« 左翼は一体どうなったのだろう? | トップページ | ロシアは、ワシントンの挑戦に耐え抜けるだろうか? »

2016年8月24日 (水)

TPPを推進するオバマ : エセ情報とデマ宣伝が彼の戦略

スティーブン・レンドマン
Global Research
2016年8月18日

アメリカの貿易協定は、雇用絶滅の大量破壊兵器だ。貿易協定は、基本的な経済的、社会的構造破壊する。生態学的な健全さは、どうでも良いのだ。

TPPがアメリカの法律として発効するのを阻止することが、労働年齢の全てのアメリカ人と、その家族にとって極めて重要だ。

オバマは議会を引き入れて、成立させるべく、公に攻勢に出ようとしているのだ。昨年10月、毎週のラジオ演説で、彼は大げさに宣伝した、うんざりするほどのデマ宣伝を盛り込んで、任期中、終始、国民の信頼を裏切ってきた彼の手口の一例だ

(昔も今も) TPPは“アメリカ人労働者にとって望み得る最良の協定だ。”と彼は主張する。

事実: TPPは、忌まわしい、雇用、賃金と社会保障を破壊するものだ。オバマは、もちろん、それを知っているが、lied真実の逆を主張して、ウソをついている。

オバマ: TPPは“アメリカ企業に、より多くの彼らの製品を(外国で)売れるようにして、 国内の良い雇用を拡大し、維持できるようにする。”

事実: “アメリカ企業”は、既に移転したよりも多くの雇用を海外移転するために、TPPを立法化したがっているのであり、アメリカ国民の底辺への競争を加速する。

オバマ: “時代遅れの貿易ルールが、わが国の労働者を不利な状態に置いている。そして、TPPは、それを変えるのだ。”

事実: TPPは反労働者的、反消費者的で、失うには余りにも重要な、不可欠な自由に反する。

オバマ: TPPは“パートナー諸国を、高い標準に維持し、世界経済の約40%を占める地域全体の賃金を上げる。”

事実: TPPは、全ての調印国、特にアメリカで法律として発効すれば、公正さと公平さの基準を低下させる。

オバマ: TPPは、“公正なルールのもとで、アメリカ人労働者や企業に公平な機会を与えることを意図している…”

事実: TPPは、労働者の権利や、基本的自由を犠牲にして、大企業の利益を優先する。

オバマは、TPPは、過去の貿易協定の罪を取り消すと主張している。TPPは、そうした罪を、ステロイド入りで強化する。“TPPは、史上最強の労働者の権利を盛り込んでいる”と彼は言った。ウソだ!!

“TPPは、史上最強の環境基準を盛り込んでいる。” ウソだ!!

“この協定がなければ、中国のような、我々の価値観を共有しない競争相手が、世界経済のルールを書くことになるだろう。” ウソだ!!

アメリカ企業が何百万ものアメリカの雇用を海外移転した罪を、彼は中国や他の低賃金国になすりつけた。

TPPは、アメリカを、何らかの雇用にありつける大半の労働者向けの他の低賃金サービス雇用とともに、メイドや、ウエイトレス、メッセンジャーボーイ、ファースト・フード労働者、清掃員、バスやタクシー運転手の国へと変えるプロセスを大きく加速する。

オバマ、破壊的なTPPを売り込む彼のメッセージを伝えに、様々なアメリカの都市を訪れるつもりだ。もし、これがアメリカの法律になれば、経済と財政的福祉が、既にオバマと彼の後継者が、TPPがあろうとなかろうと維持し続けるネオリベラルの過酷さで、苦しんでいる労働年齢のアメリカ人の権利、福祉と、彼らの家族の将来に反するものになる、史上最も破壊的な協定について、彼は欺瞞的にウソをついている。

8月2日、ホワイト・ハウス・イースト・ルームでの記者会見で、オバマはずうずうしくも“私は大統領で、私はTPP支持だ”と述べた。彼は、今年末、法案を正式に議会に提出するつもりだ。

TPPは猛反対に直面しており、できれば法案を潰すほど強力であることを願いたい。グローバル・トレード・ウォッチのような進歩的団体が、TPPに反対する戦いを率いている。

グローバル・トレード・ウォッチは、TPPの途方もない危険性を、TPPを発効させれば“我々の日々の生活や、我々の政府に対する、大企業権力を拡張する。”と強調している。

TPPは“大企業が雇用を海外に移転するのを、より容易にする。” TPPは“アメリカ市場を危険な食品で溢れさせる。”

TPPは“90%のアメリカ労働者の賃金引き下げをもたらす。” TPPは“極めて重要な環境政策や温暖化政策を弱体化させる”

TPPは“ 医薬品価格を(これまで以上に遥かに)押し上げ、巨大医薬品企業に、更に大きな権力を与える”

TPPは“アメリカを、既知の人権侵害者連中と、より密接に結びつける。”TPPは、圧倒的大多数の国民の利益に反する“政府と大企業間の連携協定”だ。

TPPは、許すには余りに破壊的な、法外に不当な貿易法規だ。

“TPPを止めろ”と、グローバル・トレード・ウォッチは強調している!

スティーブン・レンドマンはシカゴ在住。lendmanstephen@sbcglobal.netで彼に連絡できる。

編集者、寄稿者としての新刊書は“Flashpoint in Ukraine: US Drive for Hegemony Risks WW III.”

彼のブログはsjlendman.blogspot.com.

http://www.claritypress.com/LendmanIII.html

著名ゲスト達との最先端の議論を、Progressive Radio NetworkのProgressive Radio News Hourで聞くことができる。

本記事初出はGlobal Research
Copyright  スティーブン・レンドマン、Global Research、2016年

記事原文のurl:http://www.globalresearch.ca/obama-pushing-for-tpp-misinformation-and-big-lies-his-strategy/5541410

----------

あのマリオだか、魔利夫だか、土管をくぐり抜けて、リオに出現する下らなさにあきれた小生、読みの甘さを露呈したと、今は、汗だくの思い。ほとんど、暑いせいが理由。

原発メルトダウンの深刻さを表現するのに使われるチャイナ・シンドローム現実版。

リオ・シンドロームを世界に宣伝する画期的教育宣伝だった。頭が良い人はいるものだ。

大本営広報部の洗脳・白痴製造番組ではなく、覚醒のための番組をご覧頂きたい。

TPP 山田正彦さんとランチ会 2016.8.22

TPP交渉差止・違憲訴訟の会の山田正彦氏の新刊

ついに完成『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』

アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!hontoでも購入可能。

このブログの、TPP関連翻訳記事リストは下記。

TPP主要記事リスト

 

« 左翼は一体どうなったのだろう? | トップページ | ロシアは、ワシントンの挑戦に耐え抜けるだろうか? »

TPP・TTIP・TiSA・FTA・ACTA」カテゴリの記事

オバマ大統領」カテゴリの記事

コメント

TPPはオバマも安倍も全力で批准を強行しようとしていますね。
この山田正彦さんのランチ会での動画を観て、改めて死刑判決の日が近づいている事を実感させられ、鬱な気分のやり場がなくて、またまたコメントさせていただく事にしました。

今回は医療について少々。
3週間ほど前、虫に刺されたのが元で大変な思いをして、現代医療の仕組みというものを体感する事となったのは、皮肉な事でした。
多国籍企業は異業種間同士でも利害によっては協力関係を構築し、社会資本を搾取する仕組みを国家に植え付けてきたのだという事を実感した思いです。

例えば私は、虫に刺されたのだから、という事で最初は市販の薬を塗りました。ところがこれが通常の虫ではなかった様で、(もしかしてマダニ?)全く効かず、3日ほど続けたところで少々悪化した為、別の薬を試すも更に悪化、痒くて掻き毟った事もあって、かぶれて腕が腫れあがるは左手にも移るはで、遂に病院へ。
強いステロイド剤を塗り続ける事一週間で、かぶれと腫れは引いたものの、今度はステロイド剤の副作用に苦しむ羽目に。
普通の人なら、ここで又、病院に行くところでしょうけれど、私は行きませんでした。
それが罠である事を知っているからです。
その為、時間は掛かりましたが、自然療法を実行、漸く治癒に漕ぎ着けました。(やっと不自由な身から開放されたぜ)

ステロイド剤は、かぶれにはよく効きますが、反面、アレルギーやアトピーを引き起こす原因になる為、必要以上に使うのは、とても危険です。
一度この罠に嵌ると、延々と薬の種類を変えながら使い続けなければならなくなる無限地獄に陥るケースが多いのです。
そういう訳で私は、最初から飲み薬は飲まなかったのです。
飲み薬を飲まないと、アレルギー症状が出る事は承知の上でした。
その為、本日まで全身の発疹と痒みに苦しむ羽目になりましたが、これで良かったのです。
もし飲み薬を飲んでいたら、その薬に依存する体質へと変質させられていた事でしょう。

つまり現代の新薬の多くは、予め依存性を盛り込んである訳です。
患者は依存し、おまけに余分な飲み薬の副作用で又、別の病気が起こり、更に別の薬を処方される。
という依存性商法であり、これが現代医療(日本では主に製薬会社の)金儲けの仕組みなのです。

TPPでは、この仕組みが更に強化され、米国の医療システム(既に一部の特区ではスタートしている)が導入され、保険会社と結託した医療マフィアが日本人の命を弄びながら搾取、それも桁外れな医療費増大で患者の負担額も桁外れになる事でしょう。
もはや貧乏人は医療にアクセスできない時代が、すぐそこまで迫っている現実に驚愕するばかりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/67151658

この記事へのトラックバック一覧です: TPPを推進するオバマ : エセ情報とデマ宣伝が彼の戦略:

« 左翼は一体どうなったのだろう? | トップページ | ロシアは、ワシントンの挑戦に耐え抜けるだろうか? »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ