« 欧米はなぜ傭兵戦争をするのか? | トップページ | ウクライナと細菌戦陰謀論 »

2022年3月22日 (火)

驚嘆に値するアメリカ・プロパガンダの威力:言説のマトリックスの端からのメモ

2022年3月18日
ケイトリン・ジョンストン

この記事を英語音声で聞く。

 私は時折立ち止まり、アメリカ・プロパガンダ機関の威力を畏怖して凝視できるだけだ。未曾有の前例プロパガンダと検閲キャンペーンにより、ほぼ北半球丸ごと、アメリカ一極支配の確保に向けた冷戦方針に完ぺきに一致している。

 ロシアのウクライナ侵略には、この国がワシントンに忠実な各国政府による聞いた事もないレベルの経済戦争によって締め殺されなくてはならない本質など何もない。壮大な国際合意を、この特定の対応のためにでっち上げる必要があった、大衆はそれに賛成する必要があった。もう全く信じ難い。

 シリコンバレー、ハリウッドと金権政治「ニュース」メディアを経由して、世界的な言説の支配を確保することで、アメリカ帝国は、国連と諸国の集団国全体を、ある方法で動くようにする能力によって、実質的に、国際法を被支配者の同意で置き換えたのだ。人類は、ほとんど誰も気付かない、比類ない、前例がない精巧な集団心理支配体制によって、ひもにつながれた犬のように引き回されている。帝国プロパガンダは、我々の社会で唯一最も見過ごされ、過小評価されている局面だ。

 政府から報じるよう言われたことを無批判で報じる国営メディアと、常に当局者に与えられる「スクープ」を無批判で報じる欧米報道機関の機能の相違は一体何だろう?

 更なる大規模戦争を、なぜまだ始めないのか知りたいと思う時だけ、アメリカ・メディアの記者は、アメリカ当局者に強く問いただすのを許される。https://t.co/WAoyi4Wrpb
- ケイトリン・ジョンストン - (@caitoz) 2022年3月16日

 ゼレンスキーをあがめ奉る英雄崇拝は、あのピンクのプッシーハット以来、リベラル派がする最も恥ずかしい卑屈なことだ。

 戦争は例外なく、実に世界最悪のことだ。最も正気でなく、トラウマとなるショックを与え、最も自滅的で、最も持続不可能なものだ。この戦争に関与している関係者全員それを避けるため、できる限り全てのことをすべきだったが、自分はそうしたと主張する誰であれウソをついている。

 最初の冷戦時、タカ派は、ソ連崩壊が彼らの瀬戸際外交を正当化したと主張した。つまり我々が当時聞いていた、全ての核戦争危機一髪は、その価値があったというのだが、正気でない核を使う瀬戸際外交が再開する前のつかの間の休憩にすぎなかったのだ。

 これを続けるため、実に長い間、これが画策されていたのが分かる。もし年々毎日核戦争のさいころを転がし続ければ、最終的に、それらはピンぞろになるのだから、これら核「大国競合」我慢比べゲームが健全で、価値があるという信念は完全に無効だ。はっきり目につく証拠が、お互いを支配し、くつがえそうとすれば、最終的に、核紛争をもたらすまで続くことを示ししいるので、唯一健全な選択肢は、これら大国の協力的で友好的な方向へと動くことだ。

 我々は先の冷戦中、何度もすんでの所で我々自身を全滅させるところだった。時には寸前だった(ワシーリー・アルヒーポフ記事をお読み願いたい)。そして今我々はキューバ危機以来、最も危険なレベルの核を使う瀬戸際外交に戻っている。これは持続不能だ。

 核保有超大国の空軍が軍事作戦を行っている場所に飛行禁止区域を設定するという、あらゆる話で、ヒラリー・クリントンが落選して本当に良かったと私は思う。pic.twitter.com/3MTK5xYDYH
- ケイトリン・ジョンストン - (@caitoz) 2022年3月17日

 この戦争を巡る論争の半分は、我々が生物・化学兵器で人々を殺すのは違法だが、銃弾と爆弾で殺すのは全く問題ないという規則を作ったために存在すると言うことは、我々人類の狂気について多くを物語っている。

 地球上最強力な政府のこの戦争を起こす上での過失を強調する人々を受け入れがたく思われるなら、帝国プロパガンダが、あなたを権力を崇拝するおべっか者に変えたせいだ。

 「なるほど。あなたは地球上最強力な政府を批判している。私には非常に奇妙で怪しく見える。多分あなたは外国政府の為に働く諜報部員だ。私は非常に知的だ。」

 アメリカ帝国は、クーデターを演出し、決して自身が脅迫されることは許さない方法で外国を脅迫しても良いが、もしそれらの国々がそうした行動に対して報復するなら、帝国は全く責任を負わないと帝国政府支持者は考えている。

 あらゆる大きな世界紛争で、アメリカが悪役を演じることは全くありえず、時々、他の政府が悪であるに過ぎないのだという吟味されていない共通の仮定がある。だが世界舞台で、あらゆることに、ちよっかいを出す一つの比類なく邪悪な畜生が本当にいるのだ。

 世界には比類なく邪悪な専制君主がいると思うのに、ほとんどの人々は苦労しない。それが自身の政府だと認めるのに彼らは苦労するだけだ。

__________________________

 私の記事は完全に読者の支持によるものなので、本記事を良いと思われたら共有し、FacebookTwitterSoundcloudあるいは、YouTubeをフォローするか、Ko-fiPatreonPaypalのチップ入れにいくらか投げ銭していただきたい。更に多く読みたいとご希望なら、私の本を購入可能だ。私が発表する記事を読めるようにする最善の方法は、私のウェブサイトか、Substackでメーリングリストを購読することで、そうすれば私が掲載する全てのものについて電子メールで通知が行く。人種差別サイト以外、どなたでも無料で、お好きなあらゆる方法で、この記事のどの部分でも(あるいは私が書いた他のあらゆる記事でも)再配布、使用、翻訳されるのを私は無条件に許可している。私が一体誰で、私がどういう立場で、この場で何をしようとしているのかなどについて、より詳細をお知りになりたい場合には、ここをクリック願いたい

ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

気に入っていただけただろうか? Patreonで、ケイトリン・ジョンストン支援のために、1秒時間をかけて頂きたい!

記事原文のurl:https://caitlinjohnstone.com/2022/03/18/the-awesome-power-of-us-propaganda-notes-from-the-edge-of-the-narrative-matrix/

----------

 驚嘆に値する属国プロパガンダの威力。視聴時間に比例して、ただで阿呆になれる。大本営広報部、下記のような写真は知らせない。

 The Unz Reviewに、ウクライナの写真集がある。ニセではないか疑いたくなる。町中の柱にテープでぐるぐる巻きされ、むき出しの尻を棒で叩かれる男性。女性もいる。

In Unoccupied Ukraine, Everyone Is Getting Taped to Posts and Whipped

 『耕助のブログ』にThe Saker記事の翻訳が掲載されている。

No. 1415 スナップショット

 『耕助のブログ』にUnz ReviewのMike Whitney記事の翻訳が掲載されている。

No. 1413 アンクルサムのナチス戦士たち

 下記記事アクセス実に少ない。宗主国ネオコンが書いたプロパガンダ原稿を読み上げる前に、お読みいただきたい。

ウクライナを売った男

 日刊IWJガイド

各国議会でウクライナへの支援不足を批判しているゼレンスキー大統領が20日イスラエル議会で「なぜ(ミサイル防空システムの)アイアンドームを提供してくれないのか」と訴え! ゼレンスキー大統領はCNNのインタビューに「プーチン大統領との交渉が失敗すれば第3次世界大戦になる」と恫喝!

« 欧米はなぜ傭兵戦争をするのか? | トップページ | ウクライナと細菌戦陰謀論 »

アメリカ」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

アメリカ軍・軍事産業」カテゴリの記事

NATO」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

Caitlin Johnstone」カテゴリの記事

ウクライナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 欧米はなぜ傭兵戦争をするのか? | トップページ | ウクライナと細菌戦陰謀論 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ