« 帝国の弱点は、歯車を回すために依然普通の人々を必要としていること | トップページ | ウクライナ状況報告:防衛線欠如のため撤退継続 »

2024年3月12日 (火)

今連中はガザで軍用ロボット実験をしている

 「ガザはイスラエル軍用ロボットの実験場になる」と題する新記事をハアレツ紙は掲載し「兵士や犬の被害を避けるため、ガザ戦争でロボットや遠隔操作犬の使用をイスラエル国防軍は実験している」と報じている。

ケイトリン・ジョンストン
2024年3月4日

 この英語記事の朗読を聞く(ティム・フォーリーによる朗読)。

 我々が暮らしているこのディストピアに関する最も恐ろしい事実の一つは、大規模軍事作戦が、新たな戦争機械の実験場として日常的に利用され、人体をモルモットとして利用し、巨大な血まみれの野外実験室で実験していることだ。

 「ガザ、イスラエル軍用ロボットの実験場になる」と題する新記事をハアレツ紙が掲載し「兵士や犬の被害を避けるため、ガザ戦争でロボットや遠隔操作犬の使用をイスラエル国防軍は実験している」と報じている。

 (うわーっ、大量虐殺実行中にイスラエル兵士や犬が被害を受けたら、どれほど恐ろしいことになるか、あなたは想像できるだろうか?)

 ドローン搭載のロボット犬と遠隔操作ブルドーザーは、現在ガザで実戦実験されている新たな終末論的恐怖の二つだと記事の著者サギ・コーエンは報じ「戦場でのロボット利用と高度化が飛躍的に進んだと国防当局は確認している」と述べている。読んで、かなり当惑する文章だ。

 「自律型兵器に関する最も深刻な懸念は、自律型兵器が、国際人権法違反を含め、本質的に標的となる人を非人間扱いして広範な殺人を容認しやすくすることだ。」と述べて、操縦者による最小限の指示で人を殺す自律型兵器システムの差し迫った到来の可能性を警告する新しいパブリック・シチズン報告と同時にこのニュースは発表された。

 世界の軍隊でロボットが常態化すればするほど、我々はこの地点に近づくが、既にその方向への一歩は踏み出されている。Common Dreamsのトール・ベンソンが、パブリック・シチズン紙報道に関する記事で書いている通り「イスラエルは自律飛行型致死ドローンを購入し、時に配備している」。

 今年1月「ガザは軍産複合体の生きた実験室だ」と私は書き「(ウクライナで起きているのと全く同様)ガザで人体で実地試験されている全ての新兵器に関するデータは、絶対確実に収集されている」と述べた。”

 当時この発言のきっかけとなったのは、10月以降、ガザ地区でイスラエル軍の「狙撃ドローン」が多用され、ライフルで武装したクワッド・ドローンでイスラエル軍がパレスチナ人を頻繁に撃っているという報道や直接の目撃証言だった。これら新兵器や戦術の殺人上の有効性に関し膨大な記録がしっかりまとめられており、殺戮効率を向上させ、これら兵器を他国に売り込むのに役立てられるだろう。

 これが確実に起きていると言う際、私は効果を狙って誇張しているわけではない。昨年12月、作家でジャーナリストのアントニー・ローウェンスタインは、クリス・ヘッジズ・レポートで、ガザを新兵器、スパイウェア、監視・セキュリティ・システム、AI、無人機、戦術の実験場として利用してきた長く広範に記録されているイスラエルの歴史について、長いインタビューを行い、それが多数の企業に利益をもたらし、世界の兵器産業でイスラエルが途方もない成功者になるのを可能にしたと語っている。

 「イスラエルの無人偵察機、スパイウェアを含む監視技術、顔認識ソフト、生体認証収集インフラ、スマートフェンス、実験用爆弾、AI制御機関銃などは全てガザに閉じ込められた住民に対して試され、しばしば致命的結果をもたらしている」とヘッジズは序文で述べている。「これら兵器や技術は『実戦実験済』と認定されて世界中で販売される」

 これはガザ地区に限ったことではない。今年9月「ウクライナでの戦争は巨大な武器見本市でもある」と題し、「武器メーカーは戦場で実験された武器の注文を受けている」という副題を付けた記事をウォール・ストリート・ジャーナルが掲載した。昨年1月、「ウクライナはいかにして西側兵器や戦場イノベーション実験台になったか」と題する記事をCNNは発表し、ウクライナは「この兵器のどれも二大先進国間戦争で実際使用されたことがないかので、あらゆる意味で完全に兵器実験室だ。」とある情報筋は述べた。

 そしてもちろん、アフリカでも全く同じ現象が起きている。2021年、Mintpress Newsは、これと全く同じ傾向について「西アフリカは米軍の人工知能の最新実験場」と題するScott Timckeによる記事を公開した。2020年、リビアで、完全自動ドローン攻撃により、つまり人間に指示されずに機械が人を殺害したのが最初だと考えられている。

 先日、命令を実行し、機械の歯車を回すのを普通の人間に依存しているのが帝国の大きな弱点だと私は述べた。(日本語訳はこちら)事実を見て、少し考えてみれば、帝国経営者連中が将来この弱点を、どのように克服したいと考えているか理解するのは難しいことではない。

_______________

 私の記事は全て読者のご支援によるものなので、この記事を良いと思われた場合、必要に応じて私のチップ入れにお金を入れる選択肢がいくつかあります。私の記事は全て、自由にコピーでき、あらゆる方法、形式で利用可能です。皆様が望むことは何であれ、記事を再発行し、翻訳し、商品に使えます。私が公開している記事を確実に読む最良の方法は、Substackメーリングリスト購読です。全ての記事は夫のティム・フォーリーとの共著。

 ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

 画像はアドビ・ストックから。

記事原文のurl:https://caitlinjohnstone.com.au/2024/03/04/so-theyre-experimenting-with-military-robots-in-gaza-now/

----------

 Alex Christoforou YouTube 冒頭はオルバン。トランプ選出でウクライナ戦争は終わる。

Patriots destroyed, F16 delays. Annalena circular exchange. Macron to Kiev. Oscars 2024 40:45

 Judging Freedom NATO諸国は提供した兵器操作・訓練のため、ウクライナに軍配備済。配備していないというバイデンはウソ。

Kyle Anzalone: Support for IDF in Gaza Slipping 27:17

 日刊IWJガイド

「米戦闘機F35-Aへの核爆弾搭載を正式認定! 米国の核兵器専門家は『欧州における(対ロシアでの)戦術核兵器の準備が整った』と明言!」

はじめに~米戦闘機F35-Aへの、核爆弾搭載を正式認定! 欧州でF-35Aの運用を計画しているベルギー、ドイツ、イタリア、オランダには、搭載が認定された核爆弾B61の旧型が保管されている! 米国の核兵器専門家は、認定された新型に置き換え、F35Aを核搭載用に改修すれば「欧州における(対ロシア戦での)戦術核兵器の準備が整う」と明言!! 米国は陰に隠れたまま、欧露を戦術核で相討ちさせるというブループリント通りに米国は第3次世界大戦の危険レベルを一気にあげた! しかし米国は自国は巻き込まれないという腹づもり!? 陰の主役は米国とロシアは熟知しており、米本土や米軍基地への攻撃も十分ありうる!

« 帝国の弱点は、歯車を回すために依然普通の人々を必要としていること | トップページ | ウクライナ状況報告:防衛線欠如のため撤退継続 »

イスラエル・パレスチナ」カテゴリの記事

Caitlin Johnstone」カテゴリの記事

コメント

過去二度の大戦が、世紀の物理学的功績や科学技術の飛躍的進展によって強化されたこと、そして人類の進歩を便法としながら、実態は傲岸不遜な優生思想と帝国主義的世界観に裏打ちされた、究極の暴力と破壊でしかなかったことを考えると、今の情況と恐ろしく符合して背筋が凍る思いがします。

NATOは仲良しクラブではない、地域軍事同盟ですのに、また仲間が増えて32だの日本はどうかなどという報道には呆れます。
拡大すればするほど世界にとって脅威でしかない。紛争拡大の抑止と平和維持を掲げる国連憲章に違反する暴挙と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 帝国の弱点は、歯車を回すために依然普通の人々を必要としていること | トップページ | ウクライナ状況報告:防衛線欠如のため撤退継続 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ