« 戦争特派員からの新年のメッセージと警告 | トップページ | 2500億ドル以上ものシリア再建費用は誰が払うのか? Eric ZUESSE »

2018年1月 7日 (日)

2018年のイラン

Paul Craig Roberts
2018年1月5日

1953年 ワシントンとイギリスは、民主的に選ばれたモハンマド・モサッデグ政権を打倒し、ワシントンとイギリスのためになるようイランを支配する独裁者を据えた。機密解除された文書で、CIAはイラン政府打倒における役割を認めている。打倒のパターンは、いつも同じだ。ワシントンが抗議行動参加者を雇い、次に暴力事件を引き起こし、言説を支配し、政権を失脚させるのだ。

ワシントンが据えた独裁者を打倒した1979年のイラン革命以来、ワシントンはイラン支配を取り戻そうとしている。2009年、ワシントンは、アフマディネジャド政権打倒の取り組みとして“緑の革命”に資金提供した。

現在ワシントンはまたもやイラン国民に対して仕事中だ。ワシントンが組織した抗議行動が、ホンジュラスやリビアやウクライナやシリアでしたこと、2009年にイランでしようとしたこと、現在ベネズエラでしようとしていることを見た後は、イラン人を信じるのは難しいが、政府に反対し、善意で街頭に出ている可能性もある。これらのイラン抗議行動参加者たちは全く愚かなのか、それとも自国に反逆するよう雇われているのだろうか?

イランは一体なぜ、過去のウクライナや、今のベネズエラのように、政権不安定化を企む外国が資金提供する工作員連中を容認しているのだろう? これらの政権は、欧米に徹底的に洗脳されていて、民主主義というのは政府打倒を企む外国工作員を容認することだと考えているのだろうか?

政府は、欧米売女マスコミにおびえる余り、外国から金をもらっている工作員連中から自らを守るのは困難だと思っているのだろうか?

イランで暴力的抗議行動を引き起こすのに成功し、ワシントンは今、更なる対イラン介入をお膳立てするため、国連安全保障理事会のイランに関する特別会合を利用しようとしている。ワシントンが引き起こした暴力行動は、イラン“人権問題”にすり替えられたのだ。ワシントンは、おとがめなしで済んでしまうのだろうか?

イランの運命はロシアと中国にかかっている。もしワシントンがイラン不安定化に成功すれば、次はロシアと中国だ。ロシアはこれを理解しているように見える。ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務次官は昨日こう述べた。“イラン・イスラム共和国に対する内政干渉の企みをしないようアメリカに警告する”

ロシアはワシントンによるシリア不安定化を容認できないとロシア政府が理解したのと同様、イラン不安定化は容認できないとロシアは理解している。

トルコ大統領もロシアと足並みを揃え、“外国の連中が状況を挑発しているのは明らかだ”と発言した。

これは“彼らの”政府と、CNNやニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストやBBCなどの売女マスコミ・ウソ製造工場によって絶えずだまされているアメリカ人以外の誰にとっても明らかだ。

トランプとヘイリーは、世界に対するワシントンの権力と影響力を台無しにする可能性が高い、大口たたきだ。二人は“逆らう国をメモし”外国指導者連中への収賄を認め、あきれはてた威嚇をしている。もしこれで世界が目覚めなければ、他に目覚めさせるものなど皆無だ。

Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/01/05/iran-2018-paul-craig-roberts/
----------
尊敬する先輩からの賀状に西郷人気を喜ぶ添え書きがあり、がっかり。彼の出身地を忘れていた。

『竜馬がゆく』『花燃ゆ』。そして今年、明治150年慶賀番組?一度も見たことがない大河ドラマ、今回も見ない。

傀儡に忖度する官僚、大本営広報部が跋扈し、傀儡自身は宗主国支配層への忖度に夢中。有名芸人の太鼓持ちが酷い(全く見ていないので伝聞による)が、傀儡と公然と対立し、無理やり投獄監禁され、家族とも面会できなくなっている方々もいる。

大本営広報部ではなく、下記インタビューを拝見しようと思っている。

日刊IWJガイド・日曜版「本日14時30分より、日本の芸人は『忖度のエンジェル』?人工知能の『シンギュラリティ』は来るのか!? 岩上安身による茂木健一郎氏インタビューを中継配信!」 2018.1.7日号~No.1941号~

« 戦争特派員からの新年のメッセージと警告 | トップページ | 2500億ドル以上ものシリア再建費用は誰が払うのか? Eric ZUESSE »

アメリカ」カテゴリの記事

イラン」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

コメント

トランプ政権誕生から間もなく一年。
この間、彼は政権の安定を第一としてきた為、多くの米国民や世界の人々から奇異な目で見られてきたと思います。
兎に角、本人曰く「天才」のやる事は凡人には理解し難い面が多々あるのは確かです。
何事を行うにも、先ずはしっかりと足元を固める事が先決です。
そういう面から見れば、トランプ氏の行動は間違いではなかったと言えるでしょう。

なので私は彼の行動を静観していました。
尤も、私が何を言おうと、何も影響は無いとは思いますが。

少なくとも、彼は善くも悪くも、公約の多くは遂行してきました。
この点は非難する訳にはいかないでしょう。
寧ろトランプ氏の本領が発揮されるのは、これからであり、今後の彼の行動こそ、注視する必要があると言えるでしょう。
そしてこの度、「ヒラリーを逮捕する」というインパクトのある公約が果たされました。
(これに大統領の意思が係わっているかどうかは知らないけれど)
これは評価に値すると私は思っています。

ついでに安倍晋三も逮捕してくれれば、それだけで支持してしまうかもしれません。(笑)
安倍の罪は多々あれど、殆どは国内に限る犯罪なので、国際的に裁く、或いは大統領の影響力によって国際社会に晒していただく事案としては、オリンピック招致に於ける買収事件という事になるでしょうか。
あの事件は、既に多くの人が忘れてしまっている様ですが、(他にも余りにも多くの問題があり過ぎて埋もれているだけとは思うけれど)
IOCの委員が買収されて日本に投票した事は、IOC自身が認めており、既に日本の不正は明らかとなっています。
にも拘わらず、何故かその後は有耶無耶にされ、いつしか人々の記憶から消えてしまったのです。

あれは明らかに日本の不正であり、責任者である安倍の犯罪です。
少なくとも、日本選出は取り消して然るべきです。
それが何故、いまだ放置されているのか?
もはや国際社会全体が狂っているのではないだろうか?

トランプ氏がもし本物だったなら、この国際社会全体の歪みを正す筈です。(希望的主観)
ヒラリーの逮捕という動きは、それを占う一つの目安にはなると私は思っています。
と言うか、そうあってほしいと願うばかりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/72635840

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年のイラン:

« 戦争特派員からの新年のメッセージと警告 | トップページ | 2500億ドル以上ものシリア再建費用は誰が払うのか? Eric ZUESSE »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ