« TTIPとTPP 対 ユーラシア統合 | トップページ | TTIP-アメリカの経済帝国主義 »

2016年5月 5日 (木)

「混乱の帝国」が反撃

Pepe ESCOBAR
2016年4月26日
Strategic Culture Foundation

ブラジル議会で、ジルマ・ルセフ大統領に対する弾劾動議が、ハイブリッド戦争ハイエナと私が呼ぶ連中によって採択されて間もなく、クーデター唱導者の一人、次期大統領ミシェル“ブルータス”テメルが、進行中のクーデターのニュースを伝える特別新聞配達少年として、上院議員をワシントンに派遣した。やり玉にあげられている上院議員は、上院外交委員会の公式メンバーではない。

ブルータス・ツーで、腐敗で悪名高い下院議長エドゥアルド・クーニャと組んで、彼がやらかしいていることを、額面通り、クーデターと、益々解釈するようになっている世界中のマスコミの反応に、ブルータス・テメルは危機感を募らせたのだ。

上院議員の任務は、ブルータス・ワンによれば、“ブラジル各機関の士気をくじいている”クーデター反対の言辞に対抗するPR攻勢を開始することだとされている。

たわごとをいうな。新聞配達少年上院議員は、アメリカ国務省に、万事計画通りに進んでいますと言うために派遣されたのだ。

ワシントンで、新聞配達少年上院議員はもごもごと言った。“我々は、ブラジルがバナナ共和国ではないことを説明する。”そう、これまでは、そうではなかったが、ハイブリッド戦争ハイエナのおかげで、今やバナナ共和国だ。

スイスに11の違法銀行口座を持ち、パナマ文書に掲載され、既に最高裁によって、捜査中の人物が一国の政治的運命を握っていれば、既にして、バナナ共和国だ。

独善的な州裁判官に、そこそこのアパートと、彼が所有もしていない牧場を理由に、元大統領ルーラを投獄すると脅させながら、同時に大いに尊大な最高裁裁判官と並んで、ブルータス・ツーには、指一本も触れられないような国は、バナナ共和国だ。

アメリカ政府の無反応と、ロシア政府の反応とを比較してみよう。ロシア外務省の快活なマリア・ザハロワが、BRICS提携の重要さと、G20における、ブラジル-ロシア共通の立場を強調した。ロシア政府は、ブラジルの問題は“憲法的な法的枠組みで、いかなる外部からの干渉無しに”解決されるべきであると明言した。

“外部からの干渉”が一体何を意味しているのかは、誰もが知っている。

全領域優位攻撃、再装填

“少なくとも国内市場開発に投資している現地エリートの一部も団結して、労働者階級とも協力した中南米新開発主義プロジェクト”の破壊に夢中になっているアメリカが支援し/推進しているハイブリッド戦争という観点から、私は進行中のブラジル・クーデターに注目してきた。ここで、ハイブリッド戦争の主目的はネオリベラル支配の復活だ。

明らかな主標的は、BRICSメンバーで、世界で7番目に大きな経済のブラジルでなければならなかった。

2002年の昔、ペンタゴンが全領域優位と規定したハイブリッド戦争の手段と狙いという点で、帝国は直接要点を攻撃する。“アメリカの権力は、匹敵するものがない軍事力に由来する。例えば貿易上の環太平洋連携協定TPPなど、アメリカ市場の勢力範囲を拡大するものは何であれ、アメリカ権力の備蓄を押し上げる。しかし、より深い意味では、アメリカ経済優位の産物だ”。

そう、アメリカ経済は、支配的というには程遠い。今、問題となるのは“アメリカから事業を移転させようとするものと、経済制裁のバイキング料理による影響を受けにくい、対抗する金融制度を、他の国々が構築するのを許してしまうことだ”。

“対抗する金融制度”を、BRICSは作り出してしまった。“経済制裁のバイキング料理”も、イランを降参させるのに十分ではなかった。テヘランは“レジスタンス経済”を推進し続けるだろう。核武装した北朝鮮や、優先度の一番低い“テロ”と並んで、BRICSの二国 - ロシアと中国 - そして、イランが、ペンタゴンにとって、五大実存的脅威として扱われているのは決して偶然ではない。

冷戦2.0というのは、本質的に、ロシアと中国が相手だが、ブラジルも、主要な相手だ。エドワード・スノーデンは、NSAのスパイ活動が、その専有技術が、21世紀初頭の最大の石油発見を可能にした、ペトロブラスに重点をおいていたことを暴露した。プレソルト石油埋蔵だ。アメリカの巨大石油企業は、その採掘から排除されている。これは到底受け入れ難い。それには、全領域優位に組み込まれたハイブリッド戦争技術の配備が必要だ。

ブラジルの買弁エリートは、上機嫌で、ゲームをしているのだ。既に二年以上昔、JPモルガンの専門家が、ネオリベラルのマクロ経済実行者連中に、ルセフ政権をいかにして不安定化させるかを説くセミナーを行っていた。

産業、商業、金融や、アグリビジネス・ロビーは、表面上、ルーラ-ディルマ社会民主主義実験の終焉となる弾劾を支持している。だから次期大統領ブルータス・テメルが、巨大資本と、公債の(国際基準を遥かに超える)利子制限廃止を含む、包括的合意をしたのは何の不思議もない。 債務とGDPの関係は確実に深まる。より高価な借金だ。結果としておきるのは、医療や教育の削減だ。

無類の経済的富に恵まれた(アマゾンの熱帯多雨林と、あの水と、グアラニー帯水層をお考え願いたい) しかも、主要BRICSメンバーで、戦略的提携もしているロシア-中国と密接につながっている南大西洋の自立した地域大国を許すなど、アメリカ政府としては、これは超党派で、絶対に問題外なのだ。

プレソルトという要素は、熱帯ケーキの目玉なのだ。ペトロブラスに、採掘を独占させるなど、アメリカの巨大石油企業にとって問題外だ。しかも、万が一に備えて、必要とあらば、アメリカ第4艦隊が、南大西洋で、既に待機している。

BRICSの一つは潰した、次は二国だ

チェイニー政権が宣言した“世界戦争”は、余りにも長期間、「混乱の帝国」をそらせてきた。今やとうとう組織的な世界規模の混乱攻勢が始まったのだ。東南アジアから、南アジアまでに到るハイブリッド戦争の夢は、アサド王朝が、長年アメリカの“秘密”同盟国だったにもかかわらず、背後で糸をひく混乱の帝国が、シリアで懸命に試みる中、サウジアラビア、イラン、パキスタンやエジプトの政権を置き換えるための、ある種のイラク風混乱だ。

新聞配達少年の上にまします宇宙の主、オバマは、イランを巡って、サウド家を裏切ることに決めた。必ずしも、悪いことではない。支配的な希望的観測は、ヨーロッパ向けに、イラン天然ガスを、ロシア天然ガスに置き換え、ロシア経済を崩壊させることだった。これは大失敗した。

だがまだ別の選択肢がある。サウジアラビア とシリア経由のカタール天然ガス・パイプラインで、ヨーロッパ向けのロシア天然ガスも置き換えるのだ。それが、たとえ何があろうとも、シリアにおけるCIAの主な狙いなのだ。まやかしのカリフ制、ダーイシュなど、単なるプロパガンダに過ぎない。

CIAは、サウジアラビアに、石油価格戦争で、ロシア経済を破壊させるのにも熱心で -連中はこれを止めたくはないのだ。そこで、サウジアラビアを、あの有名な9/11に関する28ページで支配して、石油価格戦争を継続させている。

1980年代に、アフガニスタンでしたように、最近ではキエフ・クーデターでもしたように、連中の手先であるトルコ軍に、ロシアSu-24撃墜まで命じて、ロシアを、シリアのわなに引きずりこもうと、CIAは死に物狂いだ。“問題”は、クレムリンが毒リンゴに食いついてこないことだ。

1980年代の昔、 サウド家が、GCCオイルダラー仲間とともに連中の蓄えを解き放ち、1985年、石油価格を、一バレル7ドルに押し下げ 、アフガニスタン戦争とベトナム戦争も利用して、ソ連を破綻に追いやった。おそらく、あらゆる作戦が構想も実行も、素晴らしいものだった。経済・プラス・ベトナム式のハイブリッド戦争だ。“背後で操る”、オバマ外交政策の恩師、ズピグニュー“グランド・チェスボード”ブレジンスキー博士は、現在、よく似た計略をやり通そうとしている。

ところが、しまった。問題がおきたのだ。既におかしくなった中国発展モデルで頭が一杯の中国指導部が、世界中を分割して、支配し(そして征服する)混乱の帝国の取り組みをはっきり見てとったのだ。もしロシアがやられれば、次は中国だ。

アメリカ諜報機関が、中国を主要な軍事的脅威と見なし、“アジア基軸”によって、対中国で動き始めたところだったのは事実上、つい先頃、2010年頃だ。ところが突如、CIAは、ロシアが一兆ドルを費やして、第三次世界大戦に最適な兵器の、潜水艦は言うまでもなく、防御と攻撃ミサイルで二世代先んじていることに気がついた。

そこで、ロシアが、主な脅威にたてまつられることとなった。チェス盤を入念に調べた北京指導部が、代替の権力として、ロシアとBRICSとの同盟を加速させ、アメリカ政府内に、全く壊滅的な規模の地震をひき起こした。

現在、北京は、BRICSに、彼ら自身のIMF、SWIFT決済システムと、世界銀行を導入し、強力な代替権力構造として機能するよう、手際良く仕組んでいる。

軽んじられた「混乱の帝国」の怒りにはご用心だ。それが今、BRICSに対して起きている。ブラジルは包囲されており、南アフリカは衰退し、インドは弱く、中国とロシアは次第に包囲されている。ハイブリッド戦争の変種、ウクライナからブラジルに到るまで、中央アジアでの圧力強化、“シラク”火薬樽など全てが、BRICSや、ロシア-中国の戦略的提携、そして究極的には、ユーラシアを結ぶ新シルク・ロードを崩壊させるための組織的な全領域優位攻勢を暗示している。石油価格戦争、ルーブル崩壊、EUの難民洪水(“常軌を逸した”エルドアン皇帝がひき起こした)、到るところでの21世紀のグラディア作戦再演では、想像上の敵で、大衆の目をそらしてはいるが、まやかしのダーイシュ変種によるテロは、高度な破壊活動戦術として、画策されているのだ。

構想も実行も素晴らしく、あざやかでさえあり、見かけも映画のように実に立派だ。だが確実に、ブローバックがおきるだろう。

記事原文のurl:http://www.strategic-culture.org/news/2016/04/26/the-empire-of-chaos-strikes-back.html

----------

北朝鮮の大会だかを前に、北朝鮮の映像だらけ。「自分の頭の蠅を追え」としか思わない。TPP で永久植民地化されようとしているのに、北朝鮮を馬鹿にしていてすむわけがないだろう。

ヨーロッパでは、TPPそっくり条約TTIP関連文書が漏洩して、大変な騒ぎになっているのに、全く報じない。マスコミ、傀儡政権と同様、犯罪集団そのもの。

民進・細野氏強調「共産党と政権を共にすること、あり得ない」 米での講演 選挙協力も否定?

連休に、わざわざ、ジャパン・ハンドラー様の施設で、あてがわれたセリフをいう人物。自国民ではなく、宗主国のジャパン・ハンドラー様のために生きているのは明白。こういう連中を選ぶ心理がわからない。幼なじみの数人、何があっても平気で自民党に投票する。ゾンビー。

政府は必ず嘘をつく 増補版』堤未果
74000人の失業者を出すTPPの罠!
後からじわじわ危険が迫るマイナンバー!
未公開情報を「袋とじ」で書き下ろし!

サラリーマン時代は、週刊誌グラビア「袋とじ」ワクワクしたものだが、今回は恐ろしくて、購入したまま、ずっと開けられなかった。増補版でないものも、大半拝読しているのだが。

「袋とじ」部分ではない151ページの見出し

客観性を奪うテレビ、個人情報が売られるネット

「袋とじ」部分ではない207ページに、個別の運動だけでは、とうてい支配層のしかける攻撃に対処できないことが、活動家とのやりとりで、えがえれている。

「たくさんある運動それぞれが、孤独な闘いに終わってしまうということですね」
「そうです。個々の運動がもたらす結果が、逆にガス抜きになって、問題の本質を見えなくしてしまう。グローバル化された世界では、ひとつひとつの問題が、お互いに影響しあい、関係しあっているからです。」

大本営広報部を見聞きする元気がある方には、是非、大本営広報部を見聞きせず、こちらをお読み頂くようお勧めしたい。早い続編も期待している。

アメリカ経験が長い知人、「彼女の主張は間違っている」と主張する。それで、知人と交流を断絶した。「アメリカ絶賛。ロシア非難」の余りに下劣な論理にうんざりして。人生は短い。

« TTIPとTPP 対 ユーラシア統合 | トップページ | TTIP-アメリカの経済帝国主義 »

Pepe Escobar」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

サウジアラビア・湾岸諸国」カテゴリの記事

シェール・ガス・石油」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

TPP批准承認審議が9月に延期となりましたので、少しだけ死刑執行までの猶予が与えられ気分です。
よって、もう一度コメントするだけの気力が残りましたので、お邪魔致します。
世間一般は連休で浮かれていますけれど、この間にも私はパブコメ投稿やら各方面向けの原稿作成など、TPPに抗う為の活動は続けており、時間的余裕は無い中なれど、この場をお借りして読者の方々に向け申し上げたい事を書かせていただきたいと思います。
TPPで懸念される問題は、医療や保険、食の安全など様々ですが、その内の多くは既に国家戦略特区に於いて実行されつつあり、また、それに合わせて様々な法整備(改変)が行われています。
そうした動きは、内閣府のパブリックコメントを逐次閲覧していれば解かります。
ところが殆どの国民はパブコメの存在すら知らなかったり、知っていても「そんなの書いても何も変らない」と考え、「面倒だ」とばかり見向きもしないのが実情です。
しかしそういう考えの人に言いたいのです。
あなたは一度でも内閣府に電話した事がありますか?
内閣府でなくても、例えば地元の役所にでも電話した事がおありですか?
実際に電話を掛けてみると解かるのですが、官僚の方々は大抵の場合親切で丁寧な対応をしてくれるものです。
官僚というと悪いイメージがありますが、悪いのは官僚の中でもトップの座にある人間や官僚機構の存在なのであって、実際に話してみると、末端の役人は必ずしも悪い人間とは言えない様に感じるものです。
つまり、彼等の立場上、上からの命令は絶対なのであり、また、法に照らし合わせ書類上の間違いが無いものは、それがどんなに理不尽なものであろうと通す以外にないのです。
ですから、彼等としても国民の声が欲しいのだという事を、我々国民も理解する必要があるのです。
国民の声、民意が多ければ、或はその意見が正鵠を射たものであるならば、それを理由に却下する事さえできうる訳です。
国民からの意見が何も無いから、不条理な政策や法改変でも通さざるを得ない訳です。
つまり、本当に悪いのは我々国民一人一人の無気力、無関心なのだと気づくべきなのです。
「どうせ、何を言っても何も変りゃしないよ」とか「奴等が勝手に決める事に口出しなんかしたってしょうがないじゃないか」という考えで自らの怠慢を正当化しようと考える人々こそが、政府の暴走を許しているのだと、私自身も漸くその域に至った次第です。
そうは言っても勿論、パブコメ無しで進められる立法措置についてはどうしようもないのは言うまでもありません。
そうしたものについては選挙で安倍政権を倒す以外に方法はありません。
しかし、そうでは無く、普段から国民が政治に参加する事が可能な案件もあるのだという事を皆さんに知っていただきたいのです。
そうしたパブコメに上がっている案件の中にも、重要な法改変が結構含まれているものです。
もう、無関心は止めましょう。
少しでも、少しづつでも、出来る事は何でもやる、そういう心構えを1人でも持ち、それを積み重ねていく努力が大事なのではないかと思います。
TPPはもう仕方無いのだと最初から諦めず、TPPによる害悪を少しでも軽減したり、遅らせる為の努力こそが、奇跡を呼び寄せるのだという考えを持ちましょう。
取り分け今、私的に最も懸念しているのは、モンサントの存在です。
パブコメにもある様に、遺伝子組み換え品種、イネ、トウモロコシ、ワタ、この内、目下パブコメ中なのはトウモロコシですが、そもそも遺伝子組み換えの目的は何かと申しますと、作物に除草剤耐性遺伝子を組み込む事で、畑一面に除草剤を散布した後、その遺伝子組み換え種子を撒けば、雑草が生えず、その作物だけが育つ為、生産効率が向上するというものです。
しかしその反面、その作物には除草剤の毒素が多少なりとも残留する事、畑の土壌を劣化させてしまう事、畑とその周辺などを汚染し、生態系の破壊に繋がる等の問題が大きいのです。
この環境汚染は、放射能汚染に匹敵する程のものである事は、世間ではあまり知られていない為、特に反原発脱原発には関心の高い人々でさえ、関心が薄いのが現状の様です。
原発による放射能汚染を懸念する人ならば、やはり同じく破壊的な環境汚染を引き起こす遺伝子組み換え+除草剤ラウンドアップの問題にも関心を示していただきたいものです。
となれば当然、TPPにも反対しなければおかしいのです。
ましてTPPに於いて進出してくる企業の中には、ベクテル社やGE社の様に原発建設を手がけている企業も含まれているのですから。
以上、長々と失礼しました。

B層の友人と会うときは、エネルギーが要りますね。テレビの話題(タレントの不倫問題を含む)、中国の悪口三昧、アメリカ礼賛などを我慢しなければいけません。

たとえ左翼と思われる共産党員であっても、アメリカ政府は実は日本国民の敵であるとは 夢にも思っていない人が多いです。「えっ、日本がアメリカの植民地?それは違うでしょう。」と驚かれたことがありました。国際情勢についても まったく無知で、とくに中東問題などは まったく理解できない人が多いので、要警戒です。共産党のある友人などは、パレスチナは、イスラエルのほうが イスラム教徒のテロ攻撃の犠牲者だと思っています。また「沖縄は民族が違うから、日本の問題ではない」と言った党員すらおりました。(それでも、「赤旗」日刊紙は 優れた情報媒体であると思うし、共産党の目指す方向性は間違っていないと思い 支持していますが。)

貴HPの翻訳記事を読ませていただき、いつも感謝しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/65291771

この記事へのトラックバック一覧です: 「混乱の帝国」が反撃:

« TTIPとTPP 対 ユーラシア統合 | トップページ | TTIP-アメリカの経済帝国主義 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ