« トランプによるベネズエラのライバル政権承認は外交雪崩を引き起こす | トップページ | アメリカによるベネズエラ政権転覆:文書証拠 »

2019年1月30日 (水)

21億ドル・イージス・ミサイルの対日輸出で中国をいらだたせるアメリカ

公開日時:2019年1月30日00時14分
RT

日本への21億ドルのイージス・ミサイル輸出で中国をいらだたせるアメリカ

 東京による軍事力増強という最近の動きの一環で、中国をいらだたせる2基のロッキード・マーティン・イージス・アショア・ミサイル迎撃システムの対日輸出をアメリカ国務省が承認した。

 提案されているロッキードに生産される関連ミサイル防衛装置を含む21.5億ドルの輸出は火曜日、国防総省国防安全保障協力局により議会に報告された。ゼネラル・ダイナミクスに製造される関連した指令管制プロセッサの更新も認められた。

さらに読む
「何かを与えたり、日本から何かを得たりする」のではなく、平和条約の署名に乗り気のロシア - モスクワ

 イージス・アショアは、日本がすでに何隻かの駆逐艦に搭載しているアメリカ海軍の主要なミサイル迎撃システムの地上版だ。この砲台は、2023年頃に配備され次第、SM-3 Block IIA /Block IB 迎撃ミサイルを発射することが可能で、次の10年の終わりまでには超音速SM -6迎撃ミサイルも加わる予定だ。システム・サイトは秋田県と山口県に置かれることが予想されている。

 アメリカ同盟国へのイージス・アショア・システム配備は、発射システムが、トマホーク巡航ミサイルや他の砲弾発射にも使用可能なので、実質的には潜在的な攻撃用資産となるため議論の的になっている。例えばロシアは、それがロシアのヨーロッパ部分の大半を奇襲攻撃の範囲内にすると言って、このシステムをポーランドとルーマニアに配置する決定を何年も批判してきた。2017年に最初に発表された際、中国は同様にシステムを受け入れる日本の計画に反対した。

 日本は、このシステムは純粋に防衛的で、朝鮮民主主義人民共和国が発射可能なミサイル攻撃から守る必要があるのだと強く主張している。北朝鮮指導者金正恩とドナルド・トランプ大統領間の協議継続や、金が1年以上、核兵器搭載可能なミサイルを発射しなかった事実で平壌とソウルの関係が雪解けしているにもかかわらず、この正当化は、これまで2年、ほとんど変わっていない。

 rt.com トランプの「アメリカ・ファースト」教義のために、2430億ドルの防衛計画を解き放つ日本

 12月に発表された防衛費文書が、日本軍を更に増強するため記録的な2430億ドルを費やす東京の計画を説明している。アメリカからの武器購入は、東京が、およそ150機のF-35戦闘機の変種や他の高価ハードウェアを買うの計画の相当な部分を占めている。

 この記事が気にいられたら、友人と共有願いたい!

記事原文のurl:https://www.rt.com/news/450097-us-approves-aegis-japan/

----------

 生活は最悪、安全な食べ物の選択も、ふんだんな水も、貯金もすべて宗主国巨大企業に吸い取られ、住んでいる場所そのものが、不沈空母として、宗主国の侵略戦争のいけにえになる。憲法が破壊されれば、侵略戦争の傭兵として、日本軍兵士の血まで流される。宗主国巨大資本に支配される「マスコミ」は、植民地搾取に好都合な情報以外ながさない、ひょうすべの国

« トランプによるベネズエラのライバル政権承認は外交雪崩を引き起こす | トップページ | アメリカによるベネズエラ政権転覆:文書証拠 »

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/75035695

この記事へのトラックバック一覧です: 21億ドル・イージス・ミサイルの対日輸出で中国をいらだたせるアメリカ:

« トランプによるベネズエラのライバル政権承認は外交雪崩を引き起こす | トップページ | アメリカによるベネズエラ政権転覆:文書証拠 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ