« ベネズエラ経済を破壊するアメリカ合州国 | トップページ | 資本主義は我々を殺しつつあるのだろうか? »

2018年8月21日 (火)

愛国者に敵対するようになった愛国心

2018年8月14日
Paul Craig Roberts

 アメリカが、どれほどおかしくなっているかを理解するため、愛国心が、今や体制に反対意見の人々の弾圧と関連付けられていることを考えてみよう。

 多くのアメリカ人の困難な暮らしのことを何も知らない裕福なフットボール・チームのオーナーや、責任を負わず、適正手続きも無しで、街頭や自宅で黒人を年中銃殺する警官連中が、黒人アメリカ国民殺害で、警官が責任を負わないことに抗議して、先週、国歌演奏中にひざまずいた三人のマイアミ・ドルフィン選手に酷く激怒した。

 ブロワード郡警官互助会は、早速ドルフィンの切符割引制度から抜けると発表し、腹立ち紛れに自分の損になることをした。これから、警官は、ゲームに行きたければ、正規価格を支払わなければならない。

 我々を支配している連中は、あらゆる抗議行動は、警官が人々に気づかれずに、抗議行動参加者にティザー銃を使ったり、殴打したりできる孤立した街角で起きて欲しいと思っている。連中は、何万人もの観客がスタンドから、更に何百万人もがテレビで見ているフットボール・ゲームで、抗議行動をさせたくないのだ。そうした目立つ会場では、警官はティザー銃を使えず、抗議行動参加者を殴打できない。

 しかも、抗議行動は一目につき、黒人プロ・スポーツ選手たちが、抗議行動のために、良い収入の暮らしを危うくするほど不安になるような一体何事が起きているのだろうかとアメリカ人に考えさせてしまうのだ。抗議行動を始めたコリン・キャパニックは、憲法上の権利を行使したかどでサンフランシスコ・フォーティーナイナーズのクォーターバックを首にされ、裕福なNFLチーム・オーナー連中に要注意人物リストに載せられてしまった。

 抗議行動をした人々に抗議する連中は反アメリカだ。軍安保複合体や、グローバルな搾取的大企業の強欲のために、アメリカを、自国民にとって必要なことを無視する警察/好戦国家に変えてしまった連中の愚かな手先だ。

 彼ら自身が体制の被害者である普通のアメリカ人が“ああ、連中は抗議してもよいが、国歌演奏中や、公的行事ではだめだ。”と言うのを聞くたびに私はがっかりする。こういうことを言う人々は、アメリカ人とは一体何か、全く分かっていないのだ。

 アメリカ人本人が、もはやアメリカ人であることが、一体何を意味するかわからなくなっているのだから、彼らが国を失ってしまったことに、何の不思議もない。

 Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/08/14/patriotism-has-been-turned-against-patriots/

----------

 アジア大会スポーツ選手の不祥事は報じるが、対抗馬とされる御仁も、緊急事態条項推進派という悪辣な茶番を報道する電気洗脳大本営広報部はないようだ。日本人の一体何割が、緊急事態条項について、たとえ一時間でも、考えたことがあるだろうか? あるいは関連書籍をお読みだろうか。多少とも、内容を知っていれば、のんびり呆導をながめていられないのではと想像するのだが。

 日刊IWJガイド「<本日の再配信>本日午後8時より『「『沖縄差別』の仕組みの上に成り立つ日米安保体制」、「抑止は『ユクシ』(=嘘:沖縄語)」、本土の人たちに知って欲しい沖縄から見た基地問題の歴史~岩上安身による沖縄大学名誉教授 新崎盛暉氏インタビュー』を再配信します!/<昨日の岩上さんのインタビュー>『日本ナショナリズムの成り立ちを考えると、古代の天皇制まで遡らざるを得ない!』岩上安身が書籍編集者・前高文研代表 梅田正己氏にインタビュー(第三弾)!/9条改憲に固執する安倍総理と災害に便乗して緊急事態条項を挿入しようとする石破茂元幹事長!憲法を破壊する政党と化した自民党は日本列島全土をミサイル戦の戦場にしたいのか!?/カタールが150億ドルの直接投資に続き『通貨スワップ協定』でトルコを支援! 米国の中東政策との関係は!?/元ツイートは、周知の事実にもとづくものだった! それなのに1回のリツイートだけで名誉棄損!? 損害賠償を求め橋下氏への反訴も提起!橋下徹氏によるIWJ岩上安身への『スラップ訴訟』8月23日 第三回口頭弁論・報告集会のお知らせ/IWJの第9期が始まったばかりですが、新しい期のスタート時としては、ご寄付・カンパがかつてないピンチです!どうかご支援をよろしくお願いいたします!」2018.8.21日号~No.2168号~
投稿日 2018年8月21日

« ベネズエラ経済を破壊するアメリカ合州国 | トップページ | 資本主義は我々を殺しつつあるのだろうか? »

アメリカ」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/74069507

この記事へのトラックバック一覧です: 愛国者に敵対するようになった愛国心:

« ベネズエラ経済を破壊するアメリカ合州国 | トップページ | 資本主義は我々を殺しつつあるのだろうか? »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ