« EUの従僕連中をスパイするアメリカ | トップページ | iPhoneのために死ぬ »

2021年6月 6日 (日)

米軍の悲劇

2021年6月5日
ウラジーミル・ダニーロフ
New Eastern Outlook

 現在の米軍の状態は、多数のアメリカ人専門家の間で真摯な懸念を引き起こしている。それは、世界中で、アメリカが仕掛ける無数の軍事紛争で実践したり、ワシントンのいわゆる「主要敵国」であるロシアと中国の国境付近で画策したりする挑発的「訓練」のための武器や金や機会に米軍が不足しているからではない。アメリカの専門家たちが言う通り、米軍は史上最も良く装備された戦闘部隊だ。そして最も高価なものでもある。その経費は他の国々とは比較にならない。

 地上部隊は、部隊の戦闘準備態勢では著しい進展を成し遂げたが、そもそも、その全てを実現するのに必要な戦闘員と人員がいないのだ。次の戦争で必要とするであろう戦闘と作戦能力を改善する資金を工面するため規模縮小すると決めた海兵隊にもあてはまるとNational Interestが報じている

 会計年度2021年のアメリカ国防予算は7405億ドルになる。先進的兵器システムと、全軍事部門における1,282,000人の名簿が、より小さい「通常の」国々は言うまでもなく、他の世界強国にとって、米軍を手ごわい競争相手にしている。

 にもかかわらず、「成功」と「力」のうわべの背後で、深く危機に悩まされるアメリカ社会から米軍が受け継ぐ様々な問題がある。アメリカの専門家によれば、米軍の最弱の輪は要員だと認識されている。アメリカの男性のほぼ75%、女性の80%が、身体的に現役勤務に不適当なので、主要な関心事の一つは、現在の兵役採用における新兵の適応性だ。このため、新しい装置と、十分以上の軍事予算をもってしても、米軍の人員欠乏が、間もなく国防総省の無能力化をもたらしかねない慢性的問題になる可能性があるのだ。

 現時点で、米軍予備役は、約1,400万人で、その大半が、1990年-2010年の昔に軍務に服した高齢アメリカ人だ。だが、この「黄金備蓄」は老朽化しており、ワシントン政策の予知不可能さと、ロシア嫌いと中国嫌いに基づく、報復主義思想強化のため、ホワイトハウスによって近い将来いつ何時おきかねない「Xデー」の事態で、それは突然「手遅れ」になる可能性がある。

 軍隊を補充する上で、主力と見なされている17歳から24歳の青年は、現在、最も重要な仕事には、ほとんど不適当だ。男性新兵の約71%と女性新兵の84%が、主な三つの理由で、軍の健康診断に合格できないと国防総省は証言している。肥満、高校卒業資格の欠如と、赦免されない犯罪歴だ。USAトゥデーが確認する通り、軍の問題は、他の政府機関や、民間企業と同様、若者の適応性の低下に直面している、この国の根本的な社会過程を浮き彫りにしているに過ぎない。

 軍人の不足は、明らかに、現在のアメリカにおける若年世代の悪化過程が今日重要な節目に達したことを示している。低い生活水準、栄養不良、劣悪な住宅、包括的な中等教育と、定期的医療の欠如が、率直に言って不適当な状態の中で成長したアメリカの少年少女が、兵役基準に大規模に不適当なことを意味する。性的少数者問題のほかに、賭博、盗み、アルコールと薬物乱用や薬物密輸などの、より伝統的悪事が米軍で今蔓延している。

 そのうえ今日では皆がアメリカ政府に奉仕するのを望むわけではない。最近のアメリカ研究が示すように、兵役は、もはやアメリカでは名誉と見なされない。

 結果として、試みが「標準未満の兵士」で部隊を編成したが、彼らは平和時の間にさえ過度の損失をこうむり、戦闘状態には全く不適当と分かった。言うまでもなく、国防総省「訓練」で負傷するアメリカ兵の比率は着実に増加している。5月9日、即応演習の際、エストニア、イェルヴァ県のヌルムシ飛行場に着陸後、アメリカ空挺部隊第82師団の10人のアメリカ軍人が負傷で病院に運ばれたとエストニア新聞Postimeesが報じた。

 現在の米軍人員問題に対する主な解決の一つとして、アメリカの軍事戦略家は、性的少数者共同体の「能力」に頼ることに決めた。そして、今回、アメリカ海軍では、軍用ヘリコプター乗組員四人が、前例がない公然のゲイ男性で編成された

 「寛容のパレード」でCIAに続いて合流し、米軍はレスビアンのカップルと性的少数派の行列を含むコマーシャルを公開したとデイリー・メーが報じている。この動きは、既に、アメリカと多くの西側諸国で、ソーシャル・メディアに混乱と拒絶をもたらした。このコマーシャルは、少なくともこのようにして新兵を米軍に引きこもうと意図した軍事キャンペーン、The Callingの一環だった。

 更に今、ツイッターページで、テキサス州のテッド・クルーズ上院議員が、ロシア軍と競争するには、アメリカ軍は「余りに政治的に意識しすぎ」で「男性意識が欠如している」かもしれないという恐れを表明した。この政治家は両国の軍隊コマーシャルを大いに悲嘆している。ロシアのものは、筋骨たくましい男性が、厳しい環境で気骨を養成するのを見せているが、アメリカのものは、レスビアン・カップルに育てられた女性伍長を見せていると、インサイダーが報じている。テッド・クルーズ自身、決して軍務を勤めていないが、インサイダーは、彼は女性には軍に居場所がなく、まして戦闘では、いっそうそうなのだという意見を表明した。2016年、上院議員再選のための選挙運動で、この政治家は、女性を軍の戦闘配置に配備するのは「正気ではなく」「性的差別を越えている」と言った。

 だから、最近米国メディアが、米軍がロシアや中国との競争だてではなく、今日準備ができていないが、アフガニスタンでさえ面目を保つことができないという専門家の自認を益々発表しても驚くべきことではないのだ。

 ウラジーミル・ダニーロフは政治評論家、オンライン誌「New Eastern Outlook」独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2021/06/05/the-tragedy-of-the-us-army/

----------

 話題の御用学者の変身以前に、まともな学者は正論を言っておられる。大本営広報部、つまりマスコミが報じないだけ。与党が狂人集団であること、日本官僚がとんでもないしろものであることがあきらかになったと、あきらめるか。

花咲く日が遠い遠い日本-46;分科会は責任を取る覚悟がないのか? 

 デモクラシータイムス

コロナ五輪は「問答無用」 日本はいつからこんな国に WeN20210605

 IWJは深刻な資金難。

 日刊IWJガイド・特別公開版「はじめに~IWJ存続の道はより細く、険しいものとなってきました。今期は残り2ヶ月をきりましたが、IWJの財政危機に改善の兆しは見えてきません! どうか緊急のご支援をお願いいたします!」2021.06.06号~No.3188号

 今日は下記を拝聴しよう。

【シオニズムはキリスト教徒が生んだ!ジェンタイル(非ユダヤ教徒)・シオニズムの理解なくして米国の異様なイスラエル偏愛は理解できない!世界の近現代史最大の謎を解く!緊急シリーズ特集 2・YouTube Live】20:00~「新疑惑イスラエルゲート!? トランプ陣営が安保理で『イスラエルの入植地批判決議を行わせない』ようにロシアへ協力要請!? ~岩上安身によるインタビュー 第947回 ゲスト 『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム』著者・役重善洋氏<エッセンス版>」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/featured

 2018年10月に収録した、岩上安身による役重善洋氏インタビューを再配信します。これまでIWJが報じてきたシオニズム関連の記事は以下のURLから御覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/zionism

« EUの従僕連中をスパイするアメリカ | トップページ | iPhoneのために死ぬ »

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EUの従僕連中をスパイするアメリカ | トップページ | iPhoneのために死ぬ »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ