« ノヴァ・カホフカ・ダム破壊-更新(12:15 UTC) | トップページ | 下落し続けるトルコ・リラ »

2023年6月10日 (土)

アメリカ軍艦に危険なほど国を近づける中国

2023年6月5日
ケイトリン・ジョンストン

インド太平洋軍

 この記事の英語朗読を聞く(ティム・フォーリーによる朗読)。

 週末、米軍は台湾海峡でアメリカ駆逐艦の進路を横切る中国海軍艦船の映像を公開し、衝突を避けるため米軍艦船を減速させたとされている

 アメリカ・インド太平洋軍のこの事件に関する声明は、台湾海峡を南から北への定期的航行中の米海軍に、中国艦艇がアメリカとカナダ軍艦の前方、アメリカ艦船に150ヤードも接近し「危険な方法で操船した」と述べている。

 今私は皆様が何をお考えか知っている。アメリカとカナダの軍艦が平和的に定期的な航行演習を行っている台湾海峡で中国海軍艦船は一体何をしたのだろう?

 このニュースが私にとってと同じくらい皆様にも衝撃的かどうかはわからないが、中国はどういうわけか台湾海峡のすぐ隣に自国を配置でき、現在は台湾自体からわずか100マイルだ。この狭い水路は、アメリカとカナダの海軍が中国軍艦と中国に危険なほど接近して通過するため使える唯一の場所だ。

 戦艦と地理的位置での危険な操船で米海軍を脅かしたことに関し中国はまだ正式な謝罪を発表していない。

 声明で、この出来事当時「国際法に従って」行動しており、通過は「自由で開かれたインド太平洋に対するアメリカとカナダの共同コミットメントを示している」と米インド太平洋軍は述べ、米軍は「国際法が許す限り、どこでも安全かつ責任を持って飛行、航行、活動している」と付け加えた。

 もちろん、これは本当だ。結局ここは公海で、従って、中国海軍がカリフォルニア海岸沖数マイルや、ハワイ諸島間を通過して航行する際、アメリカ海軍艦船が中国軍の邪魔をしないの全く同様、中国海軍は、そこを航行するアメリカ軍艦艇の邪魔をしないようにすべきなのだ。アメリカは誰にでも与えられる航行の自由を求めているに過ぎないのだ。

 5月26日、アメリカ偵察機の南シナ海上空での平和的監視活動中、中国戦闘機が急接近する中国の攻撃的で危険な飛行という別の出来事があった。この事件を偵察機の「安全な日常的作戦」を妨害する「不必要に攻撃的な作戦」だと米インド太平洋軍声明は述べた。

 ここで一体何が起きているのだろう? 中国戦闘機は南シナ海で一体何をしているのだろう?

 明らかに中国戦闘機は、そこで平和的任務を遂行しているアメリカ偵察機を彼らの動きで危険にさらして、その地域で活動する筋合いではない。だが台湾海峡と同様、中国共産党の帝国主義的侵略は本質的に非常に拡張主義的だったため、現在南シナ海は中国本土のすぐ横に位置しているのだ。

 台湾海峡や南シナ海で他人に干渉していない米軍に対する露骨な攻撃を中国は止め、そもそも中国が入るべき筋合いでない水域や領空を通って、哀れな無防備な軍艦やスパイ航空機を危険にさらすのを止め、アメリカ合衆国のルールに基づくグローバル主権に敬意を払い始めるよう期待する。

___________________

 私の記事は完全に読者の支持によるものなので、本記事を良いと思われたら共有し、FacebookTwitterSoundcloudあるいは、YouTubeをフォローするか、Ko-fiPatreonPaypalのチップ入れにいくらか投げ銭していただきたい。更に多く読みたいとご希望なら、私の本を購入可能だ。私が発表する記事を読めるようにする最善の方法は、私のウェブサイトか、Substackでメーリングリストを購読することで、そうすれば私が掲載する全てのものについて電子メールで通知が行く。人種差別サイト以外、どなたでも無料で、お好きなあらゆる方法で、この記事のどの部分でも(あるいは私が書いた他のあらゆる記事でも)再配布、使用、翻訳されるのを私は無条件に許可している。私が一体誰で、私がどういう立場で、この場で何をしようとしているのかなどについて、より詳細をお知りになりたい場合には、ここをクリック願いたい。全ての記事はアメリカ人の夫ティム・フォーリーとの共同執筆。

 ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

 気に入っていただけただろうか? Patreonで、ケイトリン・ジョンストン支援のために、数秒時間を頂きたい! 

記事原文のurl:https://caitlinjohnstone.com/2023/06/05/china-places-country-dangerously-close-to-us-warship/

----------

 話題のタッカー・カールソンのtwitter 

 何と日本語字幕版まである。

タッカー・カールソン on twitter 10:27

 成立させるべきでない改悪入管法が成立。可決すべきでないLGBTQ法 修正案可決

 寺島メソッド翻訳NEWS

ゼレンスキーは、「ご主人様たち」から消される可能性がある、とロシアのメドベージェフ元首相

 今朝の孫崎享氏メルマガ題名

トランプはマール・ア・ラーゴ機密文書捜査で起訴される。これまでに起訴された唯一の元大統領である。共和党は起訴後、トランプ氏の弁護に駆けつける。この動きは司法の 選挙戦での「武器化」。民主党の動きは、トランプを大統領選不出馬を意図し、あまりにも醜い。

 ダム崩壊見舞い金。盗人に追い銭。

 日刊IWJガイド

「カホフカ・ダム破壊について、その犯人をロシアだと決めつける『情報操作』が進行中!」

« ノヴァ・カホフカ・ダム破壊-更新(12:15 UTC) | トップページ | 下落し続けるトルコ・リラ »

アメリカ軍・軍事産業」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

Caitlin Johnstone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノヴァ・カホフカ・ダム破壊-更新(12:15 UTC) | トップページ | 下落し続けるトルコ・リラ »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ