« まるでタイミングを見計らったようなカーブルのテロ攻撃 一体誰が恩恵を得るだろう? | トップページ | 対立を利用して旧式兵器を売って利益を得るアメリカ »

2021年8月31日 (火)

続く「対テロ戦争」詐欺

2021年8月27日
ケイトリン・ジョンストン

この記事を音声で聞く。

 カーブルのハミド・カルザイ国際空港付近での爆発でISISは犯行声明をしたと報じられている。本記事執筆時点で、米軍人員13人を含め、約90人が亡くなったが、欧米主流メディア報道を読めば、亡くなったのはアメリカ兵だけで、多数のアフガニスタン人もではないと思わせられるだろう。

 これは、この10年間で、米軍に対する、アフガニスタンで最も致命的な攻撃だが、その間に、アメリカ部隊が一体何人の人々を殺したかを考えると奇妙だ。今年1月から7月の間に、戦争で1,659人の一般人が亡くなった。ジェット機で故郷に戻る国旗に包まれた棺というまずい広報を避けるべく、アメリカ戦争機構は、大いに儲かるミサイルと爆弾と無人機に依存する方法に移行したため、外国人を殺すのはコンビニエンス・ストアで働くより安全な職業になっている。

 世界中で、そこの国民が彼らを望んでいない国々に米軍が広がっているにもかかわらず、この規模での米軍死傷者がより稀になったため、この13人の死のニュースは、外国に対する軍事支配で当然のことと見なされる代わりに、衝撃と驚きに出くわしている。人々は、彼らが海外で20年戦争の終局を監督する軍隊ではなく、オハイオのモールの警官だったように振る舞い、評論家や政治家は、地球の裏側で、彼らの自国で彼らを攻撃する人々に対して、より多くの爆弾と、更なる軍事干渉主義を要求している。

 カーブルで、少なくとも12人のアメリカ兵士がテロリストの手にかかって亡くなったことを聞くのは、不快感を覚え、ひどく立腹させられる。アメリカ人を殺し、我々の本国を攻撃したいと望む、これら野蛮な敵と対決する我々のグローバルな努力を倍増する必要がある。私の発言全文。pic.twitter.com/ydke3F6sZ7

- マコーネル上院多数党院内総務 (@LeaderMcConnell) 2021年8月26日

 ミッチ・マコーネル上院多数党院内総務は、この攻撃に応えて、この好機を捕らえて、対テロ戦争で「我々がここで彼らと戦わなくてもよいよう、我々が、あそこで彼らと戦う」べくアメリカが「我々の世界的取り組みを強化する」よう要求する声明を発表した。ばかげたことだ。

 テロリストが自由に働くことを許されると「ひどいことが起きる。この殺人攻撃は、我々政治家が彼らと戦うことが嫌になったからといって、テロリストはアメリカと戦うのをやめない」という実に明快な注意喚起になっているとマコーネルは述べた。「私は我々の撤退によって、この攻撃によって、アフガニスタンの過激イスラム・テロ国家の設立によって、世界中のテロリストが大胆になるのを懸念している。我々はアメリカ人を殺し、我々の故国を攻撃したいとを望む、これら野蛮な敵と対決する我々のグローバルな取り組みを強化する必要がある。」

 ああ、そう、それは理にかなっている。ミッチ。夜、私が彼女の貴重品をくまなく探している時、彼女の家で私を捕らえた時、隣人は私を攻撃した。これは彼女が常に私の家で私を攻撃したいと望んでいることを証明する。だから、私は自宅で彼女と戦わなくても良いように、彼女の家に彼女と戦いに行く必要がある。

 アメリカが実際する必要があるのは、この地域全体から完全撤退し、権力と利益のための大規模軍事暴力の愚かな行為で、益々多くの強暴な過激派を作り出すのをやめることだ。ISISに対し、地球上一番最後に行動すべき組織は、そもそも、その行動がISISを作りだした組織だ。

 だが、もちろん、自明な事実に従って行動するようアメリカ政府に求めるのは全く無駄で、バイデンは指揮官たちに「ISIS-Kの手先や指導部や施設基地を攻撃する作戦計画を作成するよう」命じたと発表した。

 最新ニュース:バイデン大統領は「ISIS-Kの手先や指導部や施設基地を攻撃する作戦計画を作成するよう」司令官たちに命じたと発表した

 「我々は、我々が選ぶ時、我々が選ぶ場所と我々が選択する瞬間に、武力で正確に反撃する。」 https://t.co/aVzjnzGos5 pic.twitter.com/kTw6VbCCSA

- ABCニュース (@ABC) 2021年8月26日

 だから、アメリカ戦争機構は、連中がしていることは機能していないという、もう一つの兆しと見なすかわりに、この攻撃を、更なる軍事行動の正当化として利用し、好きなだけ長期間、大いに儲かる爆弾を、アフガニスタンに雨霰と降らせ続け、事態を更に悪化させ続けるだろう。

 ステップ1:権力と利益のための軍事介入で国を破壊し、何百万人も殺害し、何千万人も強制退去させる。

 ステップ2:それらの人々の一部が、あなたを憎み、反撃したいと望むのを待つ。

 ステップ3:反撃したいという彼らの願望を、ステップ1を繰り返すための正当化に使う。

 「対テロ戦争」は、これまでに発明された最大の詐欺だ。

________________

 私の記事は完全に読者の支持によるものなので、本記事を良いと思われたら共有し、FacebookTwitterSoundcloudあるいは、YouTubeをフォローするか、Ko-fiPatreonPaypalのチップ入れにいくらか投げ銭していただきたい。更に多く読みたいとご希望なら、私の本を購入可能だ。私が発表する記事を読めるようにする最善の方法は、私のウェブサイトか、Substackでメーリングリストを購読することで、そうすれば私が掲載する全てのものについて電子メールで通知が行く。人種差別サイト以外、どなたでも無料で、お好きなあらゆる方法で、この記事のどの部分でも(あるいは私が書いた他のあらゆる記事でも)再配布、使用、翻訳されるのを私は無条件に許可している。私が一体誰で、私がどういう立場で、この場で何をしようとしているのかなどについて、より詳細をお知りになりたい場合には、ここをクリック願いたい

ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

 気に入っていただけただろうか? Patreonで、ケイトリン・ジョンストン支援のために、1秒時間をかけて頂きたい!!

記事原文のurl:https://caitlinjohnstone.com/2021/08/27/the-war-on-terror-scam-continues/

----------

 呆導番組、スシロー他が総裁選や選挙日程を語っている場合、即テレビを消す。電気代の無駄。

 LITERA

自民党が総裁選を理由に臨時国会を拒否! コロナ対策の補正予算が組めず、追加支出に野戦病院の予算なし…国民の命を無視する国賊

  日刊IWJガイド

「本日8月最終日! しかし30日までのご寄付・カンパは暫定月額目標額の35%にとどまっています! どうか緊急ご支援をお願いいたします!」2021.8.31号~No.3274号

 IWJの窮状をうかがうたびに、マクチェズニー氏の話を思い出す。

ロバート・マクチェズニー『資本主義がインターネットを民主主義の敵にする』について語る

この国は途方もない人数の有能な人があふれています。この国は有能な人に満ちています。ここで不足しているのは、彼らを支える資金です。素晴らしいメディアの仕事をしている沢山の人々がいる事実は嬉しいことですが、彼らがきちんと食べられるようになって欲しいと思います。家族を持てるようになって欲しいものです。彼らの頭上には屋根があって欲しいですし、昼間の別の仕事や家事の残り時間で、ジャナーリズム活動をするというようなことを無くしたいものです。子供達を寝かせ着けた後、家を掃除し、会社での仕事に行くべく目覚めるよう床につく前、夜11:00に作業する人々が、報道や文化を担っていては、自由な社会は築けません。資金の保障がなければいけません。我々に必要な良いもの、文化、ジャーナリズムを生み出すことが出来る人々が、まともな報酬を得られるようにすべきです。

 今日の再配信は柳澤協二氏インタビュー

【タイムリー再配信 984・IWJ_YouTube Live】20:00~「『日本は日米同盟を自己目的化している』イラク戦争時の自衛隊派遣責任者、自省を込めて語る~岩上安身による緊急インタビュー 第298回 ゲスト 元内閣官房副長官補・柳澤協二氏」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/featured

 2013年4月に収録した、岩上安身による柳澤協二氏インタビューを再配信します。これまでIWJが報じてきた柳澤協二氏関連の記事は以下のURLから御覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%e6%9f%b3%e6%be%a4%e5%8d%94%e4%ba%8c

« まるでタイミングを見計らったようなカーブルのテロ攻撃 一体誰が恩恵を得るだろう? | トップページ | 対立を利用して旧式兵器を売って利益を得るアメリカ »

アフガニスタン・パキスタン」カテゴリの記事

911事件関連」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

Caitlin Johnstone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まるでタイミングを見計らったようなカーブルのテロ攻撃 一体誰が恩恵を得るだろう? | トップページ | 対立を利用して旧式兵器を売って利益を得るアメリカ »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ