« ワシントン、BRICS攻撃を開始 | トップページ | オバマは、一体なぜ、シリアの聖戦士打倒より、アサド打倒を優先しているのか(I) »

2016年4月25日 (月)

アメリカの共謀? ブラジル大統領排除投票後、主要野党議員がワシントンで会談

グレン・グリーンウォルド、アンドリュー・フィッシュマン、デービッド・ミランダ
The Intercept 
2016年4月19日

日曜日、ブラジル下院は、ジルマ・ルセフ大統領弾劾投票をし、排除プロセスを上院に送った。極めて象徴的だったが、意図しない行動で、下院の弾劾投票で、342票のしきい値を越えさせたのは、ブラジル汚職事件核心の巨大建設会社から違法ファンドを受け取った可能性があることを示す文書で、本人もからんでいる、ブルーノ・アラウージョ議員だった。更に重要なのは、アラウージョは、中道右派政党PSDB所属で、同党の指名候補者が、国政選挙で、ルセフの穏健左派の労働者党PTに、四度続けて敗北し、最近の選挙敗北は、わずか18カ月前、5400万人のブラジル人が、ディルマを大統領として再選したことだ。

アラウージョに関する、この二つの事実が、世界五番目の大国の首都ブラジリアにおける、昨日の手続きの、未曾有の超現実的性格を強調している。民主的選挙で、PTを打ち破ろうと試み、失敗して、二十年間費やした政治家や政党が、今日のニューヨーク・タイムズ報道が明らかにしたとおり、最善でも、甚だしく、いかがわしい理由によるディルマ排除によって、2014年の投票を事実上覆して、意気揚々と行進したのだ。長らく、PTと、その反貧困計画を忌み嫌い、ディルマの辞任を望んできたエコノミスト誌でさえ、“有罪の証拠なしでは、弾劾は正当性を欠いており”“不人気な大統領を追い出す口実のように見える”と主張している

汚職と戦うという名目で行われた日曜日の手続きは、秘密スイス銀行口座に、資源が不正ではない可能性が皆無の何百万ドルも蓄えていることが最近判明し、外国銀行口座を持っていないと、議会調査官に否定して、宣誓をしたのにウソをついた民主的世界で、もっともあからさまに腐敗した政治家の一人、下院議長エドゥアルド・クーニャ (上、中央)が議長をつとめた。594人の議員のうち、グローブ・アンド・メールが昨日報じた通り“318人が取り調べを受けているか、嫌疑をかけられているが”一方、連中の標的、ルセフ大統領“自身は、何の財政上の不正の疑惑も受けていない.”

汚職にまみれた議員連中が一人ずつマイクの前に進み出て、汚職にはゾットしたと明言して、クーニャに、弾劾“賛成”投票を申し出た。投票の前置きとして、連中は“キリスト教の基本”やら“ベネズエラや北朝鮮のような赤になってはいけない”やら“福音書の教えに沿った国”やら“エルサレムの平和”やらの、数々の目眩がするような怪奇な動機を述べた。ガーディアン紙のジョナサン・ワッツは、茶番の一部をこう描写している

そう、共謀罪で、インターポールのレッドリストに載っているパウロ・マルフも賛成した。そう、資金洗浄で告訴されているニルトン・カピシャーバも賛成投票した。“神への愛のために、賛成!”と、文書偽造と、公的資金の業務上横領のかどで捜査されているシラス・カマラが叫んだ。

上院が告発について審問することに同意する可能性は極めて高く、そうなれば、ディルマの大統領としての地位が180日間、一時停止され、PMDB党の大企業寄り副大統領ミシェル・テメルが大統領になる。ニューヨーク・タイムズが報じている通り副大統領自身“違法なエタノール購入事件に関与していたかどで調査を受けている。”テメルは最近、経済チームを率いる主要候補者の一人は、ブラジル・ゴールドマン・サックス会長パウロ・レメであることを明らかにした

もし審理後、上院の三分の二が、有罪投票をすれば、ディルマは永久的に排除される。ディルマ弾劾の中核的な狙いの一つは、大衆に汚職に対する取り組みはなされたカタルシス感を与えることで、主要政党に生息する、実に何十人にものぼる本当に腐敗した政治家への更なる捜査を防ぐため、テメルの新たな支配力を利用するように仕組まれたと疑う人々は多い。

西半球で二番目に大きな国でのこの騒動に関し、アメリカは著しく沈黙しており、その姿勢に、主要マスコミは、ほとんどふれない。その理由を知るのはむずかしいことではない。長年、アメリカは、選挙で選ばれたブラジルの左翼政権を排除した、1964年の軍事クーデターにおける、いかなる役割も激しく否定してきた。クーデターは、20年間の残虐な、親アメリカ、右翼軍事独裁政権をもたらしたのだ。しかし、アメリカが、クーデターの画策を積極的に支援したことを証明する秘密文書と記録が現れ、ブラジルの2014年真実委員会報告が、アメリカとイギリスは、独裁政権を積極的に支援し、“ブラジル人尋問官に拷問テクニックまで訓練した”ことを実証した


弾劾支持派ブラジル右翼政治家ジャイル・ボルソナロは大統領選挙出馬が予想されている。

写真: Fernando Bizerra/EPA/Newscom

アメリカが支持したクーデターと、軍事独裁政権は、現在の紛争に大きなかげをさしている。ルセフ大統領と彼女の支持者たちは、彼女を排除しようとする企みを、はっきり、クーデターと呼んでいる。大統領に出馬すると予想されている重要な弾劾支持派議員の一人、右翼のジャイル・ボルソナロ(The Interceptは、彼を昨年分析した)、昨日、はっきり軍事独裁政権を称賛し、独裁政権の首席拷問者(特に、ディルマ拷問の責任を負っている)カルロス・アルベルト・ブリリャンテ・ウストラ大佐を明確に讃えた。ボルソナロの息子、エドゥアルドも下院議員だが、彼はクーデターを遂行し、軍事支配を押しつけた連中“64年の軍人たち″のために、弾劾賛成票を投じると述べた

昨日の弾劾支持者連中による、果てしのない神と家族への祈りは、1964年クーデターの標語 “神とともにある家族の自由のための行進”を思わせた。ブラジルの主要オリガルヒが所有するマスコミが、左翼の腐敗に対する必要な反撃として、1964年クーデターを支持したのと同様、連中は、現在のPTに対する弾劾運動を、同じ根拠で、支持し、あおるのに団結しているのだ。

ディルマのアメリカとの関係は、長年緊張しており、ブラジル産業や、国民や、大統領自身を標的にしたNSAのスパイ活動に対する声高な非難や、ブラジルと中国の密接な貿易関係によって、大幅に悪化した。彼女の前任者、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァも、何よりも、核プログラムを巡って、ワシントンがテヘランに対する世界中の圧力を集めようとしていた際、イランと独自の協定交渉でトルコと提携したかどで多くのアメリカ高官からよそよそしくされた。ワシントンのインサイダー連中は、彼らがもはや、ブラジルを 資本にとって安全な国と見なしていないことを益々明らかにしている

アメリカは、もちろん、長らく - そして最近も - 気にいらない、民主的に選ばれた左翼中南米政権に対して、不安定化とクーデターを画策してきた実績がある。一例をあげるとすれば、ブラジルでの1964年クーデター以後、アメリカは、2002年のベネズエラ大統領ウゴ・チャベス打倒未遂を少なくとも支援し、2004年のジャン=ベルトラン・アリスティド・ハイチ大統領打倒で中心的な役割を演じ、当時の国務長官ヒラリー・クリントンは、2009年のホンジュラス・クーデターを正当化するの極めて重要な支援を与えたブラジル左翼の多くは、中国との貿易に大きく依存している左翼政党を追い払い、代わりに、自立では決して選挙に勝てない大企業寄の親アメリカ政権を迎え入れるため、現在のブラジルでの不安定を、アメリカが積極的に画策していると考えている。

この説を証明する本当の証拠は出現していないが、今週の主要ブラジル野党指導者による、ほとんど報道されないアメリカ訪問が、そうした懸念を煽るのは確実だ。弾劾投票の翌日 - PSDBのアロイシオ・ヌネス議員が、ワシントン入りし、三日後、様々なアメリカ高官や、ロビイストや、クリントンや他の大物政治家に近い様々な口きき屋と会談を行う。

ヌネス議員は、委員長や、テネシー州選出共和党議員のボブ・コーカーや、メリーランド州選出の民主党議員ベン・カーディンという上院外交委員会幹部や、国務次官で、元ブラジル大使トーマス・シャノンと会談し、火曜日、クリントンの元国務長官マデレーヌ・オルブライトが率いるワシントンのロビー企業オルブライト・ストーンブリッジ・グループと、43代大統領伜ブッシュの元商務長官で、ケロッグ社CEOのカルロス・グティエレスが主催する昼食会に出席する。

ワシントンのブラジル大使館と、ヌネス上院議員の事務所は、The Interceptに、火曜日の昼食会に関する追加情報はないと述べた。電子メールで、オルブライト・ストーンブリッジ・グループは、この“ワシントンの政策・実業界”向けの催しに“マスコミ関係者”はおらず、出席者リストや、話題は公表しないと書いてきた。u


アロイシオ・ヌネス上院議員(左) 下院議長エドゥアルド・クーニャ(右)と、ホセ・セラ上院議員。

写真: Marcos Alves/Agencia O Globo/AP

こうした高官との会談のため、野党議員ヌネスをアメリカに派遣するのは、極めて重要で、示唆に富んでいる。2014年、彼はPSDBの候補者として副大統領に立候補し、ディルマに破れた。彼は今や上院で、ディルマ弾劾の戦いを率いる主要な野党大物の一人だ。

ブラジル上院外交関係委員会委員長として、ヌネスは、ブラジルは再度、アメリカやイギリスとのより緊密な提携に動くと繰り返し唱道してきた。そして、ヌネスが汚職疑惑に大きく関与してきたのは、ほとんど常識だ。9月、情報提供者の建設会社幹部が、捜査員に、ヌネス上院議員に選挙運動用に -  合計500,000レアル(140,000米ドル)、公明正大に300,000レアル、ペトロブラスとの契約を得るため、違法賄賂として、更に200,000レアル渡したと語った後、裁判官は犯罪捜査を命じた。これは彼に対する告発として、決して初めてのものではない

ヌネスのワシントン訪問は、既にまるでブラジルを支配しているかのように活動しているテメル自身に命じられたものだと報じられている。弾劾を、労せずして権力を得るため、テメル自身が率いる野党の無法で反民主的な企みとして描く、国際的言説における、益々極めて好ましからぬ過激だと感じている変化に、テメルは激怒している。

大統領気取りの人物テメルが、ブラジル各機関の士気を阻喪させる”と語っている、世界中で増大するこの反弾劾感情と戦うため“広報上の反撃”を開始すべく、ヌネスに、ワシントンに行きを命じたと、フォーリャは報じている。“ブラジル反政府派がたくらむディルマ排除についての認識の増大に関する懸念を実証して、ワシントンで、“我々は我々はバナナ共和国ではないことを説明するつもりだ”とヌネスは述べた。テメルの代理人は、この認識が“世界的な舞台におけるブラジルのイメージを汚している”と述べた。

The Interceptとのインタビューで“これは広報用出張です”と、リオデジャネイロ国立大学政治学教授マウリシオ・サントロは述べた。“アロイシオが直面している、もっとも重要な問題は、アメリカ政府ではなく、アメリカ国民の世論です。そこで、野党は戦いに負けつつあるのです。”

国際世論が、ブラジル野党による弾劾運動反対に変わったことに疑問の余地はない。わずか一カ月前、反政府街頭デモ抗議行動を褒めちぎって描いていた欧米マスコミは、弾劾の法的根拠が、ひいき目にみても、うさんくさく、弾劾指導者連中の方が、ディルマよりも遥かに汚職に関与しているという事実を、今や決まったように強調している。

米州機構は“弾劾を推進している連中の中には、議員汚職のかどで、告訴されていて、有罪の議員がいる”ので、“いかなることでも告訴されていないディルマに対する手続きを巡るを懸念していると述べた、アメリカが支持する米州機構の事務局長ルイス・アルマグロによる弾劾非難を、テメルは、特に懸念しており、激怒していると報じられている。南米諸国連合のトップ、エルネスト・サンペルも同様、弾劾は“ブラジルと地域の安全保障のために懸念すべき深刻な理由だ”と述べた。

下院がディルマ弾劾に賛成投票をした翌日の、汚職に関係したこの主要野党人物によるワシントン訪問は、少なくとも、大統領排除に対するアメリカの姿勢に関する疑問をひき起こす。これはほぼ確実に、ブラジルの不安定化におけるアメリカの役割に関するブラジル左翼の懸念をあおるだろう。そして、これは、ブラジルを、アメリカにより近づけ、ブラジル有権者が、四回連続の国政選挙で支持した政治課題を犠牲にして、グローバルな事業権益や緊縮政策に、より寛容にさせるという願望を含め、弾劾を突き動かしている多くの議論されていない原動力を浮き彫りにしている。

更新情報: この記事公開前に、ヌネス上院議員事務所は、The Interceptに、彼の訪米出張に関し、4月15日の新聞発表に書いた以上の追加情報はないと知らせて来た。公表後、ヌネス下院議員事務所は、アメリカに、報道とは逆に、ミシェル・テメル副大統領の電話は、彼のワシントン出張の理由ではないと主張する4月17日のフォーリャ編集者宛の手紙を指摘した。

一番上の写真: 2016年4月17日、ブラジル、ブラジリアで、ジルマ・ルセフ大統領の弾劾投票時、中央に座るエドゥアルド・クーニャ下院議長のテーブルの背後で、ポルトガル語で“出てゆけクーニャ!”とあるバナーを掲げる政府支持派議員。

(原文には著者連絡先がある。)

記事原文のurl:
https://theintercept.com/2016/04/18/after-vote-to-remove-brazils-president-key-opposition-figure-holds-meetings-in-washington/
---------

Paul Craig Roberts氏の記事 ワシントン、BRICS攻撃を開始 で、この記事も紹介されていた。

腐敗の固まりの弾劾賛成派議員諸氏の話で、秘密法案や、戦争法案や、TPP審議での、与党連中の言辞を思い出す。

北海道補選結果を待ちながら、いつもの選挙鬱状態だった。

ブラジルの混乱、真面目に報じている大本営広報部、あるのだろうか?

ホンジュラス・クーデターをきちんと伝えた大本営広報部・大政翼賛会はなかったと記憶している。
2009年12月30日
ホンジュラス: 決しておきなかったクーデター

米軍基地の民間転用を考えていたセラヤが、夜中、着の身着のままで、拉致されたのを聞いて、鳩山政権の運命を想像した。

ウクライナ・クーデターについても、大本営広報部、全く実態にはふれず、ロシアのクリミア編入の無法さばかり。オデッサ労働組合会館での、反キエフ集会参加者虐殺を報じた大本営広報部・大政翼賛会も皆無。

2014年5月7日
キエフと右派セクターによるオデッサ水晶の夜 (写真・閲覧注意!)
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-4bc4.html

大本営広報部、洗脳機関として、支配層に大いに役立っているだろうが、庶民には、99害あって一利だけ。

百害としなかったのは、『ETV特集▽らいは不治にあらず~ハンセン病 隔離に抗(あらが)った医師の記録』をみたため。

孤立無縁で、正論を述べ、医療を行う偉い医師がおられたものだと、びっくり。
患者を弾圧した側の医師連中は大出世。

人数や、時の世論、大きく間違う場合がある好例。多いものが正しい保証はない。

売国政治家、官僚、労組、学者、報道機関が圧倒的に多いのも、同じに思える。

« ワシントン、BRICS攻撃を開始 | トップページ | オバマは、一体なぜ、シリアの聖戦士打倒より、アサド打倒を優先しているのか(I) »

アメリカ」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

新自由主義」カテゴリの記事

コメント

         チリのミチェレ・バチェレ大統領は,なぜTPP協定に署名したのか

  昔,日本に住んでいた頃,チリ産の養殖鮭を好んで食べていた。TVでもやっていた。娘さんが一人で働く父親をチリに訪ねて三千里。父親は娘さんが来ることを知らない。涙の再会。そのチリ国のチロエ島の零細漁民が怒っている。

  汚染されたマリスコス(貝などの海産物)を消費すると、人の健康に重大な影響を与え、場合によっては死亡することもあると、チリ保健省は警告している(ブログ『ラテンアメリカの政治経済』,2016.5.09)。
  しかるにマリスコスはなぜ高濃度の毒素を出すようになったのか。それは「巨大サケ会社がチリの中南部で養殖を始めてからの,悪質な操業を続けてきたことに原因がある」という:
  ジャ-ナリスト、C.アスナレスによると,「これらの結果は、巨大サケ会社に責任がある。かれらはこの群島を、一大汚染センターに変えてしまった。『処罰されることがないのと、島で生活し働く人々への配慮がないことによって、サケをビジネスにするこれらの会社の多くは、魚の廃棄部分の栄養分を、何トンも海に投棄し続けてきた』」。

  何らかの貿易協定あるいは政策が巨大サケ会社たちを優遇したのだろうか。『処罰されない』という言葉は,TPPのISDS条項を思い出させる。メキシコで環境汚染を引き起こした米国の会社,ノルウェ-の原発会社によるドイツ政府訴訟。パイプ・ライン敷設を禁止された,カナダの会社のオバマ大統領提訴。

  チリのミチェレ・バチェレ大統領は社会党員であったと思う。フランスのセゴレ-ヌ.ロワヤル知事が彼女を訪れ,大統領就任を祝ったことがある。しかしそのバチェレ大統領が巨大サケ会社群を野放しにして置くはずがないと思うが,2000人の零細漁民が抗議に立ち上がったというから,事態は深刻である。
  そこで思うのであるが,M.バチェレ大統領の政府はTPPを今後,批准するつもりがあるのであろうか。それともCIAによってマレ-シアのように航空機を墜とすぞと脅かされているのであろうか。あるいは政権転覆させるぞと脅迫されているのであろうか。

追記: 『スプトニク』(5月10日)によれば,ブラジルのルセフ大統領が間一髪で弾劾を逃れることができた。また上記のブログ『ラテンアメリカの政治経済』によれば,ルセフ大統領弾劾を指揮したク(-)ニャ下院議長は議員資格を停止された(5月6日)。
  CIAが後ろに控えているので,今後どうなるか分からないが,天網恢々疎にして漏らさず。

              北海道5区選挙分析異説
  選挙大好きの小生も,有識者の,皆さんの驥尾に付して北海道五区の選挙を分析してみた。当たるも二卦,当たらぬも二卦。

  初めに指摘しておきたいのは,池田候補は衆院選2014では2区の出馬であったこと。そして約4万票をとり共産党票より多かった。無所属の立候補にも拘わらず自民党議員の2番手に付けた。それが今回,北海道五区から出馬した。そのことが分析・報道されていない。
  なぜ鞍替えしたのか。2区では無所属で衆院選2014で善戦したのだから,次期衆院選2017では2区から出馬すべきであるが,5区で出馬した理由は,住所を5区に単に移したのか,今回の補選のために急遽,住所異動がなされたのかは分からない。しかし2区の住民からすれば,せっかく応援したのに5区に行ってしまったという残念・失望感と,統一候補として5区で当選すれば,安倍政治打倒に向けての第一歩になるので歓迎だという「民心」があったにちがいない。

 逆に5区の住民は,2区の候補者がなぜ5区で立候補したのかよく分からない。無党派統一候補という意義が分からないわけではないが,選挙カ-の幟を見る限り,共産党小池議員の名があるのは納得できるとしても,やたら旧民主党議員の垂れ幕・幟が目立つ。無党派と言うよりは,やはり「隠れ民主」の臭いが強すぎる。例えばまた,池田選挙参謀は,小沢一郎氏の応援を断ったというニュ-ズが流れた。これに対する小沢氏の対応映像も見たが,困った様子に見えた。
 
  ところで得票数は,衆院選2014とほぼ同じ。故町村=和田氏の得票も,池田氏(民主党と共産党とを合わせた票)の得票も同じ。したがって池田氏が和田氏に勝つためには「上積み票」が必要だったという結果分析に賛同するが,衆院選2014は民主党大嫌い,嘘つき批判ごうごうの中で町村氏が票を伸ばしたので,13万5千票はかなり浮動票が紛れ込んでいる,と考えて良いだろう。すると,つまり,今回は「安倍ナチス」というような言葉がインタ-ネット上で流れる逆風の中で和田氏が,故町村氏と同じ票を取ったということは,浮動票がなくなり,鈴木ムネオ支持票がかなり紛れ込んだと見なすことができる。
  裏を返せば,公明・自民票は11万票で上止まり。よって次回の衆院選2017では池田候補に勝算が出てくる。ムネオ氏は2017年4月に公民権停止が解除されるので,悪魔に魂を売った以上その見返りは衆院選立候補(可能性)である。ゆえに,7月の衆参同時選挙云々の報道はマヤカシである。初めからないのである。

  池田候補に足りなかった点はいくつかあるが,彼女の主張は「もっとも」であった。しかしどこかのブログで指摘されていた通り,笑い,泣き,喜び,哀れみが足りなかった。2度目の演説なので流暢でもあった。時には,言葉をつまらし,聴衆を惹きつける方法も必要ではなかったのか。しかし何と言っても沖縄でソープ会社との関連が深い夫をもつ某歌手や,外国不倫の乙武氏のような有名人を起用しようとしたのに対して,池田陣営は何の動きもなかった。ここは現政権に批判的な大竹まこと氏や石田純一氏を応援に呼ぶべきであった。これで浮動票はさらに増えたかも知れない。

追記: 最後になったが,真の野党は,機械による当落判定も必要だが,立候補者による「手作業」での票検査も行う法案を立法府に提出すべきである。スコットランドでは手作業による誤魔化し,民主国アメリカ合衆国では機械による誤魔化し,あるいは投票所大幅削減があった。日本でも香川県で投票した人がいるのに,その投票数はゼロであった。選挙管理委員会は,要らぬ疑惑を招かないように総理府に対して,僅差(総得票数の±3%以内)であれば,手作業での票確認が必要である旨の法律を制定するように働き掛けるべきである。
  特に女性は敗戦後の日本国憲法制定により獲得した権利であるから,信頼できる方法でその権利が行使されたことを確認する保証が必要であろう。三菱自動車やフォルクスワ-ゲンの排出ガス・インチキプログラミングを思い出せば,結果はどうにでも操作できる。

  排出ガスの場合は,やたらに測定できないが,手作業でできる集票区分けは昔のようにやればできる。区分けされた票の束に他候補の票が紛れ込んでいないか発見できるのは,手作業でしかない。どちらとも読める場合は,片方側に区分けされる可能性も高い。プログラミング次第では,3値理論(あいまいさ)を使って可能である。

北海道の選挙はどう見ても不正選挙だと思う。
北海道で自民党を支持しているのは良くて20%程度でしかない。その状態で無党派の人と接戦であるというのは明らかにおかしい。どう見ても勝つのは無党派候補だと思うけどね。
またいつものようにムサシを使った不正選挙だろうな。確かアメリカにおいても不正選挙が暴露されているから手口同じだろう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/65148774

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの共謀? ブラジル大統領排除投票後、主要野党議員がワシントンで会談:

» マイダン革命  ナチの突撃隊員を第二次世界大戦後初めてヨーロッパの市民に向かって放した・・・・・ [dendrodium]
クリミア=タタールの「メジリス」活動禁止を撤回せよとの米国の呼びかけにポクロンスカヤ検事総長がほくそ笑む2016年04月22日 クリミア共和国のナタリヤ・ポクロンスカヤ検事総長は ... [続きを読む]

« ワシントン、BRICS攻撃を開始 | トップページ | オバマは、一体なぜ、シリアの聖戦士打倒より、アサド打倒を優先しているのか(I) »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ