« アメリカ食品医薬品局、GMO「フランケン・サケ」禁止を解除 | トップページ | 自滅しつつある民主党 »

2019年3月29日 (金)

トランプ、ロシアを恫喝:ベネズエラから出て行け、全ての選択肢が可能

RT
公開日時:2019年3月27日15時32分
編集日時:2019年3月27日16時02分

 アメリカのドナルド・トランプ大統領は、ロシアがベネズエラから出て行かなくてはならないと警告した。現在、ロシア軍輸送機二機が輸送した軍隊が、2001年の相互協力条約の条件下でベネズエラにいる。

 ホワイトハウスで、トランプ大統領は、ベネズエラからロシアを撤退させるため「全ての選択肢が可能である」と警告した。

 土曜日、ニコラス・マドゥロ大統領政府に対する支持を示して、約100人のロシア軍兵士がカラカスに到着した。しかしながら、この動きは、ワシントンにろうばいをもたらし、マイク・ペンス副大統領は、派兵を「不必要な挑発」と呼んだ。

 また、ペンス副大統領は、マドゥロへの支援を打ち切り、1月に自身を暫定大統領だと宣言したワシントンが資金援助する野党指導者「フアン・グアイドと共に立ち上がる」ようロシアに求めた。

 水曜日、トランプ大統領はグアイドの妻ファビアナ・ロザレスと会い、彼女の夫に対する支持を誓った。彼の大統領の座を狙う芝居の勢いが立ち消えになったグアイドは、火曜日、ロシア軍を歓迎して、ベネズエラ憲法に違反したと言って、ベネズエラ大統領を非難し、マドゥロ政権批判を続けた。

 一方、ロシア外務省は、派兵は「ベネズエラ憲法に従い、ベネズエラの法律上の基準を完全に尊重して」行なわれていることを強く主張した。

 アメリカ当局は、グアイド/マドゥロの政権争いへの介入に対し、ロシアに繰り返し警告を発した。月曜日、ジョン・ボルトン国家安全保障担当補佐官は「アメリカは、西半球の民主主義と安全保障と法による統治という共有されている目標に、敵対的軍事大国が、干渉するのを容赦するつもりはない」とツイッターで書いた。

アメリカは西半球の民主主義、安全保障と法による統治という共有された目標に、敵対的な軍事大国が干渉するのを容赦するつもりはない。ベネズエラ軍はベネズエラ国民と共に立ち上がらなくてはならない。
ジョン・ボルトン(@AmbJohnBolton) 2019年3月25日

 ボルトンの言葉は、先月、ロシアが「我々の半球」を侵略したら「何であれ必要な動きを」するべきだと恫喝した上院軍事委員会のジム・インホフ委員長(共和党-アイオワ州)の発言の繰り返しだ。

 あなたの友人は興味をお持ちだろうか? この記事を共有願いたい!

記事原文のurl:https://www.rt.com/news/454901-russia-leave-venezuela-trump/

----------

 自分たちは、しっかりシリアに違法に駐留しつづけ、勝手にゴラン高原をイスラエル領にする。いい加減な宗主国。いい加減な劣等では、新元号に、彼の名から文字を使うという噂。恐ろしい例しか思いつかない。不晋、不安。安呆。大本営広報部では、戦争中、祖父が人体実験に関与したと推測される評論家が延々と年号解説している。もちろん音声を消してながめている。下記のまともな主張を隠すのが大本営広報部のお仕事。

増税・武器“爆買い”予算 自公がごり押し・成立
参院本会議 辰巳議員反対討論
連続選挙で審判を

 

« アメリカ食品医薬品局、GMO「フランケン・サケ」禁止を解除 | トップページ | 自滅しつつある民主党 »

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

トランプ大統領」カテゴリの記事

ベネズエラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ食品医薬品局、GMO「フランケン・サケ」禁止を解除 | トップページ | 自滅しつつある民主党 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ