« ウクライナと細菌戦陰謀論 | トップページ | 人はアメリカ・戦争機構を過大評価し、アメリカ・プロパガンダ機関を過小評価する »

2022年3月24日 (木)

ウクライナについて、いい大人がこのように考えているのは問題だ

2022年3月18日
ケイトリン・ジョンストン

この記事を英語音声で聞く

 2022年に、アメリカが自由と民主主義を擁護するため外国に武器を注いでいると、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、深刻な軍事衝突が、子供のアニメ番組のような悪人と善人の戦いだと、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、ヒトラーと同じ邪悪な怪物と、並外れた勇敢さと賢明さの徳が高い魅力的なコメディアンとの間で戦争が行われていると、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、全ての戦争についてウソをついた同じ欧米メディアが、今この紛争について真実を話していると、いい大人が信じるのは問題だ。

3/2/2022 - ゼレンスキー大統領 #UkraineUnderAttack #ゼレンスキー #Zelenskyy #PresidentZelensky #russianinvasion https://t.co/qW8LL36nRq pic.twitter.com/klwqPp9PjH
- クレイ・ベネット (@BennettCartoons) 2022年3月2日

 2022年に、欧州連合や、シリコンバレー大企業や、TV局が、皆を「反情報」から守りたいがゆえに、我々が未曾有の検閲の波にあっていると、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、アメリカが気に食わない政府の指導者は他のどのような理由でもなく、悪で自由を憎むがゆえ、攻撃的に振る舞っていると、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、ウクライナは、この惑星最大の権力構造の命令とは完全に無関係に行動している喧嘩好きな勝算がない弱者に過ぎないと、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、アメリカに集中した地球規模の権力構造が、この紛争を引き起こす立て役者ではなく、この戦争の受動的目撃者に過ぎないと、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、アメリカ帝国が、そういうふりをしている無辜の小さな花だと、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、ウクライナ現地で大衆に起きていることに関しウソを言うあらゆる誘因を持った政府がウソをつかないと決めていると、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、欠乏と病気で亡くなる自国民に対する冷酷な無関心を示している政治家が、ウクライナの人々の苦境を大いに気にかけると、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、世界最強力で残酷な政府が、ウクライナ人を守るために、長い間破壊の標的に定めていた国の経済崩壊を画策しているのだと、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、段階的縮小や、外交や緊張緩和を支持する人を誰であれどなりつけて黙らせながら、「反戦」の立場は、第三次世界大戦をもたらしかねない冷戦瀬戸際外交で、外国に兵器を注ぎこむのを支持することだと、いい大人が信じているのは問題だ。

 2022年に、この戦争について、テレビが語ることと一致しない何であれ「ロシア・プロパガンダ」だと、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、この戦争に関するTV言説に異議を唱える誰であれ、プーチンを擁護しているやら、彼を畏敬に値すると思っていると、いい大人が信じるのは問題だ。

 2022年に、自分と意見が違う人々を、外国政府のために働いていると言って、いい大人が非難するのは問題だ。

 2022年に、今までに存在した最強力な帝国が戦争を始める上での役割を誰かが非難すると、それは奇妙で、風変わりだと、いい大人が考えるのは問題だ。

ウクライナ危機は、ウラジーミル・プーチンの妄想的な誇大妄想に対し、ウクライナの自由と民主主義と主権を擁護する欧米の気高い勇敢な戦いだと、いい大人が本気で信じているのは非常に悲しい。これは漫画の策謀にしか聞こえない。
- ジョッシュ | |김은총 (@JoshC0301) 2022年3月16日

 2022年に、飢餓制裁が一般人を傷つけるよう意図的に仕組まれた戦争行為であることを、いい大人が理解していないのは問題だ。

 2022年に、物語の一方だけ知れば十分だと、いい大人が考えているのは問題だ。

 2022年に、極端に権力を持った連中が、起きていることに関する、あなたの理解を操作するのに既得権があり、常に様々な度合いで成功しているのを、いい大人が知らないのは問題だ。

 2022年に、欧米世界で、あらゆる最強力な政府とメディア組織が完全に一致して推進する言説を、強烈な懐疑心なしに、いい大人が見ているのは問題だ。

 2022年に、依然自国政府が真実で公正で正義だと、いい大人が信じているのは問題だ。

 2022年に、物事は一見そう見えるものでない可能性を、いい大人がじっくり考えずにいるのは問題だ。

_______________________

 私の記事は完全に読者の支持によるものなので、本記事を良いと思われたら共有し、FacebookTwitterSoundcloudあるいは、YouTubeをフォローするか、Ko-fiPatreonPaypalのチップ入れにいくらか投げ銭していただきたい。更に多く読みたいとご希望なら、私の本を購入可能だ。私が発表する記事を読めるようにする最善の方法は、私のウェブサイトか、Substackでメーリングリストを購読することで、そうすれば私が掲載する全てのものについて電子メールで通知が行く。人種差別サイト以外、どなたでも無料で、お好きなあらゆる方法で、この記事のどの部分でも(あるいは私が書いた他のあらゆる記事でも)再配布、使用、翻訳されるのを私は無条件に許可している。私が一体誰で、私がどういう立場で、この場で何をしようとしているのかなどについて、より詳細をお知りになりたい場合には、ここをクリック願いたい

ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

気に入っていただけただろうか? Patreonで、ケイトリン・ジョンストン支援のために、1秒時間をかけて頂きたい!

記事原文のurl:https://caitlinjohnstone.com/2022/03/18/its-not-okay-for-grown-adults-to-think-this-way-about-ukraine/

----------

 The Jimmy Dore Showでは、ニセ旗作戦が行われる? という番組がある。8分52秒

FALSE FLAG COMING

Ukraine Chemical Weapon False Flag Attack Predicted

 西の傀儡による東の傀儡国へのプロパガンダ講演。はじめから興味皆無。

 彼が宗主国ネオコンが書いたプロパガンダ原稿を属国議会で読み上げた後、下記記事をお読みいただきたい。

ウクライナを売った男

 『寺島メソッド翻訳ニュース』にも、2022年3月24日付けで、同じ記事の翻訳が掲載されている。こちらはプロの方々によるもの。

ウクライナを売った男

 『百々峰だより』にも、下記の他、素晴らしい記事が掲載されている。

ウクライナ問題の正体――アメリカとの情報戦に打ち克つために、その5

 プロパガンダ内容の把握はデモクラシータイムス冒頭のまとめ拝聴、日刊IWJガイドの指摘拝読で十分。
 宗主国、日本国民の心理をしっかり読んで、経済制裁強化だけに留めたのだろうか。

 デモクラシータイムス

<円安、じわっと生活苦>【山田厚史の週ナカ生ニュース】

 元ウクライナ駐箚日本大使は先祖返り?ファシストの正体をさらしているのだろうか。

 日刊IWJガイド

岩上安身は、テレ朝に出演し、ドンバスでロシア系住民の虐殺はないと断言し、事実をねじ曲げる元ウクライナ大使の発言とそれを留保のなく伝える異常な政府と異常なメディア状況に対し、徹底批判のツイートを24連投!

« ウクライナと細菌戦陰謀論 | トップページ | 人はアメリカ・戦争機構を過大評価し、アメリカ・プロパガンダ機関を過小評価する »

マスコミ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

NATO」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

インターネット」カテゴリの記事

Caitlin Johnstone」カテゴリの記事

ウクライナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナと細菌戦陰謀論 | トップページ | 人はアメリカ・戦争機構を過大評価し、アメリカ・プロパガンダ機関を過小評価する »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ