« 大企業権力と戦うには、それを理解しなければならない | トップページ | 日本のマスコミが、我々が発言するのをいやがる内容 »

2016年6月27日 (月)

対シリア戦争をおこすネオコン候補、ヒラリー・クリントン

公開日時: 2016年6月19日 15:52


民主党アメリカ大統領候補 ヒラリー・クリントン ゲーリー・キャメロン / ロイター

我が国は、中東で我々の気にくわない政権を打倒し、この目的で、我々に役立つ運動を、そうした同盟相手がどれほど危険かと無関係に支援してきたと退役アメリカ空軍士官カレン・クフャトコフスキーがRTに語った。

クルド集団が率い、アメリカが支援しているシリア民主軍が、現地のISIS戦士を包囲した後、マンビジの町に入った。ところが、同時に、何十人ものアメリカ国務省職員が、現在のホワイト・ハウス外交政策と矛盾するバッシャール・アル・アサドの軍隊への空爆をするよう、メモで、バラク・オバマ大統領に促している。

RT: メモは、本質的に、シリアで、和平を仲介しようというケリーのこれまでの取り組みと矛盾します。国務省でのこの分裂を、どのようにお考えですか?

更に読む
シリアでは、400,000人もの民間人が亡く
なっているのに、アメリカ国務省は、アサド
に対する軍事行動をしたがっている

カレン・クフャトコフスキー: この政権は時間切れになっていると思います。国務省とペンタゴンに由来する、より攻撃的な政策にとって、バラク・オバマが、ある種の障害になっているのは事実です。しかし、同時に、この政権と、任用されたこうした連中、その多くがこの実に攻撃的な戦争挑発文書に署名した外交官連中の存続期間は限られています。基本的にあと6ヶ月しかありません。新政権では、任命が継続できない可能性が極めて高いのです。たしかに、もしヒラリー・クリントンが選ばれれば、これらの戦争挑発屋国務省職員の多くは、任用されるか、ヒラリー・クリントンの友達だろうと思います。彼女のやりかたに同意している人々です。ですから、これは、アメリカ国内の出来事に、政治的に関与することを狙ったものだろうと私は見ています。アメリカでは大統領選挙が行われます。クリントンは、様々なことで攻撃されています。しかし彼女はネオコン候補です。彼女は、この対アサド戦争を強化するつもりなら、この戦争をするであろう候補者です。彼女こそ、それを実行する人物で、この連中は彼女の手のものです。しかも、連中には、もうあまり時間がないのです。

RT: 国務省における、この意見の相違は、国務省だけのものなのか、それとも、政権全体における相違を示唆するものなのか、どうお考えでしょう?

KK: このニューヨーク・タイムズへの漏洩は、政治的な出来事です。政策を打ち出すのに時間がまったく足りない時に、政策を打ち出すことを狙っているのです。手紙を読めば、実際、どのような新戦略を提案しているわけでもありません。オバマは、本当の戦略がないと非難されています。これは新戦略ではありません。これは代替戦略ではありません。爆撃と‘力の誇示’です。しかも、それが、空軍によってではなく、戦争について何かを知っているだろうと皆が考えるペンタゴンによってではないものから、出されているのです。確かに、空からは領土は奪えませんから、彼らが唱えている空爆は、まさに、とっくに効果がないことが証明されています。それが、これは政治的なものであって、実際の戦略ではないと私が考える理由です。これは何の戦略でもありません。彼らが提案しているものが、機能しないということは、ペンタゴンの暴力を唱道する連中すら、そういうものが機能しないことを知っています。ですから、これは非常に良い解決策ではありません。ですから、これは政治的に何かを伝えることを狙ったものだと結論するしかありません。この手紙が出され、反対意見のためのチャンネルを使って提出されたのは、並外れて、実におかしなことだと思います。この51人の戦争挑発者外交官は反体派です。これは実に何とも注目に値します。

RT: 数日前、ジョン・ケリー国務長官は、アメリカのアサドに対する我慢も限界だと言いました。この種の言辞は、彼が仲介しようとしているはずの和平を損ないませんか?

更に読む
ヒラリー・クリントンは、他の誰でもなく、
彼女こそがもたらしたリビアの大惨事
ついては決して触れない

KK: 国務長官になって以来の、ジョン・ケリーの典型的なやりかたです。彼は違った二つの道をゆこうとしていますが、それは不可能です。脅しと、交渉です。しかし、脅しは口先だけです。しかも、我々が実に長期間、介入し、干渉し、爆撃してきたので、それはこの地域では良く知られています。アサドとイランが、我々の敵だと思いたければ、中東の人々は、我々の同盟者でもあり、敵でもあるのです。彼ら全員、今では我々のことを良く知っています。彼らはわれわれのやり方を知っています。彼らは我々の手の内を知っています。われわれのはったりは、もはや、はったりではありません。無意味なたわごとにすぎません。ケリーは変わっていません。彼の政策もやり方も同じままです。彼は無力です。アメリカの基本的政策が、彼が言っていることと違っているため、彼は無力なのです。大統領が言っていることとも違います。アメリカが実際にしていることが重要なのです。そして、我々が実際に何をしているかは、長年報じられています。我が国は、中東で我々の気にくわない政権を打倒し、同盟相手がどれほど危険か、こうした同盟相手が、自由や、我々の価値観と全く相いれないかとは無関係に、この目的で、我々に役立つ運動を支援してきました。それが今、我々がISISを支援していて、酷く破壊的なことをしている連中と一緒に闘っていて、連中は我々の同盟相手なので、連中の問題点について何も言えない状況にある理由です。我々は自分からこういう状況に入り込んだのです。個人としてのケリーを非難するのは公平ではないと思います。彼は、信ぴょう性のない体制を代表しているのです。中東で、我々が何をするつもりか、何はしないつもりかということに関して、アメリカ人政治家の発言は、一言も信じることができないのは確かです。

本コラムの主張、見解や意見は、もっぱら筆者のものであり、必ずしもRTのそれを代表するものではない。

記事原文のurl:https://www.rt.com/op-edge/347364-state-department-memo-clinton/

----------

昨夜、というか今日の深夜?更新しようとアクセスを試みたが、門前払い。システム・トラブルだという。ようやく、アクセス可能になったので、遅ればせながらの更新。

(翻訳記事を勝手に転載されることが多いので)拝読している掲示板も、ずっとドメイがどうとかいう英語他の表示がでて、読めずにいた。こちらも先程読めるようになった。

実に不思議なタイミングの一致。

大本営広報部、紙媒体であれ、白痴製造洗脳画面であれ、こういう情報はあらわれない。こういう宗主国の「国防費」、正確な意味では、決して国を防衛する予算ではなく、彼らが敵と思う人々を殺し、インフラを破壊して、軍需産業に儲けさせるための非道予算だろう。

中国との紛争を自分であおって、宗主国から大量の武器を購入し、宗主国軍需産業に儲けさせ、キックバックを受けるおいしい買弁傀儡商売。

TPP、賛否真っ二つ=1人区中心に農業票競う-参院選【公約比較】

という記事がある。

各党「賛否」を書くだけ、TPPについての独自分析皆無、洗脳誘導記事としか言えない。

« 大企業権力と戦うには、それを理解しなければならない | トップページ | 日本のマスコミが、我々が発言するのをいやがる内容 »

ISISなるもの」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

チュニジア・エジプト・リビア・シリア・アルジェリア」カテゴリの記事

ヒラリー・クリントン」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

先日、アメリカでは全州の民主党特別代議員たちが集まり、今後の民主党の方針を決定する政策網領記会議が行われた。
クリントン側の不正投票カウントで敗れた州以外では、サンダースが勝利した州は多く、各州のサンダース支持の特別代議員たちは会議へ参加を求めた。
ところが、各州で権力を牛耳るヒラリー支持層代議員たちによってサンダース支持代議員たちの多くが選出されず(※1)、結局ヒラリー・クリントン支持の民主特別代議員たちがほとんどこの会議に占めた。

結果、サンダースが公約としていた「最低時給15ドル(最近ヒラリーが一転して同じ政策を打ち出したばかり)」「国民皆保険(以前ヒラリーが推していた政策)」「TPP案廃止(ヒラリーも最近まで同じ政策)」「「フラッキング(深刻な地下水汚染を招くシェールガスの採掘法)禁止」、これらすべての案が、ヒラリー側によって棄却された。
(国民を愚弄するヒラリー・クリントンとその支持層エスタブリッシュメントの二枚舌)
http://www.commondreams.org/news/2016/06/25/betraying-progressives-dnc-platform-backs-fracking-tpp-and-israel-occupation
http://abcnews.go.com/Politics/wireStory/democrats-begin-working-draft-party-platform-40107459
http://usuncut.com/politics/sanders-dnc-platform-committee-fight/

(※1)たとえば民主党会合において、サンダースの代議員には民主主義のプロセスが否定される。マイクのスイッチが切られ、クリントンのサポーターに杖で叩かれる場面
https://www.youtube.com/watch?v=74UQn8kcT90

また、アメリカで大ヒット中のブロードウェーショー「ハミルトン」は、ヒラリー・クリントンとタイアップして政治資金稼ぎに協力。
http://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/news/284921-hamilton-to-take-center-stage-at-clinton-fundraiser
エンターテイメントショーを富裕層向け大献金と絡めるブロードウェーとクリントンチームに非難の声が挙がっている。

クリントン資金調達者たちは(特権階級を保持したい超富裕層たち)、2,700ドル(約275,000円)のチケットで一般席を利用して鑑賞できる。また5,000ドル(約509,000円)を払うと優先座席が与えられる。
10,000ドル(約1,019,000円)のプレミアムチケットではクリントンと一緒に写真を撮る権利が与えられ、33,000ドル(約3,361,000円)のホストチケットにおいては、クリントンと他のスペシャルゲストと共にパーティへ参加することができる。

どれほどアメリカの選挙戦が狂っているかお分かりいただけるだろうか。
彼女が庶民のための政治を行うと思える人がいるだろうか。
(富裕層エスタブリッシュメントたちがどれほど金に物を言わせており、彼ら「特権」を持つ層がどれほど政治によって強く守られているかお分かりいただけるだろうか)。


米名門プリンストン大学の長年のリサーチの結果において明らかにされたアメリカの政治腐敗実態を簡潔、且つ非常に分かり易くまとめたアニメーション動画。
(アメリカの酷い現状を正していこうと行動しているアメリカ人団体によって作成されています)
是非、すべての皆さまに御覧頂きたい。英語がよく分からなくとも理解できるアニメーションだと思います。
Corruption is legal in America  アメリカでは汚職(腐敗)が合法である
https://www.youtube.com/watch?v=5tu32CCA_Ig

いつも興味深く記事を拝読させていただいております。

私は英語ができませんので、海外の記事を日本語で読めるサイトを以前探しているときに偶然出会ったのが貴サイトでした。

それ以来、頻繁に自ブログにも転載させていただいてもおります。ずっと無断での転載でしたので、今日の記事を読んでハっとさせられました。

今後も自ブログにて転載していこうと思っておりますが、もしも不都合がありましたらご連絡ください。

今後も翻訳記事を楽しみにしております。
頑張ってください。

ちなみに私はTVを持っていませんので、ここに書かれる大本営広報部情報も興味深く読ませていただいております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/66223239

この記事へのトラックバック一覧です: 対シリア戦争をおこすネオコン候補、ヒラリー・クリントン:

« 大企業権力と戦うには、それを理解しなければならない | トップページ | 日本のマスコミが、我々が発言するのをいやがる内容 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ