« 暴走して自国民を殺害するイスラエル政権...そう、当然。 | トップページ | エカチェリーナの都市オデッサ »

2023年12月18日 (月)

CNN、ガザに入る

 欧米マスコミのずさんなプロパガンダ歪曲を見ていると、命が深刻な危険にさらされているにもかかわらず、大変な仕事をこなしてきたガザの本物のジャーナリスト全員に、どれほど世話になっているか思い知らされる。

ケイトリン・ジョンストン
2023年12月15日

 この英語記事の朗読(ティム・フォーリーによる朗読)を聞く。

 CNNのクラリッサ・ウォードとその一団は、10月7日以来、イスラエル軍から独立してガザに入った初の欧米ジャーナリストとして、アブダビから映像を報じるため出発する前に、アラブ首長国連邦がサッカースタジアムに最近建設したこの飛び地の南部にある150床の病院を短時間訪問した、。

 全体的に、ウォード訪問に関する番組は有益で、ガザでの虐殺が殆ど抽象的なものだった大多数の視聴者にとって大いに必要だった映像を提供した。CNNは、イスラエル空爆で傷ついた犠牲者の苦しみと苦悩を映し出し、彼らに同情を込めてウォードはインタビューし、「イスラエルの熱狂的爆撃」によって「記録的な数の民間人犠牲者」がもたらされたと正しく指摘している。過去2ヶ月間、ガザで起きていることを取材してきたパレスチナ人ジャーナリストの「英雄的な並外れた仕事」をウォードは強調し、この猛攻撃でこれら記者たちが未曾有の割合で殺害されていることを的確に指摘している。

 だから、この番組が作られ、ウォードと彼女の一団がした仕事は客観的に良いことだ。だが、我々が見せられたものには、CNNであるがゆえに、アメリカ帝国の情報権益に利益をもたらすような物語の歪曲も多々あった。

 彼女と仲間が訪問した病院は、非常に新しく、UAEから供与されたため、ガザの他地域の医療施設状況の「縮図ではない」事実をウォードは正しく強調し、ガザの他の病院は、ほとんど機能していないと指摘している。ウォードが言っていないのは、この問題が、10月7日以来、イスラエルが体系的にガザの病院を攻撃し何十もの病院を機能不全に陥れている事実に大きく起因していることだ。

 実際、イスラエル軍事作戦に引き起こされている死と苦しみに関するCNN番組で、イスラエル自体が果たす役割は驚くほど小さい。私の計算では「イスラエル」や「イスラエル人」という言葉は、14分間の番組全体で6回しか言及されておらず、死と破壊が、意図的な大規模暴力行為としてでなく天候のような受動的出来事として論じられる時間の方が長い。

 例えば、CNNが病院に到着すると、近くでイスラエルの爆弾が爆発し、「少なくとも1日に20回は」これが起きると医師は言う。しかし「イスラエル」という言葉は、事後的に議論する時でさえ決して出ない。10分前に起きた爆撃による負傷者が運ばれてくる際、「イスラエルの攻撃」ではなく「攻撃」とウォードは言う。

 10月7日以来、ガザでは、攻撃者と攻撃の奇妙な乖離が常に見られ、報道機関は時に「爆破」と「爆撃」にだけに関する記事を載せるが、実際それを引き起こしている国には記事で全く触れないことがある。攻撃している国に触れないことは、「ロシア」や「プーチン」という言葉が常に決まり文句のように記事に書かれるウクライナの場合は決して見られないし、10月7日をめぐる議論でも目にしない。ハマス攻撃に関するニュース報道をいくら見ても、攻撃者が誰だったかに関する言及を聞かずに過ごすことは決してない。

 CNN報道で、イスラエルへの言及は乏しいが、アメリカ合州国への言及は皆無だ。この容赦ない虐殺は、アメリカが支援しているからこそ起こり得ており、支援を撤回し、バイデン政権が、いつでもそれを終わせられる事実には、ウォードや他の誰一人言及しない。アメリカが支援しているガザ破壊を、あたかもワシントンが受動的に目撃しているだけの何か別の外国紛争であるかのようにアメリカ・マスコミが語るのを見るのは、なんともシュールだ。

 加害者をあえて書かないのは、イラク、シリアやイエメンの非アメリカ同盟について語る際には、主流欧米マスコミで「イランが支援している」という表現が至る所で使われるのと対照的だ。イスラエルのガザ攻撃をアメリカが支援している事実は、イランが支援しているといういかなる主張より遥かに証拠があるのに「アメリカが支援する空爆」や「アメリカが支援する爆撃作戦」といった表現はガザに関する欧米報道では決して見られない。

 CNN映像のもう一つの歪曲は、ウォードがガザの民間人犠牲者について語る場合だ。

 「イスラエルの猛烈な爆撃によるガザ地区の死者数は、現在およそ1万8000人だ」とウォードは言う。「国連が言う通り、死傷者の3分の2が民間人だと推定すると、わずか2カ月余りで約1万1800人の民間人が殺害されたことになる」

 これはもちろんガザで殺害されている全ての男性がハマス戦闘員だと誤って想定している。ウォードの番組は、明らかに非戦闘員の男性に彼女が囲まれている様子の映像でいっぱいで、もし彼らがガザで女性や子どもを殺しているなら、必然的に多くの民間人男性も殺していることになる。この作戦で殺害された女性と子どもの数を指摘するのは殺害の無差別性を示す点で有用だが、決してこの数字を民間人死者数総計と解釈してはならない。

 欧米マスコミのずさんなプロパガンダ歪曲を見ていると、命が深刻な危険にさらされているにもかかわらず大変な仕事をこなしているガザの本物のジャーナリスト全員に、どれほど世話になっているか思い知らされる。それでも、どんな小さなことでも役に立つし、起きていることについて、CNN番組が更に一人の西洋人の目を開かせてくれるなら私はそれを受け入れるつもりだ。

__________

 私の記事は全て読者のご支援によるものなので、この記事を良いと思われた場合、必要に応じて私のチップ入れにお金を入れる選択肢がいくつかあります。私の記事は全て、自由にコピーでき、あらゆる方法、形式で利用可能です。皆様が望むことは何であれ、記事を再発行し、翻訳し、商品に使えます。私が公開している記事を確実に読む最良の方法は、Substackメーリングリスト購読です。全ての記事は夫のティム・フォーリーとの共著。

 ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

記事原文のurl:https://caitlinjohnstone.com.au/2023/12/15/cnn-goes-to-gaza/

----------

 The Chris Hedges Report

The Death of Israel

 耕助のブログ Jonathan Cook記事翻訳

No. 2008 ガザを抹消するためにイスラエルがどのようにAI虐殺プログラムを使っているか

 今朝の孫崎享氏メルマガ題名

岸田内閣の支持率低下が続く。時事、毎日は内閣支持率を10%台示し、毎日、不支持率79%は、開始1947年7月以来、最も高い。依然前月比大幅下落が続き、底が見えない。 政党支持率では毎日では自民17%。立憲支持率14%、僅差になる

 日刊IWJガイド

「国会閉幕で特捜の安倍派への『裏金疑惑』捜査が本格化! 閣僚と自民党役員から安倍派を一掃しても、岸田政権の支持率は17.1%に急落!」

【本日のニュースの連撃! 3連弾!】

【第1弾! 米下院がバイデン大統領の弾劾に向け、正式な調査を行う決議を可決!】下院監視委員会の召喚に応じず、拘束の警告も受けているハンター・バイデン氏は、議会建物の外で「父が私のビジネスに、金銭的に関与していたという疑惑を裏付ける証拠は、ありません」と表明! 共和党の主張を「嘘」だと非難!(『CNN』、2023年12月14日)

【第2弾! ガザ北部シェジャイヤ地区で、イスラエル国防軍がイスラエル人の人質男性3人を殺害! 殺害された3人の男性たちは上半身裸で白旗を掲げていた!】イスラエル国防軍の無差別殺戮が導いた「悲劇」はこれからも起こりうる! 人質家族は「平和のうちに人質が解放されること」を望むと表明!(『タイムズ・オブ・イスラエル』、2023年12月15日ほか)

【第3弾! ウクライナ海兵隊員が「ドニプロ川東岸に足場を築いた」というゼレンスキー大統領の嘘を告発!】「足場を築くのは不可能だ」と語る海兵隊員は、渡河作戦を「自殺任務だ」と証言!(『ニューヨーク・タイムズ』、2023年12月16日)

« 暴走して自国民を殺害するイスラエル政権...そう、当然。 | トップページ | エカチェリーナの都市オデッサ »

アメリカ」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

イスラエル・パレスチナ」カテゴリの記事

Caitlin Johnstone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暴走して自国民を殺害するイスラエル政権...そう、当然。 | トップページ | エカチェリーナの都市オデッサ »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ