« 丘の上の輝ける都市という馬鹿げた幻想 (企業・国家ぐるみの洗脳構造) | トップページ | “大手マスコミの主立った連中は皆CIAの手の者” »

2014年10月23日 (木)

ソロスとCIA、ルセフ打倒に、今やネベスが頼り

Wayne MADSEN
2014年10月21日| 00:00
Strategic Culture Foundation

大手マスコミやCIAやジョージ・ソロスのあやつり人連中が、社会党大統領候補の旗頭エドウアルド・カンポスの典型的なCIA教科書風飛行機事故暗殺後、緑の党からブラジル社会党に転向した大統領候補者マリナ・シルバをブラジル大統領に押し込もうと企んだが、この同じ勢力が、社会民主党候補者アエシオ・ネベスの為にまたしても活動している。ネベスは、ブラジル大統領ジルマ・ルセフ10月の大統領選挙第1回投票前、世論調査では二位だったが、8月13日、カンポスと彼の幹部側近が死亡した極めて疑わしい飛行機事故で、ネベスは世論調査で、三位になった。ソロスと彼の資金豊富な非政府組織国際ネットワークのお気に入りシルバが、二位に押し上げられた。

ところが、ブラジルの鋭い調査ジャーナリズム報道陣のおかげで、ソロスや彼の介入主義者チームやヘッジ・ファンドの大物たちと、シルバとの繋がりが暴露された。ブラジル人有権者がソロスや他のグローバル銀行経営者につながるシルバをあやつる糸にきがついて、彼女は10月5日、ようやく三位になれたに過ぎなかった。シルバは、その後、ブラジルでの大統領という権力を、ルセフから奪取すべく、ソロスの第二候補、ネベスを支持している。

ネベスの首席経済顧問で、ネベスが大統領になれば、財務相となるはずの人物は、アルミニオ・フラガ・ネトだ。ソロスの親しい友人で、彼のクアンタム・ヘッジ・ファンドともお仲間のフラガは、ネベスが大統領になって、ベネズエラに経済戦争を宣戦し、ソロスのウオール街の友人連中が運用しているハゲタカ・ファンドを通して、アルゼンチンから大金をだまし取ろうとしているまさに同じ勢力、“市場勢力”に、ブラジルを開放することを期待している。フラガはスイス、ダボスの年次世界経済フォーラムの常連で、ソロモン・ブラザーズ元重役で、ブラジル中央銀行元総裁でもある。フラガは、元ゴールドマン・サックスとリーマン・ブラザーズ重役からの、750万ドルのアパート購入にまつわるマンハッタン不動産取引で、ゴールドマン・サックスともつながっている。フラガがエリートの外交問題評議会や、G30の会員であるのだから、フラガがアラン・グリーンスパン、ディビッド・ロックフェラー、元イスラエル銀行総裁ヤコブ・フレンケルや、ウオール街擁護者/コラムニストのポール・クルーグマンや元アメリカ財務長官ラリー・サマーズ等のウオール街の悪党連中と同じ穴のムジナだということがわかる。

10月5日、ルセフが易々と一位で勝利したことで、ウオール街が所有し、運用しているメディアは、ブラジル、ロシア、インド、中国と南アフリカの間で 世界銀行と競合する代替の開発銀行を設立するというルセフの計画に反対するプロパガンダ・モードの全開となっている。10月26日第二次投票が近づく中、ルセフとネベスは接戦しているといういかがわしい世論調査データが、ウオール・ストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズ、ブルームバーグ・ニューズやフォーブズで、ジャーナリストの振りをしている、いつものウオール街の哀れな“速記者”連中により、信頼できるニュース記事として取り上げられた。

ブラジルの長期軍事独裁政権に対する中道左派の脅威だったネベスの祖父タンクレド・ネベスは、1985年3月15日、大統領として宣誓就任しようというところで重篤な病気になった。ネベスは病気の為、精彩を欠き、より保守的な大統領候補ホセ・サルネイが大統領に就任した。タンクレド・ネベスは、憩室炎だとされるものから回復することなく、4月21日に亡くなった。後に、ネベスには手遅れになるまで見つからなかった癌性腫瘍があったことが明らかになった。10月16日、テレビ放送されたアエシオ・ネベスとの討論後、ルセフが突然病気になったことで、タンクレド・ネベスの運命を覚えている多くのブラジル国民は不安を感じた。

中央情報局(CIA)は、1980年12月から1981年4月[ロナルド・レーガンが、アメリカ大統領に選出され、CIA内で、ジョージ・H W ブッシュと、悪名高い辣腕家ウイリアム・ケーシーが復帰]までの6ヶ月の間に、ポルトガルのフランシスコ・サ・カルネイロ首相、パナマ指導者オマル・トリホスや、エクアドルのハイメ・ロルドス大統領達が死亡した都合の良い飛行機事故も手配しているのに加えて、CIAのテクニカル・サービス局は、癌兵器を含め、政治標的を暗殺するための生物兵器を開発し続けた。

近年、多数の中南米指導者達が、癌や心臓麻痺で倒れたり、患ったりしている。二つの顕著な犠牲者は、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領とアルゼンチンのネストル・キルチネル大統領だ。キルチネルの妻、アルゼンチン大統領クリスチナ・フェルナンデス・デ・キルチネルは甲状腺癌があると報じられたが、後に彼女の広報担当官が否定した。様々な程度の癌が突然発病して、元パラグアイ大統領フェルナンド・ルゴ(後にCIAが仕組んだクーデターで打倒された)、コロンビアのファン・マヌエル・サントス大統領 (左翼のFARCゲリラ運動と和平協定を締結した後)、前ブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルヴァや、ボリビア最近再選された大統領エボ・モラレス等の中南米指導者も苦しんでいる。

ガイアナ大統領フォーブス・バーナムは喉頭ガンで死亡し、ナウル大統領バーナード・ドウィヨゴは、ワシントンDCの病院で治療中、突然の心臓麻痺で亡くなった。それぞれジョージタウン大学とジョージ・Gワシントン病院での二人の死には疑惑が漂っている。

CIAの気味悪いユダヤ系ハンガリー人首席科学者シドニー・ゴットリーブ博士は、20年以上この機関に勤務する間に、CIAのMK-ULTRAプログラム用に、多数の生物兵器を開発した。一つは、コンゴ首相パトリス・ルムンバが使うはずだった歯磨きチューブの中にいれた細菌兵器で、もう一つは、イラク指導者、アブドゥル・カリム・カーシム将軍に渡すはずだったボツリヌス菌をしみこませたハンカチだ。

アエシオ・ネベスが、祖父の中道左派としての業績を放棄していることは、CIAによる影響力工作の別の側面を表している。アエシオ・ネベスがウオール街権益を代表していることは、フラガが首席経済顧問としてついていることで明らかだ。ニューヨークのソロスやフラガのお仲間を含む、ウオール街の強欲連中は、ブラジル国営のペトロブラス石油会社を民営化したがっている。そこで、アエシオ・ネベスが、マリナ・シルバを大統領にさせようと企んでいた全く同じグローバル金融権益によって、大金でだきこまれたのだ。シルバが敗北したのだから、同じ勢力が、ネベス支持で結束しても驚くことはない。

CIAにとって、血は水より濃くはない。アエシオにとって、実際、CIAが祖父の暗殺に関与していた可能性など問題ではないのだ。オマル・トリホスの息子マルチン・トリホスはパナマ大統領となり、ウオール街寄りの自由貿易協定をワシントンと締結した。マルチン・トリホスはパナマの退職年齢を上げて、社会保障を変更しろというグローバル銀行家連中の命令にも唯々諾々と従った。マルチン・トリホスは、ブッシュの父親、ジョージ・G・H・W・ブッシュが、トリホス自身の父親を暗殺するCIA作戦を承認した可能性が高いにもかかわらず、アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領の親しい仲間にもなった。

ジョージ・ソロスお気に入りのアジア人反体制派指導者アウン・サン・スー・チーは、イギリス諜報機関に、彼女の父親アウン・サンを暗殺するよう命じたのが、戦略諜報局OSS/CIAにいたソロスの友人であった事実を気にしていないように見える。ビルマ共産党創設者アウン・サンは、ビルマ独立後、最初の指導者となる予定だった。アウン・サンは、親イギリス派の元首相ウー・ソーの為に働いていたテロリストに殺された。暗殺用の兵器は1949年に、ビルマ政府高官の“支援”を得て、ビルマ監獄から逃れることに成功したイギリス軍大佐ディヴッド・ヴィヴィアンから直接入手したものだった。

元首相ピエール・エリオット・トルードの息子で、カナダ自由党指導者のジャスティン・トルードは父親と違い、アメリカ合州国、ウオール街、グローバリゼーションの大義に好意的だった。ジャスティン・トルードとアエシオ・ネベスは、CIAという鷹が、如何に、目的を実現するのに、象徴的左翼人物の後継者を羽の下で庇護するかの典型例だ。

ルセフ大統領の政策は、バージニア州ラングレーのCIA内部や、ウオール街や欧米の最も強力な大企業の取締役会議室に、手ごわい敵を生み出した。彼女は、10月5日は、世論調査や専門家連中が間違っていることを証明するのに成功したが、10月26日はもう一つの障害物となっている。ブラジル国民は、10月26日、自分達の暮らしがその結果にかかっているものとして投票することになろう。ネベスが勝利すれば、ブラジルの貧困階級や新しい中流階級は、生計も命そのものも破壊されることになろう。

記事原文のurl:http://www.strategic-culture.org/news/2014/10/21/soros-and-cia-now-banking-on-neves-to-defeat-rousseff.html

----------

70年あまり続いている、世界最大属国の歴代傀儡首相による属国化政策、バージニア州ラングレーのCIA内部や、ウオール街や、欧米の最も強力な大企業の取締役会議室に、手ごわい敵を生み出すことは決してなかった。傀儡支配者連中は可愛がられるばかりだ。彼等、 毎回の選挙で、提灯持ち世論調査や専門家連中が正しいことを証明し続けているが、このよう傀儡政権、政治制度が、もしそのまま継続されれば、属国の貧困階級、生計も命そのものも徹底的に破壊されることになろう。

外国人観光客が増えているニュースを見た。嬉しいことだ。自然、建築、文化、食事、人、現地で直接ふれあいたくてやってこられる。有り難いことだ。強制やプロパガンダは続かない。観光人気、国の文化の魅力・実力が如実に現われる。

購読している新聞で、カジノ施設建設推進に反対する内田樹氏のもっともな説を拝読した。まともな記事が掲載されることがあるのに驚いた。博打は何も、うまない。不幸な人を食い物にして儲ける賤業だ。不幸になる人がいないと成立しないのだ。国家が推奨する代物ではない。賭博場、アヘン窟や売春窟とさほど変わらないだろう。

小生メーカーで働いた。インチキ製品を売り続けることは出来ない。客観的にわかってしまう。お客様に購入していただき、対価に満足していただけなければ事業は続かない。お客様の幸福が、我々メーカー社員の幸福を実現した。売り手、買手、両方が納得してこそ、続く関係だった。

遥々やってこられるお客様を不幸にして儲ける事業、長続きするだろうか?それを観光やら、文化と呼べるだろうか?サルでもわかるだろう。馬鹿げた施策を言い立てる政治家、官僚、マスコミ、退廃の極み。

知人、人が多く集まるターミナルの人気施設で、海外のお客様にも真摯に対応して喜ばれている。 外国人のお客様がとても多いと伺っている。英語はそれなりに出来るが、趣味で広東語を自習しており、いずれも買い物客に大変に喜ば れているという。お客様が広東語らしきものを話しているように思える時に、広東語を話しかけると、大いに驚かれ、喜ばれるそうだ。広東語、これまで香港に観光に いった場合にしか使う可能性はないだろうと思っていたが、予想に反して非常に役にたっているというニュアンス。逆に、ご自身も、また香港観光にでかけたいという、お話だ。

英語一辺倒に意味はない。世界中の人々、全員が好きでアメリカ語を使っているわけではない。ドルと同じ。

超有名大学卒業で、英語が驚くほど達者な知人がいる。彼より、英語ができる知人を知らない。発音の美しさ、文法の正しさ、ご本人、ごく普通に話しておられるように見えるが、全くまねの出来ない素晴らしさ。くやしくてたまらない。小生、中学時代に、レコードを購入して発音をまねしようとしたが、知的レベル最低の学校では一種のイジメ、日本的発音をしないと攻撃されてしまう。軟弱な小生、カタカナ発音に安住した。知人、超一流中学時代、当時日本最高の英語教師に習っていた。我々素人はテレビでなければ拝見できない先生に習ったのだ。そういう時代をへて、語学専攻でなく理工系専攻だから立派。

その彼と、休日に会社であったことがある。仕事が間に合わない場合、残業代を貰えなくとも、会社にいって作業せざるを得ない。上司に命令されるからでなく、単に自分の仕事の都合。外国出張に必要な資料作成のためなら、しかたがないと思っていた。

こちらはジーンズとセーターなのに、彼は背広にネクタイ姿。どうしたの?と尋ねると、「女房の目くらましだよ。」休日、会社でネクタイをつけた人物は彼一人。仕事を終えた後、場外馬券売り場に行くのが楽しみ。

宗主国有名カジノ近くに出張した際には大負けし、金が足りなくなり、上司に頼んで送金して貰い、支払い帰国したという猛者。英語のみならず、仕事の進め方の素晴らしさにも敬服していた小生、彼が離婚したのに驚いた。彼から「博打が離婚の理由だ」と聞いたわけではない。しかし、優秀な同僚も、博打は別なのだと驚いたことを思いだす。彼は退社後、翻訳会社を経営していた。良いと思う英文資料、こまめにスクラップするのが習慣だったそうだ。数年前に、翻訳事業を廃業した後、そうした膨大な資料、全て廃棄したという。

そういう人々を大いに増やしたがる、怪しい苛斂誅求傀儡支配層。それを支持する実に不思議な有権者の皆様。

2014/09/20 東京オリンピック開催とカジノ解禁に見え隠れする安倍政権のねらいとは――人権をないがしろにする国民統合の危険性

« 丘の上の輝ける都市という馬鹿げた幻想 (企業・国家ぐるみの洗脳構造) | トップページ | “大手マスコミの主立った連中は皆CIAの手の者” »

ソロス」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

コメント

植民地の間接統治から直接統治に邁進しているこの国は、ODAまで軍事転用し始めました。以下リンク http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00000032-mai-pol
経済売国省日本支店の大臣のSM費流用を報じるなら、この国が宗主国にSMされていることを報じるのが、先だろう。先日のラジオでは財務省が2020年までに食糧自給率50%の目標を断念するよう勧告し、今日は教員を削減するよう勧告。TTPはこの結果から11月を待たずして、承諾したのだろう。あ~あ、歳をとるのが嫌になった。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/57754343

この記事へのトラックバック一覧です: ソロスとCIA、ルセフ打倒に、今やネベスが頼り:

« 丘の上の輝ける都市という馬鹿げた幻想 (企業・国家ぐるみの洗脳構造) | トップページ | “大手マスコミの主立った連中は皆CIAの手の者” »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ