« 世界の終わりまで、あと十日 | トップページ | トランプ政権は非常識 »

2018年4月15日 (日)

愚行がこの世の終わりをもたらしつつある

2018年4月11日
Paul Craig Roberts

近づくこの世の終わりに関するジェイソン・ディッツの記事はこれだ。

https://news.antiwar.com/2018/04/10/trump-builds-coalition-for-war-against-syrian-government/

プーチンの宥和政策の失敗をウラジーミル・ソロビヨフが説明している。

https://russia-insider.com/en/breaking-defining-moment-putin-stand-usisrael-empire-chaos-or-fold/ri23052

もし、あなたが、フランス大統領か、イギリス首相だったら、犯罪的なほど狂ったワシントンが、あなたをロシアとの軍事対決に引きずり込むのを許すだろうか? https://www.infowars.com/get-ready-russia-trump-takes-to-twitter-to-threaten-strike-on-syria/

私はそうは思わない。私はどちらでもない。すると、マクロンとメイはどうなのだろう? フランスとイギリスの政府はどうなのだろう? フランスとイギリスのマスコミはどうなのだろう? 元イギリス労働党首相トニー・ブレアが、ジョージ・W・ブッシュ政権のイラク侵略を支持するためにイギリス政府や国民をだましたことに対する見返りで現在1億ドル稼いでいるという記事を最近読んだ。マクロンとメイも同じ金額の約束を得ているのだろうか?

イギリスとフランスの政府にとって、自分たちで防衛する可能性皆無の軍事大国に対し、自国を標的にするなど意味がない。フランス大統領やイギリス首相が、フランスやイギリスだけでなく、ヨーロッパ丸ごとを危険にさらすのを、両国の国民やマスコミがじっと座って見ているなど意味をなさない。欧州連合は一体どうなのだろう? ヨーロッパとしての沈黙だけがあり、そしてそれとともに世界が、全滅寸前に追い込まれている。これは意味をなさない。https://www.globalresearch.ca/taking-the-world-to-the-brink-of-annihilation/5635456

現場に到着したグータの人々や、グータの医師たちも、ロシア専門家も、いかなる化学兵器攻撃の兆候もないと報告している。シリア軍が解放した一般市民に対して、シリアが化学兵器を使っていなかったのみならず、シリア軍によって、グータから追い出されたアメリカに支援された傭兵がしくんだ偽旗作戦も含め、化学兵器攻撃はなかったのだ。言い換えれば、化学兵器攻撃は全くのでっちあげだ。

作り話であることが独自調査で確認されるのを防ぐため、中立の専門家を派遣して、化学兵器攻撃を評価するという主張に、国連安全保障理事会決議でワシントンは拒否権を行使した。ワシントンは一体なぜワシントンの主張を証明するはずの捜査を阻止するのだろう? 明らかに、ワシントンは、捜査がインチキな主張に反証するのを阻止しているに過ぎない。ワシントンの主張はインチキで、ロシアに、戦うか、中東におけるワシントンの覇権を受け入れるよう強制するための口実として利用されていることに全く疑問の余地はない。

化学兵器攻撃があったとしたらどうだろう? 殺害される人々にとって、それが銃弾であれ、爆弾であれ、ミサイルであれ、化学兵器であれ、一体違いがあるだろうか? ヘルファイア・ミサイルの代わりに、化学兵器を使用するのは一体なぜ、それほど悪いことなのだろう? ワシントンとイスラエルが、女性や子供がたくさんいる学校や病院や結婚式や葬儀や市場や住宅をミサイルで吹き飛ばすのはかまわないのに、化学兵器で人々を殺害するのはだめなのだろう? 作り話の化学兵器攻撃、あるいは本物の攻撃を巡って、第三次世界大戦を始める価値が一体なぜあるのだろう?

大半が無知な人々であるアメリカ人は、犯罪的に狂気のワシントン政府が、自分たちの命を危険にさらしていることに全く気付いていない。ロシア人が言っていることが本気で、再び他の頬を差し出して、屈伏する気がなかったとしたら、どうだろう? ロシアが、武力に、武力で応えたら一体何が起きるだろう?

ごく少数のインターネット・サイトしか、この疑問を呈さないのは一体なぜだろう?

Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/04/11/idiocy-bringing-end-world/

----------

昨日のアクセス数、検索エンジンが変更される前の数に近かったのに驚いた。同じ方々の記事を翻訳しているだけなので、一体なぜかはわからない。

国会前デモに多数集まられたのは嬉しいが、「警視庁:国会前デモで男逮捕 機動隊員の胸押した疑い」という記事にうんざり。

大本営広報部、アメリカ政府の言い分の垂れ流し。土曜日ということもあってか、スカスカ呆導。

シリアのインチキ毒ガス事件はさんざん報じるが、イスラエル軍によるパレスチナ人デモ銃撃殺人については、ほとんど報道管制状態なので、昨日は下記インタビューを拝見した。

イスラエルの暴力的建国は公文書公開によって検証された!~「ガザ弾圧の起源!パレスチナの民族浄化『大災厄(ナクバ)』」岩上安身が東京経済大学准教授 早尾貴紀氏に連続インタビュー(第2回) 2018.4.14

森友問題、そもそもの発端、カルト洗脳教育だったことに触れる大本営広報部はほとんどない。ごく少数のインターネット・サイトしか、この疑問を呈さないのは一体なぜだろう?

日刊IWJガイド・日曜版「<新記事紹介>米・英・仏が国連決議もないままシリアをミサイル攻撃!IWJは元外務省国際情報局長・孫崎享氏、東京大学・板垣雄三名誉教授両氏に取材!/『安倍政権の退陣』を求め国会正門前に5万人が集結!『安倍政権は退陣を!あたりまえの政治を市民の手で!0414国会前大行動』/<本日の岩上安身インタビュー録画配信>本日20時より、『森友問題の起源!教育利権・洗脳教育機関の展開は「維新」「日本会議」からはじまった!岩上安身による元維新の党・前衆院議員 上西小百合氏インタビュー』を配信!」2018.4.15日号~No.2040号~

« 世界の終わりまで、あと十日 | トップページ | トランプ政権は非常識 »

NATO」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

チュニジア・エジプト・リビア・シリア・アルジェリア」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

              Bloody nose strike 鼻血を出す程度の攻撃

  昨日の14日に,鳩山由紀夫氏主宰するところの「世界友愛フォーラム勉強会」VTRを拝聴した。講師は孫崎享氏で講演内容は『朝鮮半島有事とトランプ政権(25.3.2018)』(YouTube)であった。旧ソ連が崩壊して米国の敵が消滅したために武器を売る先がなくなってしまった。ために政治的に不安定な国に焦点を当て,悪の視座(イラン,シリア,北朝鮮)を創り出したというお話は大変参考になった。

 さて,孫崎氏の前に鳩山氏からの挨拶があり,「Bloody Nose作戦」のお話があった。その内容は「北朝鮮を対象にした作戦で,本格的な核戦争にはならないが,ちょっとぐらい北の鼻面を殴っても,北は報復しないだろう。だからやってしまえ」という中身で,これを聞いて鳩山氏は「それは困る」と応じたらしい。
  それはともかくこの北朝鮮に対する「Bloody Nose作戦」をシリアに適応したのが今回の3国連合による110発のミサイル発射であったのでは?!と遅ればせながら気が付いた。とすると去年4月の59発のトマホーク発射も「Bloody Nose作戦」の一つであったことが理解できる。
 ロシアの国防大臣は「ロシア人が一人でも殺されたら,ミサイルの発射装置(米仏英の戦艦)も破壊する」と公言していた。そこで3国は,シリア関連施設ならばロシア人は死亡しないからということで関連施設を攻撃した。つまり「ロシアの報復はないが,シリアは報復できないだろう」と読んでいたということになる。いわゆる「グレーゾーン」と桜井ジャーナル(4月12日)が呼んだ隙を突いたのである。

  この「Bloody Nose作戦」に言及する論者やブロガーはいない。小生の知る限り田中宇氏だけで彼は「北朝鮮方式」(Mar.14,2018)とこれを表現している。「Bloody Nose作戦」が「北朝鮮方式」であることが想像できる。

 それはさておき, 「Bloody Nose作戦」が終わった後が問題である。一つに3国がどう出るかであり,二つにロシアが「宥和策」を採るかどうかである。トランプは,これ以上の作戦はないと言っている。しかしロシアの出方は分からない。48時間以内に報復があるかもしれない。理由はいくらでも付く。シリア駐在ロシア兵の安全を脅かした等々。
  レバノン沖でロシア海軍が演習したのは,11-12日。その後は17-19日,25-26日まで。したがって紅海から米仏英の戦艦が出て行くまでの期日を考えれば17日に一番報復の可能性がある。
  小生の見通しがまた誤りであることを望むが,正しければ全面戦争つまり10日以内に世界第三次戦争が始まる。結果は,本ブログで予想されている通りであろう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/73300195

この記事へのトラックバック一覧です: 愚行がこの世の終わりをもたらしつつある:

« 世界の終わりまで、あと十日 | トップページ | トランプ政権は非常識 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ