« ホロコースト記念式典から締め出されたプーチン | トップページ | シャルリー・エブド、言論の自由、そして社会保障 »

2015年1月24日 (土)

RTをISISやボコ・ハラムと同じリストに載せたアメリカ国営メディア機関トップ

公開日時: 2015年1月23日  12:57
編集日時: 2015年1月23日  13:35
Russia Today

アメリカ放送管理委員会(BBG)トップに新たに任命されたアンドリュー・ラックは、RTを、イスラム国やボコ・ハラム等の過激派集団と並ぶ、同委員会にとっての主要課題のひとつだと呼んだ。

BBG最高責任者のラックは、ニューヨーク・タイムズのインタビューでRTに触れた。

“中東のイスラム国や、ボコ・ハラムの様な集団のような視点を打ち出している、ロシア・トゥディのような組織による一連の問題に、我々は直面している”と彼は述べた。“しかし、こうした問題と立ち向かう上で、この放送局の役割が果たす役割を、私は確信している。”

RTは、現代の最も危険なテロリスト集団二つと同じリストに載せられるの等とは毛頭想定しておらず、この発言に対する説明を求めている。

“BBGの新トップが、RTを、世界最高のテロリスト軍と同等に扱ったことに、我々は非常に憤慨している”とRT編集長のマルガリータ・シモニャンは述べた。“我々はこれは国際スキャンダルと考え、説明を要求する。”

BBG以外にも、 RTはアメリカ国務省と在ロシア・アメリカ大使館にも説明を求めている。

国際視聴者を対象にする、政府が資金を提供するメディアを監督する超党派機関BBGが、RTを‘問題’だとして、言及したのはこれが初めてではない。

“ロシア・トゥディ[RT]と競合できるようするには、一体どれほど経費がかかり、どのように競合できるようになる対策を実行できるかという計画をまとめてから、連邦議会に行き、ホワイト・ハウスに行き、競合するのには、どれほど費用がかかるのかを語り、実行できるかどうか考えるようではないか”とBBG理事長ジェフリー・シェルは、2014年8月に語っていた。

更に読む: アメリカ放送局は、RTを主要な問題とみなし、競合したいと考えている

今回ニューヨーク・タイムズ記事は、RTの“アメリカにおけるかなりの存在感”に触れ、ロシアは“何百万ドルも”アメリカ支局と、スプートニク通信社につきこんでいると主張した。

アメリカ人政治家達は、過去にもRTに難癖をつけたことがある。ジョン・ケリーは、RTによる昨年春のウクライナ危機報道を攻撃し、RTを“プロパガンダ拡声器”と呼んだ。

ケリーの暴言を受けて、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は、RTにまつわるジョン・ケリー発言を、“下品”で“告発的”だと非難した。

“[欧米]は、長いこと、マスコミを完全独占していると思い込んでいる”と、ラブロフは声明の中で述べた。“ロシア・トゥディは、中南米やアラブ世界は言うまでもなく、アメリカや西ヨーロッパでも多数の視聴者を得ている。"

更に読む: ‘プロパガンダ拡声器’: ジョン・ケリー、ウクライナでの演説でRTを攻撃

しかしながら、アメリカのテレビ専門家達は、RTにずっと好意的で、その報道に対し、マスコミの賞にノミネートされてきた。2014年、RTは、グアンタナモ・ハンガー・ストライキ報道シリーズでエミー賞にノミネートされたが、局は以前、2010年と2012年にもエミー賞にノミネートされている。

記事原文のurl:http://rt.com/news/225543-rt-isis-us-broadcaster/
----------

元記事がかなり更新されているせいで、必ずしも全部の翻訳ではない。あしからず。後刻改定させていただく。

ジャーナリズムの向こう傷?この国に同じ評価を得られる大手商業マスコミ皆無だろう。
Russia Todayの記事を、しばしば勝手に翻訳させていただいている小生も、宗主国から見ればテロリストの一人に違いない。

BS1で、傑作ドキュメンタリーを再放送している。イラク 終わりなき戦争 ある家族10年の記録。必見。先日放送された時間に驚いた。普通の人は見ない深夜だった。今回は誰でも起きている時間帯。こういう秀逸な番組、おそらく宗主国は、テロリスト扱いするだろう。

知の巨人といわれる原発推進派の巨人氏、絶滅危惧種政党をたたき、結果的に与党を応援しつつけた。知の巨人かどうか知らないが、同時代の知識人には、小室直樹氏というはるかにすばらしい人物がおられた。体制に好都合なことをいわないので、存在感を消されている。小室直樹氏と、山本七平氏の対談の一部をご紹介しよう。1980年12月の宝石記事。題して「ソ連よりアメリカが恐い」 冷厳な事実は、35年たっても事実。

山本 一方、アメリカは、自分のやることが法だと思っている。だから恐ろしい。
小室 そのアメリカが、日本に対してどういう気持ちを抱いているかというと、日本人は家来だと思っている。
山本 そう、そう思っているんです。"仲間"として見てくれているだろうなんて考えたら、大きな間違い。弟子であり、子分だと、みなしているわけです。重工業とか西欧的文化を与えてやって、育ててやったんだと。だから、アメリカが与えてやった重工業で日本がアメリカの重工業を圧迫するのはよろしくない、反逆だ、けしからんという。
小室 そもそも歴史的にいうと、一八五七年以来ロシアとイギリスは日本を植民地にすべくはり合った。それを防いでやったのが、おれたちだ。その後は、船の造り方から軍隊の作り方から、みんな教えたじゃないか。近代化を一手専売でやってあげたじゃないかという意識がアメリカにはある。このアメリカの日本観は戦前からしてすでにそうなんです。
戦後はいうだけ野暮だ。だから、こちらのいうなりになるだろう、と思っているのに、ならないから怒るわけですね。自動車の輸出入問題にしても、アメリカの思うとおりに、なかなかならないから苛立っている。
山本 自分たちの家来だというような意識というのは、実に消し難いもので、日本にとっては厄介な問題ですね。日米関係について双方が考える場合に、ズレを生じる要因になりかねない。

イスラム国との戦争推進に対する議会の承認を求めたオバマ大統領の目標のもう一つはTPP。
そのTPPは、まさに、かれらのいうなりにさせるための条約。

アメリカ議員の皆様が、大統領に貿易推進権限を与えるかどうか素人にはわからない。

わかるのは、皆様が「TPPに為替条項を入れないのであれば、TPPは認めない」とおっしゃっている事実。
もし「日本が、為替を、日本の自動車輸出に有利なよう、宗主国に不利なように、操作した」と宗主国が判断すれば、税金をかけたり、課徴金をかけたり、散々いじめられることになる。

金融緩和なりなんなり、金融操作の自由が完全に奪われるのだ。不羈独立はどこに?

要するに、あらゆる分野で、自分が勝ち続けられるルールをおしつけるのがTPPの本質。

TPP違憲・訴訟の会、本日設立。ジェーン・ケルシー教授記念講演で、この為替条項にも触れられた。恐ろしさはこれだけではない。庶民にメリット皆無の植民地条約。

亀井静香氏も、悪代官でもやらなかったひどい政治、黙っていてはいけないと、全国一揆を呼びかけた。

イスラム国より、集団的自衛権とTPPが恐い。

TPP、現地にはるばる出かけるはずもない、ごく普通のあらゆる国民が老若男女とわず、未来永劫、とんでもない搾取をうける。

地方創生などととんでもないうそをよくもぬけぬけといえるものだ。TPPで地方の努力など一気に踏み潰される。壊滅だ。沖縄の基地問題を見ればわかる。

« ホロコースト記念式典から締め出されたプーチン | トップページ | シャルリー・エブド、言論の自由、そして社会保障 »

NATO」カテゴリの記事

TPP・TTIP・TiSA・FTA・ACTA」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

インターネット」カテゴリの記事

テロと報道されているものごと」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

日本版NSC・秘密保護法・集団的自衛権・戦争法案・共謀罪」カテゴリの記事

東ヨーロッパ・バルト諸国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/58692668

この記事へのトラックバック一覧です: RTをISISやボコ・ハラムと同じリストに載せたアメリカ国営メディア機関トップ:

» 湯川遥菜さんは本当に殺害されたのか? [Cloud Party Japan]
画像出典: 【ISIS】イスラム国湯川さん殺害(YouTube) [https://www.youtube.com/watch?v=oIfEnDFI0Qc] 湯川遥菜氏殺害の映像が公開された  最も恐れていたニュースが1月25日未明、日本中を駆け巡った。 イスラム国に拘束されていた後藤健二氏、湯川遥菜氏のうち、湯川氏が既に殺害されてことを示唆する動画が、動画サイトYouTubeに新たに公開されたのだ。 動画ではオレンジ色の服を着た後藤氏の静止画像が流れ、湯川遥菜氏の遺体とみられる写真を持たされ、「湯... [続きを読む]

» 逆走 [ゆきひろ社会科日記]
『この道は正しいと思い込む無謀』 [続きを読む]

» 「イスラム国」日本人人質事件途中?経過 [岩下俊三のブログ]
まぁそういうことである。アラビア語であれ何であれ文字テロップをOLしたり、モザイクかけたり、読まされた音声を載せたり、、、、したものは世界中に出回っているが、あまり見か ... [続きを読む]

» マスメディアのプロパガンダ戦争 [Dendrodium]
マイダン(ウクライナ政府転覆)に反対する声はますます高らかに 3.02.2015, ロシアの社会団体「アンチマイダン」は、キエフの「マイダン」(独立広場での政権転覆)から1年を迎える日にモスクワで1万ものキャンペーンを行う計画だ。キャンペーンは「忘れない、許さない」と題される。マイダン広場では当時、抗議市民とシロビキ(治安維持機関)らの対立がおき、80人以上が死亡、何百人もが負傷する惨事...... [続きを読む]

« ホロコースト記念式典から締め出されたプーチン | トップページ | シャルリー・エブド、言論の自由、そして社会保障 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ