« トニリティー核実験から70年… いまだに付きまとう核の恐怖 | トップページ | 我々を墓場へ手招きするオバマTPP演説 »

2015年6月 9日 (火)

ウィキリークス、TTIPとTPPの更なる悪の兄弟、秘密のTISA文書を公開

政府や国民を更に拘束する新協定。

Glyn Moody
2015年6月4日 1:02am JST


ウィキリークスのマンガ

ウィキリークスが、2013年以来、ほとんど気づかれないまま、密室で行われている世界的な新サービス貿易協定Trade in Services Agreement (TISA)交渉の17の秘密文書を公開した。主要参加国は、アメリカ合州国、欧州連合や、23ヶ国 トルコ、メキシコ、カナダ、オーストラリア、パキスタン、台湾やイスラエルを含む他の国々で、全部で世界GDP三分の二を占める。

重要なことは、全てのBRICS諸国-ブラジル、ロシア、インド、中国と、南アフリカ-は加わっておらず、それゆえ、基本的に、欧米諸国が仕組んだ、欧米大企業の役にたつ協定に対して、彼らの視点は全く盛りこまれないない。欧州委員会の専用ページによれば、"TiSAは、市場開放と、ライセンス、金融サービス、テレコム、e-コマース、海上運送や、サービス提供の為の専門家の一時的海外移動等の分野の規則を向上させることを目指している。"

TISAは、サービスに焦点を絞っており、現在秘密裏に交渉されているあと二つの他の世界的貿易協定、商品と投資を対象とする、環太西洋貿易・投資連携協定(TTIP)と、これに対応する太平洋地域の協定、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を補完する。TTIPやTPPと同様に、TISAの中心的な狙いは、サービス貿易に対する"障壁"を取り除き、参加国に対し、規制に関する歯止めを化することにある。TISAの場合、歯止めによって、世界中で、サービスが規制緩和され、民間企業に開放されるのが確実になり、一度民営化されてしまえば、再国有化することができなくなる。

今日公開された17の文書には、航空交通、海上運送、専門サービス、e-コマース、配達サービス、透明性や、国内規制の問題に関する草稿と付録と、交渉参加国の姿勢に関するいくつかの文書が含まれる。e-コマースの付録は、もし採択されれば、デジタル世界のいくつかの極めて微妙な分野に対して、大きな影響を与えることになるだろうから、Ars読者には特に興味深いと思われる。

汝...するべからざること

たとえば、データフローの問題-特に、ヨーロッパ国民個人データの、アメリカへの流れ-が、EUが提案しているデータ保護指令、セーフハーバー協定と、TTIPを巡る論争の核心だ。TISAのe-コマースの付録第2.1条が、条約加盟国に課するものでこういうものがある。 "いかなる当時国も、他の当事国のサービス・サプライヤーが、サービス・サプライヤーの事業遂行に関連して、そのような活動が行われる当事者の領土の内部、あるいは外部から、個人情報を含む情報を、転送、[アクセス、処理、あるいは保管]するのを妨げてはならない。"

これが実際上に何を意味するかと言えば、EUは、現在、ドイツで計画されている考え方の一つである、グーグルや、フェースブックのようなアメリカ企業が持っているEU内部のヨーロッパ国民の個人データを要求することを禁じられることになる。9.1項は、企業にそのコンピュータ設備の一部を国内に置くよう要求することに対する、より一般的な禁止を課している。"いかなる当時国も、サービス提供者に、サービス提供、あるいは領土内で投資する条件として、当時国の領土内に置かれたコンピュータ設備を(a)使用することを要求してはならない。"

更なる読み物
TTIPとは何か: 民主主義を損なう秘密主義のアメリカ-EU条約

国民経済の増強か、大企業用トロイの木馬か?

漏洩した文章の第6条は、いかなる国も、フリー・ソフトウエア指令をすることを禁じているように見える。"いかなる当事国も、その領土内で、そうしたソフトウエアに関連したサービスを提供する条件として、他の当事国の個人が所有するソフトウエアのソースコードの譲渡やアクセスを要求してはならない。" 文章は、これは "大量販売用ソフトウエア"にのみ適用し、極めて重要なインフラに使用されるソフトウエアには適用しないということまで規定している。これはそれでも、アメリカ国家安全保障局NSAとイギリス政府通信本部GCHQによる商用ソフトウエアのバックドア設置について、知られていることから判断すれば賢明な要求である、公務員は、ワープロには、オープン-ソース・コードのものだけを利用するべきだとヨーロッパ政府が規定するのを妨げることになろう。

ウィキリークスがなければ、その時点では、文章が決定してしまっているので、それに対し何もできない、協定が最終合意に達する後まで、こうした広範囲に及ぶ提案の存在が明らかにされることはなかっただろう。こうした文書の公表によって、市民社会が、密室で、一体何が議論されているのかを知り、影響を分析したり、議論したりする機会が得られる。交渉担当官達が一般の人々が考えることを忖度するかどうかは、また別の話だ。

記事原文のurl:http://arstechnica.co.uk/tech-policy/2015/06/wikileaks-releases-secret-tisa-docs-the-more-evil-sibling-of-ttip-and-tpp/
---------
大本営広報部・大政翼賛会、TTPもTiSAも、全く中味を報じない。この漏洩自体についてもほとんどまともな記事を見ない。

大本営広報部・大政翼賛会、交通事故や、普通と思われない方々による殺人事件等は詳細に報じてくださる。

弁護士の方々からの発言もなさそうだ。

街の弁護士日記を除いては。

TPPだけではない  TiSAという名のグローバリゼーション

孫崎享氏、最新のまぐまぐニュース・レターで、あきらめず、マスコミに意見を言うようにと書いておられる。正論。気力ある方々は、是非、意見を言っていただきたい。

担当者達が一般の人々が考えることを忖度するかどうかは、また別の話だ。

政治評論家で、文章を「マスコミ」に投稿し、掲載された、あるいは掲載されなかった、と一喜一憂する人がいる。大本営広報部の虚像を有り難がる心性さっぱりわからない。

敵に評価されるのがそんなに嬉しいのだろうかと全く評価されないゴミのような庶民は思う。
投書をしようと思ったことがない。翻訳のおまけに書いている支離滅裂な小生の文章、掲載される可能性は皆無だ。ただし、翻訳がいくらまずくとも、いずれの原文も、属国大本営広報部茶番論説を遥かにに越える内容であることだけは確信している。

自民党街宣活動に対する市民の怒りのプラカード表示は嬉しい。小生も、自民党や公明党の街宣車が身近においでになる際は、手製の粗末なプラカードで映りたいものだと願っている。

« トニリティー核実験から70年… いまだに付きまとう核の恐怖 | トップページ | 我々を墓場へ手招きするオバマTPP演説 »

TPP・TTIP・TiSA・FTA・ACTA」カテゴリの記事

憲法・安保・地位協定」カテゴリの記事

日本版NSC・秘密保護法・集団的自衛権・戦争法案・共謀罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/60303488

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキリークス、TTIPとTPPの更なる悪の兄弟、秘密のTISA文書を公開:

« トニリティー核実験から70年… いまだに付きまとう核の恐怖 | トップページ | 我々を墓場へ手招きするオバマTPP演説 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ