« ロシアは、ブラジルの運命から学ぶことができるだろうか? | トップページ | 冷戦を復活させよう »

2016年10月 2日 (日)

プーチン大統領の国産ソフト使用の呼びかけで、モスクワはMicrosoft Outlook使用を廃止

公開日時: 2016年9月27日 14:08

RT


.モスクワ知事庁舎 © A.Savin / Wikipedia

ロシア首都の官庁は、アメリカ製ソフトウエアを、ロシア製代替品で置き換えることを計画している。その第一歩として、モスクワの官僚約6,000人が、企業電子メール・システムとして、Microsoft Outlookではなく、MyOffice Mailと呼ばれるものの使用を開始することになっている。

更に読む
20の著名なロシア機関が、組織的な作戦により、スパイ・マルウエアで攻撃された - ロシア連邦保安庁

ウクライナ危機を巡るモスクワと欧米との関係が悪化の後、安全保障上の懸念から、ロシア当局が使用するコンピューターから外国ソフトを一掃するという考え方を、ウラジーミル・プーチン大統領は支持している。

3月、ロシア大統領は、2016年下半期から、国が支援している全ての企業は、ロシア・ソフトに切り替えるべきだと述べていた。公共機関が外国ソフトを購入したい場合には、まず、特別な登録機関に相談し、類似のロシア製品がないことを確認しなければならない。もし、ロシア製の代替製品があれば、公共機関は、なぜロシア・ソフトが用途にあわないのかを説明しなければならない。

来年、モスクワでは、600,000台ものパソコンで、ロシア企業New Cloud Technologies社が開発したソフトへの置き換えを拡張する予定だと、ロシア通信会社ロステレコムの情報技術本部長アルチョム・エルモラーエフは述べた。Microsoft Windowsと、Officeも、将来、廃止される可能性があるとも、エルモラーエフは述べた。

ニコライ・ニキフォロフ通信情報大臣によれば、ロシアは外国ソフトに、毎年約200億ルーブル(3億ドル以上)費やしているが、ロシア企業は同様なITソリューションを政府に提供する用意ができているという。

記事原文のurl:https://www.rt.com/business/360821-microsoft-outlook-moscow-government/

検索してみると、New Cloud Technologiesというのは英語訳社名で、元のロシア語名があり、MyOfficeも、元のロシア語名称がある。
http://ncloudtech.com/

主権国家としては、ごもっともな選択肢。一方、TPPを推進しているこの属国では、こうした選択肢は完全に排除される。ISDS条項。大本営広報部、別名、マスコミは、TPPのおそろしさには絶対に触れない。

冷静に考えれば、主権喪失の危険性、豊洲の土壌の危険さより、遥かに深刻、かつ明白と思うのだが。

電車の中で、隣の男性が読んでいた経済紙、シンガポール首相が来日して、TPP批准を進めるようせっついているという記事をちらりとみた。この人物、アメリカにもとんで、大統領と早く批准しましょうと宣伝している。TPP加盟で、日本も、シンガポール同様全員が英語しか話さない国にたることだけは確実。

大本営広報部の漱石ドラマ、第二回、精神のおかしくなった漱石、「イギリス人の母国語を勉強して何になる」と叫んだ。史実かどうかは別として、漱石は、日本で大学教育が、日本語でできることこそ、日本文化向上の結果の素晴らしいことで、大学教育が英語で行われたのを懐かしく思う精神を批判している。英語の達人の賢明な洞察。今頃、漱石は、歯ぎしりしているだろう。

ということで、TPP批准反対運動を推進しておられる組織からの情報を転載させていただこう。

転載始め

臨時国会が始まり、4月に流れたTPP協定と関連法案の批准審議も再開します。今
のところ、予算審議を終えた10月中旬からTPP協定審議に入るといわれています。
国会初日から誤訳が見つかったり、昨日は「強行採決する」と発言する自民党議
員が出るなどのっけから問題続出です。
PARCをはじめこれまでTPP協定批准阻止に取り組んできた団体・個人は今後集中
的に活動していきます。
その一環として「TPPテキスト分析チーム」は、このたび週2回発行のメルマガを
配信することになりました。無料でどなたでも簡単に登録できます。
PARC会員MLでも流していきますが、ぜひ周りに登録をすすめていただければと思
います。
★登録は下記のウェブサイトの右上から簡単に登録できます。
http://notppaction.blogspot.jp/

さらに明日、10月1日(土)には下記案内にもありますように、分析チーム報告
会を開催します。こちらにもぜひご参加ください。

内田聖子


(転送・転載大歓迎)
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
■■     \\  メールニュース TPP批准にSTOP! Vol.1  //  ■■
■           9月28日発行              ■                        


※このメールニュースはこれまでTPPテキスト分析チームのブックレットや集会
にご参加くださった皆様をはじめTPP阻止の取り組みでご一緒した皆さまにお送
りしています。ご不要な場合は管理者充て(末尾)にご連絡ください。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ いよいよ9月26日から臨時国会が開会 国会に向けての取り組み
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

臨時国会の最大の焦点はTPPとされ、会期は11月末に予定されています。
しかし、場合によっては強行採決もありうるという声も聞こえます。野党も徹底抗戦の構えです。

これまでTPP批准阻止に取り組んできた幅広いネットワークは、下記の通り10月5
日から毎週水曜日に院内外で行動を行います。ぜひご参加ください!

◆野党議員による国会報告&議員会館前アクション
10月5日(水)~11月30日(水)※11月23日は休み

●17時~18時・国会報告と意見交換(議員会館内会場)
●18時半~19時半・議員会館前抗議行動
  ※10月19日は総がかり行動のため、1時間早めます)

●会場:10月5日(衆院第2議員会館多目的会議室)  
   10月12日(衆院第2議員会館第一会議室)
   10月19日(衆院第一議員会館多目的ホ-ル) 
   10月26日(予定:衆院第1議員会館多目的ホ-ル)
   11月2日(衆院第2議員会館多目的会議室)  
   11月9日(衆院第2議員会館多目的会議室)
   11月16日(衆院第2議員会館多目的会議室) 
   11月30日(予定:衆院第1議員会館多目的ホ-ル)

●呼び掛け:TPPを批准させない!全国共同行動(超党派の呼びかけ人20名、
9月23日現在賛同団体102団体のネットワ-ク)
http://nothankstpp.jimdo.com/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃国内の様々なアクション
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】第3回TPPテキスト分析チ-ム報告会
「みんなで語ろう!そうだったのかTPP」

日時:2016年10月1日(土)13時~16時45分(開場12時半)
場所:主婦会館プラザエフ 9階スズラン(160席) JR四ツ谷駅・地下鉄丸ノ内線四谷駅直ぐ
会場地図はこちら⇒ http://plaza-f.or.jp/index2/access/ <http://plaza-f.or.jp/index2/access/>
資料代:1000円(分析報告書ver6とブックレット込み)

●プログラム案
13:00~13:50 テキスト分析チームによるブックレットに沿った解説
14:00~14:50 セッション1 グループ討論
      ※参加者が各グループに分かれてレク・議論を行います。
        各テーマには分析チームメンバーが入り皆さんからの疑問にもお答えします。
      1.食の安心・安全-GMO、BSE、添加物はどうなる?
      2.投資-企業が国家を訴えるISDSの危険性は?
      3.金融-私たちの預貯金が狙われている?
      4.農業・漁業・林業-私たちの暮らしを支える基盤の危機
      5.医療・保険・共済-皆保険や助け合いの金融はどうなる?
      6.国有企業・政府調達-公共事業が変わる?地域経済への打撃は?
      7.知財問題・電子商取引-アメリカ型の訴訟社会の到来?個人情報は大丈夫?
15:00~15:50 セッション2 
      ※上記テーマで、参加者はグループを変えてもう1セッション
16:00 まとめのセッション 各グループからの報告とまとめ
16:45 終了

共催:TPPテキスト分析チ-ム、主婦連合会
詳細は⇒http://notppaction.blogspot.jp/2016/09/tpp-tpp.html
事前申し込みフォ-ムは⇒http://form1.fc2.com/form/?id=877619 <http://form1.fc2.com/form/?id=877619>

【2】10月15日(土)TPPを批准させない!10.15一万人行動
進行:11時半~12時プレイベント
   12時~13時15分中央集会
   13時半~16時(最後尾)銀座デモ
会場:港区芝公園23号地※地図・デモコ-スは添付資料のチラシ参照
   詳しい地図は⇒ https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map001.html
  (都営地下鉄・三田線・芝公園駅徒歩2分、同御成門駅2分、都営浅草線・
大門駅5分、都営大江戸線・赤羽橋駅2分)
 呼び掛け:TPPを批准させない!全国共同行動(超党派の呼びかけ人20名、9月23日現在賛同団体102団体のネットワ-く)
※詳細:http://nothankstpp.jimdo.com/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃大好評で6万部突破!ブックレット「そうだったのかTPP]
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TPPテキスト分析チームが8月に刊行したブックレット「そうだったのかTPP」は
発売以来、全国から注文が相次ぎ、増刷を続け6万部に達しています。学習会な
どでご利用いただいていますが、まだまだ多くの方にお読みいただきたいと願っ
ています。

※TPPの中身をわかりやすく、24つのQ&A方式でまとめています。学習会やイベン
トでTPPの問題を考えるテキストとしても最適です。
※本ブックレットは、1部100円(送料別、注文は5部以上)で販売しております。
また全ページ、PDF版で閲覧可能です。

ぜひお読みいただき、TPPについて考えるきっかけとしてご利用ください!
★詳細・ご注文は→ http://notppaction.blogspot.jp/2016/08/tppq.html


■□■…………………………………………………………………………………
編集後記
このたび「TPP批准にSTOP!」メールニュースを開始しました。秋の臨時国会に
向けての全国的な関心を少しでも高めるため多くの皆さんに情報を発信したいと
いう思いからです。特に国会会期中はどうしても東京中心になりがちですが、各
地で活動する皆さんに国会周辺での取り組みをお伝えし、逆に各地からの情報も
できるだけ発信しようと考えています。今回は集会やデモのご紹介が中心でした
が、今後は海外情勢や分析なども充実させていきます。
ぜひ周りの方にもメールニュース登録をすすめていただき、皆さまの地域での活
動に役立てば幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
内田聖子
…………………………………………………………………………………■□■

===============================

【編集】アジア太平洋資料センター(PARC) 内田聖子/柴田麻里
【発行】TPPテキスト分析チーム
●毎週火曜日・金曜日発行
※本メールニュースはウェブサイトでも掲載しています。
 http://notppaction.blogspot.jp/
※登録は無料です。どなたでも登録可能です。ぜひ周りにお勧めください!
※配信停止をご希望の方は下記のリンクをクリックしてください。
http://www.parc-jp.org/tpp_mailer2016/reg.cgi?reg=del&email=office@parc-jp.org
--------------------- Original Message Ends --------------------

∴∴*∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴*∴∴∴*∴∴∴∴*

Pacific Asia Resource Center(PARC)
Uchida Shoko
3fl.Toyo Bldg. 1-7-11 Kanda awaji-cho Chiyoda-ku Tokyo JAPAN
Tel:+81-3-5209-3455 Fax:+81-3-5209-3453 E-mail: kokusai@parc-jp.org
HP http://www.parc-jp.org/

特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
事務局長 内田聖子
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: kokusai@parc-jp.org
HP http://www.parc-jp.org/
Twitter:http://twitter.com/uchidashoko

転載終わり

« ロシアは、ブラジルの運命から学ぶことができるだろうか? | トップページ | 冷戦を復活させよう »

TPP・TTIP・TiSA・FTA・ACTA」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

パソコンのOSと言えば、JAL123便墜落事件を思い出しますね。
JAL123便には、東芝のOS開発チームが乗っていたという話です。余談ですが坂本九さんも乗っていて、世間一般では、そちらの方が話題になっていた様に思います。

たまたま東芝のOS開発チームが搭乗したジャンボ機が、たまたま整備不良だった為、圧力隔壁の金属疲労によって垂直尾翼が破損した事が事故の原因だった、事になってますが・・・
当時、御巣鷹山へ真っ先に駆けつけたライダーの証言は違和感だらけだったとの事。
この国はトコトン、国家独立の芽を潰されてきたんですねぇ。

昨今では、STAP細胞事件が記憶に新しいところですが、あの事件も不思議でした。
理研は何者かの圧力を受け、わざと時間稼ぎをしていた、というのが真相でしょう。
そしてそのカラクリを知る者は自殺という形で消した訳です。
そうこうしている間に米国の在る大学が特許を申請、横取りという結末でした。
「重要な技術は絶対に日本には持たせない」という、何者かの意志が強く感じられるものです。

そうした事を可能にしているのは、国のトップが傀儡という状況を作り維持してきた戦後日本政治の構造なのであり、、現在の傀儡である安倍忠犬は、傀儡を通り越してスパイ工作員としか思えません。
奴は生まれた時から傀儡となる事が決まっていたのです。
祖父岸信介を遥かに凌駕する売国ぶりは、幼少の頃からの徹底した洗脳によって育まれたものである事は、奴の異様なサイコパスぶりを見れば明らかです。

そして今般、日本国解体の総仕上げを成し遂げる事で、奴は最大の忠誠を示そうとしているのです。
原発、戦争法、改憲、危機は様々あるなれど、その全てに共通しているのは、日本の国富、国土、国民の健康生命財産、その全てを奪おうとする連中による仕掛けなのだという事です。
その最たるものがTPPであり、これが成功すればRSEPに連結し、TTIPの推進にも弾みがつき、更にTiSAへと発展させようとの思惑は明白です。

つまりTPPは、世界全体が世界支配層によるワンワールド体制へと移行する為の入り口なのです。
批判を恐れずに言うならば、TPPに比べたら、他の問題は危機の内に入らない、と言っても過言ではありません。(改憲などはTPPとセットだけどね)
個人的な見解で言わせていただくならば、豊洲も要らないし、オリンピックも要りません。
なぜなら、オリンピックが如何に国際的地位をアピールするパフォーマンスであったとしても、内実はTPPで国家そのものが永久奴隷では、何の意味も無いし、奴隷国の上に暮らす人民は最早、生きている意味すら無くなってしまっているからです。

TPPで国家の何もかもを失い、そこに暮らす人民は劣悪な環境の中で奴隷労働に明け暮れ、与えられた毒餌を食らい、毒薬を投与されて廃人にされたり、金も持たず用の無くなった者は放置、または処分、一方、移民による暴動、略奪、強姦は対処不能に陥り、阿鼻叫喚の地獄社会に至る事は、普通の思考力を持った人ならば容易に想像できるのではないかと思う訳ですが・・・。

残念ながら、世間一般は、未だTPPというものの存在すら知らないというのが現状のようです。
マスコミの偏向報道、オリンピックなどの明るい話題や、政府にとって差し支えない話題で国民は目晦ましされている状態ですから、民衆がTPPに関心を示す事は稀です。
もはや絶望しかありませんが、残された時間、やれる事を只管続ける事で、後世に生きる子供たちに対する申し訳とする他はないと思います。

いつも貴重なニュースを翻訳して 知らせていただきありがとうございます。ときどき記事の原文を コピーして英語の仲間と読んでいます。「偏っている」と嫌がっている人もいますが。

今日のニュースは痛快ですね!ロシアはやりますね!

私はパソコンを操作しながら、いつも私を監視している外部の眼を 感じています。1年半前に PCを買い替えました。そのとき、設定がとても難しいから、店に任せないとダメですと 言われ、5万円ほど(高過ぎ)余分に払いました.長男の「それは高齢者詐欺だ。すぐ解約して パソコンだけを持って帰って来て」という指示があり 従いました。長男が来て、設定を全部やってくれました。「追跡しないportal site」というので、「duck duck go」(中国系?)という検索エンジンをいつも使っています。ところが、購入して数日後から「msn」というのが ネットの最初の画面に現れて、それを優先的に 使わせようとします。まるでパソコンを乗っ取られたようです。それを消す方法が分からず困っています。いつか長男に聞かなければと思います。

これを書いているのも ちゃんと監視している眼があるのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/67759180

この記事へのトラックバック一覧です: プーチン大統領の国産ソフト使用の呼びかけで、モスクワはMicrosoft Outlook使用を廃止:

« ロシアは、ブラジルの運命から学ぶことができるだろうか? | トップページ | 冷戦を復活させよう »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ