« 無頓着なロシア人? | トップページ | シリアに関する対決: トランプ 対 将軍 »

2018年4月 9日 (月)

ロシア: いくら振られても、あきらめずあこがれている人

2018年4月6日
Paul Craig Roberts

ロシア外務省は、アメリカが民主主義だと信じるほど洗脳されているのたろうか?! https://www.rt.com/news/423439-russia-sanctions-response-foreign-ministry/ 90%以上ではないにせよ、国民の90%が疎外されている国が民主主義だろうか?! ごく少数の私的権益集団に支配されている国が民主主義だろうか?! ワシントンによるプロパガンダの成功は並外れている。ロシア政府さえもがそれを信じている。

ワシントンによる次々の挑発に対する、常に遅ればせで、常に弱々しく、常にぼやいているロシアの対応が、ロシアは欧米の仲間に入れて欲しくて必死な余り、ロシア政府はあらゆる侮辱を我慢するはずだと、ワシントンに確信させるだけだということをロシア外務省は理解できないのだろうか?

ロシア政府が実現できたのは、ロシア・エリート内の大西洋主義統合主義者が、欧米に仲間入りするため、ロシア主権を売り渡すだろうと、ワシントンに確信させたことだけだ。益々途方もなく無礼なワシントンの挑発が行われ続けている理由はこれだ。欧米に夢中な大西洋主義統合主義者への圧力を高めれば、連中がプーチンを排除するだろう。これがワシントンの戦略、ロシア政府が意味ある対応をしないことで正当化された戦略だ。

ロシアは挑発を無視し、欧米から完全に離脱し、崩壊しつつある欧米でなく、勃興しつつある世界、東方に集中するべきだと自覚している人物がロシア指導部には皆無なのだろうか?

欧米に対するロシアの熱中は実に驚くべきものだ。何度も何度も、更に何度も何度もふられたのに、いまだにあきらめず恋をしている。アメリカ国連大使は、国連出席者に向かって“ロシアは決してアメリカの友人にはなれず”、アメリカは“必要な時に、連中 [ロシア] をひっぱたく”と語ることが可能なのに、RTはこうした敵対的で、あなどるような発言に、アメリカ-ロシア関係改善を期待しているのだ。 https://www.rt.com/usa/423422-us-russia-stalemate-haley/

神よ、ロシアを助けたまえ。

Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/04/06/russia-spurned-lover-persists/
----------

岩波書店の月刊誌『世界』5月号を読んでいる。
特集は"KAROSHI"を過去の言葉に。
緊急特集は、「森友問題」。

最初に拝読したのは、『安倍経済政策を完全否定する』伊東光晴京都大学名誉教授の文章。

88ページの最後の文章をコピーさせていただこう。

文字通り斜陽経済なのである。流動性のワナにはまった斜陽経済である。

次に拝読したのは神保太郎氏の『メディア批評 第125回』

安倍首相は自分が首相であり続けるために、いったい何本のトカゲの尻尾を切ったら気が済むのか

と45、46ページにある。

日刊IWJガイド・番組表「佐川前国税庁長官の証言はボロボロに!? 昨年2月に官邸と財務省との間で不可解な動きが浮上!/【タイムリー再配信】『高度プロフェッショナル』が『金融ディーラー』『コンサルタント』等とは法案には一切記載されていない!  『岩上安身による法政大学教授・上西充子氏インタビュー』を本日20時再配信!/Japan PassingからJapan Nothingへ ~ 孤立する日本に、北朝鮮が『拉致問題は解決済み』と通告!/京都府知事選・西脇隆俊氏が初当選。福山和人氏は敗れるも得票率44%と大善戦!」2018.4.9日号~No.2034号~

« 無頓着なロシア人? | トップページ | シリアに関する対決: トランプ 対 将軍 »

NATO」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/73265390

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア: いくら振られても、あきらめずあこがれている人:

« 無頓着なロシア人? | トップページ | シリアに関する対決: トランプ 対 将軍 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ