« もしクリントンが大統領になったらトルコはNATOを脱退する可能性が高い | トップページ | ヒラリーは核兵器ボタンに指をおくような性格だろうか? »

2016年10月18日 (火)

本当の人道的危機はアレッポではない

Paul Craig Roberts
2016年10月16日

ワシントンで支配している悪が、シリア国民を虐殺するためにISIL傭兵を解き放った、シリア至るところでの人道的危機ではなく、“アレッポにおける人道的危機”のことばかり聞かされるのは、一体なぜだろう? アメリカと、そのサウジアラビア傀儡が、イエメンの女性や子どもを虐殺しているイエメンでの人道的危機について、なぜ我々は何も聞いていないのだろう? アメリカ政府が国を破壊して、代わりに混乱を残したリビアでの人道的危機について、なぜ我々は何も聞いていないのだろう? 現在で13年続いているイラクにおける人道的危機や、今年で15年目のアフガニスタンにおける人道的危機について、なぜ我々は何も聞いていないのだろう?

アレッポにおける危機とは、そのISIL傭兵がシリア軍とロシア空軍に敗北するというアメリカ政府の危機だというのがその答えだ。オバマと殺人女ヒラリー (“来た、見た、彼は死んだ”)が、シリアを破壊するために送り込んだ聖戦士そのものが破壊されつつあるのだ。オバマ政権と欧米売女マスコミは、“人道的危機”という隠れ蓑で包んで、聖戦士 連中を救おうとしているのだ

こういう偽善は、アメリカ政府の標準だ。もしオバマ政権が“人道的危機”に関心があったのなら、オバマ政権は、シリアや、イラク、アフガニスタン、リビアやイエメンで、人道的危機を画策していなかったはずだ。

我々はアメリカ大統領選挙戦のさなかにあるが、アメリカは一体なぜ民主的に選ばれ、シリア国民が支持している政府を打倒すると固く決めているのかを誰も問うていない。

一体なぜ、ホワイト・ハウスの阿呆に、売女マスコミが“穏健反政府派”として、偽って報じている、アメリカが供給する聖戦士をけしかけて、シリア大統領を排除する権限があるのか、誰も問うていない。

もちろん、アメリカ政府は、この質問に対する納得のゆく答えを持ち合わせておらず、それが、こうした疑問が問われない理由なのだ。

この疑問に対する答えは、アメリカ政府の戦略は、イラン、そして更に、ロシア連邦のイスラム教の各州、旧ソ連中央アジアや、中国のイスラム教の州を不安定化する 安定した政府を、聖戦主義の混乱に置き換えるためのものということだ。イラク、リビアとシリアには、安定した世俗主義の社会があり、イスラム教の宗派間紛争を防ぐべく政府の強権が使われていた。これらの世俗主義政府を打倒すること、そしてアサド打倒のための現在の取り組みによって、アメリカ政府は、テロという混沌を解き放ったのだ。

アメリカ政府が、侵略、爆撃と拷問によって現地に持ち込むまで、中東にテロは存在しなかった。

イギリス議会とロシア政府がオバマが計画していたシリア侵略を阻止すると、アメリカ政府がカダフィ打倒に利用した連中のような聖戦士が、シリアに現れた。アメリカ政府はシリアを直接攻撃することを阻止されたので、アメリカ政府は傭兵を利用した。アメリカ・マスコミのふりをしている売女連中は、アメリカ政府のために、プロパガンダ聖戦テロリストは“アサド独裁”に対抗するシリアの民主的反政府派だと太鼓持ちをした。この見え透いたはなはだしいウソは、余りに何度も繰り返されているため、真実とごっちゃになっている。

シリアは、中東に紛争を持ち込むことに対するアメリカ政府の本来の正当化とは、全く無関係だ。本来の正当化は、タリバンが、当時、腎不全で、パキスタンの病院で死にかけていた“首謀者”オサマ・ビン・ラディンを匿っているというウソを口実に、アフガニスタン侵略に利用された9/11だ。オサマ・ビン・ラディンは、アフガニスタンで、対ソ連工作に利用されたCIAの手先だった。彼は9/11実行犯ではなかった。そして、タリバンも、間違いなく、実行犯ではなかった。

ところが欧米売女マスコミは、ブッシュ政権のウソを隠蔽し、我々は“連中がアメリカ本土で我々を攻撃する前に、連中を外国で打ち破る”必要があるという文句に国民はだまされたのだ。

もちろん、イスラム教徒は、我々をアメリカ本土で攻撃しようとなどしていなかった。もしイスラム教徒が脅威なのであれば、一体なぜ、アメリカ政府は、イスラム教徒に対するアメリカ政府の戦争からの難民として、実に多数の人々を受け入れているのだろう?

9/11は、中東で戦争を始めるためには必要だと連中が書いていた、ネオコンにとっての“新たな真珠湾”だ。ジョージ・W・ブッシュの最初の財務長官は、ブッシュ政権最初の閣議の話題はイラク侵略だったと述べている。これは、9/11以前のことだった。言い換えれば、アメリカ政府の中東における戦争は、9/11前に計画されていたのだ。

ネオコンはシオニストだ。中東を混乱に陥れることで、連中の二つの狙いを実現した。連中は、イスラエルの拡張に反対する組織を排除し、ソ連崩壊が“必要欠くべからざる国”アメリカに遺産として残したと連中が信じている「一方的な権力行使」の邪魔になる、ロシア、イランや中国などを不安定化するのに利用できる聖戦主義者を作り出したのだ。

9/11首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンは、アフガニスタンの洞窟で、対アメリカ・テロ戦争を指揮していたわけではなく、死にかけていた。タリバンは、欧米攻撃ではなく、アフガニスタンにおける支配確立に注力していたのだ。結婚式、葬式や、子どものサッカー試合を吹き飛ばした後、アメリカ政府はイラクへと進んだ。イラクには、アメリカに対して戦おうとする兆しは皆無だった。国連兵器査察官たちは、イラクには、大量破壊兵器など存在しないと語ったが、アメリカ政府は耳を傾けようとはしなかった。アメリカ・マスコミを構成する無節操な連中が、ブッシュ政権が、もし、アメリカがイラクに侵略しないと、核のキノコ雲がアメリカの上に立ちのぼるというイメージを作り出すのを手助けした。

イラクは核兵器を保有しておらず、誰もがそれを知っていたが、事実などどうでもよいのだ。ある狙い、明言されていない狙いが機能していたのだ。政府があえて明らかにしようとしない、その狙いを推進すべく、政府は恐怖を利用した。“連中が、アメリカで我々を殺す前に、我々は連中を、現地で殺害しなければならない。”

そこで、安定した進歩的な国だったイラクは灰塵と化した。

次はリビアだった。カダフィは、アメリカ政府のアフリカ軍には参加しようとはしていなかった。しかも中国は東リビアで油田を開発していた。アメリカ政府は既に、地中海におけるロシアの存在に悩まされており、中国にまで現れて欲しくはなかった。そこでカダフィは排除する必要があったのだ。

次にアサドは、アメリカ政府が始めた反乱に対して、彼が化学兵器を使用したという、でっち上げの証拠ではめられた。アメリカ政府の見え透いたウソは誰も信じなかった。イギリス議会さえも。密かな侵略に対する支持を見出せないので、サイコパス・キラリーは、アメリカ政府がリビアを破壊するために使った聖戦士をアサド打倒のために派遣した。

この時点まで、余りに純朴で、アメリカ政府を信じるほど騙されやすかったロシアは、アメリカ政府が醸成している不安定状態が、自分たちに向けられていることを、とうとう理解したのだ。ロシア政府は、シリアは、越えてはならない一線だと決め、シリア政府の要求に応えて、アメリカ政府が支援する聖戦士と戦うべく、介入した。

アメリカ政府は激怒し、今や、シリアへの露骨な侵略により、ニュルンベルク基準に対する更なる犯罪的違反をすると脅している。そのような無分別な措置は、アメリカ政府を、ロシアとの、またその延長で、中国とも、軍事紛争に向かわせることになる。ヨーロッパは、アメリカ政府が、そのような危険な紛争を始めるのを可能にする前に、ロシア外務省の外交政策と国防会議のメンバーであるセルゲイ・カラガノフの警告に配慮した方が良い。“ロシアは、二度と自国領土で戦うつもりはない。もしNATOが、わが国のような核大国に対する侵略を始めたら、NATOは懲らしめられることになる。”

アメリカ合州国政府が、ひどく錯乱していることに、地球上の全員が怯えるべきなのだ。キラリー-ヒラリーロシアとの紛争を断固推進するつもりなのだ。それにはお構いなしに、オバマ、売女マスコミ、民主党、共和党支配層は、ロシアとの紛争を最大化するであろう人物を大統領執務室に送り込むべく、彼らの力でできるあらゆることをしている。

地球上の生命が、酷く錯乱した連中の手中にある。これこそ本当の人道的危機だ。

注記: ペンタゴン国防情報局長官のマイケル・フリン中将は、インタビューで、ISIS創設は“アメリカ政府の故意の判断”だと述べた。例えば下記を参照。
https://www.rt.com/usa/312050-dia-flynn-islamic-state/ Also: http://russia-insider.com/en/secret-pentagon-report-reveals-us-created-isis-tool-overthrow-syrias-president-assad/ri7364

DIAは、ISISが、イラクとシリアの一部におけるサラフィー主義国を生む結果になると警告した。http://www.judicialwatch.org/wp-content/uploads/2015/05/Pg.-291-Pgs.-287-293-JW-v-DOD-and-State-14-812-DOD-Release-2015-04-10-final-version11.pdf ネオコン・オバマ政権は、ISISをシリアに対して利用すべき戦略的資産と見なしているので、この警告は無視された。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2016/10/16/the-real-humanitarian-crisis-is-not-aleppo-paul-craig-roberts/

----------

大本営広報部、夕方のニュースをたまたま、瞬間見てしまった。シリア、アレッポのアメリカ代理勢力支配地に暮らす人の苦境報告だった。悪いのはシリア政府と、ロシアということになる。視聴料を強制徴収されて、洗脳番組を見せられてはかなわない。

新潟県知事選挙では、反原発・反TPPを主張する候補者が勝った。新潟県民の良識に感激した。個人的な些事だが、たまたま、長年、お米は魚沼のこしひかり。お餅も魚沼。

反原発・反TPPを有権者が志向するなら、東京でも同じことになる可能性はあるのだろうが、事実は、全くそうではない。開発特区、TPP推進の都知事を応援した人物、当然、開発特区、TPP推進だと想像する。それが「安定」だという。大本営広報部を一年中、見聞きしても、この不思議は理解できそうにない。というか、大本営広報部を一年中、見聞きしていれば、開発特区、TPP推進に洗脳される可能性が高そうだ。(紙媒体はよんでおらず、電気洗脳白痴製造番組は、極力見ないので、想像でしかないが。)

その点、今朝の「日刊IWJガイド」冒頭の指摘には大賛成。引用させていただこう。

■■■ 日刊IWJガイド「「プロパガンダ・シリーズ」第2弾!岩上さんが『「日本スゴイ」のディストピア』著者の早川タダノリ氏にインタビュー!戦中から現在に至る日本の『自画自賛の系譜』とは!? /ロシアと北方領土共同統治模索!?日経報道を菅官房長官は『そうした事実ない』と否定!」2016.10.18日号~No.1495号~ ■■■
(2016.10.18 8時00分)

 おはようございます。IWJでテキスト系の仕事をしております、原佑介と申します。

 いまだに新潟県知事選の結果に興奮冷めやらぬ方々も多いかと思います。米山隆一さんの勝利には様々な要因があげられると思いますが、「結局のところ連合と民進党の存在意義は何なのか」ということも考えておきたいところです。

 新潟県知事選において「自主投票」を決めた民進党。党所属の国会議員などが個人として次々応援に駆けつけたものの、最後まで党組織として正式に米山支援を鮮明にすることはありませんでした。「民進党を飛び出したことが逆によかった」という声も市民からは聞かれましたが、実際に民進党抜きの3野党連合と市民の共同で選挙に勝てるなら、民進党の存在意義はどこにあるのでしょうか。

 民進党が自公推薦の森候補に対して独自候補を出さず、「不戦敗」を選ぼうとしていたのは明らかでした。民進党の最も強力な支持母体は連合です。その連合新潟の主力をなす電力総連(東電など電力会社の社員の労働組合)の、「原発再稼働反対の候補は応援できない」という姿勢に左右されたことは否定できません

 今回、連合新潟は「中立」ではなく、はっきりと自公推薦の森民夫候補の応援に回りました。電力総連に対して、何の幻想ももつことはできません。

 彼らは原子力ムラの欠くべからざる一員であり、自分たちの雇用と生活が第一なのです。電力総連抜きの連合、あるいは連合抜きの民進党、というのは想定できないのでしょうか。自民党・原子力ムラと一体不可分の電力総連は、今回のように自民支持の組織として、連合を抜けて、堂々と表立って与党候補を応援したらどうでしょうか。

 現在、東京10区と福岡6区で衆院補選が行われており、どちらも野党は民進党の候補者に一本化しています。が、状況は劣勢のようです。

 週明けの昨日、各社が一斉に最新の世論調査の結果を発表。いずれも「東京10区は自民の若狭勝氏が安定、福岡6区は自民系で故・鳩山邦夫氏の息子・鳩山二郎氏優勢」と報じました。

※東京10区若狭氏安定 福岡6区は鳩山氏優勢 情勢調査(朝日新聞)

http://digital.asahi.com/articles/ASJBJ4RPNJBJUZPS002.html

 東京10区で若狭勝氏が「安定」という表現をみるにつけ、民進党・鈴木庸介候補はかなり引き離されていると思われます。また、福岡に至っては、自民党から鳩山候補以外にも自民の蔵内謙氏が立候補しており(建前としては無所属です)、完全な自民分裂選挙となっていながら、現状では民進党新人・新井富美子氏が苦戦を強いられている状態です。

 今回の補選では、形式上は「野党統一候補」となっているものの、野党間で政策協定は結ばれず、共産党などは推薦を出していません。これには、できるだけ「共産党色」を抑えたいという民進党の意向があるようです。

 「共産党を排除し共産党色を薄めれば、保守の票が取れる」というのが、これまでの民進党の、特に「共産党アレルギー」の右派議員らの主張でした。典型的なのが長島昭久議員の主張です。岩上さんが2015年10月6日に、長嶋さんに直接単独インタビューし、「保守票を取り込むべきだ」という主張を聞き出しています。ぜひ、以下のURLでご視聴ください。

※「右へウイングを広げて、政権交代に向けた戦略を描いて行くべき」!?共産党捨身の「野党共闘」に反対し、安倍政権の「解釈改憲」を合憲と主張する民主党右派・長島昭久議員に岩上安身が直撃インタビュー!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/268897

 連合の神津里季生会長も今月11日、こうした補選における民・共の協力関係について、「まっとうなこと」と強調し、夏の参院選で共産党から推薦を受けたことで「逃げる票が相当あった」と主張。次期衆院選もこの補選がモデルとなるとの考え方を示したそうです。

※<衆院選>連合会長 推薦なしで野党共闘を(河北新報)

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161012_11059.html

 しかし、共産党色を抑えながら、共産党候補にはおりてもらいつつ、共産党票をアテにして、民進党の現執行部ののぞむ万全の形ができたわけですが、そのあげくどうなっているでしょうか?まだ結果は出ていないにせよ、補選は劣勢です

 民進党や連合は何か勘違いしているのではないか?そんな気がするのは我々だけではないでしょう。

 民進党、連合抜きの新潟県知事選で野党3党の推す無所属候補が勝利し、民進党が前面に立ち、連合が支え、共産党に後ろに引っ込んでもらった補選では、まったく風が吹いていない――民進党や連合はこの誰の目にも明確な「現実」を直視できないのか、はなはだ疑問です。この点、IWJは蓮舫代表に会見で直接確認したいと考えています。

 次の衆院選では、改憲勢力の議席数を「3分の2」以下にできれば、憲法改正は遠ざかります。時事通信などは「野党共闘で47選挙区逆転=自公、3分の2割れ-前回衆院選で試算」とも報じていますが、やはりやり方次第では市民が「ターンオーバー」できる可能性も全然あるわけです。

※野党共闘で47選挙区逆転=自公、3分の2割れ-前回衆院選で試算

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016100800039&g=pol

 新潟県知事選も終わった今、岩上さん判断のもと、IWJは衆院補選に力を入れていきたいと考えています。やるべきことは、改憲勢力が占めている3分の2の議席を、何が何でも割り込ませること。民進党は、「民進党が単独で強くなり、単独で政権交代を目指す」などといっていますが、それはまったく現実味のない寝言に過ぎません。

 重要なのは、立憲主義を粉々に破壊する「自民党改憲草案」を掲げる安倍政権の改憲を未然に防ぐことであって、そのためには民進党にも踏ん張っていただかなければならなりません。それは皆さんも同じ気持ちでしょう。

 IWJはそんな皆さんの思いにこたえ、全力でこの補選も報じていきます!!!!!!!

 ・・・と言いたいところなのですが、とにかく今のIWJは経営難で、にっちもさっちもいかない状況です…。昨日の日刊IWJガイドで、城石エマ記者が「現在(10月16日時点)の会員数は5924名様と、再び6,000名様を割り込むことになってしまいました」と書きましたが、これは誤りでした。お詫びのうえ、訂正させていただきます。申し訳ございません。

 正確には、16日時点で5713名様となっており、昨日17日時点では5722名様となっております。15日までに前月の会費をお支払いただけなかった211名の会員様へのサービスのご提供を一時的に停止させていただいた結果、今月もガクンと減ってしまった次第です。

 エマ記者が挙げた「5924名様」という数字は、15日にサービス提供の一時停止を行う直前の数字です。つまり、一時は6000人を超えていた会員数も、今では6000人を大きく下回ってしまっているんです…。

 これでは、大きな取材をしようにも、なかなかその一歩を踏み出すことが難しい…。どうしても「赤字になってしまったらどうしよう」と躊躇いがちになってしまいます。

 新潟県知事選でも、新潟日報の偏向報道や民進党の煮えきらなさなど、もっとも追及し続けたのはIWJだと自負しています!まだまだやれる!やるべきことはある!と思っています。IWJのメーリングリストには、岩上さんが巻き込んだ企画案があふれかえっています。アイデアもネタもある。しかし、実現できる人手と財源が足りない…。悔しい限りです。

※「ドラム缶に入って川に浮かぶ」という陰湿な恫喝が――。新潟県知事選への出馬を撤回した泉田裕彦知事に岩上安身が単独インタビュー! 地元紙「新潟日報」との確執や米山隆一・野党統一候補の応援の可能性にせまる! 2016.10.11

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/337783

※新潟県知事選挙でさっそく露呈した「蓮舫路線」のリアル!野党共闘候補の容認を頑なに拒否した民進党の内部事情に迫る!~「泉田路線」の継承を鮮明にした米山隆一候補への岩上安身による緊急単独インタビュー! 2016.9.28

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/334635

 また、東電の広告を掲載し、執拗に泉田裕彦新潟県知事を攻撃してきた新潟日報の偏向報道について、この間、岩上さんが強く批判し続けていますが、本日は政治的「プロパガンダ」の実態を考察する著書『「日本スゴイ」のディストピア』『神国日本のトンデモ決戦生活』などの著書がある早川タダノリ氏に、岩上さんがインタビューします。ぜひご覧ください!平山記者が後ほど詳しく紹介します。

 大手メディアがだらしない今、衆院補選、そして年明けにも行われるとささやかれている解散総選挙でIWJが全力疾走するためにも、どうかIWJを会員としてお支えください!

 心からよろしくお願い申し上げます!

※IWJ定額会員へのご登録はこちらから

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 そして、IWJの活動費は会費だけでは賄えません。皆様からのご寄付・カンパがIWJの活動維持のためには欠かせません!あらゆる経費を削減し、さらに支出を見直している最中ですが、どうかこれからもIWJが活動を続けられるよう、可能な範囲でご寄付・カンパをよろしくお願いします!

※ご寄付・カンパをどうぞお願いいたします!

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

« もしクリントンが大統領になったらトルコはNATOを脱退する可能性が高い | トップページ | ヒラリーは核兵器ボタンに指をおくような性格だろうか? »

ISISなるもの」カテゴリの記事

NATO」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

チュニジア・エジプト・リビア・シリア・アルジェリア」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

果たして、どうでしょうか?

ムサシの票読み取り気を使って不正選挙やってるって わかってるのに
どうやって当選できたのか?

(自由民主党→)
(日本維新の会→)
(維新の党→)
(民進党→)
無所属
医師で弁護士、ハーバードにも行った。

東海村JCO臨界事故被害者の担当医だった
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%B1%B1%E9%9A%86%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)

という点から信用したいですが
所詮は<政府は会社>極悪売国詐欺横行中の日本です。
http://insidejobjp.blogspot.com/2012/12/blog-post.html

利権政治でしかない<議会制民主主義>自体が詐欺なのに、
いつまでも、自分たちが直に果たすべき責任を代議士という代理人に
渡してきたから、現在のように腐敗し切った世の中になったのでしょう。
http://insidejobjp.blogspot.com/2016/06/or.html

いつになったら、その根本に目覚めて
本当に効果ある方法で反撃を始めるのでしょうか>日本国民よ!?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/68003970

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の人道的危機はアレッポではない:

« もしクリントンが大統領になったらトルコはNATOを脱退する可能性が高い | トップページ | ヒラリーは核兵器ボタンに指をおくような性格だろうか? »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ