« 更なるガザ抗議行動が計画されているので主要マスコミのウソを信じてはならない | トップページ | ロシアのノルド・ストリームIIへのアメリカ反対は“スリー・シーズ・イニシアチブが理由” »

2018年6月 4日 (月)

ロシアに対するワシントンのガス戦争は勢いを増しつつある

2018年6月3日
Petr Lvov
New Eastern Outlook

 ロシア経済に打撃をあたえるため、ロシア・ガス輸出を破壊するのに注力しながら、ワシントンができる限りあらゆること行っているのは明らかだ。だから、ウクライナ・ガス・ハブを迂回して、ロシア・ガスをEUに代替経路で輸出するのを可能にする新ガス・パイプラインをモスクワが建設するのを邪魔すべく、あらゆる手がうたれていると聞いても誰も驚くまい。現在、二つのそうしたプロジェクトが実行されつつあるが、それはノルド・ストリーム 2と、トルコ・ストリームだ。

 5月29日、バクーは、アゼルバイジャンのシャー・デニス・ガス田からヨーロッパにガスを送るはずの南ガス回廊 (SGC)開通公式式典を行った。式典に参加していたアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領は、イギリスやアメリカ合州国や西欧の石油・ガス会社代表を前に、ワシントンがSGCの建設を支援していると公式に発言した。だが、アメリカ合州国は、TANAPにもSGCにも、いかなる形でも関係していないので、この何らかの、いわゆる支援なるものが一体何かは明らかではない。SGCは年間100億立方メートルのアゼルバイジャン・ガスを、アナトリア横断パイプライン(TANAP)経由で、カスピ海地域から、ジョージア経由で、トルコ、そして更にヨーロッパへと送ると期待されている。このパイプラインの背後には、大きな政治的要素がある、現在建設中のトルコ・ストリームで輸出されるだろうロシア・ガスの量を減らすことになり、これまでになく敵対的なウクライナ経由で、ガスを送り込み続けるよう、モスクワに強いるのだ。

 ヨーロッパの報道によれば、南ガス回廊建設の総費用は、400億ドルにのぼる。アナトリア横断ガス・パイプライン (TANAP)は、6月12日に開通し、最初のアゼルバイジャン・ガスの最初の立方メートルを旧世界に送ることになっていると期待されている。どうやら、このイベントは、皮肉にも、ロシアの日の祝日と重なるように設定されたもののようだ。地域で進行中のアメリカ政策に対し、アンカラがロシア連邦との協力の約束について大言壮語しながら、どれほど否定的態度を見せびらかそうとしても、現実は全く違って見える。新アゼルバイジャン・パイプラインは、トルコの国内消費用にガスを供給するが、このガスのヨーロッパに対する実際の送付は、ナブッコと、TANAPガス・パイプライン建設と結びついている。それでもなお、ヨーロッパは、プロジェクト全体の実現の上で、TANAPが中心的役割を果たすSGCを手に入れることになろう。トルコ向けの60億立方メートルに加えて、年間100億立方メートルのガスというアゼルバイジャン・ガスそのものすら、全体像を変えるような問題ではない。とは言え、TANAPで、ヨーロッパは、次第に、イラン、イラクや、トルクメニスタンやカザフスタンのような中央アジア諸国といった、他の国からの供給を得始めつつある。

 そして、この瞬間は、ガスプロムの大戦略にとって極めて重要だ。イランや イラクからのEUへのガス供給は、ワシントンの対イラン経済制裁や、シリアとイラクの軍事・政治状況ゆえ、まだ可能ではないが、事態は中央アジアにおけるほど本当に劇的なわけではない。

 ウクライナ経由、南部と、一部は中央ヨーロッパに輸送されているガスは、ガスプロムに購入され、ヨーロッパに転売される中央アジア・ガスなので、この全体状況には特殊な面がある。ガスプロムが享受している独占的地位は、ガスプロムが大量のガスを輸送できる唯一無二のパイプラインを所有している事実にあり、そのおかげで、ガスプロムが、中央アジア・ガスの大御所でいられるのだ。確かに、この状況は、両国は、自国ガスを、購入価格を極めて安くしている独占専売者に売り渡すことを強いられているので、カザフスタンもトルクメニスタンも特に幸せにしているわけではない。しかし、これまでは、本物の代案が存在しなかった。両国は、ガスをアゼルバイジャンとトルコ経由と、ロシアとウクライナ経由という二つの経路で送ることができるので、今や代案が一つ現れたのだ。

 ワシントンが最近、中央アジアへの政治介入を強化し、現地の国々を、ロシアからより独立するよう推進しているのにはもっともな理由がある。カザフスタンもトルクメニスタンも、ガスプロム・パイプラインへの依存からの解放を可能にする選択肢を求めていたのだが、南ガス回廊が、両国に、まさにそれを提供する。とは言え、問題もある。その過程で、ガスプロムが関与することなく、中央アジアで生産されたガスが、ヨーロッパ市場に到達し始めるようになれば、ウクライナ通過問題と、ヨーロッパ市場でのガスプロムのシェア、それだけで終わってしまう。送り込むべきガスがなくなるという実に単純なことだ。現在のサプライ・チェーンは、ソ連時代の昔に作り出され設計され、強力で進んだソ連の産業に供給するよう設計されていて、ヨーロッパへの供給は、さほど重要ではない関心事だった。しかし、ソビエト社会主義共和国連邦の崩壊によって引き起こされたロシア連邦と旧中央アジア共和国諸国での製造減少のため、今や一定の割合のガスが輸出されている。当然ながら、状況の変化は、紛争状態を生み出す。中央アジアからガスを輸送できる唯一の企業という独占的地位を現在失いつつあるガスプロムにとって、SGCは大惨事だといって問題あるまい。

 今や新たな状況が出現している。ヨーロッパ市場でシェアを得ようしているアメリカの政治圧力と認識されているものに加え、ガスプロムは、EUへの主要ガス供給国としての量も地位や失い始める可能性がある。この市場全体、非常に競争の激しい環境だと言える。当然、この全ての変化が、数週の間に起きるわけではない。サプライ・チェイン全体の変化が始まるおおよその時期は、2020年-22年だ。とは言え、ガスプロムが現在の量と収入を維持できなくなるだろうことは既に明らかだ。それゆえ、ロシアが経済危機と欧米経済制裁で弱体化している状況でも、国家予算から、高価なパイプライン・プロジェクト建設に膨大な資源を投入し続けているのだ。

 ちなみに、SGCは、ガスプロム新プロジェクトがしていると同様、やすやすと輸送ハブを迂回するので、ウクライナの恩恵には決してならない。カザフスタンとトルクメニスタンがTANAPへと向かうようなことになれば、崩壊しかけているウクライナ経済は停止にいたるだろう。だが、キエフは、自国の将来を考える代わりに、モスクワを傷つけられる方法を考え出すことの方に興味があるように見える。

 「泣きっ面に蜂」ということわざがあてはまるようだ、ガスプロムは、ノルド・ストリーム 2に対する、新たな課題に直面している。ストックホルム商工会議所仲裁裁判所の裁定に従って、ウクライナは、ガスプロムの子会社、スイスのノルド・ストリームAGの資産を差し押さえようとしている。ノルド・ストリーム-2運用者と、まさに同じ会社だ。一週間前、アメリカのマイク・ポンペオ国務長官が、ワシントンはガスプロムのノルド・ストリーム 2の心臓に杭を打ち込むつもりだと発表した。ウラジーミル・プーチン大統領が、ブルガリアのボイコ・ボリソフ首相との会談後、記者会見でこう発表したのは偶然ではない。

ノルド・ストリーム 2建設は、現在積極的に話し合われている。我々はウクライナ通過を維持する用意があり、どれだけのガスを輸送するか、何のガスの量がウクライナ経由で輸送されるかが問題だ。我々の顧客が、現在、そして近い将来に、どれだけの必要とするかというのが問題だ。

 言い方を変えれば、この当事者の動きは、関係する全当事者も行っており、アメリカ合州国とウクライナは、極端に攻撃的な切り口で交渉しようとしており、モスクワは、通過する量に関して議論しており、もはや将来のウクライナ通過完全停止を言っていない。いくつかの客観的要因から、ガス分野におけるロシアの交渉上の立場は、最近弱体化している。一つ目の要素は、シリアにおける軍事・政治状況の進展だ。シリア-トルコ国境を掌握と、アフリンのクルド人戦闘部隊を、トルコ国軍部隊の拮抗勢力にする軍の課題は実現しておらず、将来も実現するまい。結果的に、アンカラは、三つのルートが建設されているという文脈で、トルコ経由のプロジェクトについて話し合うことを拒否したが、現在、そのうちの一つたりとも合意されていない。更に、ISISはダマスカスに対してゲリラ戦争を行うよう切り換え、完全に打ち負かされてはいないことが判明している。

 二つ目の要素は、アメリカの立場とアメリカがヨーロッパにかける圧力で、これが最終的に、ノルド・ストリーム 2は、ウクライナ通過を維持することによってのみ建設可能だというメルケルのプーチンに対する最後通告という結果をもたらした。三つ目の要素は、TANAP立ち上げと、来るべき南ガス回廊の立ち上げは、もちろん依然、実際のパイプラインには到底見えず、むしろガスをトルコ国内市場に送るパイプだが、プロジェクト全体は、ロシアの代替ルートよりもずっと進んでいるように見える。四つ目の要素は、ガスプロム資産の差し押さえで始まった法的手続きで、これは、プロジェクトの最も重要な部分 - ノルド・ストリーム2の運用者に影響する。差し押さえは法廷で争われる可能性が高いが、これには時間がかかり、株主の反応は、彼らがプロジェクトから撤退する決定をするほど極端に否定的なことが予想できる。

 そういうことが起きる確実な時期を予想することはまだ不可能だが、他にも予想される問題がある。中央アジア諸国、カザフスタンとトルクメニスタンが南ガス回廊の一部になりたいと宣言し、後にイラク、イラン、カタールが加わり、アゼルバイジャン運用者の立場を大幅に強化し、最も重要なことに、ガスプロムから中央アジア・ガスを奪う可能性がある。

 これを背景に、モスクワは、ウクライナとの新たな通過合意交渉に向かおうとしており、ドイツは、いかなる代償を払ってもウクライナ通過を維持するという揺るぎない姿勢をとっている。そのような条件下では、アメリカ合州国が支持するキエフの当初の提案が極端に厳しいものとなるのは明らかだ。通常の条件下ですら、そのような交渉には、誰でも当惑するだろうが、クリミアとドンバスを巡り、モスクワとキエフの間には、紛争の長いリストがあるので、これほど困難なものはあるまい。

 政治学博士Peter Lvovによる、オンライン誌“New Eastern Outlook”独占記事

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2018/06/03/washington-s-gas-war-agaisnt-russia-is-picking-up-steam/
----------
「外国人記者は見た」を怖いものみたさで眺めてしまった。スシロー氏出演なので。
ゲスト名を聞いた瞬間、時間と電気の無駄と理解したのだが。

昨日翻訳した記事と関連する今日のIWJインタビューを拝聴予定。

日刊IWJガイド「本日午後5時『【シリーズ『パレスチナの民族浄化』を読む第4弾!】民族浄化を招いた国連の分割決議!圧倒的な軍事力でパレスチナ人の村々を破壊したシオニストたち~岩上安身による東京経済大学早尾貴紀准教授インタビュー(第4弾)』を配信!/米国が北朝鮮の『段階的非核化』を容認!? 経済支援は日・中・韓へちゃっかり丸投げ!?/福田康夫元総理が安倍総理、麻生財務大臣を批判!『わかってない人が多いんじゃないか』!?/安倍総理が自民党滋賀県連大会で憲法改正の実現に意欲表明!『緊急事態条項』の危険性を知るためにもぜひ『前夜~増補改訂版』をご一読ください!/
新潟県知事選で自公が支援する花角英世候補の応援演説で魚沼市の堀之内商工会長の真島慎一氏が『新潟県には、女性の知事は必要ないんです』とスピーチ!?/新生K-1が那須川天心選手らに対して1億円を超える損害賠償請求!看板選手との対戦を要求した発言が『興行に対する不当な介入』!? スポーツ界にまでSLAPP訴訟が拡がる?/<新記事紹介>竹中平蔵氏が会長を務めるパソナの迎賓館を門康彦市長が訪れた直後に淡路島が『総合特区』に!?『地方創生』の効果は不明!?『パソナ島・淡路島』の謎は深まるばかり!?(後編)」2018.6.4日号~No.2090号~

« 更なるガザ抗議行動が計画されているので主要マスコミのウソを信じてはならない | トップページ | ロシアのノルド・ストリームIIへのアメリカ反対は“スリー・シーズ・イニシアチブが理由” »

NATO」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

シェール・ガス・石油」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/73618048

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアに対するワシントンのガス戦争は勢いを増しつつある:

« 更なるガザ抗議行動が計画されているので主要マスコミのウソを信じてはならない | トップページ | ロシアのノルド・ストリームIIへのアメリカ反対は“スリー・シーズ・イニシアチブが理由” »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ