« 今や我々全員ギリシャ人 | トップページ | ギリシャ人の罪悪感と、シリザの背信 »

2015年7月17日 (金)

響きと怒りが多くを語るギリシャ

Paul Craig Roberts
2015年7月15日

ヨーロッパの全ての人々と、無頓着なアメリカ人やカナダ人も、1パーセントの代理人に、シリザが屈伏したことを通告された。シリザ崩壊のメッセージは、欧米中の社会福祉制度が解体されるということだ。

ギリシャ首相アレクシス・ツィプラスは、ギリシャ人が第二次世界大戦後、二十世紀に獲得した進んだ社会福祉を、1パーセントがギリシャ国民から略奪するのに同意した。年金と高齢者医療は消滅しかけている。1パーセントには金が必要だ。

保護されたギリシャの島々、港、水道、空港、ありとあらゆる国有財産が1パーセントに売り渡されることになる。もちろん特価で、しかしその後の水道料金は特価ではない。

これは、ギリシャに押しつけられる緊縮政策の第三段だが、この緊縮政策には、ギリシャ自身の政府による共謀が必要だった。緊縮政策協定は、ギリシャ国民から文字通り、あらゆるものを略奪する行為の隠れ蓑として機能する。トロイカ・メンバーの一つIMFが、IMFエコノミスト達が、緊縮政策は失敗だったことが分かったと語っている事実にもかかわらず、緊縮政策を押しつけている。ギリシャ経済は、緊縮政策によって押し下げられたのだ。それゆえ、ギリシャ債務が増大し、重荷になった。緊縮政策が行われる度に、益々債務は返済不能になる。

しかし、1パーセントが略奪する場合、事実は興味深いものではない。緊縮政策、つまり略奪は、IMFエコノミストがそれを正当化できない事実にもかかわらず進められる。

ギリシャ民主主義は、無力であることを証明してしまった。ギリシャ国民がそれを否定した一週間前の投票にもかかわらず、略奪が進められつつある。我々がアレクシス・ツィプラスで目にしているのは、選挙で選ばれた首相が、ギリシャ国民でなく、1パーセントを代表しているということだ。

1パーセントの安堵のため息が世界中で聞こえている。ヨーロッパ最後の左翼政党、あるいは、左翼とされるものが、イギリスの労働党、フランス社会党や、その他諸々と同様、屈伏させられたのだ。

それを支えるイデオロギーが無くなって、アメリカの民主党同様に、ヨーロッパ左翼は死んだ。こうした政党の死によって、人々は、もはや発言権を持てなくなった。国民に発言権がない政府は、民主主義ではない。我々はギリシャで、これをまざまざと目にしている。ギリシャ国民が、国民投票で決定的な意思表示をした一週間後、ギリシャ政権は、国民を無視し、1パーセントに応えた。

アメリカの民主党は、製造業の労働組合における党の財政基盤を破壊した雇用の海外移転で、死滅した。ヨーロッパ左翼はソ連と共に死んだ。

ソ連は、資本主義に対して、社会主義という代替案があるという象徴だった。ソ連崩壊と“歴史の終わり”が、左翼から、経済綱領を奪い取り、左翼には、少なくとも、アメリカでは、妊娠中絶、同性結婚、男女平等や、人種差別等の“社会問題”しか残さず、労働者階級による左翼の伝統的な支持を弱体化させた。異性愛者と同性愛者、黒人と白人、男性と女性間の戦争で、階級戦争が消滅したのだ。

現在、欧米の人々は再奴隷化に直面しており、歴史が選んだ、世界覇権を認められた国民だというアメリカ・ネオコンの主張の結果、世界は、核戦争に直面しているが、アメリカ左翼は、南部連合の戦旗を憎むことで多忙だ。

ヨーロッパ最後の左翼政党、シリザの崩壊は、ポルトガル、スペインや、イタリアに、より断固とした政党が出現しない限り、バトンは、右翼政党に、ナイジェル・ファラージのイギリス独立党、フランスのマリーヌ・ルペンの国民戦線や、EU加盟による、国家の絶滅に反対して、民族主義を主張する他の右翼政党に引き渡されることになる。

シリザは、彼等を断固打倒すると決めたEUへの反撃として、ギリシャの銀行の国有化に失敗してから、勝ち目はなかった。ギリシャの1パーセントは銀行とマスコミを持っており、ギリシャ軍は国民の側に立つ素振りを見せていない。カール・マルクスとレーニンが説明した通り、平和的変革が不可能であることを我々は今目撃しているのだ。

革命と根本的な改革は、生き残った1パーセントによって妨害されたり、打倒されたりする。1848年革命の敗北に失望し、歴史の唯物論的概念から発想を得て、マルクスは、レーニン、毛やポル・ポトと同様、旧体制の連中を生き残させれば、反革命となり、人々は農奴にもどされると結論づけた。中南米では、全ての改革派政権が、スペイン系支配層と協力して活動するアメリカの経済権益による転覆に脆弱だ。我々は現在、ベネズエラやエクアドルでこのプロセスが進行するのを目にしている。

指示通りに、レーニンと毛は旧体制を抹殺した。階級ホロコーストは、ユダヤ人がナチスの人種的ホロコーストで経験したものの何層倍も大きい。だが記念碑は皆無だ。

今日まで、欧米の人々は、ポル・ポトが一体なぜ、カンボジアの都市部を無人にしたのかを理解できていない。欧米は、ポル・ポトは、精神病質者で大量殺人犯、精神病理学の症例だとして、片づけているが、ポル・ポトは単に、もし彼が旧体制代表連中の存続を認めれば、彼の革命が打倒されると見なして行動しただけなのだ。ジョージ・W・ブッシュ政権が奉じた法的概念で言えば、ポル・ポトは、事前に攻撃することで、反革命をしがちな階級を撲滅して、反革命を未然に防いだのだ。レーニンと、毛と、ポル・ポトに伴った階級虐殺は、革命の巻き添え被害だ。

イギリス人保守主義者エドマンド・バークは、進歩への道は革命ではなく、改革だと言った。イギリス支配層は、意図的にぐずぐずしながらも、革命の代わりに改革を受け入れ、バークの正当性を示した。だが現在、左翼は徹底的に敗北しており、1パーセントが改革に同意する必要は皆無だ。唯一の選択肢は、連中の権力に従うことだ。

ギリシャは始まりにすぎない。経済の崩壊、社会福祉制度の消滅、とてつもなく高い失業率の為、自国から押し出されるギリシャ人は、彼らの貧困を、他のEU諸国に持ち込むだろう。EU加盟諸国は、国境によって縛られてはおらず、自由に移民可能だ。ギリシャにおける支援制度の廃止は、ギリシャ人を他のEU諸国の支援制度へと追いやることになるが、そうした支援制度も、やがて、1パーセントによる民営化で、廃止されることになる。

21世紀の囲い込みが始まったのだ。

Paul Craig Robertsは、元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えていた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the WestHOW AMERICA WAS LOSTが購入可能。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2015/07/15/greece-sound-fury-signifying-much-paul-craig-roberts/
----------
国民の声に耳をかたむける為、新国立競技場計画見直しが脚光を浴びる仕組み。

戦争法案への反対のガス抜き、目を逸らす作戦に決まっている。

本当に、国民の声に耳をかたむけるのなら、戦争法案を見直すだろう。

有名建築家釈明、目立ちたいだけのお笑い芸人とどこが違うのだろう。

大本営広報部は、安倍広報部、いや、宗主国広報部。
何度も書く。強引に、徴税され、洗脳されるくやしさ。

それでも、戦争法案には「納得できず」が64%と言わざるをえない状況。

消化不良ではない。強姦だ。

TPP、日本庶民の「囲い込み」。

戦争法案と、TPPと、原発、辺野古基地推進で、21世紀の囲い込みが始まったのだ。

2015/07/15 強行採決に辻元清美氏「言葉にならないほどの怒り」 岩上安身のインタビューで安保法制の矛盾と安倍総理の数々の「嘘」を糾弾

« 今や我々全員ギリシャ人 | トップページ | ギリシャ人の罪悪感と、シリザの背信 »

NATO」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

ギリシャ」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

コメント

アメリカというよりもロックフェラーとその仲間達です。しかし、日本人は口には出しませんが気が付き始めています。゛マスコミ゛で検索すると、このブログが上位10位に入る訳ですから。一番大切なのは気が付いたら勇気をもって他人に知らせる事。まずは家族から。

いつも拝読しております。ご努力に心から感謝申し上げます。

日本がここまでの状況になるには、いつもおっしゃっているようにアメリカの属国であるからです。我々の真のボスはアメリカ。安倍はアメリカのポチにすぎません。このことに気づいている日本人はどれだけいるでしょうか?

先日Sealdsの集会に参加しました。若者たちが立ち上がっていること、本当に頼もしく思います。どこの集会に行っても「違憲」「違憲」の一色です。それだけでいいのでしょうか?安倍は、憲法の上にある安保条約に従ったまでです。安倍は違憲と言われても「安保のほうでは正しいんだよ」と言うでしょう。「それなら憲法を変えましょう。国民投票をしましょう」と言うでしょう。それを待っているのではありませんか?私たちは次第に彼らの術中にはめられつつあるのではないでしょうか? 

「違憲」ともう一つ「安保破棄。アメリカは日本から手を引け」というスローガンが要るのではないかと思わないではいられません。私たちはアメリカの日本支配について、いつまでも気づかないようにされています。私たちはもっと早く目覚めないと間に合わないことになるのではないでしょうか?私たちの真の敵は安倍だけではないのです。安倍はアメリカのポチにしかすぎません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/60766416

この記事へのトラックバック一覧です: 響きと怒りが多くを語るギリシャ:

« 今や我々全員ギリシャ人 | トップページ | ギリシャ人の罪悪感と、シリザの背信 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ