« ウクライナ戦争でのロシアの忍耐力は無限ではないのを欧米は間もなく思い知るだろう | トップページ | 核のホロコースト。地球温暖化に対する欧米の回答。 »

2022年8月24日 (水)

暗殺者の爆弾と欧米の死

2022年8月23日
クリストファー・ブラック
New Eastern Outlook

 2018年9月、私はその年8月31日、NATOが支援するキーウの工作員による爆弾で殺害されたドネツク共和国指導者アレクサンドル・ザハルチェンコの残忍な殺人に関する記事を書いたが、それはミンスク合意の死と、ナチスNATOのくびきからウクライナを解放するためのロシアによる特別軍事作戦の不可避性を示していた。

 その記事はGoogleから排除されたが、2022年8月20日、モスクワで、父親が講義する催しに同行した後、ロシア知識人アレクサンドル・ドゥーギンの娘ダリヤ・ ドゥーギナが、もう一つのキーウ爆弾で殺害され、我々は、なぜか理解できる。我々が報道から知る限り、娘は彼らが乗ってきた自動車で帰ろうとしたが、彼は間際になって、別の車で帰ると決めて、攻撃から生き残った。

 ロシア連邦保安院は、殺人犯は、キーウ国家警備隊と、彼らがマリウポリを解放した際、主要分子がロシア軍に破壊されたナチス・アゾフ大隊メンバーと私が理解している、ナタリア・ヴォフクだと特定した。彼女は隠れ蓑として娘を伴い、偽の身分証明書と偽のドネツク・ナンバー・プレートを使ってロシアに入り、ドゥーギナ殺害直後、ウクライナのナンバー・プレートで、エストニアへ逃げた。彼らが代償を支払うよう、事前に、エストニアと合意していたのは確実だ。彼女に不利な証拠と、キーウとNATOの関与は、反論の余地がないように思われる。

 この殺人は、いくつかのことを明らかにしている。第一に、キーウ政権のナチ志向と非道徳性を裏付け、第二に、キーウ軍の進行中の敗北ゆえ、キーウとNATOは極めて自暴自棄で、2014年、NATOが画策したクーデター以来、彼らは、ウクライナで、人々を大規模に殺していたから、臆病な手口と、彼らに異論を述べる誰であれ、殺すと選択しても、我々は驚くべきではない。最終的に、ナヴァーリヌイが全く毒を盛られていないことが明白で、スクリパリ親子に関するイギリスの主張も同様偽であるのも明白で、ロシアで、ナヴァーリヌイを、イギリスで、スクリパリ親子を殺そうとしたと彼らが主張して、公正と復讐の天使のふりをしている欧米全体の偽善を裏付ける。それなのに連中は、ロシアに経済戦争をしかけ、あらゆる種類のそら涙を流し、あらゆる欧米メディアで反ロシア憎悪プロパガンダの津波を作り出し、徳行と法律について、わざとらしい振る舞いをするため、それら主張を口実に利用している。

 スクリパリ親子は一体どこにいるのだろう? 二人は死んだのだろうか、生きているのだろうか? 、2003年に、イギリス議会委員会で、イラクの化学兵器所有に関し、アメリカとイギリスがウソの主張をしたというニュース報道での自分の役割について証言した後、イギリス、アメリカの暗殺団に殺害されたリチャード・ケリー博士に起きたと同様に、殺され、死んでいる可能性はありそうだ。彼は、その後間もなく殺され、イギリス政府は「自殺」だと主張した。ほとんどの人は信じていない。

 スクリパリ親子事件は、我々の多くが疑っているように、ロシアが、珍しい毒を使って、彼らの命を奪おうとしたというイギリスの主張はでっちあげで、話全体がロシアに対する経済、政治戦争を強化するために演じられたのであれば、実に興味深い話のはずだ。ここ数年、誰も二人を見たり、聞いたりしていない。ロシア政府は、家族同様、絶えず、スクリパリ親子との面会を主張しているが、二人は行方不明だ。ジャーナリストのジョン・ヘルマーが、この問題に関する彼の一連の報告で、彼らはイギリスで行われている事件の進行中の尋問にさえ出席せず、イギリス政府は、彼らを誰にも会わせたり話をさせたりしないと詳しく書いている。だから、彼らは、外部との連絡を絶たれているか、よりまずい場合、ケリー博士同様殺された可能性がありそうだ。

 ところが、欧米工作員によるロシアでのロシア国民の殺人に対する欧米の反応はどうだろう? どの欧米政府も、まだ、この犯罪を非難しておらず、彼らの殺人支持と、共謀を示唆しており、欧米メディア報道は、おおよそ、殺人を正当化できるかのように、アレクサンドル・ドゥーギンは、プーチン大統領の重要な顧問だと主張し、殺人を正当化している。彼が実際にそうか、そうでないか、私は言うべき立場になく、それはいずれにせよ、重要ではない。だが、それが彼らの主張であり、メディアはこの殺人の共謀者だ。これが彼らの道徳なのだ。プーチン大統領の友人や友人と名指された人々さえ殺すのは問題ないのだ。ロシア人を殺すのは問題ない。そして、もちろん我々はプーチン大統領自身の首をという主張を、欧米の首都で聞いている。

 だが、この殺人の目的は何だろう? 連邦保安院によれば、目標だったかもしれないアレクサンドル・ドゥーギンの暗殺未遂と娘の殺人には、二つの目的があったように思われる。ロシア政府と、特にプーチン大統領にメッセージを送ったのだ。メッセージは明確だ。ロシアの祝日8月22日を損なうことだ。我々はアレクサンドル・ドゥーギンと娘が彼らの考えと発言のため、欧米に「制裁された」のを覚えている。それは彼らのために計画された運命の第一歩だった。これが欧米の本当の「価値観」なのだ。殺人に至るほどの言論と思想の弾圧が、認められ、公然と主張されるのだ。ロシアは国際連合安全保障理事会で問題を提起するつもりだ。

 ヨーロッパは、ロシア人に対し、ある種の虐殺へと動いており、彼らがそこに暮らしたり、訪問したりするこさえ禁止している。ロシアと、ウクライナのドンバス共和国によるキーウ-NATO勢力の敗北に直面して、アメリカとNATOの凶悪ギャングは自暴自棄となり、ロシアに対する自分の経済戦争の結果、自国民を貧困と窮乏に陥らせるのをいとわないほど自暴自棄になっている。

 この戦争を推進しているグローバリスト・エリートにとって、ロシアを押しつぶすことは、自国民の命や福祉より重要なのだ。連中には、もはや合理的決定ができない。連中は戦争の論理にはまりこみ、文字通り、どんな犠牲を払っても、ロシアに対する戦争を追求すると堅く決めている。ロシアは、目標が明確で、歴史的な立場を確信しており、経済的にも、軍事的にも、どんな敵にも打ち勝つ能力に自信を持っており、以前シリアで証明したように、ウクライナ現地でも証明しているから、この代償は大きいだろう。

 クラウゼビッツは言った。「戦争は、その強さが可変な暴力の脈動であり、それゆえ、それが爆発し、エネルギーを放出する速度も可変だ」そして「戦争が、何らかの政治目的から生じることを念頭におけば、その存在の主要因が、それを行う上での最高の考慮であり続けるのは当然だ」

 ウクライナでの戦争、ロシアに対する戦争の主要因は、精神的、文化的、経済的な、欧米全体の衰退、誰にでも見えるほど加速している衰退だ。かつて私が知っていた、あるいは私が知っていると思っていた欧米は死んでいる。文明開化の、理性の、道徳の欧米、他の人たちが、我々を支配する、人々に何も気にかけず、自身のため金もうけの手段としか国民を見ない、不品行なエリートに支配される普通の人々の暮らしに起きていることを、19世紀末以来、社会観察者や哲学者たちが繰り返し語っていた衰退。

 ウクライナでの戦争で、我々はイギリス・アメリカ・ドイツの政治目的の表現を見ている。自分たちの意志に従うようロシアに強いる願望だ。彼らはイギリスとヨーロッパの大部分を破産させた第一次世界大戦で失敗し、ファシズムの勃興を招いた。この試みは、世界に壊滅的な結果をもたらした第二次世界大戦で再び失敗した。もし彼らが固執すれば、ロシアを破壊しようとする彼らの三度目の試みも同様な結果で失敗するだろう。

 1990年代の暗い日々から立ち上がったロシアは、その強さと覚悟を再び取り戻し、誰の命令にも屈服するのを拒否している。19世紀から現在まで、全員が欧米植民地政策と野蛮さの犠牲だった中国や多くの他の同盟諸国と共に、欧米国際資本による支配への代案として、自身の形の民主主義や、国際法、整合性、国家主権、互いの文化の尊重への復帰をロシアは世界に提示している。

 とうとう、欧米の植民地時代の秩序が粉砕されつつあるが、もし我々が殺人と混乱を止めたいと望むなら、それは粉砕されなければならない。暗殺者の爆弾は、ダリヤ・ドゥーギナを殺しただけでなく、欧米の死の先触れでもある。

 クリストファー・ブラックはトロントを本拠とする国際刑事専門弁護士。彼は多くの注目を集める戦争犯罪訴訟で知られており、最近小説「Beneath the Clouds」を出版した。彼は、国際法、政治や世界の出来事について評論を書いている。オンライン誌「New Eastern Outlook」独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2022/08/23/an-assassin-s-bomb-and-the-death-of-the-west/

----------

 «МИРОТВОРЕЦЬ»ミロトヴォレツ=peace creator平和創造者という名とは、なんとも裏腹な、悪名高いウクライナ政府関係の暗殺対象者リストに、彼女の父親は、「ロシア人ファシスト」として載っている。悪辣な名称で、つい、カルト教会を連想する。

 The Jimmy Dore Show カダフィやフセインの運命に近づいていると。

 ロシア侵略を知りながら、その事実を国民に隠していたゼレンスキー。

Zelensky ADMITS He Hid Truth About Russian Invasion 10:13

« ウクライナ戦争でのロシアの忍耐力は無限ではないのを欧米は間もなく思い知るだろう | トップページ | 核のホロコースト。地球温暖化に対する欧米の回答。 »

テロと報道されているものごと」カテゴリの記事

アメリカ軍・軍事産業」カテゴリの記事

NATO」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

ウクライナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナ戦争でのロシアの忍耐力は無限ではないのを欧米は間もなく思い知るだろう | トップページ | 核のホロコースト。地球温暖化に対する欧米の回答。 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ