« 軍国主義というバイアグラに頼る老いさらばえたアメリカ | トップページ | ウクライナ国民は生活の糧を奪われたが、次はアメリカ人の番だ »

2015年6月 5日 (金)

サッカーを政治利用するワシントン

Paul Craig Roberts
2015年6月3日

ワールド・サッカーに対するワシントンの攻撃は、ロシアが主催したソチ・オリンピックに対するワシントン攻撃の脚本に従っている。違いは、ワシントンは、オリンピックが、ソチで開催されるのを止められず、欧米の人々をウソとプロパガンダで脅すことしかできなかったことだ。ワシントンが画策する現在のスキャンダルで、ワシントンは、FIFAを乗っ取り、ロシアが次回のワールド・カップを主催するというFIFA決定をホゴにするつもりなのだ。

これはロシアを世界から孤立させるというワシントンの計略の一環だ。

ワシントンが画策するこのスキャンダルは限りなく怪しい。FIFA幹部達が政治的な理由で逮捕され、最近、圧倒的大多数で再選されたFIFA委員長、ゼップ・ブラッターも告訴するというワシントンの脅しで、辞任を強いられたのは明らかに見える。こういうことが起こり得るのは、ワシントンが、もはや法による支配を受けていない為だ。ワシントンの手にかかると、法律は、ワシントンから自立した姿勢を取る、あらゆる人々、あらゆる組織、そして、あらゆる国に対して利用される武器となる。

これで、ワシントンと、そのポチ、イギリスが、FIFAを乗っ取る準備ができたので、今後は、ワシントンの外交政策に従う国に褒賞を与え、独自の外交政策を追求する国々を懲罰するために利用されるだろう。

南米、アジアと、ロシアにとって、唯一の希望は、自らのワールド・カップを立ち上げ、堕落した欧米に背を向けることだ。

ロシア、アジアや、南米が、堕落した、不道徳な欧米世界の一環に、これほどなりたがるのは驚くべきことだ。一体なぜ諸国は、悪と付き合いたがるのだろう? ベネズエラ、エクアドル、ボリビア、そして恐らく、アルゼンチンとブラジルは、欧米勢力圏に入るということは、自らの国を、ワシントンの支配下におくことになるのを学んでいる。

プーチン、ラブロフや、中国指導部は、欧米と付き合うのは、疫病と付き合うようなものだと語っている。ところが、彼らはいまだに欧米と付き合いたがっているのだ。ロシアや中国が、自分達の自尊心を、ワシントンに承認してもらう必要があるなどと考えるはずがあるだろうか?

FIFAは、スイスに本拠を置く組織だ。ところが、FIFA幹部逮捕は、ワシントンが始めたFBIによる“捜査”に基づいている。アメリカ法の普遍性を主張して、ワシントンは、その警察や検察官の権限を、他の主権諸国で行使している。

一体なぜスイスは、そして一体なぜ他の国々は、ワシントン法の普遍性という、ワシントンの主張に素直に服従するのだろう? 政治指導者達は買収されているのだろうか、それとも暗殺や冤罪で脅されているのだろうか? 地球上のあらゆる国々で、ワシントンの法律だけが普遍的で、他の国々でも承認され、崇められるのは、一体どのように説明がつくのだろう? 報復を恐れているためなのだろうか?

外国の指導者達たることの核心が、ワシントンに卑屈に追従することで、大金持ちになれるのだ、というのがあり得る一つの答えだろう。退任から一年後、トニー・ブレアは、5000万ドル稼いでいると報じられている。その金は一体どこから来るのだろう? 彼が首相だった時には、誰もブレアの演説など聞きたがらなかった。一体なぜアメリカ人は、彼に演説をしてもらうために6桁の謝礼を支払うのだろう?

プーチンも大金持ちになれる。ロシアをワシントンに売り渡しさえすれば良いのだ。

巧妙に仕組まれたサッカー・スキャンダルを売女マスコミによる徹底的喧伝で聞かされる一方で、あらゆる本当のスキャンダルが、注目されずに済んでいる。

たとえば、欧米の多数の巨大銀行は重罪を認めたが、罰金しか受けなかった。フィニアン・カニンガムが指摘した通り、“投獄するには、巨大すぎる銀行”による、マネーロンダリングや、価格操作と比べれば、FIFAの犯罪行為とされるものなど些細なものに見える。証券取引委員会は、実際、銀行の連中の犯罪行為に対し、権利を放棄している。ある反対意見のSEC委員は、絶えず権利を放棄することで、“累犯”を奨励しているといって、同僚を批判した。SEC Commissioner Furious That SEC Has Made A Mockery Of "Recidivist Criminal Behavior" By Banks 

クリントン政権以来、ワシントンの口から発せられた重要な声明の何一つとして本当であったことがないのだから、ワシントン自身到底信じがたい。ところが、ワシントンはいまだに、真実の裁定者として練り歩いている。

サダム・フセインは大量破壊兵器を持っていなかった。アサドは化学兵器を使用していなかった。イランには核兵器開発計画はなかった。ロシアはウクライナを侵略しなかった。ところが、ワシントンは、世界を、連中のウソは本物だと思い込ませたのだ。

FIFA幹部が賄賂を貰ったという確証のない非難で、憤激している政治家連中は、彼ら自身賄賂を得ているのはほぼ確実だ。TTIPをファスト・トラック扱いする賛成票を投じるのに、大企業から議員達にわたされた賄賂をご覧願いたい。Here’s how much corporations paid US senators to fast-track the TPP bill

ワシントンから賄賂をもらわない、どこか一つのEUの国(現時点では、おそらくはギリシャを除いて)の指導者を挙げられる人がいるだろうか?

ウド・ウルフコッテによれば、誰も、CIAから賄賂を貰っていないイギリスや、EU新聞の一紙たりとも挙げられない。

国連投票のいったいどれだけが、ワシントンの脅しと賄賂で決められているのだろう?

FIFA決定が収賄に毒されていようと、いまいと、“捜査”の狙いは、ロシアでワールド・カップを開催するという決定に疑念を投げかけることにある。ワールド・カップは、世界的な催しであり、主催国の威信を示すものだ。ワシントンは、この威信を、ロシアに与えることを否定しようとしているのだ。これこそが“捜査”の狙いだ。

Paul Craig Robertsは、元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えていた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the WestHOW AMERICA WAS LOSTが購入可能。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2015/06/03/washington-politicizes-football-paul-craig-roberts-2/
----------

憲法学者全員が戦争法案は違憲だと明言した場面、大本営広報部人気アナウンサー氏、コメントはもちろんせずに、いかにもきまずい顔をしているように見えたのは気のせいだろうか。

属国大本営広報部にも、強力な政府を批判する力があることを、実感できてうれしかった。自国政府を批判したわけでは、もちろんない。属国大本営広報部が、隣国中国の天安門事件26周年を揶揄したのだ。

天安門事件26周年に関する北京大本営広報部の沈黙を、観光船の沈没を、属国大本営広報部は揶揄した。

中国もどこの国も同様、天国ではありえまい。

TPPを完全報道管制している属国大本営広報部、中国大本営広報部を笑う資格はないだろう。「目くそ鼻くそを笑う」典型例。

観光船改造というストーリー、韓国の沈没とそっくりなのに驚いた。無謀なことをするものだ。彼らなりの新自由主義?

大本営広報部には説教されたくない。TPP、戦争法案、原発再稼働、量的緩和、ありとあらゆる手段で売国を推進する「自分の頭のハエを追え」と思うのみ。一番重要な話題を放置して、余所の不幸を笑うなど卑劣の極み。

同じ連中が、ウクライナで行われる経済改革・軍事改革を支援しますという二大傀儡会談をひたすら褒めそやすことは今からわかる。

本題。突然降ってわいたスキャンダル、不思議で、狙いは何だろうと思っていた。プーチン大統領の怒りの発言もある。さっぱりわけがわからなかった。

今日、たまたま知人と話していて、突然、「FIFAは意図的ですね」といわれてびっくり。知人、スポーツに長けた人だからわかるのだろう。

個人的欠陥を、延々くりかえす。体操・スポーツ、通信簿はペーパー・テストで底上げして3だったか。実質1だろう。見ていて情けないほど、救いようがない類はいるのだ。運転免許を取るときに、教官全員に「一体なぜ、免許をとろうなどと思ったのか」と質問された。全員と喧嘩し、大半の教官に拒否された。好きで習ったわけではない。運動神経がすぐれていた母親が、卒業前に、何か意味ある資格をとっておけと受講料を払ってくれた為だ。不思議にも免許は取得したが、ハンドルに触れたことは全くない。

運動会徒競走、先生が、より遅い人と組んでくれたのではと今にして思う。競争心のない、やさしい人をいれてくれたのだ。それでビリから二番目。6年の時に、その人が特殊学級に移動したのでパニック。いつも、運動会前日には、てるてるぼーずをさかさまにぶら下げていた。

野球も、仲間にいれてもらえなかった。「お前が入ると負ける」という思いはわかっていた。親戚にもらった高級グローブは、ほとんど無傷のまま。

野球もゴルフも見ていてルールがわからず興味がわかない。サッカー、学生時代、誘われて神宮かどこかで見たきり。その時も良くわからなかった。

スポーツを楽しめる皆様を、心からうらやましく思う。できる方には理解できないのだ。ぎこちない、とんちんかんな反応が。

TPP同様、宗主国大企業が決めるルールが、スポーツ界を含め世界のあらゆる国を支配するわけだ。

Wikileaksが、TiSA漏洩文章を公開した。大本営広報部はもちろん報じない。TiSA自体についても、TPP同様、大本営広報部は報道管制中。

TiSA文章リークを早速取り上げられたのは、TPPを追求しておられる内田聖子/Shoko Uchida氏のみ?  大本営広報部・大政翼賛会はいらない、と改めて思う。

おことわり:毎回、とんでも翻訳をしているが、法律・経済の素人には「SECの大銀行に対するissue of waiver」さっぱり意味がわからない。
「お仲間で、決まったように、おめこぼしをしている」程度しか想像できない。いい加減の訳であることをご了承願いたい。

一流マスコミの皆様が翻訳するに値する文章を、素人が無理して、日本語の形にしているので、誤訳てんこもり。批判されてもあやまりようがない。無理は承知。完全を期すれば、死ぬまで翻訳などできないだろう。

毎日が赤恥。毎回、筆者の皆様に、申し訳なく思っている。

« 軍国主義というバイアグラに頼る老いさらばえたアメリカ | トップページ | ウクライナ国民は生活の糧を奪われたが、次はアメリカ人の番だ »

NATO」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

コメント

「毎日が赤恥。毎回、筆者の皆様に、申し訳なく思っている。」

当方は76才の後期高齢者だが、よく閲覧させてもらっている。
謝ることはない、全体の文意がつかめればそれで良い。
今後も続けてもらいたい。

   オバマに失望,がっくり

  しばらくインタ-ネットの使えない場所にいた。久しぶりに海辺の町に戻ってみると,早速地震のお出迎え。小笠原諸島付近で発生した震度と同じ地震が東部で発生したらしい。その被害写真を知り合いに見せて貰った。マラソン大会でも有名な高峰の「ロバの耳」が崩れていた。
  いくらか日本の新聞が届いていたので読んでみたが,読むのが疲れた。こちらの日本語読解力がさらに下がったのかもしれない。特に何が書いてあったのかよく分からないのが朝日新聞の『プ-チンの実像』であった。第三部の一部しか目を通していないが専門家以外の一般読者にはよく分からない文章で,プ-チンを悪魔化するのに役立つ記事を書いたつもりなのであろう。

  それでも葛西敬之JR東海名誉会長の文章(読売新聞6月1日)はよく理解できた。日本が中国主導のAIIBに参加しないのは正しい,という内容であった。昔,封書をいただいたことがある。しかし10年前の鋭さ,面影はない。
  その間,TPP用のファ-ストトラック法案が米上院を通過した。下院は難しいらしい が,フロマンは6月中旬にオバマがそれを手に入れるだろうと予測している。他方オバマはナイキ社の従業員の前でTPPが批准されれば,数千人の雇用が生まれるだろうと訴えて拍手喝采を浴びた。そのナイキが蹴球FIFA理事に多額の賄賂を送っていた容疑で取り調べを受けている。テロ国家米国の脅しは永世中立国スイスまで及ぶらしい。

 パソコンがない生活。かなり苦しかった。その中で”Change”といって登場したオバマ上院議員と,メキシコの山中で出会った,オバマの熱烈な支持者にして大学教授のことを思い出した。彼女はオバマ礼賛の書を小生に見せてくれた。今でも彼を支持しているのであろうか。

  海辺の町に戻ってRTの記事を見た。Wikileaksが、TiSA文章を漏洩した。オバマ大統領はこの文章を読んだことがあるのだろうか。「詳らかに」読んだことはないのが実情ではないのか。しかしオバマがTPPに反対だと,勝手に考えていた小生の予測は大外れ。ただただ,「ヴィナム戦争は間違いだった」と回想したマクナマラのように,将来出るであろう回想録で『本当はTPPやTTIPに反対だった』と語ってくれることを祈るのみである。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/60255157

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーを政治利用するワシントン:

« 軍国主義というバイアグラに頼る老いさらばえたアメリカ | トップページ | ウクライナ国民は生活の糧を奪われたが、次はアメリカ人の番だ »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ