« 永久戦争中のアメリカ | トップページ | 皆がイラクの話題を論じるのに立腹する、イラクを侵略しているネオコン連中 »

2020年2月 3日 (月)

アメリカの中東での姿勢:大惨事の準備

2020年1月29日
The Saker

[本記事はUnz Reviewビューのために書かれた

 ウソ、ひどいウソと数値

 トランプと国防総省がウソをついていたことが分かる。またしても。今回はイラクのアメリカ軍に対するイラン反撃の本当の影響について。最初に彼らは負傷したアメリカ人員はいなかったと主張したが、結局最終的に、34人の兵士が外傷性脳障害を負ったと認めなければならなかった(トランプは「頭痛」と「分類し直した」)。それから彼らは、本当は34人ではなく、実際は50人だったと認めざるを得なかった!

 一部の情報源によれば、全てのアメリカ要員が掩蔽壕に隠れていたわけではなく、一部が基地周辺を守るために配備されていた。何が事実だったにせよ、これはイランの反撃が、当初帝国が報告したよりずっと強烈だったことの更なる証拠になる。実際、イランの情報源が、攻撃後、多くの負傷した犠牲者が、イスラエル、クウェートとドイツに飛行機で搬送されたことを示している。その夜何が起きたかについて、我々はおそらく決して完全な真実は見つけられないだろうが、今二つ確実なことがある。

  1. イラン攻撃は極めて効果的で、今や地域の全てのアメリカ/NATO/イスラエル軍は、次のイラン攻撃を待つ格好の標的のようになっているのは否定し難い。
  2. アメリカ合州国政府はイランによる反撃の本当の規模と性質を劇的に過小報告せざるを得なかった。

 アメリカ要員が得ていた警告の質をはっきりさせよう。今我々は少なくとも以下の警告を受けていたのを知っている:

  1. (イランが彼らの意志について概要を説明した)イラク政府を通しての警告。
  2. (イランでアメリカの利害関係を代表しており、イランが彼らの意志について概要を説明した)スイス当局を通しての警告。
  3. 地上、航空、宇宙でのアメリカ偵察/諜報能力による警告。

 それにもかかわらず、これらのほとんど理想的な条件にもかかわらず(防衛という見地から)、我々はイラン・ミサイルの一発も迎撃されず、ミサイルが高精度で命中し、アメリカ軍基地が(破壊されたヘリコプターや無人飛行機を含め)大損害をこうむり、多数の負傷者が出たのを目にしている(攻撃後の画像詳細については、この記事を参照)。

 もしこの攻撃を「概念実証」作戦として見れば、イラン側としては、素晴らしい精度と、弾道ミサイルの強力な能力が証明されており、一方、米国側としては、この攻撃の唯一の効用は、地域のアメリカ軍が全て、イラン・ミサイル攻撃の被害を極めて受けやすいことの証明だったの明らかだ。イランがアメリカ人犠牲者を最大にしたいと望んでいた場合、彼らが、いかなる警告も与えなかった場合を想像願いたい。一体どのような結果になっていただろう?! もしイランが、例えば燃料庫や火薬庫、アメリカ要員が住む建物、(CENTCOMの主要兵站ノードを含め)産業施設、港や飛行場に目標を定めていたらどうだろう?イランが基本的に無防備な施設に対して放っただろう地獄を想像できるだろうか?!

 まだ半信半疑でおられるのだろうか?

 それなら、トランプ政権が、なぜウソをつき、イラン攻撃の実際の規模を最小化しなければならなかったかを自問願いたい。もしホワイトハウスが攻撃規模お大きさを認めれば、彼らが、それを止めたり、あるいは有意に小さく見せることが全くできないことを認めなければならないので、ホワイトハウスはウソをつき、攻撃はほとんど影響がないと表現すると決めたのはかなり明白だ。それだけでなく、憤激しているアメリカ国民(大半のアメリカ人が「銀河史上、最大の軍隊」について、いまだに伝統的プロパガンダ言説を信じている!)が、地域全体をアメリカに、その気がない大規模戦争に陥れるイスラエルへの即座のイラン攻撃を誘引したに違いない対イラン報復的攻撃を要求しただろう。

 それを、攻撃の影響を誇張しているかも知れないが、80人の兵士が負傷したとしたイランの主張と対比願いたい(私は、少なくともこれまでのところ、イラン政府が、アメリカよりはるかに率直で、露骨なウソをいいがちではないと付け加えたい)。アメリカが、いかなる代償を払っても避けたいとを望んでいる、それ以上のエスカレーションに、明らかにイランは準備ができていた。

 すると一体何が本当に起きたのか?

 攻撃から防御する二つの基本的な方法がある。拒否と懲罰だ。拒否は、いつもアメリカとイスラエルに対し、シリアが侵入してくるミサイルを撃墜してしていたことだ。拒否は、必ずしも「エスカレーション」の段階を上げることなく、自身の被害を最小化するので理想的だ。それと対照的に、懲罰は、攻撃を防御できない時、攻撃する側に報復的反撃をするが、自身が攻撃された後に限るのだ。それはアメリカが、ほとんど、いつでも、イランに対してできることだ(一部の全く非現実的な主張に反し、イランの対空防衛は、米軍がイラン、国民とインフラに巨大な損害を与えるのを阻止できない)。

 イラン懲罰における問題は、損害が最終的に勝利をもたらす限り、巨大な敗北を受けるのを実際にいとわない敵に対処していることだ。自分の国、国民、あるいは信仰のために命を捧げるのをいとわない人々を、一体どのようにして阻止できるだろう?

 優れた分析者であるイランが、アメリカが与えることができる損害に、完全に気付いているのは確実だと私は思う。ここで鍵となる要因は、アメリカがミサイルと爆撃機を解き放ち、目標の多く(全てではないにせよ)を破壊すれば、イランを封じ込めるものは何も残っていないのを彼らが理解していることだ。

 イラン戦略については、このように考えることができる。

  • もしアメリカが何もしないか、あるいは象徴的攻撃(たとえば、シリアでのイスラエル攻撃のように)だけをすれば、本当に軍事的に重要なことは何も達成し損ねるが、彼らがアメリカ(あるいはイスラエル)に力の錯覚を与える上で非常に効果があるので、イランはこれらの攻撃を無視することができる。
  • もしアメリカが最終的に激しくイランを攻撃すると決めれば、反撃という「懲罰カード」を使い果たすことになり、それ以上イランを阻止する選択肢がなくなるだろう。
  • もしアメリカ(あるいはイスラエル)が核兵器を使うと決めるなら、このような攻撃は本質的に「今あなたが考えられるどんな報復も正当だ」と伝えて、イランに「政治的切り札」を与えることになる。イランが最も苦痛を伴う形あらゆる報復するのは確実だ!

 あなたは現在のアメリカの状態を「2値」と考えることができる。「全部無し」か「全部有り」だ。もちろん、自らの選択ではないが、この状態は中東の戦略地政学的現実と、両者間の様々な非対称の結果だ。

アメリカ イラン
制空権 有り 無し
戦闘能力がある地上部隊 無し 有り
大きな損失を受ける覚悟 無し 有り
長い脆弱な補給線 有り 無し

 上記はもちろん簡略版だが、それでも基本的に事実だ。これら非対称の理由は実に単純ながら、重要な相違にある。アメリカ人は、大戦争に安上がりで勝てると信じるよう洗脳されている。イランは(アメリカ、ソ連とヨーロッパが支援したイラクが、イランを攻撃し、イラン社会を大きく破壊した後では、全く確実に)このような幻想を全く抱いていない。だが「安い戦争」の時代は、とっくに終わっている

 さらに、イランはアメリカ制空権が、それだけで魔法のようにアメリカ勝利をもたらすわけではないのを知っている。最終的に、イランは米国攻撃に対する準備に40年を費やしている。アメリカは、本当に今年の1月8日に通知されたに過ぎない。

 再び、アメリカにとって、それは「全部有り」か「全部無し」なのだ。我々はイランの反撃の後、数日間「全部無し」を目にした、2006年、ヒズボラに対するイスラエル作戦を想起することで、「全部有り」が、どういうものか見えてくる。

 だがイランには、イラク駐留米軍に対する攻撃で実証したように、非常に緩やかなエスカレーション能力がある。彼らはただ少数のミサイルを発射したり、何百発も発射したりすることができる。彼らはアメリカ人犠牲者を最大することができ、あるいは彼らはCENTCOMのインフラを狙うと決めることができる。彼らは、アメリカ合衆国を直接攻撃すると決めたり、彼の同盟国(サウジアラビア王国)とボス(イスラエル)を攻撃すると決めたりできる。彼らは、いかなる行為に対して、自分の功績だと主張したり、CIAが一見もっともらしい反証というものの背後に隠れたりすることができる。

 アメリカとアングロ・シオニスト帝国全体は、イランより遥かに強力だが、イランは、軍事評論家が「エスカレーション支配力」と呼ぶものの支配を可能にする方法と手段を巧みに発展させた。

 イランは、全能アメリカを「レディーンした」のだろうか?

 マイケル・レディーンを覚えておられるだろうか? 彼はこの歴史的金言を思いついたネオコンだ。「ほぼ10年ごとに、アメリカ合州国は、どこか小さな、どうでも良い国を拾って壁にたたきつけて、世界に我々が本気なのを示す必要がある」。

 イランが、まさにそれをして、アメリカを拾い上げ「本気なのを示すため、壁に投げつけたのは」のは皮肉ではあるまいか?

 この全ては、我々に何を物語っているのだろう?

 一つ目は、米軍は実際大変な窮地にあるのだ。アメリカ対空防衛は、絶望的に無力だ。サウジアラビアでのフーシ派攻撃で、我々は彼らの「性能」を見た。パトリオット・ミサイルは、最初の湾岸戦争でも今日も、決して十分に能力を発揮しなかったのが真実だ。大きい相違は、サダム・フセインのイラクは高精度ミサイルを持っておらず、アメリカ(あるいは、それを言うならイスラエル)を攻撃する試みが、それほど効果的ではなかったのだ。だから国防総省は、その武器システムの本当の性能(あるいはその欠如!)を容易に捏造できたのだ。イランが、他のものを無視して、入念に一部の建物を正確に狙うことが可能な今、全中東が根本的に新時代に入ったことを示している。

 第二に、中東の米軍基地が、弾道ミサイル、巡航ミサイル攻撃に極めて脆弱なことも明白だ。対空防衛は非常に複雑なハイテク軍事部門で、本当に効果的な対空防衛体制を開発すには、数十年ではなくともしばしば何年も要する。一部の弱い防衛力が乏しい国だけを攻撃する傾向と、米軍が過去に持っていた本物の抑止力のおかげで、アメリカは航空防衛について決して本当に心配せずに済んでいた。「どうでも良い国」はミサイルを持っておらず、他方「大男たち」はあえて公然とアメリカ軍を攻撃するまい。

 最近までは。

 今、全能の世界覇権者アメリカは、ずっと弱いイランによって壁に投げつけられ、それ自身「小さいでどうでも良い国」のように扱われている。

 甘い皮肉!

 だが、ここには、もっと多くのことがある。

 イランの本当の目標:アメリカを中東から追いだす

 イラン(地域の多くのイラン同盟国も)は、ソレイマーニー司令官殺人に対する本当の報復は、まずはイラクとシリアからのアメリカ軍の完全撤退、それに続く、全中東からの完全撤退をもたらすことなのを明確にした。

 このような結果は、どれぐらいありそうだろう?

 今のところ、それが本当に起こる可能性は顕微鏡でなければ見えないくらいだと言いいたい。結局、誰が本気でアメリカがサウジアラビアやイスラエルを去るのを想像できただろう? 本当の激変がない限りは起きるまい。

 公式にはアメリカ同盟国ながら、「同盟国」にアメリカが好んでしてくださる「恩着せがましい態度」に大いに辟易している明らかな兆候を示しているトルコやパキスタンのような国はどうだろう? これらの国が、アメリカ合州国政府傭兵(それがアメリカ軍の実態、お雇い侵略者)が急いで逃げるよう公式に要求すると信じる理由があるだろうか?

 それから、イラクやアフガニスタンのように、非常に成功した積極的な反米勢力を受け入れて、ひどく強化された基地にアメリカ軍を避難させた国もある。これらの国で、アメリカの「勝利」がどのように見えるか、多少とも信用できるシナリオを提案できる正気の人物など誰もいるとは思えない。ソ連が駐留したより長く、アメリカが、アフガニスタンに駐留している事実は、ソ連軍がアメリカ軍より遥かに効果的だった(そして人気も高かった)だけでなく、ゴルバチョフの共産党政治局は、トランプの国家安全保障会議NSCより遥かに、現実を知っていたことを示している。

 事実が何であれ、イラクとアフガニスタンでの戦争が破れることは否定し難いと思われ、どれだけスタンドプレーをしても、この結果は変わるまい。アメリカが基本的に頑固さと敗北を認める能力の欠如から居残っているシリアについても同じことが言える。

 中東のための「アメリカ政府の平和構想」

 何百というUNSC決議に違反し、典型的に非合法な土地奪取と結びついた、シオニストのアパルトヘイトだ。しかも、彼らはそれを「平和のための構想」と呼んでいるのだ。

 「最高ばか者」が、ビビ・ネタニヤフと世界に「彼の」中東「平和」計画を誇らしげ説明するのを私は聞いていた。この最近のばかげた行為は、ワシントン D.C.の思考態度に関して、二つの重要なことを示している。

  1. 米国支配階級は、イスラエルロビーの好感と支持を得るためなら何でもする。
  2. アメリカは、中東の人々が考えることは、いささかも気にしない。

 何ら新しいことではないが、トランプの下で大量の「ステロイド注射」を受けた、この動きは、中東での帝国の避けられない崩壊に貢献するだけだ。一つは、地域の全ての、いわゆる「アメリカ同盟国」にとって、アメリカにとって重要な唯一の国は、イスラエルで、全ての他の国々がほとんど何の価値もないのを理解している。更に、中東のあらゆる支配者は、今アメリカと同盟するのは、イスラエルの安手の売春婦になることで、わなに気がつかない愚かな政治家にとって、確実に政治的自殺を意味するのを知っている。最終的に、アフガニスタン、イラク、イエメン、レバノンとシリアでの戦争は「親切の枢軸」が、誇張と思い上がりは十分だが、実際の戦闘能力は非常に不足していることを示した。

 任期の初日からトランプが従事しているイスラエル圧力団体への惨めなごますりは、中東で(実際、中東をも越えて!)一層アメリカを孤立させ、弱めるのに役立つだけだというのが単純な真実だ。

 この文脈で、地域からアメリカ合州国を追い出すというイランの目標はどれぐらい現実的だろう?

 単に短期に見れば、全く現実的ではない。だが、地域の、全てではなく、いくつかの国々を見れば、中期的には、それが非常に現実的だと私は急いで補足したい。最終的に、長期的に、それは現実的であるだけでなく、たとえイランが自身が多くを、あるいは全く何もしないとしても、それが起きるのは避けられない。


たとえ彼らは理解していないにせよ、これらのにっこり笑っている阿呆連中は他の誰より帝国を破壊するため多くのことをしている!

 結論:「イスラエル」の余命はいくばくもない。

 イスラエルは、あれこれの国や政治家が「再び」600万人のユダヤ人を毒ガスで殺すか、「地図から」イスラエルを抹殺するか、新しいホロコーストに携わることさえ望んでいる「新ヒトラー」だと、我々全員にお決まりのことを語ってきた。ギラード・アツモンはこの精神障害を「事前心的外傷性ストレス障害」と巧みに呼んでおり、彼は実に正確だ。イスラエルは主としてこの「先制的geschrei *」を、欧米非ユダヤ人(ゴイム)から可能な限り多くの譲歩(と金)を搾り取る方法として使ってきた。だが深い意味では、イスラエル人は少なくともぼんやりと、彼らのプロジェクトは持続可能ではなく、自分の全ての隣人を威嚇することで、どんな国家の生き残りも保証できないのを知っている可能性がある。暴力、特に邪悪な過激な暴力は、本当に、人々を威嚇できるが、それも、ある程度の時間だけだ。遅かれ早かれ、いかに露骨であっても、人間の魂はどんな恐れにも負けないほど成長し、恐れを、新たな非常に強力な決意の感覚で置き換えるだろう。

 ロバート・フィスクが、14年前の、2006年に、こう言っていた

シャロンが重度の脳卒中を患う前、クネセト(イスラエル国会)でこの言葉を言った。「パレスチナ人は痛みを感じなくてはならない」。これは一つのパレスチナ・インティファーダ中のことだった。もしアラブ人を殴り、殴り、殴り続ければ、彼らは屈服するだろう。最終的に彼らは跪き、自分たちに、欲するものを与えるだろうという考えだ。それはもはや、あてはまらないのだから、これは、何から何まで、自己欺瞞だ。それは私が最初に中東に到着した30年前には、あてはまったていた。もしイスラエル人がレバノン国境を越えれば、パレスチナ人は彼らの自動車に飛び乗り、ベイルートにドライブし、映画館に行った。今イスラエル人がレバノン国境を越えると、ヒズボラがベイルートで彼らの車に乗り、彼らとの戦いに参加するため、南に駆けつける。だが重要なのは、今アラブ人はもはや恐れないことだ。彼らの指導者たちは恐れている、この世界のムバラクたち、エジプト大統領、ヨルダンのアブドゥッラー2世国王。彼らは恐れている。彼らは彼らの金のモスクで揺れ震える、なぜなら彼らは我々に支持されているから。だが人々はもはや恐れていない。

 2006年には、ごく一部のアラブ人にだけ本当だったことが、今や大部分の人々(多分全員にさえ?)に本当になった 2020年のアラブ人。イラン人については、彼らは一度もアメリカ合州国を不安に思ったことがなく、この運動が設立された際、新生ヒズボラに彼らが質的に新しいこの種の「特別な勇気」(これが本当のシーア派精神だ!)「吹き込んだ」のは彼らだ。

 帝国は多くのことを生き残れるが、彼らがもはや恐れられなくなると終焉は近い。イランの攻撃は世界の国々に基本的な新現実を証明した。イランがアメリカを恐れているより、アメリカはイランをずっと恐れているのだ。アメリカ支配者と政治家は、もちろん違う主張をするだろう。だが今や、フーシ派でさえ公然と、「親切の枢軸」の連合した威力に首尾よく挑戦できるというだけでも現実を作り直す無駄な努力は失敗する運命だ。

 アメリカとイスラエルの指導部は、タイタニック号上のオーケストラとみなすことができる。彼らは上手に演奏しているが、彼らは濡れて、死ぬだろう。

The Saker

(* geschrei:金切り声を上げること、悲鳴を上げること、叫ぶことを意味するイディッシュ語単語)

記事原文のurl:https://thesaker.is/u-s-posture-in-the-middle-east-preparing-for-disaster/

----------

 売国傀儡の言うこととは、常に逆のことを考えなければいけない面倒な属国。平和ではなく、戦争への船出。

 孫崎享氏のメルマガ記事:

海自護衛艦、中東へ出航 2月下旬から情報収集活動、日本船舶の安全確保ではない。危険を増す行動だ。相手国(イラン)から見れば、「調査」は「偵察行動」、敵対的軍事行動の一環、 有志連合でないといっても、情報は米国とシェア。実体的に有志連合。攻撃の危険を増す

 あの選挙、唯一の効能は、自称野党の本質が暴露されたことだろうか?

日刊IWJガイド「注目の京都市長選は現職の門川大作氏が4回目の当選も、18歳、19歳の新選挙権者層は福山和人氏を支持!! 」2020.2.3日号~No.2699号

« 永久戦争中のアメリカ | トップページ | 皆がイラクの話題を論じるのに立腹する、イラクを侵略しているネオコン連中 »

イラン」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

Saker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 永久戦争中のアメリカ | トップページ | 皆がイラクの話題を論じるのに立腹する、イラクを侵略しているネオコン連中 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ