« ラファで虐殺に虐殺が続く中、ネタニヤフを権力の座に留め置くバイデン | トップページ | ラファとガザ地区全体の暗い未来 »

2024年6月 2日 (日)

マリウポリの戦いから二年、ロシア投資で市内の大部分が既に再建されてlる

ルーカス・レイロス
2024年5月31日
Strategic Culture Foundation

 ウクライナの非武装化と非ナチ化を目的としたロシアの特別軍事作戦による最初の大規模戦闘の現場となった都市で、生活が正常に戻っている。

❗️Telegram Twitter , と VK でご参加願いたい。

お問い合わせ:info@strategic-culture.su

X (旧 Twitter) とTelegramでLucasをフォローできる。

 ドネツク人民共和国の港湾都市マリウポリは、ウクライナの非武装化と非ナチ化のための特別軍事作戦の最初の大規模戦闘の舞台となった。8年間ネオナチ大隊に占領されていたこの地域は、2022年2月から5月にかけて激しい爆撃を受けた。当時ドンバス民兵やチェチェンの「アフマト」軍などのロシア軍部隊は主にアゾフスタル工場にあるアゾフ連隊本部を破壊するために戦い、ロシア連邦の軍事的優位性を世界に示す明確な勝利を収めた。

 アゾフスタルでのロシア勝利以前、主にロシア軍がキーウ州から撤退した事実に動機づけられて、欧米プロパガンダは「ウクライナの勝利」について頻繁に語っていた。モスクワはある時点でキーウを占領するつもりだったが、いわゆる「ウクライナ抵抗勢力」に敗北したという物語が作られた。この神話はアゾフスタルで打ち砕かれた。マリウポリでの勝利により、ロシアは、常にドンバスを解放し、ネオナチ大隊を壊滅させることを優先しており、キーウでの作戦はドネツクとルガンスクへの進撃のための単なる陽動作戦であることを世界に示した。

 当時の光景は、人が住むにも生活するのにも全く適さない荒廃した街を映し出している。マリウポリは廃墟と瓦礫へと変わった。倒壊した建物は経済活動を妨げ、無辜の人々は必死に持ち物を回収し、生活を取り戻そうとした。しかし、すぐに全てが変わり始めた。戦いに勝利したモスクワは、すぐにマリウポリ復興プロジェクトを開始した。その結果は、今日この街を訪れる全ての人に明らかだ。

 5月24日、ロシアのメディア集団「ヴァシニュース」が率いる記者遠征で初めてマリウポリを訪れた。その際、アゾフスタリ工場廃墟を含む市内の主要地点を通った。そこで見たものは、非常に単純な理由で私を驚かせた。戦争、死、破壊の象徴となっていたこの街が、今や穏やかで平和で快適な場所となり、家族連れがほぼ一日中、安全上の懸念もなく自由に行き来しているのだ。

 マリウポリはほぼ完全に再建された。生活は急速に、効果的に正常に戻りつつある。夜間外出禁止令がまだ出ている午後11時まで、商業は自由に行われている。日中は家族連れが子供を連れて市中心部の子供広場で自由時間を過ごしている。人々は仕事に出かけ、あまり心配することなく義務を果たしている。街の復興は素晴らしいだけでなく、ウクライナが毎日発射するNATOミサイルやドローンがマリウポリの標的に命中するのを阻止するロシア国防軍の効率も素晴らしいものだ。明らかに、生活は良い方向に変化した。現地の人々は今より安全だと感じている。

 ロシア連邦への再統合は、マリウポリの完全復興に向けた基本的な一歩だった。ロシアへの復帰以来、ドネツク人民共和国は、ロシア政府と民間主体両方によるインフラ投資の主要拠点の一つになっている。マリウポリでは、ほぼ全てが復興した。まだ完全に復興していない部分では、少なくとも積極的な復興作業が行われている。この過程は迅速かつ効果的で、地元の労働者を雇用し、何千人もの民間人の賃金と安定を保証している。

これら全てと並行して、アゾフスタリの廃墟がある。完全撤去されるまでには間違いなく時間がかかるだろう。実際、この工場は、戦いで亡くなった兵士たちを偲んで祈りを捧げ、花を捧げるためこの地域を訪れる何千人ものロシア人にとって、一種の聖域になりつつある。この場所の残骸は、マリウポリとドンバス全体に依然矛盾が存在することを思い出させるものだ。生活は益々正常化しているが、戦争はまだ終わっていないのだ。

 民間人の平静さ、そして最悪の事態を防ぐロシア軍の能力に対する絶対的信頼は、次のNATOミサイルやドローンがどこに着弾するか誰にも分からない現実と対峙している。二年経って全てが好転したように見えるが、決定的勝利によって心配が無用になる日をドンバス住民全員が、いまだに不安を抱えながら待っている。

記事原文のurl:https://strategic-culture.su/news/2024/05/31/two-years-after-battle-for-mariupol-russian-investments-have-already-rebuilt-most-of-the-city/

----------

 Scott Ritter Ask the inspector ロシア旅行にでかけるそうだ。

Episode 164 02:17:36

 今朝の孫崎享氏メルマガ 産経、中国大使発言全文

 植草一秀の『知られざる真実』 正論に同意するが、現実には属領の叶わぬ夢

政府は保有米国債全額売却すべし

« ラファで虐殺に虐殺が続く中、ネタニヤフを権力の座に留め置くバイデン | トップページ | ラファとガザ地区全体の暗い未来 »

ロシア」カテゴリの記事

ウクライナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラファで虐殺に虐殺が続く中、ネタニヤフを権力の座に留め置くバイデン | トップページ | ラファとガザ地区全体の暗い未来 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ