« 他の湾岸諸国とは一味違うオマーン | トップページ | 中国の食物危機は、貿易戦争より、ずっと危険? »

2019年5月29日 (水)

アサンジ/マニング事件はアメリカの威信を失墜させた

2019年5月20日
政府手中の武器としての法律に破れた、法による統治

Paul Craig Roberts

 国内、国外での、アメリカ政府の並外れた犯罪行為に気付いている全員、大変な重荷に耐えている。アメリカのいわれのない軍事攻撃によって、何百万という人々が殺され、体を不自由にされ、孤児にされ、寡婦にされ、家を追われたのは、アメリカとイスラエルの秘密の狙いを推進するための完全にウソと濡れ衣に基づく死のホロコーストだ。私は我々の名前で犯された大量殺人や隠滅に対する責任の重荷が、たいていのアメリカ人が、我々がどれほど良く、素晴らしく、例外的か、我々の政府がどれほど懸命に、至る所にいる不快な連中から、我々を守ろうと努力しているかについて、彼らに吹き込まれるニセ・ニュースを望む理由だと私は思う。この筋書きは、女性、子供や、無防備な市民や、学校や、結婚披露宴や、葬儀や、畑にいる対する農民に対する、アメリカ政府の違法で残忍な戦争犯罪を、我々の自由と美徳の輝かしく勇敢な防衛に換えるのだ。もし読者が真実を望むなら、マニングが漏洩した、アメリカ軍兵士が、道路を歩いている記者や、無辜の一般人を、空から機関銃で銃撃し、道路で負傷し出血してい人々を助けるため止まった父親と彼の2人の幼い子供、赤ん坊を更に機関銃で銃撃するのを楽しむ動画をご覧願いたい。ワシントン戦争の本当の姿を見せる動画の流出が、マニングが拷問にかけられ投獄された理由だ。罰せられたのは、殺人を犯した犯罪者ではなく、真実を話した人物なのだ。

 実話の恥ずかしさに耐えるより、アメリカの道義的価値観という偽記事の方が、ずっと受け入れるのが容易なことに私は同意する。だが結局、偽記事は、外国の敵に征服される以上に、完全に我々の自由を破壊する。人々は占領勢力により懐疑的で、政府が国民に嘘をつくと、人々は自国政府より、外国占拠者を信じる可能性が低い。対照的に、自身の政府は、国民を偽の自覚に閉じ込めて、偽ニュースで国民をそのまま維持できるのだ。

 航空会社の客室乗務員から、警官や国家安全保障担当補佐官や国務長官に至るまで、今どのアメリカ人の行動を見ても、道義的良心や品格や深い思いやりや共感や自制心を欠いた人ばかりだ。大きく遅れているサウスウエスト航空会社便の女性乗務員が理不尽な心の狭い悪意から、警察を呼び、彼女が嫌悪感を持っていた男性を逮捕させ、飛行機から下ろした。乗客全員が逮捕された人は何もしていなかったと警察に抗議したが、警官は聞かなかった。一人の虐待犠牲者が出たのだ。この人が犠牲になったのは女性に男性を憎むことを教えるアイデンティティ政治の結果だったのだろうか? https://sputniknews.com/us/201905151075040032-us-traveler-booted-from-southwest-flight-over-vodka-joke/

 最近ある男性が、人々にもっと親切にすべきだと言って、彼女の他の乗客に対する長広舌を遮ったというだけの理由で、黒人女性が年配の白人男性をバスから道路に押し出した。彼は怪我がもとで亡くなった。この殺人行為は黒人アメリカ人に白人アメリカ人を憎むことを教えているアイデンティティ政治の産物だったのだろうか? https://5newsonline.com/2019/05/17/las-vegas-bus-pushing-murder-suspect-released-on-bail/

 狂気の戦争犯罪人、ジョン・ボルトン国家安全保障担当補佐官と、ばか者のポンペオ国務長官は、イランとベネズエラで、一般国民の大量死を引き起こすことを望んでいる。イランはイスラエルのために、ベネズエラはアメリカ石油企業のために、打倒されるべきなのだ。動機は露骨で明白なのに、ボルトンもポンペオもその恥ずべき殺人の狙いを非難され、辞職を強いられることがないのだ。だがもし彼らが「黒人」を意味する単語を使ったり、性的に女性をしつこく悩ませたりしたら辞職せねばなるまい。これは今のアメリカにおける道徳規範の倒錯した病的状態を示している。人々を爆撃するのは許容できるが、言葉は彼らを本当に傷つけるかもしれないのだ。

 ジュリアン・アサンジに対するワシントンの主張は非常に不自然で薄弱なので、アサンジに濡れ衣を着せるべく任命された腐敗した連邦検事は、アサンジに対する偽証を強要しようとする企みで、マニング迫害にたよったのだ。アメリカ軍法のもとで要求されることを行い、アメリカの戦争犯罪を明らかにしたことに対し、拷問にかけられる、7年の禁固刑をつとめた後、マニングはオバマ大統領に赦免された。赦免後、マニングは、大陪審に偽証して、対アサンジ陰謀に協力しようとしないため、今マニングは2度目の刑務所生活に戻っている。腐敗した連邦検事は、偽証がないと、検察官が簡単に操ることができる、通常、真に受けやすい人々の集団である典型的な無頓着なアメリカ陪審からさえ有罪判決を得られる根拠がないのだ。

 アサンジに関してウソをつくのを拒否したかどで、マニングが63日間投獄された際、そのうち28日をマニングは独房監禁で過ごした。なぜだろう?

 マニング釈放から一週間後、腐敗した連邦検事は、アサンジに対する訴訟を画策するために腐敗した連邦検事が利用している大陪審の前に再びマニングを呼び出した。再び、マニングは陰謀に協力するのを拒否し、法廷侮辱罪で、連邦刑務所に再拘留された。今回、腐敗したアメリカ連邦地方裁判所判事アンソニー・トレンガが、マニングの服役期間に60日後には、一日1,000ドル上がる、一日500ドルの罰金を加えた。言い換えれば、腐敗した裁判官は、腐敗した連邦検事が、対アサンジ陰謀に協力するよう、マニングを強要するのを手伝っているのだ。アメリカ人は、裁判官は裁判官ではないことを理解する必要がある。彼らはアメリカ警察国家の要員なのだ。

 私が連邦検事や裁判官を腐敗していると言う際、その可能性は排除できないが、彼らが賄賂を受けとっているのを意味しているわけではない。私は連中が、法による統治を放棄したという意味で、彼らは腐敗していて、彼らの機能は正義のために尽くしていると見ないことを意味している。アメリカ憲法と修正条項は、政府による強制的な恣意的行動に対する、国民の保護として、法律を確立しているが、連邦検事と裁判官は、当局が復讐したがっている個人に対して、法律を武器として使用しているのだ。何年もの間我々は、大統領から地元警察に至るまで、法による統治が、全てのレベルで攻撃されるのを目撃してきた。RobertsとStrattonの共著『The Tyranny of Good Intentions』を参照のこと。https://www.amazon.com/Tyranny-Good-Intentions-Prosecutors-Constitution/dp/0307396061/ref=sr_1_2?crid=23ZTXE46TUKKT&keywords=paul+craig+roberts+books&qid=1558288856&s=books&sprefix=Paul+Craig%2Caps%2C155&sr=1-2

 アサンジに対して訴訟を起こすのに使える偽証を強いたり、さもなければ「法廷侮辱罪」のかどで投獄され、罰金を科して、極貧に陥れようとしたりするマニングに対するあからさまな、実にわかりやすい企みに、誰も抗議しなかった。アメリカの印刷メディアやTVメディアやNPRを構成する卑劣なリベラル-進歩的-左翼の売女連中は、不正行為には抗議するまい。二人は共に、彼ら全員よりずっと品位があるので、マニングとアサンジが嫌いなのだ。彼らはトランプやワシントンの戦争が好きで、アメリカに関し、あえて真実を語る人全員である「反米派」を憎んでいるので、保守派のラジオ番組司会者は、マニングを強要する取り組みには抗議しない。5月17日、保守的なラジオ番組で、ある人気が高い司会者が「私はマニングが刑務所に入っているのが嬉しい。」と言うのを聞いた。

 アメリカ上院議員や下院議員の誰も、上院、下院司法委員会のいずれも、世界最高のジャーナリストにぬれぎぬを着せるのに必要なウソをつくよう、アメリカ国民に強いることを、何の不都合とも思わないのだ。法科大学院や弁護士会は、アメリカ司法長官と最高裁判事とニュルンベルグ検察官ロバート・ジャクソンが述べたあらゆる指針に違反しているかどで、腐敗した連邦検事から弁護士資格を剥奪するよう要求していない。また彼らは、憲法修正第一条の破壊への協力した功績で、おそらく控訴裁判所への昇進に目をつけている腐敗した連邦地方裁判所判事の弾劾も要求していない。

 アメリカ人は余りに無頓着で、起きていることを理解できないほど洗脳されている。いずれにせよ、アメリカ人は独裁者の長靴で首根っこを踏みつけられている第三世界の小作農と同じぐらい無力なのだ。

 アメリカ政府による証人に対する脅迫の一般公開に、アメリカ政府が狂った戦争犯罪人で、ウソツキで、愚かな同盟諸国や国民を欺いていること、世界中で平和と安定に対する最大の脅威であることを決定的に示す漏洩資料を公開したジャーナリストに、アメリカ政府が復讐することができるよう、アメリカ政府が、投獄と威圧的な罰金をかけて、個人にウソをつくよう強いることが一般公開されているのに、何というジョークだろう。「欧米民主主義」は、抗議の声をあげていないのだ。

 アサンジは、彼の問題が始まった国スウェーデンで、検察官たちの良心の呵責によって救われるかもしれない。アサンジの問題は、彼の名声に心を奪われた二人の女性が個別にベッドに招き入れたスウェーデンで始まった。彼がコンドームを使わなかったので、女性の一人が不安になった。彼女は彼が性感染症にかかっていなかったと自分が安心できるよう、検査を受けるように頼んだ。彼は愚かにも拒否した。彼女は強姦を訴えるためではなく、アサンジが検査を受けるよう強制できるかどうか尋ねるため警察に行ったのだ。もう一人の女性は他の女性のことを知り、自分が彼の性生活で唯一の女性でなかったことに腹を立てた。

 それを強姦捜査に仕立て上げたのは、男性を憎むよう教えられた警察とフェミニスト検察官だった。だが女性たちが、合意の上のセックスだったと言ったので、告訴は取り下げられた。アサンジは釈放され、自由にスウェーデンを去ることができた。

 彼の二つ目の間違いは、アメリカ傀儡国家イギリスに行ったことだ。アサンジがイギリスに入ってしまえば、彼はワシントンの手中にいるのも同然だ。ワシントンは二人目のスウェーデンのフェミニスト検察官に捜査を再開するよう促した。アサンジに対する告訴がなかったので、フェミニスト検察官ができたことと言えば、更なる尋問のため、アサンジを引き渡させることだった。スウェーデンが彼を手に入れるやいなやワシントンが彼のアメリカ引き渡しのために賄賂を払うだろうと推測されていた。通常、犯人引き渡しは正式告訴を必要とするが、スウェーデンでは告訴はなかった。通常、尋問のための犯人引き渡しはない。だが腐敗したイギリス裁判所が、おそらくたっぷりワシントンから金うをもらい、尋問のための引き渡しに同意し、記憶が正しければ、ジェームズ・ゴールドスミス卿の娘が、高額保証金を支払わせた上で、アサンジを自宅軟禁した。

 ジェームズ卿の娘が理解していたか否かにかかわらず、アサンジと彼の弁護士は、彼がスウェーデンに、更にそこからワシントンでの拷問に送られる立場にあると理解した。そのために、ワシントンに従順な、腐敗したエクアドル大統領が権力を掌握し、IMF融資でたんまりもらい、亡命承認を取り消すまで、彼が7年間暮らしたエクアドル大使館でのアサンジ亡命が手配された。そこでイギリス警察がワシントンの命令を実行し、一種危険な犯罪者であるかのように大使館からアサンジを引き出し、最高警備の刑務所に入れた。

 二人目のスウェーデン検察官は、最終的にロンドンのエクアドル大使館でアサンジを尋問することに同意し、その後、身柄引き渡し要求を取り下げ、事件は二度目の落着となった。だが保釈条件のもとになる、スウェーデンの身柄引き渡し要求が撤回されたにもかかわらず、アメリカのものと同じぐらい腐敗したイギリス司法制度は「保釈中に姿をくらました」かどで、アサンジを50週間拘留した。

 今ワシントン家臣のイギリスは、拷問や自白や死や長期投獄のためにアサンジを引き渡せという、ご主人ワシントンの要請を検討している。だが突如スウェーデンが、コンドーム不使用は、依然、性犯罪の「相当な理由」であり得るので、アサンジをスウェーデンに引き渡すよう、再度イギリスに要請できることを見いだしたのだ。

 これは世界最高のジャーナリストの人生を台無しにしたのを埋め合わせるためのスウェーデンによる救出の試みなのだろうか? それともイギリスが正気に戻り、正義を根拠にワシントンの引き渡し命令を拒否した場合に対するワシントンの保険策なのだろうか?

 イギリスの決定は、民族的にイギリス人でないサジッド・ジェイビッド内務大臣次第だ。彼は虐待された植民地の一つからの移民なので、イギリス/アメリカに一矢むくいて、無防備なセックスをしたかどで、アサンジを有罪宣告されることがありそうもないスウェーデンに引き渡すと良いのだが。そこでアサンジが別のワシントン傀儡国に行くするほど愚かではないと良いのだが。もし彼がそうすれば、彼は再び苦難を味わうだろう。

 だが、ワシントンは実にたんまり支払うので、アサンジが逃げることが可能だとは私には思えない。アサンジが、連中には、一片の品格も、一片のジャーナリズムの実践もないことを暴露したがゆえに、腐敗した欧米メディアは彼に反対なのだ。アメリカの売女マスコミは、憲法修正第一条のことなど気にかけない。彼らは決して真実を話さないので、憲法修正第一条保護が必要ではないのだ。

 アメリカ国民を代表すると主張するワシントンは、戦争、更なる戦争志向だ。ボルトンは、アメリカが、イラクとリビアと、ロシア介入前に、シリアでも作りだしたように、イスラエルのために、イランを攻撃し、そこで混乱を引き起こすことを目指している。

 ネオコンとイスラエル指導部の下、アメリカは狂った国となり、他国政府に信用されず、地球の平和と生命に対する主な脅威とみなされている。

 すべてのアメリカ人が恥じるべきだ。だが彼らは恥じていない。ある時点で、望むらくは、手遅れになる前に、最終的に、ロシア人や中国人やヨーロッパ人やイラン人や、他の全員が、ワシントンは、破壊する能力しかない悪にのっとられていて、地球上の生命に対する危険なリスクであることを悟るだろう。

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2019/05/20/the-assange-manning-cases-have-discredited-america/

----------

 改元騒ぎ以来、呆導番組をほとんど見ていないが、『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』と「銀二貫」の再放送をみた。そもそも、この記事の筆者、ロバーツ氏が「prestitute」報道を読むな、見るなとおっしゃっている。

 トランプ大統領来日報道/政権“政治ショー”に手を貸したメディア」という記事が、『アカハタ』にあるようだ。電子版講読を考えている。

 ともあれ、最初に拝読するのは、日刊IWJガイド

日刊IWJガイド「トランプ大統領が安倍首相と空母『かが』を視察! その目的はF35B購入意思の確認!? 空母『かが』はF35Bが垂直離陸できるように改修中! 裏に日米の選挙保身の密約!? 」 2019.5.29日号~No.2449号~(2019.5.29 8時00分)

 インタビューについて書かれている。

岩上安身によるインタビュー日程~ 今週は本日の明石順平弁護士に続き、31日には中国通のエコノミスト・田代秀敏氏にインタビューを敢行!

 放送開始まで『ひょうすべの国 植民人喰い条約』を再読する。

« 他の湾岸諸国とは一味違うオマーン | トップページ | 中国の食物危機は、貿易戦争より、ずっと危険? »

アメリカ」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

インターネット」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ