« 対ロシア経済制裁で、アメリカの圧力を認めた日本 - 下院議長 | トップページ | ウソをウソの上塗りで隠そうとするワシントン »

2015年5月27日 (水)

オバマの秘密貿易協定を読み、TPPが“この国に害を与える”ことを認める人物出現

Tyler Durden
2015年5月19日
Zero Hedge

オバマ二期目の最高業績とされているものを巡って大変な逆説がある。その内容を、事実上、誰も良く知らず、あるいは、法律として成立させるまでは、知ることができない法案、環太平洋戦略的貿易協定(TPP)だ。

これは逆説ではない。逆説は、2009年10月に、ホワイト・ハウス報道官が“大統領は、他のどのホワイト・ハウスもかなわない、透明性と倫理という立場に復帰した…。大統領は透明性を大いに重んじている… そうした透明性こそが最善の政策だ”と言ったことだ。

あるいは、ナンシー・ペロシの言葉を言い換えれば、“法案の中味が一体何かを知るためには、法案を成立させなければならない。”

誰にでも、TPP法案の最終的な表現に関して、意見はあろう。特に、法案に対する最も声高な批判者として登場した、エリザベス・ウォーレンと、彼女の進歩的な民主党議員仲間は、文章に詳しい誰かが、内容を明らかにすれば、投獄されかねないという単純な理由から実際は誰も読んでいないというのが事実だ。

まことにもって、最も透明な政権であることよ。

法案を読むことが出来るが、巨大企業に対する何層もの景品の山である膨大な法案を実際には読まずに、意見を公表した人々について、意見は言うまい。実際、TPPの内容に非常に詳しい唯一の連中は、それを書いた人々だ。アメリカ多国籍企業の株主が、TPPの最大受益者だ。

ところが、とうとう、オバマのTPPを読んだ様に見える人物があらわれた。その人物とは、法律によって作られた二つの諮問委員会の連絡役や、アメリカ貿易赤字調査委員会委員としての資格を与えられており、ケリー-エドワーズ大統領選挙戦での国際貿易共同議長もつとめたマイケル・ウェセルだ。

今日、ウェセルが「ポリティコ」に“私はオバマの秘密貿易協定を読んだ。エリザベス・ウォーレンが懸念するのは当然だ”と題する記事を書いたが、我々は心から賛同する。巨大多国籍企業に恩恵をもたらすとされているこの貿易協定で、アメリカ経済が恩恵を受けるか否かについては、同意するむきも、反対するむきもあろうが、秘密主義の、大企業に支配された、泥棒ファシスト国家へのアメリカの変身は、共和国に対してのみならず、アメリカ国民、少なくともTPPで恩恵を受ける0.001%に属さない人々に対して、破局的であることについては、満場一致のはずなのだから。

* * *

マイケル・ウェセルが最初に「ポリティコ」に投稿した記事から:

私はオバマの秘密貿易協定を読んだ。エリザベス・ウォーレンが懸念するのは当然だ。

“25年前に成立したものでなく、この貿易協定の何がまずいか指摘しなければだめだ”と 最近、環太平洋戦略的貿易連携協定(TPP)に対する批判に失望して、バラク・オバマ大統領が文句を言った。彼は正しい。TPPに対する大衆の批判は曖昧だ。意図的に、そういう仕組みが作られているからだ。協定の文章を読んだ人は誰でも、内容を開示したかどで、投獄されかねないのだ政府顧問用のTPP文章を私は実際に読み、この貿易協定が、この国にいかに損害を与えるかについて、私は大統領に実に多くの助言をした。しかし、私がどう批判したかは、公表することはできない

エリザベス・ウォーレンの貿易協定批判は正しい、と私は言えるこの貿易交渉で隠されていることについて、我々は大いに懸念すべきなのだ。特に、オバマ政権が、助言を与えるはずと考えられている我々に対してすら情報を秘密にしていることについて。

私の様に、いわゆる“閲覧許可を得ている顧問達”は、具体的な提案や、やり方に対して申し立てた批判を公表することを禁じられている。政府は、完璧な不条理状態を作り出している。法律で、見たことを具体的に語るのを、アメリカ国民に禁じておいて、我々のことを、具体的でないといって、大統領が批判するのを許しているのだ。大統領は、TPPの利点に関して、私や他の多くの文書閲覧を認められた顧問達に同意しないことを率直に認めず、大統領は、我々による具体的で鋭い批判などないような振りをしているのだ

私が言えるのは、TPPがもたらし得る害について、適切な疑問を呈している人々に対し、政権が不公平なことだ。政権にとって、彼らのやり方に疑問を呈する人々は全員、保護主義者や、酷い場合には、不誠実田とされる。彼らは労働組合が、アメリカにおいて、機会や雇用を推進する為の強力な規則を進めてきた原動力であった事実にもかかわらず、露骨に労働組合を批判する。しかも彼らは、何よりもまず、貿易協定は、国内製造業者やその従業員の利益を推進すべきだと考える、私の様な人々をはねつけるのだ。

ほぼ40年間に亘って、私は貿易政策に深く関与してきた。21年間、元民主党下院院内総務のリチャード・ゲッパートの為に働き、北米自由貿易協定の“ファスト・トラック”や、史上最大の貿易協定である世界貿易機関のウルグアイ・ラウンドを含め、あらゆる貿易政策問題を扱ってきた。様々な国内製品や、全米鉄鋼労組のコンサルタントもしており、彼らの為に、二つの貿易諮問委員会で、資格を与えられた顧問をつとめている。しかもその上、2008年、オバマの大統領選挙戦で、公的に認められた顧問だった。

オバマはもはや私の助言には耳を傾けないかもしれないが、ヒラリー・クリントンやエリザベス・ウォーレンなら耳を傾けるかも知れない。ウォーレンは、もちろん、協定に対するおそらく最も声高な批判者だが、より慎重なクリントンも、TPPの一体どこが良いのかについて、適切な疑問を提起している。彼女の広報担当者、ニック・メリルはこう述べた。“通貨操作を取り締まる為に、労働者の権利の強化、環境と健康の保護、透明性の推進や、アメリカ小企業の輸出に新たな機会をもたらす為に一体何がなされるのか、彼女は注意深く見守るつもりだ。著書『困難な選択』の中で、彼女が書いた通り、労働者や消費者を犠牲にして、大企業に特別な権利を与えるべきではない。”

この点で、現在のTPPは基準に達していない。そして現在、議会が検討している何物も、TPPが、国内生産推進や雇用創出という目標に合致することを保証するものはない。

TPPの文章は、あらゆる貿易協定同様、しっかりと守られた秘密だ。この事実のおかげで、本当の公開討論は不可能となり、非公開のしっかりした議論が一層不可欠になるはずだ。しかし、私の様にTPPを批判する人々が、協定の多くの欠点を指摘する能力は、TPP文言の改訂を、資格を与えられた顧問が、完全に読めるようにすることを、政府が驚くべきことに、未曾有の拒絶によって限定されている。

ビル・クリントンは、こういうやり方はしなかった。NAFTA論議の間、民主党指導部に対する資格を与えられた顧問として、私は全文の写しを机横の金庫にいれており、定期的にメキシコとカナダによる対案を含め交渉の細部についてブリーフィングを受けていた。TPP交渉中、アメリカ合州国通商代表部は、他のTPPパートナー国が提示した案を決して我々に見せない。今日の諮問というのは、多くの点で、過去の政権下でのものより遥かに限定的だ。

全ての顧問や、連絡係は、機密取扱者としての人物調査を受けなければならず、文章を読み、ブリーフィングに参加できるようになる前に、膨大な事務手続きと身元調査が不可欠だ。ところが、機密取り扱い資格を与えられていて、助言を提供するという法律上の義務にもかかわらず、顧問は、まともな人物が仕事をするのに必要なあらゆる資料を見ることができないのだ。交渉担当官は我々に“提案”を見せるが、そうしたものは、貿易相手国に対する単なる最初の提案に過ぎない。我々は、貿易相手国からの代案を見ることは許されていない。顧問は、最終文章では、適切な全ての利害関係者の利益をバランス良く調整することを示すのだとある最新版を与えられることが多いが、その薄弱な保証以上の追加詳細を得ることは少ないのだ。

こうした詳細部分は膨大な影響力がある。例えば、原産地規則は、結果として作られた製品が免税扱いを受ける資格があると判定するのに、製品のどれほどの割合が、TPP参加国で生産されているのかを規定する。これは複雑なルールで、企業がどこで製品を製造するか、原材料をどこから購入するかを規定する。北米自由貿易協定 (NAFTA)の下では、自動車の部品の62.5パーセントが、NAFTA参加諸国の国産のものでなければならなかった。アメリカ-オーストラリア自由貿易協定では、それが50パーセントにまで引き下げられた。アメリカ-韓国自由貿易協定(KORUS)では、更に35パーセントに引き下げられた。要するに、アメリカと韓国とのFTA協定の下では、韓国からの自動車の65パーセントが中国部品で作られていても、アメリカに輸出される時には、依然免税扱いを受けられるのだ。

この事実は、政治的に大問題で、その理由からして、TPP協定は、より高い水準のものであるよう期待すべきだ。しかし、TPPが62.5パーセントというNAFTAの要求に達するだろうか? それとも、KORUSに対するちょっとした進歩に過ぎないのだろうか? 協定の最終文章が見られなければ、何も言えないのだ。

国有企業も、TPPで、始めて、対象になる可能性がある。しかし、またしても、詳細は不明だ。ベトナム、マレーシアやシンガポール等、全てそのようなルールで深刻な影響を受ける国々には例外措置を講じるのだろうか? 何が許容され、何が許容されない行為かを決めるの評価基準は一体何だろう? 損害が起きたというのに、かなり長期間が必要なのだろうか、個別の非営利的行為や、悪影響を与える貿易慣行は訴訟可能なのだろうか? またしても、断言することは不可能だ。

顧問達は、あれやこれやの問題に関して、当てずっぽうでものを言っている。

文章の一部のみ、アメリカ通商代表部の職員が見つめるなかで、読むことができるのだ。つい最近まで、安全なウェブサイト上で読むことができていた。ところが、政府が運用しているウェブサイトには、資格を与えられた顧問向けの最新情報が無い。そういう情報を得るには、特定の政府施設まででかけて、資料を読む為に署名しなければならない。その場合でも、政権が、我々が読めるものと、読めないものを決めるが、読めるのは、協定の影響を本当に理解するのに極めて重要な本物の文章ではなく、入念に編集した要約のことが多い。

資格を与えられた顧問は、アメリカの貿易交渉担当官達に助言するよう、法律で決められている。全米鉄鋼労組のレオ・ジェラルド議長、マスターカードのCEO、アジェイ・バンガ、EtsyのCEO、チャド・ディッカーソンや、アペル養豚場共同所有者、ジル・アペルといった顔ぶれを含む、一番上に位置する、アメリカ通商代表部の貿易政策 & 交渉諮問委員会から始まる、階層構造があるのだ。その下には、次の階層を構成する、労働や環境や農業の様な話題を扱う個別の委員会がある。一番下の階層は、鉄鋼や宇宙等、個々の部門を対象とする産業貿易諮問委員会(ITACS)だ。最近の計算では、600人以上の資格を与えられた顧問がいる。彼らの圧倒的大多数が、事業利益を代表しているのだ。

批判を減らすための取り組みが、アメリカ通商代表部が、もはや、資格を与えられた顧問達に、交渉担当官達が達成したものの要約しか読ませないというものだ。更新された完全な文章を読めるようになるのか、という質問に対する答えとして、“できるだけ早急に読めるように作業している”といわれた。ところが、それは外国の場合にはあてはまらない。我々の貿易相手国は、この文章が読めるのに、法律で作られた諮問委員会で働く、政府自身から資格を与えられた顧問は、情報を教えられないままでいるのだ。

詳細を知らずして、一体どうして適切な助言ができるだろう?

疑問は、労働や環境、投資家-国家紛争、知的所有権や他のものも含む提案されている協定の事実上、あらゆる章に及ぶ。こうした疑問に対する回答は、アメリカ企業の、供給元選定や、投資判断、そして、その結果としての、アメリカ国民の雇用に影響する。選挙で選ばれた議員達は、もし彼らがこうした質問を提起し損ねれば、彼らは憲法上の義務を放棄することになる。

ウォーレン上院議員は、大統領に立ち向かう彼女の勇気に対して、クリントンは、注意すべき点をあげたことで、表彰されるべきなのだ。私はあらゆる議員が、こうした重要な疑問を提起するよう勧めたい。働くアメリカ国民にとって、これ以上の貿易協定や貿易政策の失敗をする余地などない。

三権分立各部門間の連携と、アメリカ国民の信頼が回復するまで、議会はファスト・トラック貿易交渉権限を成立させるべきではない。それには、膨大な関係修復作業と、TPPが一体何をもたらすのかに関する正確な情報公開が必要だ。それは、深く考えずに賛成するようなことをしない、我々の様な連中に、TPPの最終文章を読ませることから始まる。

* * *

そして、つい先程、オバマ大統領は貿易協定に関する議会の動きに`満足している’と述べた。

これでは“選挙で選ばれた”政府が一体誰の代表なのか、疑問に思わざるを得まい…

記事原文のurl:http://www.zerohedge.com/news/2015-05-19/someone-finally-read-obamas-secret-trade-deal-and-admits-tpp-will-damage-nation
----------
本来なら、いまごろ、グアムで閣僚会議が開催され、余りな状況になっていたはず。
下院でのファスト・トラック、貿易促進権限法案なる国家主権強奪促進法案の展開が見えないので、小休止状況。やむなくさいわい、グアム閣僚会議が延期になってしまっている。

何度も国技による外交文化の違いを繰り返す。『アジア力の世紀』の70ページ記事の受け売り。

日本は相撲、アメリカは、アメリカンフットボール。
アメリカンフットボールは、戦略と謀略ゲームの極地。チア・リーダーもでる。
重武装とソフトパワーで戦うゲームでもある。
対する相撲はまわし一本。
だから、同盟国の善意を信じ、好意に期待する。

価値観を同じくする価値観外交というたわごとがある。
原爆投下は正しかったという国と、戦争犯罪の爆撃を受けた国が、どうして同じ価値観にたてるだろう。負けたことで、戦争犯罪がチャラになるのだろうか?
敗戦国傀儡が、戦勝国支配者の靴の底を舐める行為が価値観外交。
敗戦国の傀儡には、臥薪嘗胆という精神、存在しない。
韓信の股潜りを70年間続けていると、いわれなくとも進んで股潜りをするようになる。
価値観外交、ニヒリズム外交の言い換えだ。

とはいうものの、「八百長」という言葉、どこからきたのだろう?

昨年、宗主国大統領が、来日し、銀座で寿司接待をした際、既に、首相は全て開放します、とすっぽんぽんになっていた、という説がある。「銀座の寿司屋で、二人は握った」のだ、と。

余りに渋い顔をして日本はつっぱっている。それで風呂男氏と夜を徹して交渉となる。というが、これこそ「八百長」という説。実にもっとも。

宗主国側が、自国大企業の為(通商代表様ご自身、そういうエリートでおられる)奮闘するのは、無理をすれば、ある程度わかる。しかし、属国側が、身を挺して売国行為を働き、更にはワシントンで、ファスト・トラック推進ロビー活動をしているという状況、正気ではない。ただの悪質な売国行為以外の何物でもないだろう。

我々の税金で、我々は首を締めらられる。孫子まで、未来永劫。生まれていない人々には責任皆無。彼らに詰問されて、申し訳たつだろうか?

TPP、大本営広報部が報じる場合、進展状況(というよりは遅延状況)のみ。「難航が懸念される」という調子のおとぼけで終わる。
TPPの内容を本格的に分析した大本営広報部記事・電気洗脳箱報道、見た記憶がない。

詳細を知らずして、一体どうして適切な判断ができるだろう?

TPP関連主要記事リスト

疑問は、労働や環境、投資家-国家紛争、知的所有権や他のものも含む提案されている協定の事実上、あらゆる章に及ぶ。こうした疑問に対する回答は、日本企業の、供給元選定や、投資判断、そして、その結果としての、日本国民の雇用に影響する。選挙で選ばれた議員達は、もし彼らがこうした質問を提起し損ねれば、彼らは憲法上の義務を放棄することになる。

これでは“選挙で選ばれた”政府が一体誰の代表なのか、疑問に思わざるを得まい…

TPP、戦争法案、議員の皆様に限らない。憲法学者、弁護士の先生方は何を考えておられるのだろう。
(街の弁護士さんの発言を真似させていただいた。)

TPP、戦争法案、今眠っている、あるいは、眠っている振りをしているお偉い方々、政府の極悪犯罪に協力しているのと同じこと。庶民も。
「沈黙は、同意と同じ。」(木内みどりさんの言葉)

『楢山節考』という名作がある。今にして思えば、あれは、一見昔話に見えるが、これからやってくる社会を予言したSFだったのかも知れない。
TPPが発効すれば、老人放棄、貧乏人放棄の時代がやってくる。減った分の人数は、アジア諸国から若い皆様を招き入れて穴埋めするのだろう。

人を食い物にすることが当然の世界『ソイレント・グリーン』を思いだす。

TPP交渉差止・違憲訴訟の会

2015/05/24 【愛媛】「TPPは亡国の道」鈴木宣弘氏講演会(動画)

IWJは市民の皆さんに直接支えられているメディアです。
ぜひ、会員になってIWJの活動を支えてください。
【会員登録 https://www.siwj.jp/cd/user/Regist/agree

寄付・カンパもよろしくお願いします。
【カンパのお願い http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

« 対ロシア経済制裁で、アメリカの圧力を認めた日本 - 下院議長 | トップページ | ウソをウソの上塗りで隠そうとするワシントン »

GMO・遺伝子組み換え生物」カテゴリの記事

TPP・TTIP・TiSA・FTA・ACTA」カテゴリの記事

二大政党という虚構・選挙制度」カテゴリの記事

コメント

不平等条約

開国時の不平等条約を解消するために、日本は無理をして露中という大国と戦争をしてやっと平等といえる状態に仕切り直すことができましたが、今回の不平等条約(TPP、新米日軍事協定)も子孫達が無理をして戦争をしないと解消できないという結果になるのでしょうか。今回は「江戸を火の海にするぞ」と大砲で脅されている訳ではないのに。(また地震がおきてどこぞの原発が吹っ飛ぶぞという脅しがあるのかな?)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/60147218

この記事へのトラックバック一覧です: オバマの秘密貿易協定を読み、TPPが“この国に害を与える”ことを認める人物出現:

« 対ロシア経済制裁で、アメリカの圧力を認めた日本 - 下院議長 | トップページ | ウソをウソの上塗りで隠そうとするワシントン »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ