« ウクライナでの戦争は遙かに広範な変化の予兆 | トップページ | ウクライナのゼレンスキーに対するアメリカ国民とメディアの考え方 »

2022年9月 3日 (土)

習近平を引きずり下ろし、中国で「カラー革命」を組織しようとしているバイデン

2022年8月30日
ワレリー・クリコフ
New Eastern Outlook

 この秋は中国にとって重大な時間だ。中国共産党第20回大会で、代表たちは中国の戦略と開発優先順位を確認し、今後5年間の指導者を選出する。書記長職に対し最大連続2期に制限する規則が2018年に廃止されたので、現在の共産党最高指導者習近平が三期目に再選される可能性が高い。習近平は既に、中国共産党最高指導者として、終始、経済と貿易、国防と科学分野でと同様、政治舞台で中国の国家主権強化に焦点をあてて、ほぼ10年勤めている。この政策は確かに中国内で彼の個人的権限を強化するのに役立ったが、ワシントンの怒りを引き起こし、今ワシントンは彼を権力から追放する何らかの方法を見いだすと堅く決めている。

 ジョー・バイデン政権の多くの閣僚が公然と習近平の方針への反対を声に出している。一例を挙げれば、今年5月アントニー・ブリンケン国務長官が、中国は「国際秩序に対する最も深刻な長期的挑戦」「アメリカと世界の人々が求める未来」に対する挑戦だと述べた。唯一の対応策は「統合的阻止」と「我々の武力に投資する」方法だと彼は補足した。

 「カラー革命」のスポンサーとして誰もうらやまない評判得た90歳のジョージ・ソロスは、今年始習近平を「自由主義の世界秩序に対する主な脅威」と呼び、ほとんど隠さずに、北京の政権転覆という主張を始めた。

 ソロス氏と彼の様々なNGOや他の組織は、中国で「カラー革命」を組織する彼らの取り組みの主な標的として、中国の党長老や軍に対する効果的な反対派として機能可能と期待して、中国の若い政治的野心家たちに焦点を当てると決めた。中国社会のこの分野が経済と金融部門に非常に多くの影響力を持っていると知っていて、ソロス氏は、ワシントンは、中国で社会危機を引き起こせと彼らに命令するだけで、貧困線上の何億人もの中国人を押しやるだろうと計算した。

 そこで、ソロス氏は彼の財団を使って他の国で「カラー革命」を組織するのに使う方式に従おうと試みた。アメリカ政治支配体制の権益を支持するよう彼らを訓練できるアメリカとヨーロッパで、最も「有望な」実習中候補者を選び、若い政治的に活動的な中国人と協力するのだ。

 元アメリカ外交官ロジャー・ガーサイドが、China Coup: The Great Leap to Freedomという本を刊行した。著書で彼は、中国指導者は政治的ライバルの反乱で打倒される可能性を記述したが、それは2021年9月21日にオーストラリア戦略政策研究所のウェブサイトで公表されたロバート・ウィフトル論文で論じられた考えと同じだ。ロジャー・ガーサイドは、この秋の中国共産党の第20回大会への途上「カラー革命」の後、中国主席が引退を強いられるシナリオを述べていた。このシナリオで、この「宮廷革命」の引き金は、その後で、ワシントンが中国国内での権力の変更、政治改革の始まりを期待する、中国経済に損害を与えるアメリカとの貿易戦争の脅威だ。

 だが高齢の「黒幕」は、彼より、ほんのわずか若い現アメリカ大統領とともに、過去五年にわたり、習近平が、反汚職キャンペーンと同様、中国共産党内で強化された上意下達体制を含め、外国の影響力に対処する多くの制度を準備した事実を明らかに見落としている。結果的に、破壊工作作戦は計画通りにゆき損ね、ワシントンは方針を変え、新しい反中国政策に着手した。今回は「台湾問題」に焦点を当てている。

 対中国攻撃の焦点として、ワシントンが台湾を選択したのは偶然の一致ではない。新彊の状況に注力した、前回の攻撃は失敗した。これは、国際連合人権高等弁務官ミシェル・バチェレが新疆維吾爾自治区訪問から戻り、そこの状況が普通に見えたと確認したこの春特に明白になった。中国に対し、この地域の状況を武器として使う試みへの抵抗で、世界中のイスラム教共同体が団結した。

 2019年夏、香港で習近平反対デモを計画するワシントンの試みは、もはや成功しなかった。これまでのところ、香港カードを使って、中国を傷つけるアメリカの希望は失望となった。香港国家を承認し、それとの間で、個別通商関係を確立し、それで中国を外すアメリカの計画は、失敗に終わり、ホワイトハウス「専門家」は、対中国本土攻撃で台湾を利用することを思いつい。

 中国が、アメリカ軍との紛争の可能性を含め、アメリカとの直接対決を避けたいと望むのを希望して、8月2日、ジョー・バイデンは、民主党下院議長のナンシー・ペロシに台湾海峡対岸、台湾訪問をさせた。彼の狙いは習近平を傷つけるだけでなく、「短期勝利戦」の約束でアメリカ有権者を誘惑し、願わくは、来る中間選挙で、彼の支持率を上げることだった。第20回大会直前の中国共産党は、社会的、経済的あるいは外国政策分野かにかかわらず、中国にとって安定性が最大の関心事であることをワシントンは重々承知している。

 台湾策略で最初の動きをした後、アメリカは台湾への更なる政治的ミッションによる「成功」を、あくまでも追及した。8月14日、エド・マーキー上院議員率いる米国議会代表団が、他の上院議員4人も支援し、2週間訪問で台湾に到着した。それからインディアナの共和党知事エリック・ホルコム、その後、まもなく、テネシー選出上院議員マーシャ・ブラックバーンも台湾を訪問した。

 アメリカへの忠誠を示すべく、リトアニアは、ワシントンが率いるどんなプロジェクトでも支持する用意があり、バイシウケビチウテ運輸・通信副大臣率いる代表団を5日間の台湾訪問に派遣した。日本は、元防衛大臣で著名政治家の石破茂率いる代表団を4日間の台湾訪問に送り先例に従った。その後、間もなくもう一人の日本議員、古屋圭司も台湾を訪問した。

 ホワイトハウスに忠実な政治家による一連の訪問を組織化し、ワシントンは公式に独立宣言するよう台北を明らかに強制し、共産党に対しても、習近平自身に対しても、これら挑発に対する中国の抑制された反応が、当局への打撃と見られるよう希望している。

 上記出来事が展開していた間、アメリカと中国両国は台湾を巡り、この水域で軍事力を誇示していた。両国にとっても、世界にとっても、主要核保有国による、このような武力威嚇の悲惨な結果の可能性を知りながら。

 こういう状況のもと、中国が誤算して、自ら紛争に引き込まれるのを期待して、アメリカが挑発を継続する可能性が最も高い。だが北京はワシントンの身勝手な計画を十分意識している。習近平は党幹部にアメリカとのにらみ合いに関し、油断しないよう要求した最近の幹部セミナーでこれを明確にした。「共産党幹部の若返りは、たやすいことではなく、その実現には、太鼓を叩き、ドラを鳴らすだけでは済まない。」

 ワレリー・クリコフは政治評論家。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2022/08/30/biden-is-trying-to-bring-down-xi-jinping-and-organize-a-color-revolution-in-china/

----------

 先日たまたま数年間会っていない知人と酒を飲んだ。ウクライナについて「2014年以来、机の下でロシアを蹴り続けていたのを知っているか?」というと素直に驚いていた。大本営広報部TVと新聞を見聞きしていれば、そうなって当然。
 大本営広報部と違う情報を伝えるサイト、例えば下記を、あっても読まない怠惰。

 寺島メソッド翻訳NEWS

新たに輸出された穀物はアフリカに向かっていない:ニューヨーク・タイムズが暴露したキエフの最新の嘘

マリウポリで生き延びた住民から、迫り来る戦闘を迎えるウクライナの人々への実践的アドバイス:「ウ軍は味方ではなく敵」「助けてくれるのは露軍」

「こいつらはケダモノだ、人間じゃない」 ゼレンスキーは、刑務所にいた児童レイプ犯・拷問犯を解放し、枯渇した軍隊を補強する

 大本営広報部ですら、統一教会問題は、それなり指摘せざるを得ないが、ウクライナ問題になると「統一教会」と化し真っ赤なウソしか伝えない。真実を伝えるメディアは赤字になる。

【IWJ号外】その2 日本では「もうすぐロシア敗戦」「ロシアは国家として破綻」というロシア叩きの報道が続いてきたがどれも真っ赤な嘘!! ロシアは、ルーブルの急騰を抑えるため、「友好国」の通貨で外貨購入を検討!

 日刊IWJガイド

「昨日は2本、本日も1本【IWJ号外】を配信!! 経済的にはピンチですが、IWJは今期も突っ走ります!! どうかご支援を!!」

« ウクライナでの戦争は遙かに広範な変化の予兆 | トップページ | ウクライナのゼレンスキーに対するアメリカ国民とメディアの考え方 »

アメリカ」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

 いつもありがとうございます。ソロスが中国でカラー革命を行うことを画策中とのニュース。ソロスも高齢ですのにご苦労様なことです。
 それで中国は、上海などの大都市のコロナ規制を強めているのでしょうか?何と窮屈な国かと思っていましたが。
中国のような強大国を相手にそんなことが可能なのでしょうか?でも何としてでも中国を倒したいというアメリカ側の強い野望が衰えるはずはありませんね。
 今朝のNHKの政治討論会は、観ていて寒気がしました。自民党の統一教会との癒着について、共産党の小池さんが元凶は安倍だから、安倍が何をしたかを追及するべきだと言われたことについて、茂木が、共産党に対し、根拠のない誹謗中傷の言葉を投げつけました。公の党に対し、公共の電波を使いこんなデマゴギーをぶつける事が許されるでしょうか?こんな態度では、統一教会との関係を断つことなんてできるはずがないし、解散命令など出す気などないことは明白です。本当に日本に未来がないことを日々知らされます。
 
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナでの戦争は遙かに広範な変化の予兆 | トップページ | ウクライナのゼレンスキーに対するアメリカ国民とメディアの考え方 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ