« アメリカ人映画俳優カーク・ダグラス(1916 - 2020) | トップページ | 最近のアンカラの怒りの爆発は、シリアでのエスカレーションをもたらすだろうか? »

2020年2月25日 (火)

コロナウイルスは世界的大流行の瀬戸際

2020年2月23日
Paul Craig Roberts

 コロナウイルスに関する信頼できる情報を入手するのは困難だ。情報入手の困難は、さらに、自身の狙いのために流行を利用する権益団体によって複雑化させられている。例えば、中国内でも、外でも、多くの人々、ウイルスの広がりを中国政府を批判するために使っている。もう一つは、中国内部でも、外部でも、ウイルスは、アメリカが中国に使用した生物兵器だと主張している。また別の人々は、世界的エリートが、世界人口を減らす計画を実行することに決めて、世界的エリートの一人、ビル・ゲイツが、数カ月前、グローバルな大流行が発生するだろうと述べたと言っている。一部のインターネット・サイトは、途方もない数の中国人死者と、1日24時間・週7日稼働している火葬場に関する報告を投稿して、トラフィックを引き付けている。中国の公式説明は、ウイルスは野生動物の肉を売っている市場から始まったということだった。見たところ、アメリカのどこよりも大きい市、武漢が、一カ月間封鎖されている事実は依然変わらない。

 (イリノイ大学の)フランシス・ボイルは細菌戦武器研究専門家だ。彼は1972年の生物兵器禁止条約のためアメリカが導入した法律1989年の生物兵器禁止法を書いた。インタビューで(たとえば、これを参照 https://www.activistpost.com/2020/02/us-biowarfare-act-author-studies-confirm-coronavirus-weaponized.html ) ボイルは、コロナウィルスは疑いの余地なく、人工的に作り出された生物兵器であることを確認する四件の科学研究を読んだと言っている。研究は、ウイルスが広がるのを容易にするために加えられた要素や、免疫機構がウイルスに抵抗する能力を減らす要素を持っていることを示している。

 ボイルはウイルスが広まるのを容易にする生物工学的研究がノースカロライナ大学で行われ、HIVを加えることを可能にする研究は、オーストラリアの施設で行われたと報じている。彼は武漢BSL-4生物戦研究所の中国人科学者がノースカロライナ大学とオーストラリアの研究室両方にいて、研究に参加したことを示している。中国人科学者たちは、正式名称がCoVid-19という我々がコロナウイルスと呼ぶものを生産するのを可能にする重要な要素を持って、武漢研究所に帰った。

 ウイルスの漏洩は意図せぬ出来事で、このような生物戦研究所からの漏洩は、以前にもが起きていたとボイルは言う。

 科学者は、CoVid-19に感染した人が症状を見せずに、30日間伝染しやすい状態になり得ると言っている。ウイルスは空気と接触を通して広がり、表面で9日間の生きるので、症状を示す前に、遠く広く広まることができる。死亡率は、今15-18パーセントと推定されるから、それは大きな脅迫だ。

 中国でのウイルス漏洩は、中国の新年にまつわる国内旅行と同時に起き、す速く広範に伝染病が広まった。アメリカ人とヨーロッパ人は、アジア外では症例が少数で、アジア人だけがウイルスで死んだという報道で安心していた。だが、これは単に発症までの時間差の反映かもしれない。グローバリズムが、あらゆるウイルスが広がれるようにしている。14日間の検疫隔離の期間が不十分だということが分かるにつれ西洋は衝撃をまさに経験しようとしているのかもしれない。科学者がウイルスの広がりを防ぐ効果を上げるには隔離期間は27日か30日間でなければならないと今言っている。14日間後に解放された曝露された人々の数を考えると、西洋は感染の大きな急速な増加に対する用意を調えるべきだ。

 アジア人だけが感染する(欧米の早期の症例は中国人だった)、中国人のDNAを集めることに対し、アメリカ人が中国から追放されていたという見解は、ウイルスを人種を特定した中国に対する細菌戦攻撃と見なす人々の考えを裏付けた。再び、長い潜伏期間が、これまでのところ白色人種の間で死者がない説明だろう。イランが今ウイルスによるイラン人死者を報じたのを考えると、ウイルスは人種に限定されているのはありそうもない。

 何ができるだろう? おそらく、ごく僅かしかないだろう。ボイルは細菌戦のためのウイルスの武器化は、終身刑の罰に値する重罪だと言う。それでも、ボイルは能力がある全ての国が、違法性にもかかわらず研究に従事していると言う。ボイルは国立衛生研究所NIHがノースカロライナ大学施設での研究資金供給をしたと言う。アメリカ、中国、オーストラリア政府が重罪で共謀しているので、自身を巻き込まずに、彼らは状況について真実を語ることができないのだ。それで感染したコウモリを食べたことから、ウイルスが来たという主張のような隠蔽説明がでるのだ。

 さらに、率直な意見を述べる資格を持ったほとんどの人々が、そうできないのだ。理由は非常に多くの微生物学者やウィルス学者が非合法の研究に関与していることだ。ボイルはアメリカだけで、非合法の細菌戦の研究に関与している13,000人の科学者がいると言う。人は金のためには非人道的な仕事をするのだ。

 ボイルは専門家だが、当局なら彼の信用を容易に失墜させることができる。彼は市民的自由擁護活動家で、アメリカ政府の強烈な批判者で、ベトナム戦争に反対で、アメリカ外交政策とアムネスティー・インターナショナルとの協力を指摘し、イラン制裁と、イスラエルのパレスチナ人の処遇に反対し、ハワイの主権運動を支持し、多くの論争の的と見なされる立場にある。彼がどんな独立した調査と法律に入れられた警察国家法案に対する反対でも止めるために9/11事件の後、アメリカ上院議員に送られた炭疽菌手紙の炭疽菌は、アメリカ政府の軍研究所しか出所はないと始めて述べ、アメリカ政府が違法生物兵器の備蓄開始と拡大をあばく「Biowarfare and Terrorism=細菌戦とテロ」を出版して、彼は「好ましくない人物」になった。マスコミが真っ先に駆けつけるべきボイルは、追放されてしまったのだ。現在、彼はインターネット番組でしかインタビューされず、言説を支配する連中には変人と呼ばれている。

 私はDNA工学や生物兵器の知識は皆無だ。私はボイルが、その立場の基にしている四つの研究が存在するのを知っている。私が知る限り、ボイルは彼らが言っていることを言っているのだ。私自身の立場ゆえにではなく、ボイルや、9/11事件真実の運動のような、公式説明と意見を異にする人々や、デイビッド・アービングや、ジョン・ウエアのような歴史学者の調査結果を報じるがゆえに、私自身論争の的で、それゆえ不審者だ。私の人生で、アメリカの教育は大打撃を受けた。自説に固執し、他人の意見に批判的なアメリカ人は、誰であれ、自分のものではない見方を報告させたり、発言の場は与えたりりしないと考えている。理解をするためには広範囲の意見を知ることが必要だという概念は彼らには全くなじまないので、私が報じたり、意見を言う機会を与えたりする、あらゆる反対意見や物議をかもす見解は、私のせいにされるのだ。

 これは公的論議に反対意見が入ることを、ほとんど不可能にする。公的な異議申し立てがなければ、管理された言説が圧倒的になる。

 にもかかわらず、管理されたコロナウイルス言説が弱まっている多少の希望がある。公式のコロナウイルス言説は、もはや事実に合わないため変更されている。武漢海鮮市場から始まったウイルスという話は放棄されている。中国政府は公式説明の変更を認めた。( https://www.zerohedge.com/health/chinese-scientists-find-coronavirus-did-not-originate-wuhan-seafood-market ).

 Zerohedgeは韓国とイタリアでの症例増加を報じている。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/coronavirus-panic-goes-global-skorea-warns-watershed-moment-italy-quarantines-12-towns

https://www.zerohedge.com/geopolitical/coronavirus-deaths-outside-china-spike-who-team-visits-wuhan

https://www.zerohedge.com/geopolitical/cases-covid-19-south-korea-double-overnight-alarming-prison-outbreak-reported-china

 CNBCの同様な報道だ。https://www.cnbc.com/2020/02/23/coronavirus-live-updates-chinas-hubei-reports-630-new-cases-96-additional-deaths.html

 中国が何を経験していることを、アメリカやヨーロッパが間もなく経験するというのは、あり得ないことではない。もしそうなれば、多くの生活が崩壊するだろう。もしアメリカとヨーロッパのウイルス発生が、わずか二週間遅れに過ぎないなら、欧米が、東洋より巧みに難題に対処するかどうか見るのは興味深い。

 これはコロナウイルスが、どれほど容易に蔓延するかを示している。

エア・カナダのモントリオールからバンクーバー便の搭乗客が、COVID-19検査で陽性
エア・カナダは、2月22日、フライトの8日後、確認されたと言う
CBCニュース:2020年2月23日太平洋標準時午後1時38分掲載 |最終更新:2時間前

 Paul Craig Robertsは元経済政策担当財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリップス・ハワード・ニューズ・サービスとクリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

 ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2020/02/23/coronavirus-could-be-on-the-verge-of-worldwide-breakout/

----------

 ブログClub Orlovに、「最も都合が良いウイルス」という題の下記記事がある。労働人口ではない高齢者の人数が減るのは政府にとって好都合だろうということも書いてある。だが、実際感染した方には、若くとも重症化している症例があるようだ。北海道の女性は、救急車を呼んだ際、言葉もはっきりしなかったという報道を見た。韓国では感染者が激増しているというが、検査を飛躍的に増やしているせいもあるだろう。一方、日本政府は実にかたくなに検査をこばんでいる。数を少なくみせて、オリンピックを強行したいのだという論もみるが人口を削減したいのが本音なのではあるまいか?と、トンデモない疑問もでるではないか。この状態でも、いまだに驚異的な支持率。本当だろうか?中国共産党政権があぶないと書く大本営広報部もある。傀儡売国政権安泰の、ゆでガエル劣等。

A Most Convenient Virus

 診療所の医師や、大学教授の方も、検査の飛躍的拡大を主張しておられる。政権は、意図的におかしな、手遅れ施策を強引に推進しているのはなぜなのだろう。宗主国とて、培養実験をしろと命令はするまい。それとも、大流行で米軍を退避させたいのだろうか?フイリピンのように条約を破棄するほどの気力がないので?

日刊IWJガイド「新型コロナウイルス検査拒否の各地の実態!! IWJが取材した兵庫県の妊娠中の女性は救急車を呼んでも検査してもらえず、容体が急変!!」2020.2.25日号~No.2721号

 LITERA

クルーズ船死亡者「コロナ感染者かどうかも言えない」は安倍政権の失態隠しか! 感染者に続き死亡者も隠蔽、対策本部も5日間開催せず

« アメリカ人映画俳優カーク・ダグラス(1916 - 2020) | トップページ | 最近のアンカラの怒りの爆発は、シリアでのエスカレーションをもたらすだろうか? »

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ人映画俳優カーク・ダグラス(1916 - 2020) | トップページ | 最近のアンカラの怒りの爆発は、シリアでのエスカレーションをもたらすだろうか? »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ