« 自明の運命説とオーウェルの二重思考: “認知的不協和としての民主主義” 新刊書 | トップページ | 反逆的な民主党 »

2018年7月29日 (日)

アメリカ大統領を打倒するCIA/FBI/DOJの策謀

2018年7月26日
Paul Craig Roberts

 7月21日、ロバート・マラーが行っているロシアゲート捜査は、トランプの大統領選挙運動のスパイと、更に、トランプの大統領の座を妨害するのに、対諜報能力を犯罪的に利用したのをごまかすための隠蔽工作だという旨、リサ・ページが議会委員会で証言したという、The Hill誌のジョン・ソロモンの発見に関する記事を私のウェブに掲載した。https://www.paulcraigroberts.org/2018/07/21/bombshell-development-lisa-page-reveals-plot-against-trump/

 ジョン・ブレナンCIA長官、ジェームズ・コミーFBI長官、ロバート・マラー、ジェームズ・クラッパー、アンドリュー・マッケイブ、ピーター・ストロザック、ロッド・ローゼンスタイン司法副長官や民主党全国委員会は、アメリカとアメリカ大統領に対する反逆にかかわっており、アメリカ大統領打倒の策謀に積極的に関与しているという証拠は膨大だ。ところが、反逆的諜報機関幹部は、機密情報にアクセスする権限を保持し続けており、反逆のかどでの、起訴も裁判もされていない。ローゼンスタインとマラーは、高い地位から首にもされず、そこで打倒策謀のために活動を続けている。

 これは、連中の工作員連中が法律や説明責任の力が全く及ばない立場にあり、何のおとがめをうけることなく反逆罪をおかすことができるという、誰にも手が出せない軍安保複合体の権力を示している。

 売女マスコミは、アメリカ憲法や法の支配を愛する以上に、ドナルド・トランプと彼を選んだアメリカ人を憎悪しているので、これら売国奴を守るため、アメリカ売女マスコミは常時働いている。だから売女マスコミは反逆の共犯者で、逮捕起訴されるべきなのだ。

 元CIA職員レイ・マクガバンやランド・ポール上院議員のように何が起きているか理解していて、進んで反対して発言する人々でさえ http://www.informationclearinghouse.info/49903.htm 抑制した言い方をしている。彼らがその権限を利用して、売女マスコミで、高給コメンテーター役を演じて儲けており、番組で機密情報を暴露するかも知れないので、ポール上院議員は彼らが機密情報にアクセスする権限を取り消したいと思っている。

 トランプがロシアの代理人である証拠は皆無だ。上記のCIA、FBI、DOJや国家安全保障幹部連中が、アメリカ合州国に対する反逆に関与している膨大な証拠がある。

 ところが我々はトランプはロシアの代理人だという、いつわりの主張ばかり聞かされる。無頓着なアメリカ人にさえ丸見えで、我々の目前で展開しているアメリカ大統領に対するCIA/FBI/DOJの策謀については、全く何も聞けない。

 これについても、我々は全く耳にしない。http://www.informationclearinghouse.info/49898.htm

 Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/07/26/cia-fbi-doj-plot-to-overthrow-the-president-of-the-united-states/

----------

 PayPal経由での寄付が困難な状況になっている旨、筆者は言っておられる。原因不明?

 関東は台風一過。

 『沖縄スパイ戦史』を見た。 不思議な題名と思ったが、不思議ではなかった。軍隊は国民ではなく、国体を守る。基地は標的になる。イージス・アショアも同様。大本営広報部が共謀し、今属国は、その愚を再度推進している。やがて同じ結果になるだろう。今回守るのは、日本のではなく、宗主国の国体という違いはある。庶民は必ず悲惨な目に会う。

 「マガジン9」に、監督による下記関連記事が(波照間での先行上映会準備、驚きのビデオも)ある。

第82回:いよいよ公開!「沖縄スパイ戦史」~沖縄各地で先行上映会~

 パンフレットは読みごたえがある。特に、映画の中でも語っておられるピーター・カズニック教授のロング・インタビュー。映画の中でも、おっしゃっていた部分を引用させて頂こう。

日本はその「ジュニア部隊」に他ならない。その時、私たちが目にするのは、日本の若者たちが死体袋に入って帰って来る姿です。

 見落としていたIWJの関連記事、これから拝読しよう。たとえば下記。

映画『標的の島 風かたか』上映後のクロストーク(石垣市) ―ゲスト 山城博治氏、小西誠氏、三上智恵監督 2017.4.29

辺野古総合大学の第2弾―講師 三上智恵氏(映画監督)「“標的の村”から“標的の島”へ」 2016.4.21

日刊IWJガイド・日曜版「『終わった まつり ごめんね かたきうちできなかった 何も変わらなかった』~ 電通過労自殺した高橋まつりさんの 元上司について検察審査会が『不起訴相当』と議決!!/本日午後2時から滋賀県大津市で『7.29 安倍9条改憲NO!滋賀県民集会 in Summer 「東京新聞社会部記者 望月衣塑子講演会」』がおこなわれます。IWJではこの講演会を後日会員限定で録画配信します!
/IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます! IWJは来期以降も精力的に幅広く活動して参りますので、来期以降のご支援も、なにとぞよろしくお願いいたします!
/【ワイルドサイドを行こう!~IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催はいよいよ本日! 現在参加ゲストは、水害・治水問題に詳しいジャーナリストのまさのあつこ氏が新たに加わり7名に! 台風の影響が予想されますが予定通り開催する予定です!お足元に十分お気をつけの上お越しください!皆様とお会いできるのを楽しみにお待ちしています」2018.7.29日号~No.2145号~

« 自明の運命説とオーウェルの二重思考: “認知的不協和としての民主主義” 新刊書 | トップページ | 反逆的な民主党 »

アメリカ」カテゴリの記事

トランプ大統領」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/73939803

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大統領を打倒するCIA/FBI/DOJの策謀:

« 自明の運命説とオーウェルの二重思考: “認知的不協和としての民主主義” 新刊書 | トップページ | 反逆的な民主党 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ