« 昔々真実は大切だった | トップページ | 危機は始まったばかりに過ぎない »

2018年4月19日 (木)

欧米マスコミの支配、堕落と原理主義

Andre Vltchek
2018年4月8日

右や左の普通の人々を、悪名高いウソつき連中が、怒鳴りつけ、唾を吐きかけ、侮辱し、真実を語る人々を、テロで脅迫していること以上に悲しく痛ましいことはない。

最近、欧米は明らかに凶暴になった。世界中の何十億人もの人々の頭脳を支配できなくなるのを恐れれば恐れるほど、欧米は益々攻撃的に怒鳴り、蹴りつけ、笑いものになる。

もはや、その意図さえ隠そうとしていない。狙いは明らかだ。ロシアであれ、中国であれ、イランであれ、他のどの愛国心が強い独立志向の国家であれ、あらゆる敵を破壊するのだ。真実を語るあらゆるメディアを沈黙させるためだ。ロンドンやワシントンやパリやベルリンが真実として規定するものではなく、モスクワや、北京やカラカスやテヘランで、そうだと思われている真実だ。欧米帝国の優位を支持するためにでっちあげられる偽もの、似非真実ではなく、人々のためになる真実だ。

現在、主にロンドンとワシントンが発祥の地である恐ろしいプロパガンダ猛攻撃に膨大な資金が割り当てられている。ロシアや中国やアラブや、イランや中南米の人々の声、とうとう‘他の人々に’届くようになった‘南の発展途上国’の惨めな住民、植民地と新植民地の住民; ‘属’国に暮らす現代版の奴隷の声に‘対抗するため’公式に、あからさまに、何百万ポンド、何百万ドルが割り当てられ、使われた。

仮面ははがれ落ち、壊疽にかかった欧米プロパガンダの顔が暴露されつつある。それは、すさまじく、ぞっとするが、少なくとも、それは実態であり、誰にでも見えるのだ。もはや、サスペンスも驚きもない。全く突然に明らかになったのだ。恐ろしいものだが、honest。これが我々の世界なのだ。我々人類はここまで落ちぶれたのだ。これがいわゆる世界秩序、あるいは、より正確には、新植民地主義だ。

*

欧米は、いかにして何百万人も虐殺するかを知っており、大衆をいかにすれば操作できるかを知っている。アメリカ合州国発の場合には、欧米プロパガンダは常に厳しく(しかも、大企業広告や、第二次世界大戦時のファシスト洗脳キャンペーン同様、何千回でも繰り返される)、イギリス発の場合には、あざやかなほど抜け目なく、実に効果的だ。決して忘れまい。何世紀にもわたり、イギリスは、世界中で、何億人もの無辜の人々や、更に多くの高度な人類を殺害し、奴隷にしてきたのだ。大衆を洗脳し、操作する才能のおかげで、イギリスは、無数の大虐殺や強盗行為から見逃され、尊敬されるに値すると世界を説得し、ちゃっかり道徳的負託を得て、国連安全保障理事会で議席も占めている。

欧米の政権は、恥知らずに、手際よく、そして何よりも絶え間なく、いかにしてウソをつくかを知っている。完璧な上流階級の‘教養ある’アクセントで話される何千ものウソが、ウソの山の上に積み上がっている。ソールズベリー、共産主義、ロシア、中国、イラン、ベネズエラ、キューバ、北朝鮮、シリア、ユーゴスラビア、ルワンダ、南アフリカ、リビアや難民に関するウソ。過去、現在、そして、将来に関するウソまである。

イギリスやフランスなどの帝国主義の悪党が、世界中で、自由と人権の両方について、真顔で説教しているのを見ても、誰も笑わない。まだ笑っていない。だが、多くの人々が徐々に憤慨し始めている。

中東、アフリカ、アジアや中南米の人々は、自分たちが、かつがれ、だまされ、ウソをつかれてきたことに気がつき始めている。欧米による、いわゆる‘教育’や‘情報’が、破廉恥な洗脳キャンペーン以外の何物でもないことに。私は長年全ての大陸で働き、帝国主義の犯罪について、また世界の覚醒についての話や証言をまとめ、840ページの著書“Exposing Lies Of The Empire”に‘要約した’。

BBC、DW、CNN、ボイス・オブ・アメリカ、ラジオ・フリー・ヨーロッパ/ラジオ・リバティーなどのメディアが、冷酷かつ徹底的に、何年も、何十年も彼らをだましてきたか、何百万人もの人々が、今初めて。ロイターやAPやAFPや他のいくつかの欧米報道機関は、世界中至る所の新聞が、ワシントンやロンドンやパリや他の欧米の首都で作りだされる同じでっちあげを掲載するようにして、世界中で画一的言説を作り出すことに成功してきた。ソ連や共産主義や中国のような重要な話題だけでなく、自由や民主主義についても、全くインチキな姿が何十億人もの頭脳に刻みこまれた。

欧米帝国主義に未だに抑圧されている世界の人々の目が開きつつある主な理由は、ロシアを本拠とするNew Eastern Outlook (NEO)、RTとスプートニク、中国を本拠とするCGTN、中国ラジオ・インターナショナルや、China Daily、ベネズエラを本拠とするTeleSur、レバノンのAl-MayadeenやイランのプレスTVなどのメディアによる止むことのない活動のおかげだ。もちろん多くの他の誇り高く、断固とした反帝国主義メディアが、世界の様々な場所に存在するが、上記のものは、自らの自由の為に戦い、欧米によって征服され、植民地化され、節操を売らされ、洗脳されるのを拒否している国々から送りだされる対抗プロパガンダの最も重要な媒体だ。

本当に自立した国々の、一つの強力な反帝国主義連合が形成されつつあり、結束を固めつつある。それは今、より良い、楽観的で、公正な未来を約束して、地球上の至る所で抑圧されている何十億人もの人々を鼓舞し、希望を与えている。多くの前向きな変化や期待の最先端に立っているのは、こうした‘新たなメディア’だ。

そして欧米は恐怖におののいて、絶望して、益々激しく見つめている。‘危険な楽観主義’のこの波と、本当の独立と自由のために頑張る動きを止めるため、欧米は、破壊し、殺害し、粉砕する用意ができている。

*

現在、自由な世界の新しいメディアに対する絶えざる攻撃が行われている。欧米で、RT は、追放すると脅されており、益々人気が高まっている、すばらしいNew Eastern Outlook (NEO)は、つい最近、悪質なサイバー攻撃を、おそらくプロの欧米ハッカーから受けた。TeleSurは、ベネズエラに対し破廉恥にも仕掛けられている経済制裁によって、年中機能不全にされており、同じ強盗連中が、イランのプレスTVを標的にしている。

世界至る所の、何十億人もの人々の人生破壊の責任があるはずの欧米が、いまだに、何の経済制裁にも、何の処罰行為にも会っていないことはご承知の通りだ。一方、ロシア、イラン、中国、キューバ、朝鮮民主主義人民共和国やベネズエラなどの国々は、単に、狂った欧米の世界独裁を受け入れるのを拒否し、自分自身の形式の政府や政治や経済制度を選んだことを理由に、主に、禁輸や経済制裁やプロパガンダや直接の恫喝、更には軍事的ないじめでという形で‘責任を負わなければ’ならないのだ。

欧米は決して反対意見を許容することができないように見える。欧米は完全で無条件な服従、絶対的屈服を要求するのだ。欧米は宗教的原理主義者とグローバル悪党の二役で活動している。しかも事態を一層酷くするのは、欧米諸国民は、余りにしっかり教え込まれているか、余りに無頓着なのか、あるいは、その両方で、自分たちの国々や‘文化’が世界の他の国々に対して一体何をしているかを理解することができないように見えるのだ。

*

インタビューされる際に、こう聞かれることが良くある。 “世界は第三次世界大戦の本当に危険に直面していますか?”

私は常に“はい”と答える。北米もヨーロッパも、世界に、服従と、事実上の奴隷化を強いるのを止めることができないように見えるからだ。連中は、世界に、いかなる合理的で民主的な体制も、受け入れるのを嫌がっているように見える。世界支配を維持するためだけに、連中は百万、何千万、何億人もの人間を犠牲にするだろうか? 間違いなく連中はそうするはずだ! 連中は既に、何度も、ためらうことなく、後悔も容赦もなく実行しているのだ。

欧米原理主義者の大ばくちは、世界の他の国々は、遥かに上品で、全く残虐ではないので、次の戦争や、次の大惨事や、次の大虐殺には耐えることができず、益々必然的に見える欧米による軍事攻撃に対し、戦って、自らを守るのではなくのではなく、服従し、ずっと良い未来へのあらゆる夢をあきらめるだろうというものだ。

*

欧米の狂信者連中のそのような計算や‘希望’は間違っている。現在行く手を阻止され、恫喝されている国々は、もし欧米の狂気と帝国主義計画に屈したら、一体どういうことになるかを十分理解している。

奴隷にされるということが一体どういうことか人々は知っており、覚えているのだ。

エリツィン下でロシアは崩壊し、欧米大企業に略奪され、ヨーロッパと北米政府から顔に唾を吐きかけられた。ロシアの平均余命はサハラ以南のアフリカ諸国並みの水準に落ちた。

中国は、フランスやイギリスやアメリカの侵略者によって、荒らされ、略奪され、分割された“屈辱の時期’の想像を絶する苦しみを生き延びた。

イランは、正統な社会主義政府を奪われ、加虐マニアの欧米傀儡、シャーのもとで暮らさざるを得なかった。

‘ラテン’アメリカ全体が血管を開かれ、文化を破壊され、欧米の宗教を無理やり押しつけられた。民主的に選ばれた、文字通りあらゆる社会主義や共産主義政府や指導者は打倒されたり、直接、殺害されたり、あるいは、少なくとも、ワシントンと、その従僕連中によって、巧みに権力の座から追われたりした。

北朝鮮は、いわゆる朝鮮戦争で、アメリカと同盟諸国が行った自国の一般国民に対する、けだもののような大虐殺の生き残りだ。

フランスによって暴行され、屈辱を与えられ、更にアメリカと、その同盟諸国の爆撃で石器時代にされたベトナムとラオス。

南アフリカ… 東チモール… カンボジア…

欧米による恐ろしい‘解放’を受け入れた後に残された、生ける死骸、腐乱しつつある恐ろしい残骸が存在している。ごく一例をあげれば、リビアやイラク、アフガニスタンやホンジュラス、インドネシアやコンゴ民主共和国。こうしたものは、欧米の‘善意’と公正の精神に依然多少の幻想を抱いている人々にとっての警告として役立つだろう!

シリア… ああシリア! ひざまずき、ワシントンとロンドンの足を舐めることを拒否したこの誇り高く美しい国に欧米が一体何をしたかをご覧願いたい。だが、本当に自分の国を愛する人々が、いかに強く、決意が固いかもご覧願いたい。あらゆる困難にもかかわらず、シリアは立ち上がり、偉大な国際主義同盟に囲まれ、支援され、シリアは外国が支援するテロリストと戦い、勝利した! 欧米はもう一つのリビア作戦を始めたと思っていたが、それどころか鉄の拳、鋼鉄の神経、もう一つのスターリングラードに出くわしたのだ。ファシズムは特定され、対決され、止められた。大変な犠牲を払ったが、止めたのだ!

中東中が見つめている。

世界中が見つめている。

人々は今や、見て、覚えている。彼らは自分たちに一体何が起きたのかをはっきりと思い出し始めている。彼らは理解し始めている。彼らは意気盛んだ。彼らは奴隷となるだけが唯一の生き方でないことをはっきり理解している。

*

反欧米というより、正確には、反帝国主義連合は、今や鋼鉄のように強固だ。それが、強姦とは何か、略奪とは何か、徹底的破壊とは何かを知っている人々、被害者たちのまとまった一つの偉大な連合だからだ。彼らは、自称、自由と民主主義の擁護者、欧米の文化的、経済的原理主義者連中から与えられるものが一体何かを正確に知っているのだ。

自立した、誇り高い国々のこの連合は、自らを守り、お互いに、更に、世界の他の国々を助け合っている。

この連合は決して屈伏せず、後退しない。人々が本音を語り、彼らの指導者に明確な意見を伝えているので。“もう二度とするまい! 降伏してはならない。欧米の威嚇に屈するな。攻撃されたら、戦う。一体いかなるものと、どれほど残虐な勢力と対決しなくてはならなくとも、我々は誇りをもって自立する。同志よ、決して跪いてはならない! テロを広める連中の前で、我々は決して跪かない!”

そして、欧米帝国主義とテロに抵抗している、これら素晴らしい国々のメディアは、無数の楽観的で、勇敢なメッセージを広めている。

そして欧米支配層は、見つめ、震え、ズボンを汚している。

彼らは世界に対する残虐な支配の終わりが近づいているのを知っている。彼らは何のおとがめもなく済む日々が終わりつつあるのを知っている。彼らは彼らが人類に対しておかしてきた何世紀もの犯罪に対し、世界が間もなく欧米を裁くだろうことを知っている。

連中は、メディア戦争で勝つのは‘彼ら’ではなく‘我々’であることを知っている。

戦場は明らかになりつつある。いくつかの素晴らしい例外を除き、欧米や連中のメディアは陣営を固め、ご主人に忠誠を示している。他の何人かの筆者たちと同様、益々、反共産主義、反ロシア、反シリア、反中国化しつつあるアメリカを本拠とする雑誌の一つ、カウンターパンチから、私もだしぬけに追放された。連中の観点からすれば、私はいくつかの‘まずい’雑誌に書いているのだ。連中が私の記事掲載を止めたことを、私は実際誇りに思う。私は今の立場で結構だ。他の発行部数が多い欧米メディアと対立しているのと同様、私は連中とも対立する。

欧米による世界イデオロギー支配の度合いは、腐敗しており、実際倒錯している。欧米のメディアも‘教育’組織も、政権に全面的に奉仕しているのだ。

だが世界は目覚め、この破壊的な文化的、政治的原理主義と対決している。

大イデオロギー戦争が行われている。わくわくする、輝かしい時代だ。奴隷より酷いものはない。鎖は引きちぎられつつある。今後、世界を何世紀も苦しめてきた連中は、責任を問われずには済まなくなるのだ。

連中のウソも、連中の具足も、行く手を阻まれ、止められよう!

アンドレ・ヴルチェクは、哲学者、小説家、映画製作者で調査ジャーナリスト。彼はVltchek’s World in Word and Imagesの作者で、革命小説Auroraや、他の書籍数冊の筆者。“New Eastern Outlook”独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2018/04/08/degeneracy-and-fundamentalism-of-western-media-control/

宗主国首脳、属国傀儡、北へ圧力維持確認。

マスコミの支配、堕落と原理主義。

新潟県知事辞任、原発再稼働期待で、株価続伸というおぞましい現状。

財務省次官辞任。財務省の対応、大臣発言もひどいもの。彼も海外逃避?

孫崎享氏の今日のメルマガ末尾を引用させていただこう。マスコミそのものもセクハラ体制の一環では女性は救われない。つとめていた会社の阿呆な幹部の一人を思い出した。セクハラとパワハラの見本男が大いばりで歩いていた。

・問題は、セクハラ被害を受けたテレビ朝日が約一年半何等の行動も取らなかったことである。

・それだけでなく、今回のテレビ朝日の記者会見においては、自分達が適切な救済手段をとらなかったことを棚に上げて、「当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為であり、遺憾に思っています」との発言はひどすぎるのでないか。セクハラにあった社員を守るのでなく、彼女を攻撃している。

『思うことはあると思う』という発言。世も末。

日刊IWJガイド・番組表「黒川敦彦氏へのインタビュー批判に反論!事実や真意は本人に聞くしかない!人々に重要な情報を伝えるのが仕事であって、相手が善人か悪人か凡人かは問わない。それが、ジャーナリストの仕事――『岩上安身による「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表・黒川敦彦氏、加藤慶二弁護士、岸本英嗣弁護士インタビュー』を本日中にアップいたします。/女性記者へのセクハラ発言が問題となっていた財務省の福田淳一事務次官が辞任!しかし週刊新潮の報道に対しては『裁判で争う』と居直り!その5時間後、19日午前0時にテレ朝が異例の緊急会見!! 被害者が社員と判明!!/
『お前は国民の敵だ』という自衛官にも『思うことはあると思う』と言い切った小野寺五典防衛大臣!今の日本は国家総動員法成立前夜か!?」2018.4.19日号~No.2044号~

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

IWJ Independent Web Journal - 岩上安身責任編集

 

« 昔々真実は大切だった | トップページ | 危機は始まったばかりに過ぎない »

Andre Vltchek」カテゴリの記事

NATO」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

 メタボ・カモ様、いつも素晴らしい記事のご紹介下さりありがとうございます。また、このところは日に複数の記事をアップされるなど、ご自身の貴重な時間を割いて下さっていることに深く感謝申し上げます。

 いつものことですが、アンドレ・ヴルチェク氏の記事は心にすっと染み込んでくる気がします。彼が語る言葉には温もりがあり、隣人を思いやる情があり、名もなき民衆の側に一緒に立ち続けてくれる、そんな気持ちにさせる力があります。その記事には何の変哲も無い日常の、子供達の遊ぶ姿の、労苦が刻まれた兵士の笑顔の、美しい大自然の写真が数多く挿入され、私たちの眼を楽しませてくれるのですが、写真として切り取られたその瞬間が幸せの美の頂点ではなかったか、と思わせる力もあります。

 西側の帝国主義者たちは世界中の至る所で名もなき人々からそれら全てを奪い去ってきました。そして、その先の未来さえも奪い取ろうとしています。


 中東中が見つめている。
 世界中が見つめている。


 西側の帝国主義者が働く横暴に抗い、声を上げる人々。かれら被害者の実情はマスメディアを通じて正しく世界に伝えられていない、あるいは全く伝わらない、ということに対する苛立ちと憤り。米英仏の身勝手なやり方に煮え湯を飲まされてきた世界中の人々の「眼」は確実に米英仏に向けられていることでしょう。沈黙させられても「眼」が語るのです。

 そしてその「眼」は、直接の主犯である支配者層にだけでなく、その国家で恙なく平穏な人生を送る名もなき国民達にも向けられていることを忘れてはなりません。名もなき国民達が自らの代表として醜悪な指導者達を選出してきたのです。ある独裁者が言った下記の言葉は、間接民主主義を採用する社会において常に有効です。

 「国民が地獄を味わうのは当然の義務。我々を選んだのは国民なのだから、最後まで付き合ってもらうさ」

 私たちは何を引き換えにこの平穏で豊かな生活を享受しえたのでしょうか。奴隷とは誰のことでしょうか。米英仏が破壊してきた国々の国民のことでしょうか。それとも、マスメディアが垂れ流す情報の洪水、あるいはプロパガンダの下で思考力と判断力を麻痺された西側の先進国の国民のことでしょうか。

 私たちは自分たちの頭でよく考えて答えを出す必要があるでしょう。そして、出した答えには責任が伴うということを決して忘れてはならないでしょう。同調圧力に屈せず自らの信念を貫くことは、それ相応の代償を伴うのです。

奴隷とは誰のことでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/73318696

この記事へのトラックバック一覧です: 欧米マスコミの支配、堕落と原理主義:

« 昔々真実は大切だった | トップページ | 危機は始まったばかりに過ぎない »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ