« ロシアは崩壊する運命にあるのだろうか? | トップページ | コロナウイルスを広めた、まずい判断 »

2020年2月27日 (木)

ゲームの新しい規則

2020年2月17日
Chris Hedges
Truthdig

 悪いものの中から一番ましなものを選ぶ、あるいは、企業権力に奉仕する大統領候補に投票するよう、いかに大衆を怖がらせるかの4年毎の政治ゲームは、今シーズン、新たな展開を示している。もし彼がピート・ブティジェッジ、ジョー・バイデン、エイミー・クロブチャーあるいはマイケル・ブルームバーグと対決するなら、ドナルド・トランプは、アドルフ・ヒトラー、アル・カポネと反キリストの融合のままだろう。だが、もしバーニー・サンダースが民主党エリートが彼にしかける罠や計略や地雷敷設地帯を避けるのに成功すれば、もし彼が奇跡的に党指名候補になれば、悪いものの中で一番ましなものを選ぶゲームは根本的に変化するはずだ。トランプに住み着いた全ての恐るべき悪魔は瞬時に追い払われるだろう。だが聖書の、悪魔たちを豚の群れにへと追いやったイエスの話とは違って、悪魔はバーモントの上院議員に放たれるだろう。トランプは支配体制にとって、気が進まない悪いものの中で一番ましな選択肢になるだろう。サンダースは世間から、のけ者にされるだろう。彼らが1972年の大統領選挙でしたように、民主党と共和党の支配層は協力して、彼らが50の州の49で負けたジョージ・マクガヴァンにしたことを、サンダースにするだろう。

 「もし民主党員がサンダースを指名したら、最も巧妙にアメリカをだいなしにするには、誰のために働くべきかロシアは再考しなければなるまい。サンダースはトランプと同じぐらい意見の対立を招き、アメリカ経済を台無しにするだろうし、アメリカ軍のことは気にしない」と元ゴールドマン・サックスCEO、ロイド・ブランクファイン(資産11億ドル)がTwitterで書いた。「もし私がロシア人なら、今回はサンダースを支持する。」

 メディケアやメディケイド社会保障削減を主張し、2013年、三回の講演のためにヒラリー・クリントンに、675,000ドル支払った時、ゴールドマン・サックスを率いていたブランクファインは、民主党を支配している億万長者階級の姿勢を語ったのだ。ニューヨーク・タイムズが、ゴールドマン・サックス出身者で、仮想通貨マーチャントバンク「ギャラクシー・デジタル社」のCEO、マイケル・ノヴォグラッツが、サンダースの反抗的な性格が「余りに多くの友人たち」に、11月には、彼には反対投票すると言わしめたと言ったと報じた。「しかも彼らはトランプを憎んでいる」と彼は言った。」

 「誰も彼を好きではない、誰も彼と働きたいと思わない、彼には何も実績がない。彼は職業政治家だった。全てたわごとに過ぎない、私は人々がそれに飲み込まれているの」がとても不愉快だと、ヒラリー・クリントンは、間もなく公開されるテレビ・ドキュメンタリーでサンダースについて述べた。

 サンダースのニューハンプシャーの勝利を、大企業に支持された他の連中の勝利であるかのように、哀れにも歪曲しようしているマスコミのおべっか使い連中は銃殺隊の一員だ。「トランプに反対して出馬しているサンダースは狂気の沙汰だ」が、ニューヨーク誌のジョナサン・チェイト記事の見出しだ。「1964年の共和党、バリー・ゴールドウォーターを例外として、サンダース候補公認がもたらすような損失を被るリスクがある大統領候補を、政党が指名したことはない。サンダース指名は正気ではない」と彼は書いた。今ジョージ・W・ブッシュ支持者からトランプ批判者へと変わった多くの共和党員のような民主党エリートのお気に入りデーヴィド・フラムは、バーニーは勝てないとアトランティック誌で、
宣言した。「サンダースは時間に忘れられた国の弁証法的唯物論の旧弊マルクス主義者だ」とフラムは書いた。「階級関係が基本だ。他の全ては付随現象だ。」

 ワシントン・ポストでジェニファー・ルービンは、サンダース指名は「民主党にとって大惨事」だと宣言した。「サンダースの選挙運動は、全ての予備選選挙運動と同様、大統領選挙戦、もし当選したら、彼が率いる政権の予告編だ」とルービンは書いた。「個人的にあらゆる懐疑派やマスコミ攻撃を強く主張する被指名者が、共和党にとっては手本かもしれないが、民主党は、彼ら自身のドナルド・トランプ、特に背水の陣を敷いて、自身の党内で憤慨をかき立てた人では勝てないだろう。」

 民主党世界の変幻自在な最新救済者ブルームバーグを支持するコラムで、トーマス・フリードマンは、サンダースについて書いた。約1億5000万人のアメリカ人の私営医療保険を奪い去り、それを試されたことがない、不法入国者にも申し出るだろう巨大なメディケア皆保険で置き換えることを望む、公然の「社会主義者」が、今年トランプを打倒しようとしているのは「銀河内の一体どの惑星だろう」? それはサンダースにチェ・ゲバラ役を振り当てることになろう、それはさほど困難でさえあるまい。」

 MSNBC解説者のクリス・マシューズは、ブランクファインが使った赤狩りにまで身を落として、「もしカストロと赤が冷戦に勝っていたら、セントラルパークで処刑があったろうし、私は処刑される人々の一人だったかもしれない。他の連中はそこで歓声をあげるだろう。」と言った

 マシューズやフリードマンのような大企業茶坊主の過度な騒ぎ立てにもかかわらず、サンダースの民主社会主義は、本質的にニューディール民主党のそれだ。彼の政治的意見は、民主社会主義が受容される政治的見解であるフランスやドイツでは主流の一部で、年中、共産主義者や急進的社会主義者から、余りに妥協的だと年中異議を唱えられている。サンダースは、我々の外国戦争の終了、軍事予算縮小、死刑や必要的最低量刑や私営刑務所の廃止、グラス-スティーガル法復活、裕福な人々の税金引き上げ、最低賃金を1時間15ドル、学生負債を帳消し、選挙人団排除、水圧破砕禁止、農業関連産業分割、「メディケア皆保険」を要求している。これは革命政策には当たらない。

 多くの急進的社会主義者とは違って、サンダースは銀行や化石燃料や軍需産業の国営化を提案していない。彼は世界経済を破壊した金融エリートや、ウソをついて中東の多くに壊滅的打撃を与え、何十万人もの死者や何百万人もの難民や強制移住者をもたらし、5兆ドルから7兆ドルの費用がかかった国際法の下での犯罪的な侵略戦争とされる先制的戦争を開始した政治家や将官の刑事訴追を要求していない。彼は工場や企業の労働者所有を主張していない。彼は政府の大衆の大規模監視を止めると約束していない。彼は海外に製造を移転した企業を罰するつもりはない。最も重要なのは、私はそうではないが、彼は、民主党を含め、政治組織が中から改革できると信じている。彼は、人類を滅亡させるおそれがある気候緊急事態を止める上で我々が持っている唯一の望みである、体制を停止させるための大規模で持続的な市民不服従運動を支持していない。政界で、彼は、せいぜいの所、賢明な穏健派だ。彼に反対するエリートによる悪意ある攻撃は、わが国の政治がどれほど貧困で、枯渇しているかの兆しだ。

 民主党は再度、我々に、彼らが事前に選択した大企業候補者連中を揃えた。我々は、オリガルヒ権力に奉仕する、トランプよりは礼儀作法がある候補者に投票するか、トランプが我々に押しつけられるのを見るか、できる。それが選択だ。だから、悪いものの中から一番ましなものの選択肢というのは詐欺で、企業権力を強化するために繰り返し使われる仕組みなのだ。サンダースにとっては名誉なことだが、エリート連中は、バーニー・サンダースではなく、ヒラリー・クリントンやバラク・オバマやジョン・ケリーのような連中の手中にいる方が安全なことを知っているのだ。

 毎回の大統領選挙での「悪いものの中の一番ましなものの」という呪文への屈伏は、貧困、大量監禁と警察の暴力と戦う組織や集団とともに、労働者の要求を去勢した。市民権、女性の権利、環境公正や、消費者の権利運動の言説は、好ましい民主党を支持することを強いたが、その行動は、彼らの大義に不利なので脇へ投げやられる。次々の選挙で、政治的影響力は戦わずして放棄される。我々全員「悪いものの中の一番ましなもの」の祭壇前にひざまずかせられる。それと引き換えに我々は何も得られない。「悪いものの中のら一番ましなものの」選択肢は、民主主義の絶えざる崩壊の処方箋であることが証明済みだ。特に2000年のラルフ・ネイダーの大統領選出馬後、民主党は、党内外の革新派対して、多数の障害を築いてきた。彼らは、有色人種の人々が投票所に行くのを困難か、不可能にしている。彼らは、しばしば第三政党の候補者や、デニス・クシニッチのような民主党革新主義者を大統領選選挙運動討論から閉め出す。彼らは選挙運動を、何十億ドルも費用がかかる二年にわたる見せ物に変えた。彼らは選挙を経ない代議員を、指名プロセスを修正するために使っている。彼らは、第三政党や進歩的政治運動の本来の同盟者であるはずの人々を取り込むため、おどし戦法を使っている。

 ヨーロッパであれば極右政党と見なされる民主党を支持するリベラル階層が繰り返し示す臆病さ、自らの信頼性を浪費している。連中の論理は空虚だ。連中の道徳的姿勢は茶番的行為だった。何の役にも立たなかった。勤労階級に対する次々の攻撃で、彼らは共謀していた。もし勤労階級の権益を擁護するはずの党や団体の支援者のリベラル派が、ビル・クリントン大統領が1994年の北米自由貿易協定を押し通した後、民主党を見捨てていれば、トランプはホワイトハウスにいなかっただろう。クリントンとバイデンを含め民主党指導部が、NAFTAを通過させた時、リベラル派が民主党から立ち去らなかった理由は何だったのだろう?彼らは、クリントン政権が福祉を破壊したとき、なぜ立ち去らなかったのだろう?彼らは、クリントンが、2008年に世界経済を破壊した銀行危機を防ぐよう意図されていた1933年のグラス・スティーガル法を廃止して、1999年の金融サービス近代化法を無理やり成立させた時、なぜ立ち去らなかったのだろう?民主党が年々アメリカの果てしない戦争に資金を供給して、拡大したとき、彼らは、なぜ立ち去らなかったのだろう?民主党が適法手続きと人身保護令阻止に同意したとき、彼らは、なぜ立ち去らなかったのだろう?民主党が令状なし盗聴や、アメリカ国民の監視承認を助けたとき、彼らは、なぜ立ち去らなかったのだろう? 党執行部が、戦争犯罪のかどで、イスラエルに制裁を課すことや、深刻な環境の、健康監護を制定せず、ウォール街を改革や規制を拒否したとき、リベラル派はなぜ立ち去らなかったのだろう? リベラル派は一体どの時点で「いい加減にしろ」と言うのだろう?彼らは一体どの時点で反撃するのだろう?

 毎回の「悪いものの中の一番ましなものの」選挙に屈伏することで、リベラル派には我慢の限界点がないことが証明された。一度も譲れない一線を示したことがない。連中の何に対しても戦わないのだ。

 トランプのように、億万長者階級が働く男女に押しつけている暗い現実を認めたから、2016年に、バーニー・サンダースは政治勢力として立ち上がったのだ。この現実、支配層によって無視されている現実が、はっきりと語られたのだ。エリートに責任があったのだ。民主党エリートは、緊急発進し、サンダースに2016年の指名を与えるのを、まんまと拒否した。共和党エリートは彼らの間で言い争い、トランプが指名候補者になるのを阻止し損ねた。

 2016年のチェス盤が再び現れたが、今回は民主党予備選挙でだ。共和党の既成支配体制エリートがトランプに怯えたのと同じぐらいサンダースにおびえている民主党支配組織は赤の脅威を打ち破る政治的救済者を見いだそうとして必死になっている。連中がアイオワ予備選挙で潰滅して、連中の無能さと、サンダースの主な長所が露呈した。連中は、2016年の共和党エリートのように、彼らは、自分たちが裏切り、もはや理解できていな大衆を説得しようと試みたが、いたましいほどが彼らの有権者から切断されていた。

 たとえば、長年のアメリカ大企業の手先ジョー・バイデンは、アイオワとニューハンプシャーという主に白人の州での敗北後、彼自身を貧しい有色人種の擁護者として表現しようと半狂乱になっている。だが、元副大統領は、共和党から「法と秩序」問題を取り戻す戦略の影の原動力の一人だった。彼とビル・クリントンは、刑務所人口を二倍にすること、警察の軍国化、必要的最低量刑、少年新兵訓練所、麻薬裁判所、学校の警備と「犯罪人外国人」の国外退去加速を計画した。彼が1973年から、オバマの副大統領になった2009年まで勤めたバイデン指導下の上院は、ほぼ同一期間に、議会は、92の死刑にあたる犯罪を承認した。これら民主党の「法と秩序」政策は、貧しい有色人種の社会に、ハンマーの一撃のように落ちて、無数の不幸や言語道断な不正行為をもたらした。今、彼が張り付けにした人々にくぎを打ち込んでいたバイデンが、彼の被害者に、自身を彼らの救済者に見せようと必死だ。それは民主党の破産にとって、悲しい比喩だ。

 だがバイデンは、もはや民主党支配層エリートの時の人ではない。この衣鉢は、かつて無差別の、主にアフリカ系アメリカ人とラテン系アメリカ人に警察官が路上で制止して、行う所持品検査のいやがらせが違憲だと裁定された共和党元ニューヨーク市長でルディー・ジュリアーニのお仲間のブルームバーグに引き継がれた。純資産618億ドルと推定されるブルームバーグは、ニューヨーク・タイムズが「現金の滝」と呼んだ彼の選挙運動に自身の金10億ドルを使う用意があると述べた。彼は民主党支配層の多くの忠誠を買収した。彼は今、議会で24人の候補者を支援するため、2018年だけで、例えば1億1000万ドル使った。彼は放送局をコマーシャルで一杯にしている。彼は膨大な選挙運動スタッフに高い給料と役得を惜しまず与えている。サンダースや、億万長者階級に反抗する他の誰でも財政的に競争できない。民主党支配体制の最後のあえぎは、選挙を買収することだ買う。ブルームバーグは願いに応える用意ができている。結局、ブルームバーグの金は、彼が市長として三期目の任期を勤めることができるようにするため、ニューヨーク市の任期期限をくつがえすため支持者を寄せ集める上で奇跡をもたらした。

 だが、それは機能するだろうか? 民主党エリートとブルームバーグが非常に多くの金で民主党予備選挙を制圧できるから、サンダースは締め出されるのだろうか?

 「2016年の共和党と同様、2020民主党レースの決定的な特徴は、手に負えない競技場の広さだった」とマット・タイビが書いている。「共和党のピエロ自動車の下に隠れていたのと同じアイデンティティーの危機が、今年の民主党選挙戦を苦しめている。なぜなら寄贈者も党幹部も評論家も、一体どういう立場のふりをすべきか分かっておらず、彼らはどの候補者を巡っても一致できなかったからだ。ピートだ!エイミーだ! マイク・ブルームバーグを呼び出せ! という、この「勢い」の極めて移り気な変化が、民主党指導部が大統領候補を選ぶ力を弱めたのだ。こうした勢いが中から党を食い、そうし続ける用意ができているように思える。」

 もしサンダースが指名を得るとすれば、それは民主党指導部のキーストン・コップスの警官隊ドタバタ喜劇のような無能さのせいで、タイビが指摘している、2016年共和党エリートの無能さの繰り返しだ。だが今回は重要な相違がある。エリートの大半がクリントンを好みながらも、トランプとヒラリー・クリントンの間で分裂していたが、支配層はサンダースに対抗して団結するだろう。彼らは「悪いものの中の一番ましなものの」トランプを支持するだろう。商業マスコミは、トランプに向けた敵意を、今度は、サンダースに向けるだろう。民主党の仮面は外れるだろう。彼らと我々の戦闘状態になるだろう。

記事原文のurl:https://www.truthdig.com/articles/the-new-rules-of-the-game/

----------

 彼氏の記事には、いつも見事な風刺画がある。原文でご覧願いたい。

 個人的に、もともとスポーツが苦手なので、オリンピックには興味皆無。開催されても見にゆかない。テレビも見ないだろう。だが、勝手なことに、相撲は気になる。どうなるのだろう。歌番組のように、観客なしで強行するのだろうか?防護服の上に回しをしめて取り組むのだろうか?呼び出しや行司、イラン保健次官のようなことになりはすまいか?東電福島原発事故の放射性物質も、コロナウイルスも、与党政治家には一切忖度しない。放射性物質は、物理的微粒子ゆえ、人人伝染で広がることはないが、コロナウイルスは、人人伝染で、地域の違いを簡単に乗り越えて広がることは、大本営広報でもわかる。

 孫崎氏の今日のメルマガ題名:

オリンピック開催の是非が政権の責任問題と自民総務会長が発言するまでに発展。古参IOCメンバーが今夏の東京オリンピックはコロナウイルス勃発で、あまりに危険と発言。決定は制御下にあると言えるか。問題は日本の制御と、全世界の拡散の度合いの二つ。

 植草一秀の『知られざる真実』

安倍内閣が検査を忌避する「特殊な事情」

 日刊ゲンダイDIGITAL

丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

 何かのスポーツ催しのマスク姿観覧席を見て、マスク姿の香港デモを連想した。政府閣僚が、短時間会議で、後手後手の、検査を受けさせない実質「棄民」政策を発表し、不要不急な催しにでかけるなと言いながら、自分たちは集会や宴会に参加しても、庶民は、伝染病対策貧困反対で、あるいは異様な検察人事反対で、マスクをして国会前に大勢集り「政府はヤメロ」と叫ぶわけにゆかないだろう。予防効果の有無はともかく、そもそもドラッグ・ストアで、マスクは見当たらない。連中はそれにつけこんでいる?敵はサルもの、ひっかくもの。培養監獄になっているクルーズ船乗員の方々は、お気の毒だ。大本営広報部は報じているのだろうか?「おもてなし」ではなく「おもてなしなし」。

日刊IWJガイド「スクープ! IWJにSOS! クルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』クルーから助けを求めるコンタクトが!『16日間隔離され続けています!』『先が見えない、助けて!』『発狂しそう!』」2020.2.27日号~No.2723号

« ロシアは崩壊する運命にあるのだろうか? | トップページ | コロナウイルスを広めた、まずい判断 »

アメリカ」カテゴリの記事

二大政党という虚構・選挙制度」カテゴリの記事

クリス・ヘッジズ」カテゴリの記事

トランプ大統領」カテゴリの記事

コメント

サンダースは確かに、急進的社会主義者から見れば欧州の社会民主主義レベルの体制内改革派に過ぎないが、アメリカでは数年前まではこの社会民主主義すら「悪魔的」な嫌われ方をされていたのだから、アメリカ全体を揺るがす、サンダースを支える草の根的民衆運動は大きな前進だと言える。また、欧州の社会民主主義政党が、英国労働党を除き、原則を捨て去り右傾化している現状(ドイツ社民党、フランス社会党などのように)を考えれば、hard left 揺るぎない左派を堅持しているサンダースは、世界に及ぼす影響は大きい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアは崩壊する運命にあるのだろうか? | トップページ | コロナウイルスを広めた、まずい判断 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ