランスやドイツでは主流の一部で、年中、共産主義者や急進的社会主義者から、余りに妥協的だと年中異議を唱えられている。サンダースは、我々の外国戦争の終了、軍事予算縮小、死刑や必要的最低量刑や私営刑務所の廃止、グラス-スティーガル法復活、裕福な人々の税金引き上げ、最低賃金を1時間15ドル、学生負債を帳消し、選挙人団排除、水圧破砕禁止、農業関連産業分割、「メディケア皆保険」を要求している。これは革命政策には当たらない。

 多くの急進的社会主義者とは違って、サンダースは銀行や化石燃料や軍需産業の国営化を提案していない。彼は世界経済を破壊した金融エリートや、ウソをついて中東の多くに壊滅的打撃を与え、何十万人もの死者や何百万人もの難民や強制移住者をもたらし、5兆ドルから7兆ドルの費用がかかった国際法の下での犯罪的な侵略戦争とされる先制的戦争を開始した政治家や将官の刑事訴追を要求していない。彼は工場や企業の労働者所有を主張していない。彼は政府の大衆の大規模監視を止めると約束していない。彼は海外に製造を移転した企業を罰するつもりはない。最も重要なのは、私はそうではないが、彼は、民主党を含め、政治組織が中から改革できると信じている。彼は、人類を滅亡させるおそれがある気候緊急事態を止める上で我々が持っている唯一の望みである、体制を停止させるための大規模で持続的な市民不服従運動を支持していない。政界で、彼は、せいぜいの所、賢明な穏健派だ。彼に反対するエリートによる悪意ある攻撃は、わが国の政治がどれほど貧困で、枯渇しているかの兆しだ。

 民主党は再度、我々に、彼らが事前に選択した大企業候補者連中を揃えた。我々は、オリガルヒ権力に奉仕する、トランプよりは礼儀作法がある候補者に投票するか、トランプが我々に押しつけられるのを見るか、できる。それが選択だ。だから、悪いものの中から一番ましなものの選択肢というのは詐欺で、企業権力を強化するために繰り返し使われる仕組みなのだ。サンダースにとっては名誉なことだが、エリート連中は、バーニー・サンダースではなく、ヒラリー・クリントンやバラク・オバマやジョン・ケリーのような連中の手中にいる方が安全なことを知っているのだ。

 毎回の大統領選挙での「悪いものの中の一番ましなものの」という呪文への屈伏は、貧困、大量監禁と警察の暴力と戦う組織や集団とともに、労働者の要求を去勢した。市民権、女性の権利、環境公正や、消費者の権利運動の言説は、好ましい民主党を支持することを強いたが、その行動は、彼らの大義に不利なので脇へ投げやられる。次々の選挙で、政治的影響力は戦わずして放棄される。我々全員「悪いものの中の一番ましなもの」の祭壇前にひざまずかせられる。それと引き換えに我々は何も得られない。「悪いものの中のら一番ましなものの」選択肢は、民主主義の絶えざる崩壊の処方箋であることが証明済みだ。特に2000年のラルフ・ネイダーの大統領選出馬後、民主党は、党内外の革新派対して、多数の障害を築いてきた。彼らは、有色人種の人々が投票所に行くのを困難か、不可能にしている。彼らは、しばしば第三政党の候補者や、デニス・クシニッチのような民主党革新主義者を大統領選選挙運動討論から閉め出す。彼らは選挙運動を、何十億ドルも費用がかかる二年にわたる見せ物に変えた。彼らは選挙を経ない代議員を、指名プロセスを修正するために使っている。彼らは、第三政党や進歩的政治運動の本来の同盟者であるはずの人々を取り込むため、おどし戦法を使っている。

 ヨーロッパであれば極右政党と見なされる民主党を支持するリベラル階層が繰り返し示す臆病さ、自らの信頼性を浪費している。連中の論理は空虚だ。連中の道徳的姿勢は茶番的行為だった。何の役にも立たなかった。勤労階級に対する次々の攻撃で、彼らは共謀していた。もし勤労階級の権益を擁護するはずの党や団体の支援者のリベラル派が、ビル・クリントン大統領が1994年の北米自由貿易協定を押し通した後、民主党を見捨てていれば、トランプはホワイトハウスにいなかっただろう。クリントンとバイデンを含め民主党指導部が、NAFTAを通過させた時、リベラル派が民主党から立ち去らなかった理由は何だったのだろう?彼らは、クリントン政権が福祉を破壊したとき、なぜ立ち去らなかったのだろう?彼らは、クリントンが、2008年に世界経済を破壊した銀行危機を防ぐよう意図されていた1933年のグラス・スティーガル法を廃止して、1999年の金融サービス近代化法を無理やり成立させた時、なぜ立ち去らなかったのだろう?民主党が年々アメリカの果てしない戦争に資金を供給して、拡大したとき、彼らは、なぜ立ち去らなかったのだろう?民主党が適法手続きと人身保護令阻止に同意したとき、彼らは、なぜ立ち去らなかったのだろう?民主党が令状なし盗聴や、アメリカ国民の監視承認を助けたとき、彼らは、なぜ立ち去らなかったのだろう? 党執行部が、戦争犯罪のかどで、イスラエルに制裁を課すことや、深刻な環境の、健康監護を制定せず、ウォール街を改革や規制を拒否したとき、リベラル派はなぜ立ち去らなかったのだろう? リベラル派は一体どの時点で「いい加減にしろ」と言うのだろう?彼らは一体どの時点で反撃するのだろう?

 毎回の「悪いものの中の一番ましなものの」選挙に屈伏することで、リベラル派には我慢の限界点がないことが証明された。一度も譲れない一線を示したことがない。連中の何に対しても戦わないのだ。

 トランプのように、億万長者階級が働く男女に押しつけている暗い現実を認めたから、2016年に、バーニー・サンダースは政治勢力として立ち上がったのだ。この現実、支配層によって無視されている現実が、はっきりと語られたのだ。エリートに責任があったのだ。民主党エリートは、緊急発進し、サンダースに2016年の指名を与えるのを、まんまと拒否した。共和党エリートは彼らの間で言い争い、トランプが指名候補者になるのを阻止し損ねた。

 2016年のチェス盤が再び現れたが、今回は民主党予備選挙でだ。共和党の既成支配体制エリートがトランプに怯えたのと同じぐらいサンダースにおびえている民主党支配組織は赤の脅威を打ち破る政治的救済者を見いだそうとして必死になっている。連中がアイオワ予備選挙で潰滅して、連中の無能さと、サンダースの主な長所が露呈した。連中は、2016年の共和党エリートのように、彼らは、自分たちが裏切り、もはや理解できていな大衆を説得しようと試みたが、いたましいほどが彼らの有権者から切断されていた。

 たとえば、長年のアメリカ大企業の手先ジョー・バイデンは、アイオワとニューハンプシャーという主に白人の州での敗北後、彼自身を貧しい有色人種の擁護者として表現しようと半狂乱になっている。だが、元副大統領は、共和党から「法と秩序」問題を取り戻す戦略の影の原動力の一人だった。彼とビル・クリントンは、刑務所人口を二倍にすること、警察の軍国化、必要的最低量刑、少年新兵訓練所、麻薬裁判所、学校の警備と「犯罪人外国人」の国外退去加速を計画した。彼が1973年から、オバマの副大統領になった2009年まで勤めたバイデン指導下の上院は、ほぼ同一期間に、議会は、92の死刑にあたる犯罪を承認した。これら民主党の「法と秩序」政策は、貧しい有色人種の社会に、ハンマーの一撃のように落ちて、無数の不幸や言語道断な不正行為をもたらした。今、彼が張り付けにした人々にくぎを打ち込んでいたバイデンが、彼の被害者に、自身を彼らの救済者に見せようと必死だ。それは民主党の破産にとって、悲しい比喩だ。

 だがバイデンは、もはや民主党支配層エリートの時の人ではない。この衣鉢は、かつて無差別の、主にアフリカ系アメリカ人とラテン系アメリカ人に警察官が路上で制止して、行う所持品検査のいやがらせが違憲だと裁定された共和党元ニューヨーク市長でルディー・ジュリアーニのお仲間のブルームバーグに引き継がれた。純資産618億ドルと推定されるブルームバーグは、ニューヨーク・タイムズが「現金の滝」と呼んだ彼の選挙運動に自身の金10億ドルを使う用意があると述べた。彼は民主党支配層の多くの忠誠を買収した。彼は今、議会で24人の候補者を支援するため、2018年だけで、例えば1億1000万ドル使った。彼は放送局をコマーシャルで一杯にしている。彼は膨大な選挙運動スタッフに高い給料と役得を惜しまず与えている。サンダースや、億万長者階級に反抗する他の誰でも財政的に競争できない。民主党支配体制の最後のあえぎは、選挙を買収することだ買う。ブルームバーグは願いに応える用意ができている。結局、ブルームバーグの金は、彼が市長として三期目の任期を勤めることができるようにするため、ニューヨーク市の任期期限をくつがえすため支持者を寄せ集める上で奇跡をもたらした。

 だが、それは機能するだろうか? 民主党エリートとブルームバーグが非常に多くの金で民主党予備選挙を制圧できるから、サンダースは締め出されるのだろうか?

 「2016年の共和党と同様、2020民主党レースの決定的な特徴は、手に負えない競技場の広さだった」とマット・タイビが書いている。「共和党のピエロ自動車の下に隠れていたのと同じアイデンティティーの危機が、今年の民主党選挙戦を苦しめている。なぜなら寄贈者も党幹部も評論家も、一体どういう立場のふりをすべきか分かっておらず、彼らはどの候補者を巡っても一致できなかったからだ。ピートだ!エイミーだ! マイク・ブルームバーグを呼び出せ! という、この「勢い」の極めて移り気な変化が、民主党指導部が大統領候補を選ぶ力を弱めたのだ。こうした勢いが中から党を食い、そうし続ける用意ができているように思える。」

 もしサンダースが指名を得るとすれば、それは民主党指導部のキーストン・コップスの警官隊ドタバタ喜劇のような無能さのせいで、タイビが指摘している、2016年共和党エリートの無能さの繰り返しだ。だが今回は重要な相違がある。エリートの大半がクリントンを好みながらも、トランプとヒラリー・クリントンの間で分裂していたが、支配層はサンダースに対抗して団結するだろう。彼らは「悪いものの中の一番ましなものの」トランプを支持するだろう。商業マスコミは、トランプに向けた敵意を、今度は、サンダースに向けるだろう。民主党の仮面は外れるだろう。彼らと我々の戦闘状態になるだろう。

記事原文のurl:https://www.truthdig.com/articles/the-new-rules-of-the-game/

----------

 彼氏の記事には、いつも見事な風刺画がある。原文でご覧願いたい。

 個人的に、もともとスポーツが苦手なので、オリンピックには興味皆無。開催されても見にゆかない。テレビも見ないだろう。だが、勝手なことに、相撲は気になる。どうなるのだろう。歌番組のように、観客なしで強行するのだろうか?防護服の上に回しをしめて取り組むのだろうか?呼び出しや行司、イラン保健次官のようなことになりはすまいか?東電福島原発事故の放射性物質も、コロナウイルスも、与党政治家には一切忖度しない。放射性物質は、物理的微粒子ゆえ、人人伝染で広がることはないが、コロナウイルスは、人人伝染で、地域の違いを簡単に乗り越えて広がることは、大本営広報でもわかる。

 孫崎氏の今日のメルマガ題名:

オリンピック開催の是非が政権の責任問題と自民総務会長が発言するまでに発展。古参IOCメンバーが今夏の東京オリンピックはコロナウイルス勃発で、あまりに危険と発言。決定は制御下にあると言えるか。問題は日本の制御と、全世界の拡散の度合いの二つ。

 植草一秀の『知られざる真実』

安倍内閣が検査を忌避する「特殊な事情」

 日刊ゲンダイDIGITAL

丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

 何かのスポーツ催しのマスク姿観覧席を見て、マスク姿の香港デモを連想した。政府閣僚が、短時間会議で、後手後手の、検査を受けさせない実質「棄民」政策を発表し、不要不急な催しにでかけるなと言いながら、自分たちは集会や宴会に参加しても、庶民は、伝染病対策貧困反対で、あるいは異様な検察人事反対で、マスクをして国会前に大勢集り「政府はヤメロ」と叫ぶわけにゆかないだろう。予防効果の有無はともかく、そもそもドラッグ・ストアで、マスクは見当たらない。連中はそれにつけこんでいる?敵はサルもの、ひっかくもの。培養監獄になっているクルーズ船乗員の方々は、お気の毒だ。大本営広報部は報じているのだろうか?「おもてなし」ではなく「おもてなしなし」。

日刊IWJガイド「スクープ! IWJにSOS! クルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』クルーから助けを求めるコンタクトが!『16日間隔離され続けています!』『先が見えない、助けて!』『発狂しそう!』」2020.2.27日号~No.2723号

2020年2月21日 (金)

トランプはアメリカ軍をイラクに永久配備する計画

2020年2月17日
The SakerブログへのEric Zuesse寄稿

 公的に特定されるのを望まない、信頼できる非常に情報に通じた関係筋が、CENTCOM(アメリカ中央軍)指揮下ではなく、NATO指揮下で、アメリカ軍が永久にイラク駐留する合意に達したと、秘密で、私に知らせてくれた。

 2月12日、NATO諸国の防衛大臣は、イラクで作戦を増すことに同意した。2019年秋から、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務局長は、この計画(トランプはそれ以前から要求していた)を準備するため、ずっと働いており、チュニジアが、他のNATO加盟国を中東を支配するアメリカの代理人として使うトランプ計画の鍵となる部分なので、ストルテンベルグは、ヨルダンで、アブドラ国王と、ブリュッセルで、チュニジアのサブリー・バッシュトブジ外務大臣と会談した。

 2月1日、ムスリム同胞団支持派のトルコは、この計画に同意し、(元カダフィ支持者で、今リビア内戦で、リビア内の全てのジハード戦士打倒が目的だと主張している)ハリファ・ハフタルの軍隊を破るべく、ファイズ・サラージ(今アメリカ、EU、トルコに支援されている元君主主義者)の軍隊を支援するため、チュニジア経由で、ジハード戦士(アルカイダ関連集団、プラス多少のISIS)を、ジハード戦士で満たされたシリアのイドリブ県から、リビアへ移動するだろう。アメリカ、EUとトルコがファイズ・サラージを支持しているのに対し、ロシアは、そこで平和を仲介することを除いて、戦争には関係していないが、ファイズ・サラージはロシアによる、いかなる関与も拒否している。リビアに対するトルコの関心は、付近の地中海の石油とガスの利権に対して始まっている競合で、縄張りを勝ち取るより強い立場になれるよう、リビアの支持を勝ち取ることだ。リビアにトルコの恩義を感じさせることは、トルコが沖合の石油を得る可能性を増やすことになる。

 シリアのイドリブ県で、トルコが保護しているジハード戦士に対するアメリカの立場は、トルコも支持している、サラージをひいきして、アメリカが反対しているハフタルを打倒する上で、彼らは、代理現地軍として有用だということだ。それで、リビアでこの取り組みに関して、トルコとアメリカは協力している。

 アメリカの関心は、シリアの非宗教的政府を打倒し、サウジアラビアを所有する原理主義スンニ派のサウド家に受け入れられる政府で置き換えることだ。従って、これを実現するため、アメリカはイラクで軍隊を維持する必要がある。さもなければ、アメリカとサウド家は、究極的に、両方征服したいと望んでいるロシアとイランが、中東で、更に強い影響力を持つことになるが、それは、アメリカもサウド家も望んでいない。アメリカがイラクを侵略したのは、直接、アメリカ国際企業が利益を得るためだけでなく、そこに、2003年の侵略後、バグダッドに建設された建物、世界最大の大使館ビル(そこから他のアメリカ大使館にさえ供給する)から供給される何百もの基地を造り、そこから全中東を支配するためなのだ。現在、トランプの計画は、彼らに、過去よりも、中東で手伝わせるために、NATO同盟諸国者を引き込むことだ。トランプは、アメリカ納税者が、全経費の資金を負担せずに済むように、アメリカや、同盟諸国(あるいは属国諸国)(他のNATO諸国を含め)に本拠がある巨大国際企業の億万長者所有者のために、帝国主義を押しつけるための財政負担の一部を、アメリカ属国諸国に負担させたがっているのだ。これが、トランプ計画を実施するため、シュトルテンベルクが何カ月間も働いていた理由だ。

 2月1日、「独占記事:米軍、イラクに部分的撤退を申し出」をベテラン中東記者デイビッド・ハーストがMiddle East Eyeサイトの見出し記事にして、こう報じた。

 アメリカは、バグダッドの80キロ北に位置し、アメリカ人指導者と請負業者を収容しているバラド空軍基地のような、シーア派が多数派の地域や、付近の陣地を去る用意を調えたと、米軍代表が、イラク人に述べた。

 ワシントンはバグダッドでの駐留さえ削減を考えているとイラク人は言われた。

 「我々はバラドの基地のようなシーア派が多数派の地域の一部から撤退する用意がある。我々はバグダッドにおける我々の駐留を減らすことができるかも知れない」と米軍代表がイラクの相手に語り、イラク側は、イラクの首都におけるアメリカ軍の駐留は、大使館と空港を守る程度に縮小されるだろうと理解した。

 だが、米国側は、イラクで最大のアメリカ空軍基地アイン・アル・アサド基地から、そして、実際、中東全体から撤退するのを断固排除している。

 米国側にとって、アイン・アル・アサド基地は「越えてはならない一線」なのだ。

 アメリカ代表は述べた。「我々は[この基地から]の撤退については話し始めることさえできない。撤退は論外だ。」

 この議論は、極めて機微なものなので、イラクから遠く離れて行われた。会談はヨルダン・アンマン駐留カナダ大使私邸で行われた、とMiddle East Eyeは聞いた。

 米軍代表者、NATO当局者とイラクの安全保障上級顧問が会談に出席した。

 アメリカは、究極的に、ロシアとイランと同盟しているシリアの非宗教的大統領バッシャール・アル・アサド打倒(無関係)のために巨大なアイン・アル・アサド基地が必要だ。シリア政権転覆のための戦争を助けるこの機能を、NATOは益々引き継ぐことになる。

 2月15日、中東モニターが「イラク: バグダッドから軍事的に離脱するため、ワシントンはNATO駐留を強化」という見出し記事で、アメリカ同盟諸国がそこを引き継ぐが、「これはNATOの任務が、強力なアメリカ部隊を含む場合に限り、うまくいく」と報じた。だから、アメリカ撤退は名ばかりだ。もし彼が二期を勝ち取れば、トランプはNATOを見捨てなと保証することで、NATOに役立つだろうし、トランプが、実際にはそうせずに、中東から撤退していると主張することで、トランプが二期目を勝ち取るのに役立つだろう。

 この狙いは、至る所で大衆をだますことだ。国際問題では、これが勝つための方法だ。まず、自国民をだます。次に、同盟諸国に彼らの国民をだまさせるのだ。これで「連合」ができる。ドナルド・トランプは、まさに、これをしているのだ。

 バラク・オバマがジョージ・W・ブッシュの戦争を続けたのと全く同様、トランプはバラク・オバマの戦争を続けている。アメリカが中東を支配する計画は2001年以来、今も予定通りだ。オバマはしばしば「アメリカは唯一の不可欠な国だ。」と言っていた。(それゆえ、他の全ての国々は「なくても済むのだ」。)アメリカは確かに主導的な国だ。アメリカの支配階級には忍耐がある。彼らはローマは一日で築かれなかったのを知っている。(「アメリカが1つの不可欠な国だ」ように)主導的な国で、最大の国際的な侵略者であるために不可欠なことは、他の全ての国々を「なくても済む」と見なす(彼らにアメリカを恐れさせる)ことで、それで、彼らは、主導的な国が必要とする通りにするか、なくてすまされる、つまり征服するための標的国リストに加えられるのだ。彼らはなくて済む。彼らは使い捨てだ。使い捨ての国は、従属的な立場を知っている。

2月15日、国際戦略研究所はこう報じた。

アメリカは、NATO同盟国よりも、際立って高い割合の防衛予算を購入とR&Dにあてた。ヨーロッパ諸国は、彼らの総支出の中で、防衛資を増やしている - 利用可能なデータがある国々で、資金は、2018年の19.8%から、2019年には23.1%まで上昇したが、アメリカでは、防衛資は29%に達している。アメリカの防衛資は、ヨーロッパ諸国総計の四倍だ。

 「防衛」にGDPの29%を使う国は、他の面では弱いかもしれないが、世界中の全員がその国を恐れるだろう、他の全ての国は、それほど高い比率(そういうことをするのは、一国しかない)を使う国は、たまたま世界最大経済の国なので、自分たちは「なくても済む」ことを知っている。アメリカの属国ではない全ての国々は、アメリカによって(あるいはその支配階級によって)、市場ではなく、「政権転覆」の標的にされる国、「敵」と見なされる。そして標的を定められた国になるのは、標的市場になるのとは非常に異なっている。その国は、ただの標的なのだ。制裁の標的、クーデターの標的でしかなく、もしこの二つが失敗したら、イラクのように、侵略と軍事占領の標的になるのだ。

(だが、実際には、アメリカは、国防総省と、他のアメリカ軍に対して、22兆ドル経済からさかれる、約7%、1.5兆ドルしか使っていない。それでも、それは地球上で最高の割合かもしれない。アメリカ軍事出費の年間約一兆ドルは会計簿に記載されないから、「防衛費」の数値は実際10%により近い可能性がある。だが、それは29%ではない。現在、アメリカGDPの約20%が医療費で、それは地球上の、あらゆる国の医療費でも最大の割合だ。アメリカ医療の品質はすべての工業国の中で最低か、それに近い。だから医療での浪費は軍事よりさらに大きい。)

 イラクとイランとシリア、そしてロシアに対して友好的なあらゆる他の国々、彼らの全てがアメリカ政権の標的だ。それがトランプがイラクのアメリカ軍を維持しようと計画している理由だ。イラクは2003年に征服されたが、彼はそのままに維持したいのだ。

—————

調査歴史家Eric Zuesseは著者で、最新刊は、They’re Not Even Close: The Democratic vs. Republican Economic Records, 1910-2010と、CHRIST’S VENTRILOQUISTS: The Event that Created Christianity

記事原文のurl:https://thesaker.is/trump-plans-to-keep-u-s-troops-permanently-in-iraq/

----------

 この記事、題名にあるイラクを「日本」におきかえても、そのまま通じる。宗主国、真珠湾攻撃で、ひっかけた時点で、そういう明確な方針を持っていたに違いない。今、日本の医療は、当然、宗主国の医薬品企業、保険企業のために、徐々に侵食されつつある。ゆで蛙方式で。日本の場合は、戦争兵器でのぼろ儲けではなく、大規模建設からのミカジメが与党資金源なのかも知れない。典型が原発とダム。オリンピック工事も、その一つだろうが、今や風前の灯火。

 日刊ゲンダイDIGITAL記事。実刑を受けるべき夫妻は無事で、無力な国民が実刑。アベこべ。

 筆者は、あの相澤冬樹記者。

口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

 クルーズ船の感染症対策を批判し、削除した岩田氏、批判内容は正論だろうと思うが、東京電力福島原発事故では、トンデモないツイートをしていたというのにビックリ。下記がそのツイートのアドレスと文章。「福島の放射線被害はなかった」と本気で思っているのだろうか?

https://twitter.com/georgebest1969/status/934327629921976320

福島の放射線被害はなかったけどメンタルなど沢山の健康問題は生じましたし、やはり原発事故は怖いです。キューバ危機や核兵器紛失で被害なかった、は核兵器怖くないという結論を導きません。

 東京新聞

検事長定年延長 政府の説明破綻状態 「前から制度、適用せず」

トランプ支持者は、ライブアクション・ロールプレイではロン・ポール支持者の、ジョージ・W・ブッシュ支持者だ

2020年2月16日
ケイトリン・ジョンストン
CaitlinJohnstone.com

 トランプ政権は、議会に、先月のイラン軍当局トップ、ガーセム・ソレイマーニー無人飛行機暗殺を正当化する公式声明を公開した。全く誰も驚かなかったが、正式声明は、暗殺を擁護するこの政権の元々の主張に真っ向から矛盾して、ソレイマーニーによる、いかなる差し迫った脅威に、まったく言及していない

 「トランプ政権は、先月のイランのガーセム・ソレイマーニー司令官暗殺に対する論拠を損なう新報告を公表してウソをついたと言って非難された」とMiddle East Eyeが報じている。「金曜、外交問題に関する下院委員会の委員長は、陳述で、議会へのドナルド・トランプ大統領の1月3日の攻撃を擁護する公式声明が、ソレイマーニーによる「差し迫った脅威」を特定し損ねたと述べた。」

 「この公式報告は、彼がアメリカ人員と大使館に対する差し迫った攻撃を防ぐためにイランを攻撃したという大統領の虚偽の主張と真っ向から矛盾する」とニューヨークのエリオット・エンゲル民主党下院議員が言った

 「トランプ大統領と幹部は、彼が議会の承認なしで戦争行為をしたのを許す差し迫った脅迫の存在についてウソをついた」とミシガン選出無所属のジャスティン・アマッシュ下院議員がTwitterで書いた。「アメリカ人の安全のために、憲法は大統領の弁明にかかわらず無許可の攻撃的な行動を禁じる。」

トランプ大統領と幹部は、彼が議会の承認なしで戦争行為をしたのを許す、差し迫った脅迫の存在についてウソをついた。大統領の正当化にかかわらず、憲法は、アメリカ人の安全のため、無許可の攻撃的行動を禁じている。 https://t.co/EQLT1T63iY

- ジャスティン・アマッシュ(@justinamash) 2020年2月14日

 もう一人のアメリカ大統領によって、もう一つの中東の国に対する、もう一つの戦争行為について、世界がだまされたのは、かなり長い間多くの評論家にとって明らかだった。トランプ政権の暗黙の自認は、その単なる確認だ。このウソの確認に加えて、米軍基地に対するイランのミサイル報復で負傷したアメリカ兵はいなかったと言われていたが、意外な事実と同様、イラクの暴力の応酬をひき起こした最初のロケット攻撃は、アメリカが言うような、イランに後援された民兵ではなく、おそらく、ISISによるものだ

 これが法律的に意味するのは、ソレイマーニー暗殺は戦争犯罪だったということだ。実際的なレベルで、アメリカは決して戦争犯罪のかどで起訴されないから、我々が今そうだったとを知っているのは、暗殺で、トランプ自身の自白で、「我々は思っているより」悲惨な全面戦争に我々を近づけられ、ウソをつかれたということだ。

 私が「差し迫る脅威」物語の崩壊について、個人的に興味深いと思うのは、私がソレイマーニー暗殺について先月議論して時間を過ごした多くのトランプ支持者の誰も、今まで、彼が、アメリカ人に対する差し迫った脅威だったと主張しようとしなかったことだ。彼らはソレイマーニーは死ぬのに値する悪人だったと主張し、彼が大使館攻撃や、前述のロケット攻撃の黒幕だったという根拠のない主張を紡ぎだそうと試みるだろうし、彼らはテロリストを支援するテロ愛好家だと、私を非難するだろうが、アメリカ人の命に対する差し迫った脅威があったと主張する人に、私は一度も会ったことがない。

 彼らは、それが良いものではないと知っていたので、こういう主張をしようとしなかったのだ。彼らはトランプ政権が、弁護できないウソの主張をしていたのを知っていたのだ。彼らはこれを知っていた。彼らは全く気にかけなかっただけだ。

これは非常に多くを物語る。私は一つ残らず返事メールを読んだ。一人として、彼がアメリカに対する、差し迫った脅威だったことを、ほんの切れはしさえ書いていない。まじめな話、スターリンは、闇の国家のこのような言説の、やみくもな、揺るがない受け入れを見せるのを決して誇りには思わなかったろう。https://t.co/GrzzkKBy63
- Dan Maul (@DanVMaul) 2020年1月5日

 彼らは、真実や事実に対するどんな関心からも物事を見ようとしていないので、全く気にかけないのだ。彼らの唯一の興味は、常に彼らの大統領を守ることと、11月、彼の再選を保証するのに役立つ言説を推進することにあるのだ。それは彼らにとってゲームなのだ。客観的な現実との関係が、わずかしかないか、全くない物語から成り立つっている想像のゲームなのだ。彼らはライブアクション・ロールプレイをしているのだ

 まあ公正に言えば、彼ら全員ではない。二種類のトランプ支持者がいるのだ。名前の次に(R)がついている限りは、アニマトロニクスのチャッキーチーズ人形を支持する公認候補に投票する共和党員がおり、更に、トランプがする全てのことが、闇の国家に対する密かな素晴らしい戦略上の画策だと言う、いわゆる「ポピュリスト」がいるのだ。

 この二つのカテゴリーには(闇の国家という敵と沼で戦っているふりをしているネオコンの沼モンスター、シーン・ハンニティは最もこっけいな例だ)多少の重複があるが、そこには注目に値する違いがある。ソレイマーニー暗殺後、公認候補に投票する共和党員は、ブッシュ支持者のように「ワーイ、我々は、そうしたい相手は誰でも殺すのだ!」とオンラインで叫んでいるのに対して、「ポピュリスト」は、これは平和の敵に対する、もう一つの戦略上の4Dチェス戦略だと主張した。昔の読者の一人は、ソレイマーニーは、実際、闇の国家のために働いていて、オバマとヒラリー・クリントンに守られていたと、私と本気で論争しようとした。

 後者のトランプ支持者のカテゴリーは、私がいつもすることをしていると、出くわすタイプだ。彼らの派閥行動について正直な公然と派閥の共和党は私自身のようなライターにほとんど興味を持たない傾向があるのに対して、彼ら自身を、反体制で、反戦で、宣伝反対であると考えるトランプ支持者が私の軌道の中にしばしば彼らの道を進む。これらは同じく私の読者が同じ理由で一般に出くわすタイプだ、それで彼らは私がここで書いているトランプ支持者のカテゴリーだ。

最初は負傷者はいなかった。それから一ダースになった。それから更に増えた。そこで彼らはドナルド・トランプに「頭痛」と呼ばれた。今これだ。明確なのは最初の報告が実に非常に間違っていたが、アメリカ人に真実として売られたのだ。 https://t.co/PyMh3kzsM5

- VoteVets (@votevets) 2020年2月10日

 ソレイマーニー暗殺に関するニュースが突如知れわたった際、私はこう書いた

 「相応の報復攻撃で、アメリカの軍事目標や、アメリカ同盟国の軍事目標に対する攻撃が必ずあるだろう。もしそれが起きたら、帝国が身を引くか、あるいは、我々が、可能性としてほとんど無制限の規模の総力戦を見ることになるかの、どちらかだ。」

 そして実際、まさにそれが起きたのだ。イランは、アメリカ軍事目標に対して報復し、100人以上のアメリカ兵を負傷させ、そこでアメリカ帝国が身を引いたのだ。トランプの無謀な瀬戸際外交行為は、イラン司令官の死、ひどく破損した空軍基地、多数の負傷兵、ほうほうの体で逃げ出す撤退と、アメリカとイランを、「人々が思うより」本物の何の戦略的意味もない戦争に近づけた。それなのに、軍事的応酬後、何日間も、私のソーシャル・メディアが、トランプ支持者から受けるのは、戦争の危険を警告する私は頭がおかしく、ヒステリックだと言うものだった。

 こうした奇異な頭の動きは、トランプ支持者が、現実と全くつながっていないがゆえに可能なのだ。彼らはロン・ポールのような平和と反独裁主義の擁護者のために声援している知識ある愛国者のふりをする奇妙なライブアクシ・ョンロールプレイ(LARP)ゲームをしながら、現実には、彼らは、ネオコンとCIAの長く続いている狙いを推進している標準的な共和党大統領を声援するだけの、ありふれた共和党員として振る舞っているのだ。

 現実には、トランプはジュリアン・アサンジを投獄し冷戦を再開し、飢餓制裁で何万人ものベネズエラ人を殺し、アメリカが支援する大量虐殺からイエメンを救う試みを拒否し、政権転覆を実現するという明言した目標で、飢餓制裁とCIA工作を使ってイランで内戦を煽動しようと努め、シリア再建を阻止し、シリア油田占領を目指し、中東や他の場所で兵隊の数を大いに増やし、前政権が一日に投下した爆弾よりも数を大いに増やし、記録的な数の一般人を殺害し、そうした空襲に対する軍の説明責任を減らしたのだ。

 トランプが推進している闇の国家長年の政策のそれぞれを、私のソーシャル・メディアのトランプ支持者は、闇の国家に対する素晴らしい戦略上の画策だと言って擁護するのだ。文字通り、そうした行動のそれぞれを、一つの例外もなしに。トランプが支配体制の邪悪な政策を推進し、私がそれについて率直な意見を述べると必ず、私が反対意見を述べていることは、実際はトランプによる大企業に対する巧妙な動きであるのかを説明するコメントを必ずもらうことになる。アサンジを逮捕しているトランプは、実際はアサンジに手を貸すトランプなのだ。ネオコンに手を貸しているトランプは、実際はネオコンを傷つけるトランプなのだ。現在皇帝が身につけているのは、確実に何か見えない優雅な服なのだ。

 トランプは、言うことと、することが全く違う。彼は反干渉主義や、泥沼反対のリップサービスをし、彼がかんで含むように言う物語に支持者は調子を合わせる。彼は話術と想像力の薄い上辺で隠された、もう一人のジョージ・W・ブッシュだ。だが、ライブアクシ・ョンロールプレイでは、彼はロン・ポールなのだ。

 トランプ就任の数カ月前、私はこの仕事を始めたが、2017年1月以来、私は、この大統領がしている不快なことを指摘した時からずっと、トランプ支持者は、私に「待って様子を見ろ。」と言ってきた。

 「落ち着いて」と彼らは私(彼らは常に私が落ち着くよう望んでいる)に言う。「トランプは大きなことをしてくれる。そのうちわかるよ。」

 彼らは何年もの間「そのうちわかるよ」と言い続けてきた。トランプの任期はほぼ終わっている。あなた方は間違っていたのを認める頃合いだよ、君たち。

 あなたはだまされている。あなたは話術と空しい言葉で、ありふれた共和党の狙いを推進する、ありふれた共和党大統領を支援するようはめられている。多少ポピュリストのように見えるショーウインドー装飾や、標準的な共和党イデオロギー・プロパガンダで、あなたの反体制感情は、まんまと囲い込まれる。民主党員が浅はかな弾劾騒ぎとスキャンダラスな予備選挙で、実にばかな振る舞いをしている間、あなたは大いに満足して座っていたが、実際はあなたも彼ら同様、目隠しされ、だまされている。

 アメリカ大統領が、あなたを救おうとしていると信じるのは、FBIとCIAが、あなたを救うと信じるのと同じぐらい愚かだ。民主党員は後者だったが、共和党は前者だった。いずれも、体制によるオーダー・メード・プロパガンダによって、体制の違う顔に声援するようはめられて、唯一勝つのは、まさに同じ体制なのだ。

 アメリカの両手の指人形劇を信じるよう陥れられるのはやめよう。それは、いつも偽物で、常に同じ終わりだ。あなたのすべての金は演者の懐に入り、あなたはだまされる。幻覚を見破ろう。

_______________________

 お読みいただいたことに感謝!インターネット検閲を回避して、私が発表する記事を読めるようにする最善の方法は、私のウェブサイトでメーリングリストを購読することで、そうすれば、私が掲載する全てのものについて電子メールで通知が行く。私の記事は完全に読者の支持によるものなので、本記事を良いと思われたら共有し、Facebookで「いいね」し、私のTwitter記事をフォローし、私のpodcastをYoutubeか、soundcloudか、Apple podcastsか、Spotifyでチェックし、Steemitをフォローし、PatreonPaypalに投げ銭し、私の素敵な商品を購入し、新刊『Rogue Nation: Psychonautical Adventures With Caitlin Johnstone』や前の著書『Woke: A Field Guide for Utopia Preppers』を購入頂くようお願いしたい。私が一体誰で、私がどういう立場で、この場で何をしようとしているのかなどについて、より詳細をお知りになりたい場合には、ここをクリックください。人種差別的サイト以外、どなたでも無料で、お好きなあらゆる方法で、この記事のどの部分でも(あるいは私が書いた他のあらゆる記事も)再配布したり、使用したりされるのを私は無条件に許可している

ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

 気に入っていただけだろうか? Patreonで、ケイトリン・ジョンストン支援のために、1秒時間をかけて頂きたい!

記事原文のurl:https://caitlinjohnstone.com/2020/02/16/trump-supporters-are-george-w-bush-supporters-larping-as-ron-paul-supporters/

----------

 「トランプは、体制の裏をかいて、良い政策を進めているのだ。」という不思議な主張、聞いたことがある。宗主国にも、そういう発想をする人々がいるというのに驚いた。確かに、そう思わなければ、投票はするまい。超富豪が庶民のための政治をするわけはない、となぜ思わないのだろう。不思議な方々だ。

 厚労省幹部も感染したという。厚労省より、LITERA記事の方を信じたくなる。

岩田教授に対する政府の反論は真っ赤な嘘! 他の医師もずさん管理を証言、橋本岳副大臣の投稿写真には“ゾーンぐちゃぐちゃ”の証拠

2020年2月19日 (水)

バーニーがトランプを破るための民主党最良の希望である理由

Finian Cunningham
2020年2月14日
Strategic Culture Foundation

 おそらく民主党は、あらゆる機会に、彼を反射的にあざ笑うのではなく、変化のために、時には、トランプ大統領に耳をかたむけるべきだ。民主党は、徹底的に憎んでいる共和党現職の打倒に必死だ。民主党が、激戦の中から大統領候補を指名する準備をする中、一体誰が、11月、大統領選挙に勝利する最良の可能性をもたらすだろう?

 大統領自身によれば、彼が最も恐れているのは、バーニー・サンダースだ。

 今週、サンダースと億万長者の大物マイケル・ブルームバーグ、どちらに対抗して立候補するのを好むか尋ねられて、トランプはホワイトハウス記者団に言った。「率直に言って、私はバーニー・サンダースより、ブルームバーグに対抗して立候補したい」。「なぜなら、皆が彼が好きかどうか、彼と意見が一致するかどうにかかわらず、サンダースには本物の支持者がいる。私は彼が言っていることは、とんでもないと思う。だが、彼には支持者がいる。ブルームバーグは金で買っているだけだ。」

 メディア王で、ニューヨーク市前市長ブルームバーグは自身を民主党大統領候補として売り込むため、何千万ドルも使っている。党は7月に、ミルウォーキー大会で候補者を指名するだろう。

 だが民主党予備選挙がアメリカ全土で進行するにつれ、初期にリードしているのはバーモントの78歳の上院議員バーニー・サンダースだ。自称社会主義者は、獲得代議員数を通して大失敗にもかかわらず先週アイオワで一般投票を獲得した。今週、サンダースはニューハンプシャー州での投票でトップになった。

 今月末、カリフォルニアとテキサスのような巨大な州でスーパーチューズデーのレースが起きる前に、民主党選挙運動は、ネバダとサウスカロライナに進む。

 ニューハンプシャーでの勝利演説で、サンダースは熱狂的な支持者に語った。「我々はネバダに行く、我々はサウスカロライナに行く、我々は次も勝つつもりだ。この勝利は、ドナルド・トランプの終焉の始まりだと申し上げたい。」

 ホワイトハウスに向かってトランプと戦うことにサンダースが確信を持っているのは、トランプが彼を恐れているのと同じ理由だ。サンダースには、支持者と選挙運動組織者の手ごわい草の根運動があるのだ。他の民主党候補者は誰も、支持者の間で同じ活気を呼び起こせていない。サンダースは青年、学生、労働者や少数民族という人口上重要な集団に接近した。彼はうらやましい肝心な勢力、大衆の勢いを活性化させたように思える。

 もう一つの重要な政治的武器は政策だ。サンダースは言う。「我々の政策は、この国の労働者家庭の痛みに向けて語っている」。

 アイオワとニューハンプシャーの後、エリザベス・ウォーレン上院議員と、元オバマの副大統領ジョー・バイデン、二人の選挙スターは失速した。

 しかしながら、ピート・ブティジェッジとエイミー・クロブチャー上院議員はサンダースと民主党候補者になろうとして競う二人の候補者になった。彼らはニューハンプシャー予備選挙で、それぞれ二位と三位だった。

 これら候補者のいずれも、最近まで比較的無名だった。クロブチャーは、有権者がほとんど常に彼女の名前を、どうつづるか知らないと冗談を言いさえしている。インディアナ州サウスベンド前市長ブティジェッジは、若者らしいイメージと、CIA機密活動につながるとされるアフガニスタンでの軍人としての不透明な戦歴がある。

 民主党支配層が、大半の有権者に対する訴求力を最大にしようとして、ブティジェッジとクロブチャーを「中道派」候補者として育てているのは疑惑にとどまらない。

 今週ニューヨーク・タイムズは、こう書いている。「民主党の競争は、党が民主社会主義者サンダースで左傾するのか、ブティジェッジ、あるいは三位につけているエイミー・クロブチャー上院議員で、中道で行くのかに帰着するように思われる。」

 ニューヨーク・タイムズは「民主党の伝統的な構造は、彼の革命的な民主社会主義というレッテルの不安から、サンダースに対して結集するよう構成されている。」と認めて、サンダースに対して党による裏切りの可能性を漏らした。

 悲惨な結果になった2016年の戦術的な、反民主的企みが繰り返される危険がここにある。当時、バーニー・サンダースは、今回の選挙でもしているのと同様、ワシントンにおける根本的変更に向けて、青年と労働者を活性化させていた。だが4年前、民主党幹部は、大統領候補としてヒラリー・クリントンを支持する方が分別があるのだと思っていた。民主党支配層は、すさまじい縁故主義で、クリントンが、味気ない中道主義と大企業とのつながりで、多くの普通のアメリカ人に嫌悪されているのが見えなかったのだ。

 2016年、バーニー・サンダースに大統領立候補の機会を与えるのを拒否して、民主党支配層は、普通の党員とより広範な有権者の民主主義への希望を無視しただけでなく、必然的に、「沼」として知られるワシントン二大政党戦争挑発にうんざりしている国民の大規模な有権者の不満を、型破りのドナルド・トランプに、かき集めさせたのだ。

 今回、信じられないことに、堕落した民主党支配層は、連中の問題がある中道という概念について何か学んだ兆しがないのだ。

 選挙に勝つために必要なのは人々の不満と熱情に語れる政治家だ。2016年、トランプは、煽動政治家のふりをして、それに成功した。

 アメリカのすさまじい経済不平等と社会崩壊を考えれば、必要なのは、アメリカ寡頭政治による、うすぎたない捕食性資本主義国家に対して、人々の強い怒りをかき立てることができる候補者だ。それは安全な平凡な「中道派」にはできない。腐ったシステムに対する本格的政治反撃が必要だ。

 イギリスのインデペンデント紙のインタビューで、サンダースの兄ラリーが、バーニーが、なぜトランプに挑戦する男なのかについて、下記の見解を語った。

 イギリスで暮らしている退職した学者で政治運動家のラリー(84)はこう言った。「選挙は重要な問題を巡って戦われるだろう。誰が何を手に入れるか、財産と収入が億万長者に向けられてしまうのかどうか、誰でもまともな暮らしの可能性が得られるかどうか。その中で、もしバーナードが先導すれば、民主党が勝つだろう。もし誰か穏健中道派が先導すれば、彼らは相当苦労するだろう。トランプがいるのだから、我々は数十年、中道なのだから。中道ということは、本当の中道を意味せず、権力を持った人々が異議を申し立てられずにすむことを意味する。」.

 バーニー・サンダースは勝利の時代精神をとらえたように見える。そしてトランプはそれを知っている。民主党幹部とは違って。

 Finian Cunninghamは主要報道機関の元編集者・記者。国際問題について多く書いており、記事は複数言語で刊行されている。
 個々の寄稿者の意見は必ずしもStrategic Culture Foundationのものを意味しない。

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2020/02/14/why-bernie-is-democrats-best-hope-beat-trump/

----------

 震源地のインターコンチネンタル・ホテル、本社はイギリスのようだ。

 植草一秀の『知られざる真実』

グルメンピックPartⅡと化す東京マラソン

 しんぶん赤旗

小泉環境相 対策本部より新年会
欠席認めるも居直り5連発

 答弁の様子をテレビで見た。確実に、魚の頭。

2020年2月14日 (金)

剣闘士修道院から右翼過激派を追いだそうとしているイタリア

2020年2月10日
Andre Vltchek
New Eastern Outlook

 ニューズウィークでさえ、当意即妙に、極右新兵訓練所と書いたイタリアの修道院から、元ホワイトハウス戦略家で、ブライトバート編集者のスティーブ・バノンが、とうとう追い出された。

 私は、しばらくの間、少数の他の人々とともに、トランプの元最高顧問が、あらゆる一線を越えて、あらゆる危険なたちの右翼同盟を推進、融合して、欧州連合の内政に直接干渉し始めたことを警告していた。政治的、哲学的、宗教的に。修道院はバノンが「ユダヤ教とキリスト教欧米の基盤となるもの」と称する「授業」をすることになっていた。

 戦術は? スティーブ・バノン自身の評価によれば「近代的な剣闘士学校」だ。

 既に、2019年、ジャーナルNEO(New Eastern Outlook)は、イタリアでのバノンの活動を分析する一つの記事を掲載していた。「アメリカ政治局員スティーブ・バノンの経歴。中国からローマ法王まで」。 そこで、こう論じていた。

「スティーブ・バノンは、才能ある宣伝屋で、欧米の支配権と帝国主義「文化」の促進者だ。自分が何をしているか、何を達成しようと望んでいるかを、彼が正確に知っているので、彼は極めて危険だ。世界全体の支配。」

 去年、イタリアがあえて、世界中で最も力がある、抜け目ないネオコンの一人の活動を乱して、波風を立てるだろうと想像するのは困難だった。だが想像ができないことが、突然行われたのだ。

 「ニューズウィーク」のロージー・マッコールがこう報じている。

「イタリア文化省は、13世紀の修道院から、右翼の政治新兵訓練所とされるものを立ち退かせたと発表したとAFPが報じている。新兵訓練所は、バノンが資金を供給するDignitatis Humanae Institute(DHI)を通して、元ドナルド・トランプ大統領顧問スティーブ・バノンとつながっている。

AFPによると、学生を「欧米を防御する」よう訓練するため設立された新兵訓練所は、2018年2月、中央イタリアの自治体フロジノーネの、トリスルティ修道院で、19年の賃借契約が認められていた。ところが、木曜日、文化省は、この集団が偽って賃借契約に応札していたため、彼らを立ち退かせたと述べた。これは、テレグラフ紙によれば、文化省が「様々な契約義務違反」のため、賃貸契約を無効にするつもりだという五月の報道に続くものだ。

これは今年学生の小集団に最初の三週間コースを始めることを望んで、開催場所を改修するため建築許可を得る過程の途上だったイギリス人保守主義者で、DHIの理事長ベンジャミンハーンウェルにとっての打撃だ。報道によれば、ハーンウェルは、プロジェクトに百万ドルを提供すると約束していたバノンのパートナーだ。

 もちろん「新兵訓練所」は、イデオロギー的理由によってではなく、専門的理由で立ち退かせられた。

 与党、五つ星運動(Movimento 5 Stelle)の私の知人は、この話題に関し、静かで、用心深かった。彼らは、いつもは率直なのだが、公表を前提とするのをいやがった。私はこまごまとしたニュースしかない。だが私が手に入れたものは、多くを物語っている。これは大きな、極めて危険な問題だ。バノン氏は、ドナルド・トランプ・チームから離れて久しいが、大統領のネオコン・メンバーのために、まだ彼が働いているということに疑いを持っている人は極めてわずかだ。

 私はローマから一体何を得ただろう? 混乱した内部ニュースの吠え声と、バノンの話については、記事で、実名を使わないという要求だ。

「アンドレさん、我々は、国務院で決断されるまで、報道機関に話してはいけないという命令を受けています。政権の中では戦争です。一年以上の戦争です。政府と教会の中の戦闘です。フランシスコ教皇は保守主義者に反対です。新文化大臣フランチェスキーニ(PD)は教会につながっています。自体は、今も不確実です。tar(地方行政裁判所)はバノン支持を表明して、文化大臣の決定を阻止しています。今国務院は決定しなければなりません。」

 ローマからの、もう一人の情報提供者が、ずっと具体的な分析を提供してくれた。

「彼の中国に対する憎悪に屈服して、プロパガンダを作り出し、バノンから直接命令を受けている北部同盟や「Fratelli d'・Italia」[イタリアの同胞]のようなイタリア政党があるのです。」

 もちろん、これは大変なことだ。北部同盟や「Fratelli d'・Italia」はイタリアで最も強力な政治勢力の一部だ。彼らがアメリカ右翼過激派の支配下にあるという事実は、大変な、スキャンダラスなニュースだ。

***

 長い間、スティーブ・バノンは、イタリアや、それ以外の国々の右翼部隊に声援を送っていた。

 La Presseによれば、(2018年9月23日)、彼は「彼らがいれば、ここイタリアで革命はうまくいく」と主張して、イタリア右翼運動を称賛した:

ローマでの「Fratelli d'・Italiaの催し「アトレイユ」の舞台で、スティーブ・バノンは、サルビーニとメロニの党を称賛:選挙で、イタリア人は、変化のときだと言ってシステムに反対して発言した」。彼らは、自分たちの文化と国を防御することを望むがゆえに、人種差別主義で、外国人嫌いだと言われるのにうんざりだ」と元ホワイトハウス戦略家が述べた。「皆さんのは、最も重要な実験だ。革命がここで機能すれば、それは広まるだろう」とバノンは付け加えた。」

 意外ではないが、スティーブ・バノンは、自分が代表しているとする人々の激怒を呼び起こすため語っていると主張している。現代のカトリック教会と、キリスト教全般だ。

 バノンが何度か個人的に侮辱したフランシスコ教皇は、明らかに彼の政治に反対している。

 私はこの記事のため、最も重要な現役神学者/哲学者の一人友人のジョン・カブ・ジュニアに質問したところ、要点をはっきり言ってくれた。

「スティーブ・バノンは、現代、カール大帝風のキリスト教を臆面もなく更新して、他の「キリスト教徒」から大きな支持を得られることを明らかにした。彼はイエスや、ヘブライ人預言者に従うふりを、皆無ではないにせよ、ほとんどしない。彼にとって英雄は剣闘士だ。彼は、暴力を含むあらゆる方法で、人々に戦う準備をさせているように見える。戦争は、我々がかつて「キリスト教世界」と呼んだどの国よりも、欧米支持だ。聖書の見地からは、国民国家や欧米への献身は偶像崇拝だ。」

 ジョン・カブは、こう結論した。

「最初のキリスト教徒、イエスの信奉者たろうと努める人々は、憎悪を広めた人たちさえ愛するよう要求された。だが、その愛の一つの側面は、偶像崇拝者として、欧米防衛を彼らの最高優先事項にしている人々を識別することでなければならない。キリスト教徒は、この偶像崇拝の帰結を示し続けるべきだ。それは社会にとって破壊的だ。それは偶像崇拝者にも損害を与える。我々が本当にスティーブ・バノンを愛するなら、我々は彼の偶像崇拝の考えと行動が、他の人々にも彼自身にも与える損害を減らすようつとめるよう要求される。もし彼のキリスト教理解が、イエスの教えと聖職者の任務に場所を与えるとすれば、我々は、イエスの教えを、彼の仕事が、どれほど根本的に邪魔しているか指摘できる。もし彼が聖書の神に関心があるなら、我々は彼が、神が仕えるよう呼びかけている人々に奉仕し損ねているかを指摘できる。もし彼が本当に欧米の未来を気にかけているなら、我々は彼が繁栄する未来への道を阻止しているのを示せる。おそらく、ただ、おそらく、彼は聞くことができるだろう。」

 スティーブ・バノンにとって、ヨーロッパ政治の不穏な海の中を巡航するのは容易ではないことが明確になる。本当に、ヨーロッパは終始、危険なほど、右方向に動いている。一部の人々は、極右に向かって動いているとさえ言うだろう。

 だがそれはトランプの右ではなく、バノンの右でもない。ヨーロッパは、どの方向に行くべきか決めるのに、もう一人のアメリカ官僚は必要ないと感じているのだ。

 ヨーロッパ右翼は非常に民族主義だ。だがバノンはファシストの統一ヨーロッパ戦線を構築しようとしている。ヨーロッパの国が、どんな形であれ、団結を求めているようには思えない。イギリスやハンガリーやイタリアさえ、これを証明している。

 (非常に往々にして、実際そうなのだが)彼らの権益に役立つなら、ヨーロッパ人は、ロシアや中国と協力するのをいとわない。バノンのような連中は、文化的、宗教的原理主義者だ。彼らは、まさに無数の国を攻撃し、ロシアや中国などの国々で、何百万という人々を殺害した植民地主義者とファシストだったと同じ連中で構成されている。少なくとも現在、この種の態度は、ベルリンやローマやマドリッドでは、さほど人気は高くない。そこで、住民たちは、戦争の危険や、他のいかなる直接の闘争的介入なしで、新植民地主義で手に入れていた全ての権益を欲しているのだ。

 バノンは「徹底的に」やる用意がある。爆破し、西洋軍の現地派兵さえ。

 そして、彼は、傲慢に、非外交的に挑発する。

 ロシアや中国や、欧米の他の敵によって、最小の緊張緩和が作り出されるときでさえ、彼はすぐさま、傷口に塩を塗り始める。

 最近、彼は最も教養がない形で、中国とその外交を侮辱した。2020年1月20日、フォーブスはこう書いた。

「皆さんが、今日中国や、米国・メキシコ・カナダ協定の契約署名で目にしているのは、アメリカの管理された下落の終わりの始まりだ」と元トランプ顧問スティーブ・バノンは、水曜日、CBNCで語った。「これはアメリカにとって、巨大な勝利で、それこそが、皆が、習近平がここで署名したり、中国メディアが報道したりしない理由だ。トランプは、中国についての考え方の重心を、エリートのものから変えたのだ。」

 だが、フォーブスさえ、このような衝動的行動には疑念を持っている。

 事態は一層深く、一層邪悪になる。バノンは、欧米あるいは、中国(中華人民共和国)そのものからであれ、最も反中華人民共和国、反共産主義の個人と組んで、資金を捜している。2019年10月29日、Axiosが報じた。

「一体誰がスティーブ・バノンの仕事に資金供給しているのかという謎は、少なくとも部分的に解決された。Axiosが得た契約書によれば、論争の的の中国人億万長者とつながるに企業、郭媒体が「戦略上のコンサルタント業務」のために、少なくとも百万ドルでバノンと契約した。

なぜそれが重要か。郭文貴という名の、英語名Miles Kwokとしても知られる億万長者亡命者は米中対立の渦中にある。彼は遠慮なく中国共産党批判をする人物で、報道によればマー・ア・ラゴのメンバーだ。ニューヨーク・タイムズによると、彼は贈収賄と、詐欺と不正資金浄化のかどで、中国の指名手配リストに載っている」

***

 バノンは分析しない。彼はあやつるのだ。スティーブは話をする時、書く時、政治をしているのだ。

 今イタリアは、うんざりしているように思われる。あるいは、少なくともイタリア政権中の一部の人々が。イタリアは複雑な転換期間にある。イタリアは、もはや、合衆国風右翼を歓迎していない。

 イタリアは中国を必要としている。中国は5つ星運動に様々な同盟者がいる。同じことがベネズエラやイランのような国にさえ、言うことができる。イタリアは、もはやベルルスコーニのイタリアではない。

 もしバノンが永久に「剣闘士修道院」から追い出されれば、もう一つのイタリアとヨーロッパが始まった兆しかもしれない。必ずしも、左翼や「進歩派」の始まりではないが、それでも始まりだ。命懸けの戦闘に取りつかれたイデオロギー剣闘士を通して、ワシントンが海の向こう側から、全く無競争で支配するのを許さないという信号を送ることができたのだ。バノンは地理と時代両方の上で誤算した。21世紀ローマと、その周囲は、古代ギリシャのスパルタとは何の関係もないのだ。

 Andre Vltchekは哲学者、小説家、映画製作者、調査ジャーナリスト。彼はVltchek’s World in Word and Imagesの創作者で、China and Ecological Civilizationを含め、多くの本を書いている作家。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2020/02/10/italy-tries-to-kick-out-theright-wing-extremist-steve-bannon-from-the-gladiator-cloister/

----------

 辻元議員の追求、全くごもっとも、大賛成。些細な点が気になる。「鯛は頭から腐る」という表現。小生が知っているのは「は頭から腐る」。「英語にもロシア語にもあります。」と言っていたので、英語とロシア語の表現を探してみた。英語もロシア語も「は頭から腐る」だ。いずれにせよ、宗主国も属国も「魚は頭から腐る」現状は同じで彼女の指摘は正しい。

 A fish rots from the head down.

 Рыба с головы гниет.

 政府は、コロナ感染を意図的に拡大させて、オウン・ゴールで、オリンピック中止を狙っているのだろうか?「韓国で、オリンピック嫌がらせの防護服ポスター」という言葉にひかれて、見たら、聖火ランナーが防護服を着て走っていた。放射能を暗示したのだろうか?今や、コロナ防護服?

 LITERA

“安倍側近の不倫コンビ”和泉補佐官・大坪審議官の新疑惑を政府機関理事長が告発! 感染症研究などの予算80億円を自分の担当事業に投入

 植草一秀の『知られざる真実』

国内での感染拡大リスクに対応しない安倍内閣

 時事ニュース

安倍首相、共産は「現在も暴力革命」

 日本を破壊している究極のウソツキに、デタラメを言われたくはないだろう。いくら彼が正気ではないとはいえ。

 NHK

共産 志位委員長「暴力革命とは無縁」首相答弁に反論

2020年2月11日 (火)

アイオワ党員集会さえ信じられないアメリカが、一体どうして、ベネズエラ大統領を決める資格があるだろう?

ロバート・ブリッジ
2020年2月7日

 民主党アイオワ党員集会が単純な算数で失敗し、とどまる所を知らない大混乱に落ち込んだわずか一日後、ベネズエラのワシントンの手先フアン・グアイドは、トランプの一般教書演説で、ベネズエラの正当な代表として、大いにもてはやされた。この二つの出来事は、思い上がりと横柄に酔って、自己全滅寸前でぐらつく殺人帝国の徴候だ。

 将来の歴史家が、ピエロ国の厄介な検死を行う際には、大衆民主主義における偉大な実験が、逃れられない死の連鎖に入った瞬間として、2020年2月第1週をあげるだろう。この内部崩壊は、実際、壮大な崩壊の前には、非常に良く有るのだが、最高司令官ドナルド・J・トランプが一般教書演説の間中、景気が良いと強調したので、おそらく多くの人々を当惑させるだろう。

酔った情報工学専攻の大学生でさえ、もっとうまく設計できたはずの品質不良アプリケーションを、これだけ儲かる予備選挙契約をどうして得られたかわからない。だが、これは調査するべきだ。

- ユージーン・グー MD、(@eugenegu) 2020年2月4日

 だが焼けるようなアメリカ経済の表面のすぐ下では、それ以上の発言を必要としないほど法外な、一般教書演説でのナンシー・ペロシの錯乱した行動が象徴する政治的熱情の泡立つ火山湖が横たわっており、最終的には、ふたを吹き飛ばして、その危険な軌跡で、現代のポンペイのように、アメリカを凍結乾燥するだろう。

 差し迫る大惨事が予言された週、支配体制は、二つのつまずきを経験した。一つは、沼殺し、ドナルド・トランプを追い払い損ねたこと、もう一つは、透明な、昔ながらの方法で、アイオワ党員集会の勝者を名指し損ねたこと。この連続する出来事は「闇の国家」が同時に二つの大敗北を受け入れるはずがないので、つながっている。それで連中は、民主党にとって、ドナルド・トランプより潜在的に一層危険な民主的社会主義者、バーニー・サンダースを阻止することを強いられた。

 ここでアメリカの民主主義の仮面が剥がれ落ち、獣の本質が明らかになったのだ。アイオワ党員集会の結果は、生放送で集計されている中、ピート・ブティジェッジ市長は初期のリードを享受していた。だが最終的に、群れに差をつける前に、民主社会主義者のバーニー・サンダースが差を埋め始めた。まさに、その瞬間に、欠陥とされるアプリケーションのため、結果が消えたのだ。どんな結果も示される前に、小さな町の市長は、選挙で勝ったと自慢していたが、翌日まで、ブティジェッジが僅差で勝ったと宣言されなかった。多くの観察者には、民主党は空中に政治的変化の風を感じ、ゲームの最中に、ボールを取って、自陣を急襲したように見えた。聞いたような話ではないか?

 現時点では、結果を報じる新しいアプリケーションが壊れたという話を信じるか、記事、サンダースが勝利を目指して進んでいるのが明白になった時、汚い民主党員がゲームを不正に操作したと主張して「陰謀論者」になることが可能だ。2016年、ウィキリークスが約20,000通の民主党全国委員会電子メール公表で示したように、以前、民主党はサンダースに対して共謀したことがあるので、後者の理論を裏付ける多くの理由がある。

アプリケーションの「失敗」:デモイン80選挙区:

バーニー・グループには101人いた
ピート・グループは66人いた

中略

これが民主主義??? 🤔#IACaucus pic.twitter.com/ZeekGiL6yM

- andthenwhat? (@NWcarol28)2020年2月5日

 このアプリケーションの背後には、愉快にもシャドウ社という名の、実にやましい出自の企業がある。第一に、シャドウ社の、考え方次第なのだが、想像もできない不適格、あるいは、専門技術のおかげで、確実に政治的に恩恵を受けたブティジェッジは、アイオワ党員集会に先行して、この企業に何万ドルも支払っていたのだ。第二に、シャドウ社幹部の多くが、ヒラリー・クリントン選挙運動で以前働いていた事実は、あの選挙運動の「フェアプレー」への悪名高い誓約を考えれば、些細な追加情報どころではあるまい。第三に、シャドウ社のアプリケーションを「調べる」国土安全保障省の取り組みは、アイオワ民主党に直ぐさま拒否された。アメリカ選挙への「ロシアの干渉」を巡るこれまで数年にわたる話を考えれば、国土安全保障省に新技術をちらり見せることこそ賢明だと思われないだろうか? 結局、おそらくアイオワ州人は、「何の中身もない」ロシア騒ぎを、多くの他の民主党員のようには、決して本当に信じていなかったのだ。

 最後に、大きな不気味要因の締めくくり、大惨事の世界マスター本人、他ならぬジョージ・ソロスが、このあやしい企業の最大株主だった。ソロスが、投資に何らかの見返りを望んでいると考えれば、一体誰が、彼の狂ったグローバルな夢を実現させるのに最善だろう? 「ヨハネの黙示録の四人の女性騎士」として良く知られている急進的な左翼革新主義者軍団と一緒の筋金入りの社会主義バーニー・サンダース、それともインディアナ州、サウスベンドの従順な市長? だが、ブティジェッジは、どんな討論ででも、トランプに食い物にされる可能性が高く、間もなく、このメディア王が、ゲームのルールを変えさせることができので、バーニー・サンダースや、エリザベス・ウォーレン、ジョー・バイデン、ピート・ブティジェッジ、エイミー・クロブチャーや、アンドリュー・ヤンやトム・ステイヤーと、間もなくCNN討論の舞台に登場する億万長者マイケル・ブルームバーグが参加する撮るかに複雑なゲームで、アイオワでのブティジェッジの「勝利」は、ただの歩の動きに過ぎなかったのだ。

 一方、クロブチャーや、ヤンや、ステイヤーより世論調査で支持率が高いイラク戦争退役軍人トゥルシー・ギャバードは、ニューハンプシャー予備選挙に進むための討論会に招かれさえしていない。

昨夜のアイオワ党員集会の結果報告遅れと、それが候補者や、彼らの選挙運動や、民主党党員集会参加者の皆様に不安を与えたことを心から遺憾に思います。
- Shadow, Inc.(@ShadowIncHQ) 2020年2月4日

 国境の南で、ベネズエラの人々は、現実に展開しているこの民主政治のアメリカのお手本を大いに楽しんでいるに違いない。2018年、ニコラス・マドゥロが67パーセントの票で再選勝利した2018年のベネズエラ大統領選挙を、アメリカは「いかさま」だと宣言した。アメリカはそれから更に、それまで政治的に無名だったフアン・グアイドが、ベネズエラ大統領だと認めたのだ。

 この社会主義国が世界中で最も透明な選挙技術を持っていることが分かって、ベネズエラ選挙に干渉するアメリカの横柄さが一層目立つことになった。

 「投票者は、投票して、確認するのに、タッチ方式の電子パッドを使う」とエウゲニオ・マルティネスがフォーブスに書いた。「確認した後、電子投票は暗号化され、ランダムに機械のメモリーに格納される。投票者は印刷されたレシートで自身の投票を確認し、それを物理的投票箱の中に入れるのだ。」

 言い換えれば、ベネズエラ選挙で不正行為をするのは不可能でないにせよ、極めて困難なのだ。アメリカ人は、マクドナルドでビッグマックを、あるいはスターバックスでコーヒーを買う時は、かならずレシートを受けとるのに、ますますいかがわしくなる選挙では、票を投じたことに対する「領収書」を全く受け取れないのだ。だから、アイオワ州での大失敗の一日後、一般教書演説で、グアイドが民主政治の看板役として登場する滑稽なタイミングは、ペロシのかんしゃくより、本当に遥かに意義深い見せ物だった。

 ロバート・ブリッジは、アメリカ人作家・ジャーナリスト。

 個々の寄稿者の意見は必ずしもStrategic Culture Foundationのものを意味しない。

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2020/02/07/how-can-america-play-kingmaker-in-venezuela-when-it-cant-be-trusted-to-conduct-a-caucus-in-iowa/

----------

 サンダース、アイオワ党員集会の再確認要求をしたようだ。バイデン、さすがに、ウクライナ・スキャンダルが打撃になっているのだろうか。

2020年2月 2日 (日)

永久戦争中のアメリカ

2020年1月31日
Paul Craig Roberts

 映画監督のオリバー・ストーンは彼の映画でアカデミー賞を12獲得した。だが彼がアメリカの戦争の一つに批判的な映画の資金調達をしようとすると、この卓越した実績は役に立たない。
「そういう種類の内容をしようとすると、それはできない。」戦争支持の言説に彼が従わないため"経済検閲"されているのだとストーンはいう https://sputniknews.com/us/202001311078189951-oliver-stone-united-states-is-the-evil-empire/

 ハリウッドは、戦争を擁護するCNNやニューヨーク・タイムズや、その他の売女マスコミと同じ検閲をしている。ロシアや中国や北朝鮮やイランやベネズエラのような「脅威」というレッテルを貼られた国の見解を、我々は決して聞けないとストーンは指摘する。

 民主党も共和党も戦争大賛成だ。彼女は戦争支持者ではないので、民主党員はトゥルシー・ギャバードには、ニューハンプシャー大統領候補対話にさえ参加させるまい。

 ストーンはヒラリー・クリントンやジョー・バイデンなどの民主党幹部連中は、ディック・チェイニーやシオニスト・ネオコンと同じぐらい戦争賛成だという事実が「アメリカが、どれだけ身動きがとれない状態かを示しています」と言う。ストーンのインタビューで、プーチン大統領が言った通り「誰がアメリカ大統領になっても変わらない」。ワシントンの政策は、戦争によって実現する覇権なのだ。

 トランプは、アメリカを戦争から脱出させたいと言った。トランプは、ロシアとの関係を正常化し、ジョージ・W・ブッシュとオバマが、米軍や「自由の闘士」と呼ばれる代理部隊で侵略した国から米軍を撤退させると言った。だが「ロシアゲート」や「弾劾ゲート」で圧力をかけられて、トランプは強力なイスラエル圧力団体による保護を求めたが無駄だった。トランプ弾劾で最も積極的な連中は、下院多数派の民主党ユダヤ人議員で、トランプに対する、わざとらしい虚偽の証言証人の大半もユダヤ人だった。

 それにもかかわらず、トランプは彼の大統領職をイスラエルに捧げている。トランプは最近、イスラエルが彼がそうするよう望んだので、イランが兵器に利用可能なウラン濃縮をやめて遵守していたイランとの充実した多国間合意を離脱すると言った。2020年1月28日火曜日に起訴された重罪犯イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフとのワシントンでの共同記者会見でネタニヤフにへつらう言辞を弄しているが、これは全てのアメリカ人を当惑させ、心から恥ずかしく思わせる、アメリカ大統領による演技だ。

 「皆知っているように、私はイスラエルのために多くのことをした。アメリカ大使館をエルサレム[アラビア語でアル・クッズ]に移転させ、ゴラン高原を承認し、率直に言って、おそらく最も重要なことは、イランとの酷い核合意から離脱した」とイスラエル擁護の大声をあげる聴衆にむけて、ホワイトハウスでアメリカ大統領が述べた。

 トランプが国連見解に違反するまで、エルサレムへのアメリカ大使館移転というトランプの動きは、世界の他の国々や、それまでのワシントンの見解に矛盾している。国際法によれば、イスラエルには併合できない、イスラエルが占領したシリアのゴラン高原を、トランプは所有しておらず、「力は正義である」以外に、イスラエルにシリア領土を与える権限や法的権限を持っていない。だがトランプはそうした。

 注:トランプは彼を弾劾する理由を提供したのだが、それには、彼らが決してするはずのない行為、民主党が反イスラエル姿勢をとる必要がある。共和党もそうはするまい。両党の何から何まで、イスラエル圧力団体が所有しているのだ。

 それゆえに、イスラエルのための中東でのアメリカ戦争は続くだろう。イスラエルは南レバノンの水資源を欲しており、二度失敗したイスラエルの試みが実証している通り、イスラエルは自身の力では、これを実現することができない。

 イスラエルは地域を占領するため自慢のイスラエル軍を二度南レバノンに派兵し、自慢のイスラエル軍は、二度のヒズボラ民兵により、命からがら逃げ出させられた。

 ヒズボラはシリアとイランに資金供給され補給されており、これが、イスラエルが、シリアとイランと戦って、アメリカ人が死ぬための条件を作り出し続けるために、ネタニヤフが、彼の操り人形、アメリカ大統領ドナルド・トランプを利用している理由だ。

 トランプは意固地にネタニヤフの指示に従うだろうが、ロシアが邪魔だ。

 我々にとっての疑問は、ロシアが、欧米に受け入れてもらえるために、腐敗した政治的、社会的な機能障害の欧米への加盟と引き換えにシリアとイランを売るかどうかだ。

 エリツィン時代のアメリカによるロシア乗っ取りによって豊かになったオリガルヒ、ロシアの重要な大立て者連中の欧米の権益を考慮すると、ロシア政府は欧米への加入と引き換えに、中東での大イスラエルを受け入れることがあり得ないとは言えない。

 ロシアは、欧米に毒されることに対し、非常に脆弱だ。共産主義下での生活、あるいはそれにまつわる言説が、ロシア青年の多くに、ロシアに対する偏見を持たせている。アメリカは道路が金で舗装された涅槃だという信仰がある。アメリカ・プロパガンダの成功は全世界におよんでおり、これはロシアにとって大きな弱点だ。現在ワシントンから資金提供されるNGOは、何千人ものロシア青年を、プーチン抗議行動にかりたてることができ、それはアメリカで見出しになり、プーチンはロシア民主主義を抑制する独裁者だというワシントンのプロパガンダを裏付ける。ロシア政府が、この第五列の活動を認める理由はロシア政府の確信の欠如を示している。ワシントンは、このロシアの確信の欠如につけこんで、圧力を強化している。

 ワシントンとそのヨーロッパの家臣が、毎分、毎日、毎週、毎月、毎年ロシアに対して作戦行動をしている状態で、1991年にそうしたように、ロシア政府は再び倒れかねないのだ。ロシアは悠々とした気分からはほど遠い。ロシア主権はまだ保証されていない。

 ワシントンは戦争の根源だ。ワシントンは他の国々を侵略し、爆弾を投下し、悪者にし、脅かす唯一の国だ。戦争の脅威はワシントンにのみ存在している。

 招待されたイラクへの民間旅客機で平和使節におもむいたイラン政府高官ソレイマーニーをトランプは殺したのだ。これは犯罪と戦争行為の両方だ。ロシアがイランの反撃を抑制したので、今ワシントンはソレイマーニー後継者を殺すと脅している。

 世界は見て見ないふりをしている。アメリカ人は、ロシアや中国や北朝鮮やベネズエラのように、イランを敵として見るよう洗脳されている。だから殺されるイラン人が増えれば増えるほど、洗脳されたアメリカ人は益々が幸福になるのだ。

 ヨーロッパと日本はワシントン属国で、イスラエルに奉仕する世界覇権のためのワシントンの衝動を阻止する上で、いかなる抑制も知性も、全く貢献できない。

 戦争が我々の未来だというのが結論だ。コロナウイルスが、鳥インフルエンザや、SARSや、豚インフルエンザのような世界的大流行の誇大宣伝ではないと想定しても、核兵器より遥かにわずかな人々しか殺さない。

 本当に、ワシントンと、その戦争は、惑星地球の生命に対する脅威だ。世界がワシントンとイスラエルの野心で捕らわれの身になっている。ロシアと中国が断固とした態度を取るのを拒絶して、愚かにも、アメリカの干渉や、おそらく生物兵器攻撃にも両国を開放し続けているので、戦争は我々の未来だ。ボタンが押された時、我々は存在するのをやめるだろう。動物、鳥、植物や樹木もそうなるだろう。

 ワシントンがもたらした荒廃だけが残るだろう。

 Paul Craig Robertsは元経済政策担当財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリップス・ハワード・ニューズ・サービスとクリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

 ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2020/01/31/america-at-war-forever/

----------

 京都市長選挙の日。

日刊IWJガイド「本日京都市長選投票!! 現職門川氏先行、新人福山氏・村山氏追う!! 福山氏最終演説に立憲プラカ持つ支持者多数、門川氏推薦の立憲執行部へ『造反』」2020.2.2日号~No.2698号

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

911事件関連 Andre Vltchek Caitlin Johnstone Eric Zuesse Finian Cunningham GMO・遺伝子組み換え生物 ISISなるもの James Petras John Pilger Mahdi Darius Nazemroaya Mike Whitney Moon of Alabama NATO NGO Pepe Escobar Peter Koenig Prof Michel Chossudovsky Saker Stephen Lendman Thierry Meyssan Tony Cartalucci TPP・TTIP・TiSA・FTA・ACTA Wayne Madsen WikiLeaks William Engdahl wsws アフガニスタン・パキスタン アメリカ アメリカ軍・基地 イスラエル イラク イラン インターネット インド ウォール街占拠運動 オバマ大統領 オーウェル カジノ カナダ カラー革命・アラブの春 ギリシャ クリス・ヘッジズ サウジアラビア・湾岸諸国 シェール・ガス・石油 シリア ジーン・シャープ ソマリア ソロス チベット チュニジア・エジプト・リビア・アルジェリア テロと報道されているものごと トヨタ問題 トランプ大統領 トルコ ノーベル平和賞 パソコン関係 ヒラリー・クリントン ベネズエラ ホンジュラス・クーデター ボリビア ポール・クレイグ・ロバーツ マスコミ ユダヤ・イスラム・キリスト教 ロシア 中南米 中国 中央アジア 二大政党という虚構・選挙制度 伝染病という便利な話題 北朝鮮・韓国 地球温暖化詐欺 地震・津波・原発・核 宗教 憲法・安保・地位協定 授権法・国防権限法・緊急事態条項 文化・芸術 新冷戦 新自由主義 日本版NSC・秘密保護法・集団的自衛権・戦争法案・共謀罪 旧ユーゴスラビア 映画 書籍・雑誌 東ヨーロッパ・バルト諸国 東南アジア 民営化 無人殺戮機 田中正造 英語教育 読書 通貨 選挙投票用装置 難民危機 麻薬 麻薬とされるマリファナについて

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ