« エチオピアはバイデンのリビア2.0になるのか、それともアフリカ・ルネッサンスの原動力になるのか? | トップページ | 「人権」を語る殺人国家アメリカの北京オリンピック・ボイコット »

2021年12月17日 (金)

連中は彼を殺しつつある:アサンジの脳卒中はサウジアラビアの骨のこぎり欧米版

2021年12月12日
ケイトリン・ジョンストン

この記事を音声で聞く

 10月、彼の身柄引き渡しに対するアメリカ上訴のため、イギリス裁判所で裁決するための公判中、ジュリアン・アサンジは軽い脳卒中を起こした。

 「アメリカへの身引き渡しと戦う中、再拘留で最高警備の拘置所に拘束されている50歳のウィキリークス発行人は、右眼瞼下垂、記憶問題と神経傷害の徴候を抱えている」とデイリー・メイルが報じている。「刑務所で三回目のクリスマスを迎える中、軽い脳卒中は、進行中のアメリカ上訴のストレスと、全般的な健康の悪化によって引き起こされたと彼は信じている。」

 「医者が診察したが、アサンジは、ライトで片目を照らした際、瞳孔反応が遅く、神経が損傷している可能性の兆しだ」と記事に書いてある。

 「ジュリアンは苦闘していて、この軽い脳卒中が、もっと重大な症状の前兆かも知れないと恐れています。この長い法廷闘争が更に長く続けば、それだけ彼の生き残る能力についての我々の恐れは増大します」とアサンジの婚約者ステラ・モリスがデイリー・メイルに言った。

 最新:最近の公判の朝、ジュリアン・アサンジが卒中を起こしたことを医者が確認
アムネスティは、身柄引き渡しを拒否するという決定を覆すこの今週の裁定を「茶番裁判」と呼んだ。#FreeAssangeNOW https://t.co/xRi7di719U
- WikiLeaks (@wikileaks) 2021年12月11日

 「アサンジの卒中は驚くことではない」とニュースに応えて、拷問と反人道的扱いに関する国連特別報告者ニルス・メルツァーがTwitterで書いた。「彼を調べた後に、我々が警告した通り、隔離や恣意や迫害の絶えざる圧力から解放されなければ、彼の健康は命を危険にさらす悪化の一途をたどるだろう。」

 メルツァーは、2019年に、医療専門家とアサンジを調べ、国際連合人権高等弁務官事務所で「アサンジ氏は、極端なストレス、慢性不安や激しい心理的トラウマを含め、心理的拷問への長期曝露のための全ての典型的症状を示した」と言う報告を発表した

 翌年、メルツァーは一層単刀直入に表現して「ジュリアン・アサンジは、典型的な心理的拷問の徴候を示している。彼が早急に保護を受けなければ、健康の急速な悪化がありそうで、死は一つの結果であり得る。」と書いた

 今年10月、メルツァーは更に単刀直入に表現してこう述べた。「もし彼が刑務所で死ぬようなことがあれば、彼は実質的に、拷問で死んだことになる。それが真実だ。私は誇張していない。私は戦争地域で働いてきた。私は囚人訪問で長い経験がある。私はジュリアン・アサンジを訪問し、2人の専門的な法医学者と一人の精神科医が4時間彼を評価し、我々はお互い全員独立して、その結論に到達した。当時、彼の命は危険にさらされていた。予想通り、我々が刑務所を去った数日後、彼は悪化の一途をたどった。」

 #アサンジは明らかに、ビデオリンク経由で彼自身の審理に出席するのに医学的に適していなかった。彼らは一体どうして、自国の拷問者や戦争犯罪人を起訴するのを拒否するが、内部告発者やジャーナリストを迫害する国アメリカでの見せしめ裁判にさらされるのに彼が適しているかどうか論じることができるのだろう。pic.twitter.com/zbL0q4Tf3Z
- ニルス・メルツァー (@NilsMelzer) 2021年12月12日

 彼らはジュリアン・アサンジを殺しつつある。専門家は連中が彼を殺しつつあるのに同意する。アサンジの卒中は、我々が既に持っている証拠の山の追加の一つに過ぎない。

 アメリカに中央集権化した権力連合は、サウジアラビア政権がワシントン・ポストのコラムニスト、ジャマル・カショギを殺したと同じぐらい確実に、ジャーナリストを殺しつつある。唯一の違いは、カショギは素早く骨のこぎりで、生きたままの解体で殺され、アサンジは法の悪用によって、ゆっくり殺されていることだ。

 アサンジの身柄引き渡し裁判は、骨のこぎり処理の欧米版に過ぎない。それは劣らず野蛮で、残酷で、邪悪で、暴君的だ。それは単にメディアが扱い易く、世界を支配する地球規模の帝国の欧米支部の善人ファシズムに適している。アメリカとイギリスとオーストラリアの政府は彼を殲滅する組織的キャンペーンで、アサンジを細かく切り刻んでこそいないが、同じようなものだ。

 カショギのおぞましい最期を知ったとき、世界は恐怖でたじろいだが、アサンジにされたことで、世界が同様にたじろぎ始めるのも、そう先のことではあるまい。我々の社会は急速に正気づいている。我々は、わずか数年前には素晴らしいと思ったものを、既に恥ずかしく思う。今我々はハービー・ワインスタインのような男たちが捕食動物で、「枕営業でのし上がる」と人々が批判したものだったハリウッド若手女性俳優たちが実は強姦被害者だったことを悟っている。今我々は、ビル・クリントンが性的虐待したインターンについて冗談を飛ばしたのは間違っていたと悟っている。2007年に皆がからかったビデオ「ブリトニーを放っておいて!」の男子が実際大事なことを訴えていたのを悟っている。我々は今人々に、自分の性的嗜好や性同一性を良くないと感じさせるのは間違いだと悟っている。10年か15年前に制作された映画の多くは、今では我々全員良く分かっている力関係について無意識なため、見ていて不愉快だ。

 そして、このスローモーション暗殺の企みからアサンジが生き残れるか否かにかかわらず、彼らの政府と同盟諸国が、真実を語ったかどで、一人のジャーナリストを積極的に殺そうと共謀したのを社会が完全に理解するのも、さほど先のことではないはずだ。

_______________________

 私の記事は完全に読者の支持によるものなので、本記事を良いと思われたら共有し、FacebookTwitterSoundcloudあるいは、YouTubeをフォローするか、Ko-fiPatreonPaypalのチップ入れにいくらか投げ銭していただきたい。更に多く読みたいとご希望なら、私の本を購入可能だ。私が発表する記事を読めるようにする最善の方法は、私のウェブサイトか、Substackでメーリングリストを購読することで、そうすれば私が掲載する全てのものについて電子メールで通知が行く。人種差別サイト以外、どなたでも無料で、お好きなあらゆる方法で、この記事のどの部分でも(あるいは私が書いた他のあらゆる記事でも)再配布、使用、翻訳されるのを私は無条件に許可している。私が一体誰で、私がどういう立場で、この場で何をしようとしているのかなどについて、より詳細をお知りになりたい場合には、ここをクリック願いたい

ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

 気に入っていただけただろうか? Patreonで、ケイトリン・ジョンストン支援のために、1秒時間をかけて頂きたい!!

記事原文のurl:https://caitlinjohnstone.com/2021/12/12/theyre-killing-him-assanges-stroke-reveals-the-western-version-of-the-saudi-bone-saw/

----------

 ウソつきが国のトップになり、そのウソつきを守るために莫大な税金を使う国。ウソは人殺しの始まり。ゴミの集団。

 東京新聞朝刊には、「赤木さん妻今日抗議文提出」とある。

 LITERA

赤木さんへの1億円国賠で森友改ざんを強引幕引き! 改ざんの元凶・安倍元首相夫妻を守り雅子さんの頰を金ではたく卑劣

 日刊ゲンダイDIGITAL

赤木雅子さんと辻元清美氏 怒りの緊急対談「(岸田首相は)誠実そうに見えたけど裏切られた」

 森友で真っ赤なウソをついた病的ウソつき、台湾問題でも真っ赤なウソを突き続けている。こういう病人の講演をわざわざ聴きにゆく方々の気が知れない。

 デモクラシータイムス

台湾危機は日本の破滅~戦争を弄ぶな【田岡俊次の徹底解説】20211215

 正気と思われない政治家連中によって「ナチスに学べ」が間もなく実現する。彼らに投票する生き物なんと呼ぶべきか。

 日刊IWJガイド

「岸田政権で初の衆院憲法審査会開催! 自民、公明、維新、国民が緊急事態条項制定に前のめり!! 立憲・共産は『安倍4項目』の議論を批判」2021.12.17号~No.3382号

 植草氏や孫崎氏がテレビに出演され、お考えを自由に話せる状態になれば、テレビを見る気になれるが。それはあり得ない。

 植草一秀の『知られざる真実』

マスメディア堕落の本当の理由

« エチオピアはバイデンのリビア2.0になるのか、それともアフリカ・ルネッサンスの原動力になるのか? | トップページ | 「人権」を語る殺人国家アメリカの北京オリンピック・ボイコット »

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

WikiLeaks」カテゴリの記事

Caitlin Johnstone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エチオピアはバイデンのリビア2.0になるのか、それともアフリカ・ルネッサンスの原動力になるのか? | トップページ | 「人権」を語る殺人国家アメリカの北京オリンピック・ボイコット »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ