« アメリカ中東政策の核心にあるカタール | トップページ | 人類に対するブラジルの大規模犯罪 »

2019年7月31日 (水)

イランはなぜ大切にされ、守られるべきなのか?

2019年7月28日
Andre Vltchek
New Eastern Outlook

 私がこの記事を書いている中、イランは地球上最強の国に立ち向かっている。もし世界が速く目を覚まし救出を急がなければ、イランは更にものすごい全滅の危険に直面する。

 素晴らしいイランの都市は危険にさらされているが、なにより国民だ。誇り高く、美しい、創造的な、地球上最も古い最も深遠な文化の一つに作り出された人々。

 これは世界が思い出すきっかけだ。イランは全く何の理由もなしに、爆弾を投下され、破壊され、ひどく傷つけられるかもしれない。繰り返そう。イランを攻撃する合理的理由は皆無だ。

 イランは一度も誰も攻撃したことがない。イランはアメリカにも、イギリスにも、あるいはすぐにイランを破壊することを望んでいるサウジアラビアとイスラエルにさえ何の悪事もしていない。

 イラン唯一の「罪」は打ちのめされたシリアを助けたことだ。イランが本気でパレスチナの味方をしていることだ。そして、彼らが大いに必要としていた時、キューバやベネズエラのような遥か遠くにある国の救出にイランが行ったことだ。

 私は最も単純な言葉を選ぼうとしている。ややこしい表現や知的訓練など不要だ。

 現在ホワイトハウスを占拠している精神病質者が、核合意に署名した前任者に恥をかかせたいと望んでいるというだけの理由で、間もなく、何千人も、何百万ものイラン人が消えるかもしれないのだ。この情報は彼自身のスタッフが漏らしたものだ。誰がより大きなギャングかという問題ではない。イランを敵に回すことが、イランとは全く何の関係もないというひどい事実自身が問題なのだ。

***

 それで私はこういう疑問を思いつく。我々は本当に一体どういう世界に住んでいるのだろう? こんなことが許容できるのだろうか? 地球上の最も偉大な国の一つが、いかなる正当化もなしに、攻撃的な残忍な勢力に侵害されるのを、世界は座視していられるのだろうかに?

 私はイランを愛している! 私はイランの映画、詩、食物が好きだ。私はテヘランを愛している。私は礼儀正しい、教育された、センスあるイランの人々を愛している。私はイランの思想家を愛している。私は彼らに良くないことが起こるのを望まない。

 人はもちろん、決して欧米マスコミからは知らされないが、イランは社会主義国だ。それは「イランの特徴を持った社会主義」と定義することが可能なシステムを公言している。中国同様、イランは地球上の最も古い国の一つで、イランは完全に、自身の経済、社会システムを作り出し、発展させることができるのだ。

 イランは極めて成功した国だ。欧米の通商停止とひどい恫喝にもかかわらず、イランは、国際連合開発計画UNDPの定義で、依然「非常に高い人間開発」の閾値付近に位置している。ウクライナやコロンビアやタイのような、欧米のお気に入りよりずっと上に。

 イランには明らかに国際主義精神がある。イランは、中南米の国々を含めて、欧米帝国主義によってめった打ちにされている国に強い団結を示している。

***

 私は宗教を持たない。イランでは人々の大部分が宗教を信じている。彼らはシーア派イスラム教徒だ。それが何だろう? 私は、皆が私のよう考えろなどとは主張しない。私のイランの友人、同志、兄弟姉妹は、私が彼らと同じように感じたり、考えたりするようになど一度も主張したことがない。彼らは狂信者ではない、彼らは彼らとは違う人々を、疎外されたようには感じさせない。我々は違っていながら、非常に似ているのだ。我々はより良い世界のために戦っている。我々は国際主義者だ。我々はお互いを尊重する。我々は他の人々を尊重する。

 イランは誰も征服しようと望んでいない。だがイランの友人たちが攻撃される時には、イランは手助けをする。シリアへのように。

 過去、イランは欧米に植民地化され、1953年、イランの民主政治は、その天然資源を自国民の生活改善に使うことを望んだというだけの理由で打倒された。パーレビー・イラン皇帝の病的な独裁国家は外国が据えつけたのだ。次に、後に再び、欧米による全面的な、露骨な支援で、イラクによりイランに対して、ひどい戦争が放たれた。

 私はこのエッセイを短くするとお約束した。長ったらしい説明する時間はない。そして実際、これは全く本当にエッセイではない。それは要請だ。

 この記事が印刷にむかう中、イランの多くの人々が不安だ。彼らは自分たちがしたことがこれに値すると理解できない。制裁、イラン沿岸を航行しているアメリカ航空母艦や僅か数マイル離れたところに配備されている致命的なB-52。

 イラン人は勇敢な誇り高い人々だ。もし対決したら、もし攻撃されたら、彼らは戦うだろう。そして、もし他のいかなる選択肢もなければ、彼らは尊厳をもって死ぬだろう。

 けれどもなぜだろう? なぜ彼らは戦うべきなのか、なぜ彼らは死ぬべきなのか?

 皆様、欧米に住んでおられる読者には勉強して頂きたい。急いで勉強して頂きたい。そして自国政府にこう質問して頂きたい。「このひどいシナリオの理由は一体何だ?」

 イラン映画をレンタル願いたい。それらは、あらゆるフェスティバルで受賞し、いたるところにある。イラン詩人をお読み願いたい。イランの食物を食べに出かけて頂きたい。歴史的、近代的なイラン都市の画像を捜して頂きたい。人々の顔をご覧願いたい。これが起きるのを可能にしてはならない。精神異常の論拠で、何百万人もの生命を破壊するのを許してはならない。

 イラク、アフガニスタン、リビアやシリアに対する戦争には本当の理由はなかった。欧米は、国全体を駄目にして、最もひどい帝国主義介入を行ったのだ。

 だがイランの件は全て更に一歩先を行っている。欧米側には論理と説明責任が完全に欠如しているのだ。

 ここで、千年間、世界に無数の文化遺産を与えてきたイランの人々に、イランという国に、私の全面的支援を宣言する。

 イランが破壊され場合、人類が生き残れることを私が疑っているからだ。

 Andre Vltchekは哲学者、小説家、映画製作者で調査ジャーナリスト。彼は Vltchek’s World in Word and Imagesの創作者で、China and Ecological Civilizationを含め、多くの本を書いている作家。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2019/07/28/why-should-iran-be-cherished-and-defended/

---------

 今日の孫崎享氏のメルマガ題名は

対イラン(軍事攻撃への)有志連合に、米国務長官「望んでいたよりも時間がかか るだろう」と述べ、各国との調整が長期化する見通しであることを明らかにした。 緊張は米国が核合意から離脱し、経済制裁強化したから。独仏等米国離脱に批判的。

 日刊IWJガイドの見出しは

日刊IWJガイド「日経に『参院に維新と会派構想』と報じられた国民民主党が、今度は衆院でれいわ新選組と合流案!? そのれいわ新選組の政策を右翼がネット番組で『全部実現可能』と絶賛! その理由はMMT理論にもとづいているから!?」 2019.7.31日号~No.2512号~(2019.7.31 8時00分)

 日刊ゲンダイ記事

丸山穂高議員が入党「N国」拡大の不気味と接触リスト12人

« アメリカ中東政策の核心にあるカタール | トップページ | 人類に対するブラジルの大規模犯罪 »

イラン」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

NATO」カテゴリの記事

Andre Vltchek」カテゴリの記事

トランプ大統領」カテゴリの記事

コメント

イラク、ベネズエラ、リビア、残るはイランただ一国のみ。という訳だわね。
ドル支配に抗い、独立を保とうとする国は攻撃の対象にされてきたからね。

このイラン攻撃に、もうすぐ日本の自衛隊が参加する事になりそうな気配なのが辛い。

なんでこうなった?
明治維新という敗戦、日米決戦という敗戦、TPPという敗戦、これらの段階的な植民地化によって、仮性植民地から完全植民地に移行してしまったからだろうな、と思う。
歴代の政治家がだらしないから、ここまできてしまった。

それでも小泉以前までは、自民党内にも経世会という勢力があって、まだ国家というものを考える政治家が居たから、完全に言いなりにはならなかった。
小泉後も一時期、鳩山が最後の抵抗を試みたけど、ネガキャンで潰された。

そして史上最強のペテン師売国奴が今、日本を潰し、イランを攻撃して地球上の生きとし生けるもの全てを葬り去ろうとしている。

これを一時なれども止められるのは日本国民だけ。

だから私の主張は数年前から全く変わっていない。

国民が覚醒し、全国民が一丸となって抗う以外にこの危機を脱する手立てはない。

れいわ新選組の出現は、国民の覚醒を促すだろうと思うから応援している。
山本代表自身は政権を取りにいく、と言っているけど、「その意気や良し」であって、矢面に立ってくれるのは有難いのだけれど、一気呵成に事を成すべきではない。
とは言っても、政権を取りに行く勢いで全力を掛けても、実際に政権を取れるまでには相応の時間が掛かるから心配はないのだけれど。

私が理想とするのは、その過程に於いて、これをテコに、より多くの国民が覚醒する事。
それ自体が目標と定めている。
公約がどうの、などという事は心配する必要など無い。

力に対して力でぶつかるは愚の骨頂。
敵(クローバル資本)に抗うには、全国民が消費行動を一にする事が最も有用だからだ。

れいわ新選組が自民党と互角の勢力になった場合に、他の野党と連立を組めば政権交代も可能!?な状態になったとしても、敢えて政権を取らず、与党勢力に圧力を加える存在である期間を設けるべきと心得る。

そうする事によって、現政権である安倍がこれまで行ってきた悪事の数々を国民の前に晒す。
安倍、麻生、竹中、こいつらだけは絶対に逃がしてはならぬ。
生き恥を掻かせ、責任を追及せねば先祖に申し訳が立たぬからだ。
ついでにTPPのISD賠償も、こいつらに全部払ってもらえばよい。(勿論、TPPに賛成した議員全員も同罪)

自民党を追い詰めて追い詰めて搾り上げ、安倍一味たちの悪行を尽くゲロさせる。
こうする事によって、国民は正気を取り戻しはじめる。

大事なのは、国民一人一人が自分の頭で物事を考えられる様になる事。
これができてこそ、非暴力不服従は可能なり。

これが私の構想。(やつらに知られると困るから今まで黙ってたけどね)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ中東政策の核心にあるカタール | トップページ | 人類に対するブラジルの大規模犯罪 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ