« ベラルーシで逮捕されたロマン・プロタセヴィッチは欧米政府に資金供給されたネオ・ナチ | トップページ | ニュージーランド、中国を「大量虐殺」のかどで非難するのを拒否 »

2021年5月29日 (土)

自身の軍事冒険で、他の国々に代償を支払わせようとしているワシントン

2021年5月19日
ウラジーミル・ダニーロフ
New Eastern Outlook

 ベトナム戦争の悲劇、イラクでの、そして今アフガニスタンでの敗北が、アメリカには、実際、戦争に勝つ能力がないことを示している。実際、全ての米軍侵略の例が、どんな敵とでも対決するのに必要な軍事力を持っていると確信するアメリカ当局の、比類ない自信によって引き起こされてきたが、明らかに、そうではないことを歴史が示している。

 実際、大半米軍の失敗は、相互に関連する多くの理由によって説明することができる。これらがそうだ。ワシントンが、侵略する国と、その国が位置している地域の複雑さを理解できないこと。現地で、信頼できるパートナーを見つけるのに失敗すること。アメリカが侵略する国の国民の反対。それ加えて、侵略が宣言された際、ワシントンが約束を果たしそこねたことの、有権者への影響。ロバート・ゲイツ前アメリカ国防長官でさえ、2014年に出版された自叙伝で、アメリカは、どのように政府を打倒すべきか知っているが、誰で彼らを置き換えるべきか皆目分からないことを公然と認めた。

 それ故、第二次世界大戦以後、アメリカは、発展途上国で戦った戦争のいずれでも勝利を得られなかった。同時に、アメリカ軍事侵攻の結果、侵略された国と、アメリカ国内で生じた不満は、国際舞台における主要当事者としてのアメリカの権威の急速な下落をもたらした。ワシントンの介入主義願望を依然支持している個別の国との間で続いている「同盟関係」も、近年起きた世界の様々な地域でのアメリカ軍事同盟の危機によって示されたように、それらの国々は、ほとんど誠実だとは言えない。

 だが支配層のアメリカ人エリートが耽るのを好んでいる、比類ない軍事出費から利益を得る罪深い喜びが、アメリカを新しい対立に押しやっている。ロシアだけでなく中国も「アメリカの敵」とされたのは偶然の一致ではなく、今新たな戦争のために準備しているNATO加盟国の軍隊の動員をもたらす。軍事演習のかたちでの武力誇示と、ロシアと中国国境沿いでの挑発は、既に一種の慣習のようなものになっている。

 日々、ワシントンは、ロシア国境に、益々多くのアメリカ軍隊を配備し、攻撃目的に役立つだけの機器が東ヨーロッパに輸送されている。最近、ニューヨーク・タイムズが、アメリカは、トランプが提案したように軍隊をドイツから撤退させず、代わりに、ドイツでの軍事駐留を強化すると明らかにした。更に500人の軍人がウィースバーデンのアメリカ基地に配備されようとしている。部隊の一つは諜報、サイバースペースと電子戦能力を持っており、他は多国間協力を改善するのが任務だ。ベルリン訪問の際、ロイド・オースティン国防長官は、これら勢力が「戦って、勝つ」だろうと強調した。

 同時に、今秋、アメリカ軍は大陸で永久派遣のため第5世代のF-35戦闘機をヨーロッパに移し始めるだろう。これはアメリカ上院での聴聞の際、アメリカ欧州軍のトッド・D・ウォルタース司令官が明らかにした。

 ロシア国境でのNATOとアメリカ軍隊の数が増大し続けるにつれ、これが緊張を再び高めだけなのは明確だ。

 バルト海、バレンツ海と黒海での挑発的飛行は、定期的な、ほぼ毎日の事象になっている。それらの飛行は、ロシア軍用機に迎撃される。最近、ワシントンは、銃撃戦が起きた場合、同盟諸国が砲弾の餌食に使われるのを期待して、同盟諸国を、このような挑発を画策するよう引き込み始めた。この発想は、最近の国防総省の反ロシア火遊びでのノルウェーと、その軍隊の利用が実証している。

 最近のアメリカとノルウェー間の合意は、二国間軍事協力を拡大し、この地域での作戦を支援するため、アメリカが施設をノルウェー領に作るのを可能にし、他方アメリカ兵は、いかなるノルウェー軍事施設への「妨害されないアクセス」を認められる。この合意は、多くの施設、すなわちノルウェー南岸近くに位置するリュッゲ空港やスタヴァンゲル・ソラ空港や、ノルウェー北部の北極圏にあるエヴェネス飛行場やラムスン海軍基地などで、国防総省が何であれ欲するものを建設する権利を与える。二国間軍事協力の拡大は、ロシアとヨーロッパ間、特に北極圏で緊張が高まる最中に起きている。ノルウェー空軍は、ノルウェーに初めて配備されるアメリカ戦闘機と爆撃機と定期的に演習を行う。

 ノルウェー・メディアが強調しているように、現地住民は、アメリカがノルウェーに軍事基地を建設するのを認める政府決定に危機感を募らせている。彼らの意見では、これは抑止要素ではなく、それどころか、ロシアとの武力戦争に向かう一歩だ。ノルウェー人は、アメリカ軍に使用される地域は、NATOとロシア間の軍事衝突の場合、主要標的になるのが確実で、ノルウェー自身にとって重大な結果をもたらすことを認めている。ところが現政権は、ノルウェー政策の基本原則の一つを見て見ない振りをすることに決めたのだ。ノルウェー領土に、外国兵士が入ることを許してはならない!

 ノルウェーの新聞Dagsavisenは、制限を超えて、攻撃作戦を行う無制限の権利を与えたNATO側のいわゆる「信頼できる抑止力」は新たな戦争を招くと、はっきり述べている。これは危険が大きいゲームで、最新のステップは、最近までは、NATOの支持を得てでではあるが、ノルウェー防衛の仕事は主にノルウェーの国家責任だったものを、アメリカの任務にしたのだ。特に、最近のアメリカ大統領をひと目見れば、これは極めて危険な決定であるように思われると、同紙は論じている。

 だが最初のアメリカ原子力潜水艦が、間もなく、ノルウェーの民生工業港トロムソで、ドック入りし、その後、このような船が、そこで日常茶飯事になるだろう。ヴェルデンス・ガング紙によれば、多くの人々がアメリカ原子力潜水艦入港を認めるという考えに批判的なので、この問題は地元住民の間で大論争をひき起こした。公開集会で、フランク・バッケ=イェンセン国防大臣は、地方自治体には、アメリカ原子力潜水艦艦内の核兵器存在可能性に関して監督権がないと述べ、ノルウェーに寄港する全ての外国軍艦に核兵器を搭載しないことを義務づける1975年のブラッテリ・ドクトリンに言及しただけだった。

 アメリカ潜水艦がトロムソでドックに入るのを認められた後、現地当局は、放射性物質漏洩の場合、少なくとも彼らの市民の安全を保証するため、幼稚園と小学校に「予防目的の」ヨウ素剤を配布し始めた。だが専門家は更にもう一つの脅威を示している。アメリカ潜水艦が核兵器を搭載していれば、即座に報復攻撃の主要標的になるのだ。

 他の国々を、その軍事冒険に巻き込むアメリカ試みに対する類似の批判的評価をスウェーデン・メディアも表明している。彼らは、特に巨大なNATOのDefend Europe 2021演習が、なぜロシア国境近くで行なわれるのかと疑っている、これは誰にも嫌な思いをさせないだろうか?アメリカが率いるNATOは、東方向への耐えざる拡大と、ロシアを包囲したいというワシントンの公然の願望を背景に、このような動きをしているのだ。参加諸国の一部は、アメリカがロシア国境に益々近く軍隊を配備するのを認めており、これは、NATOの意図的前進が「ロシア・プロパガンダ」による一種のニセ情報ではなく、現実であることをはっきりと示している。2016年にスウェーデン議会に認可された派兵に関するNATOとスウェーデンの条約は、アメリカとNATOが、対ロシア戦争を行うためにスウェーデン領を使うことが可能なことを意味している。「スウェーデンが彼らの指揮に従っているのは残念だ」とSwedish Proletären紙が指摘している

 ウラジーミル・ダニーロフは政治評論家、オンライン誌「New Eastern Outlook」独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2021/05/19/washington-tries-to-make-others-to-pay-the-price-for-its-own-military-adventures/

----------

 デジャブ、既視感満載の記事。宗主国の振る舞いは誰に対しても同じ。属国の振る舞いも同じ。

 故アンドレ・ヴルチェク氏や、F. William Engdahl氏他、多数の興味深い記事を読んでいる、このサイトNEO New Eastern Outlookが最近ハッキングされ、数日アクセス不可能になっていた。ようやく回復して、編集委員会が声明を出している。

2021年5月27日
筆者:NEO
NEO編集委員会声明

親愛なる読者の皆様!

 長期間、我々の敵対者によ画策される同時攻撃の標的だった我々のウェブサイトは、大規模ハッカー攻撃の犠牲になった。サイトを一時的に利用不可能にした最近の攻撃は、アメリカ領から開始された。現在、機能は完全に回復した。攻撃についての全ての情報は、法執行機関に引き渡された。
 この点に関し、5月20日、この攻撃の加害者が公表した全ての資料は偽物であり、NEO編集委員会は、それらに対する責任を負わないことを明確にしておく必要がある。
 ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣の言葉を言い替えれば、我々の「欧米の友人たち」は、またもや、連中が実践する手口を示したのだ。我々はこのような我々の仕事に干渉する試みは決して許すことはできない。5月13日、記者会見で、ジェン・サキが述べたように、攻撃が来た国にとってさえ「依然多少の責任がある」。

 ご来訪に感謝!

 「New Eastern Outlook」編集委員会。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2021/05/27/statement-of-neo-editorial-board/

 孫崎氏のメルマガにびっくり。昨日テレビで音声を消したままにしていた会見、あるべき質問があったというのだ。

 今日の孫崎氏のメルマガ題名

必要な質問はする、あるべき首相記者会見における質疑があったと思ったら、幹事会社は東京新聞。問「国民の命を守る責任はIOCではなく日本政府、国民が納得できるよう感染状況がどうなれば開催・不開催なのか、具体的な基準を明示すべき」。首相明解に答えず。

 確かに、東京新聞、朝刊七面で詳しく報じている。

 日刊IWJガイドでも、あの記者会見を詳しく報じている。防衛大臣と法務大臣の定例会見も。宗主国と、ウイグル族大虐殺の合唱は元気だが、法務省の行為も虐殺だ。自分の頭のハエを追え。

※「クアッドとARC21の仮想敵は中国ではないのか? それを認めない防衛省は中国政府の反発を恐れている?」IWJ記者の質問に「中国を仮想敵国としているような事実はありません」と岸防衛大臣!~5.28岸信夫 防衛大臣定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/492515

※ IWJの質問が口火を切る!収容中に死亡したウィシュマ・サンダマリさんの監視カメラ映像の公開を要求した質問を皮切りに、各社の映像非開示に対する追及が集中!~5.28上川陽子 法務大臣 定例会見
https://youtu.be/Xre_NvrYWrA

 今夜、宇都宮けんじ氏の配信がある。

5/29(土)19時からLIVE配信:五輪中止署名特別番組「コロナ禍の災いとしての東京五輪」
宇都宮けんじ Kenji Utsunomiya日本2021年5月28日
今月15日に第1弾を配信し、大きな反響をいただいたYouTube特別番組の第2弾が決定しました。
2021年5月29日(土)19時〜LIVE配信
「特別番組 コロナ禍の災いとしての東京五輪」
https://www.youtube.com/watch?v=03dkUB6JH3Y

« ベラルーシで逮捕されたロマン・プロタセヴィッチは欧米政府に資金供給されたネオ・ナチ | トップページ | ニュージーランド、中国を「大量虐殺」のかどで非難するのを拒否 »

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

NATO」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベラルーシで逮捕されたロマン・プロタセヴィッチは欧米政府に資金供給されたネオ・ナチ | トップページ | ニュージーランド、中国を「大量虐殺」のかどで非難するのを拒否 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ