« ウクライナ: キエフで時を刻む時限爆弾 | トップページ | 東ウクライナの出来事は‘民族浄化作戦の開始’ »

2014年7月 8日 (火)

福島原発が‘安全でない’過熱を防ぐ為の猶予は9日間

公開日時: 2014年7月6日、21:58
Russia Today


福島県大熊町、東京電力福島第一原子力発電所の地下水をくみ上げる設備(AFP Photo / Japan Pool via Jiji Press Japan out)

福島原発の運営者である東京電力は、廃炉になった第5号原子炉で、水が漏れていることが発見されて、冷却装置を切断することを強いられた。9日以内に装置が修理できなければ、温度は危険なレベルを超える。

2011年3月に、地震と津波で原発が破壊した際、稼働はしていなかったが、燃料棒が入った状態だった第5号原子炉の使用済み核燃料の温度を安定させる為の冷却装置から1,300リットルの水が漏れたことを、技術者達が発見した。

漏出源はフローバルブ近くの直径3mmの穴だと、日本の巨大エネルギー企業が日曜日に発表した声明は述べている。とは言え同社データからは、穴の位置が発見されたのか、それとも、流量測定によって測定されたのかははっきりしない。

日曜の午後12時頃に、冷却装置が切断された時点では、燃料棒が浸けられているプールの温度は23Cだったが、一時間に0.193度上昇し始めたと、東京電力は述べている。

もし新しい冷たい水がその様な勢いで注水されなければ、およそ9日間で、今月中旬、65Cという危険な閾値に上昇する。

地震直後に、冷却装置が故障して以来、原発で通常は見られない、その様な温度は、危険な反応や、原発での更なる放射能の漏出の可能性を増大させよう。

とは言え東京電力は、現在原発のどこにも異常な測定値は見られないと述べている。


福島県大熊にある東京電力福島第一原子力発電所での、プラスチック・タンク(黄色)からの放射能を帯びた水の漏出。(AFP Photo / 東京電力)

東京電力は原発の様々な冷却用に海水を使用しているので、これまでにも重要な機器の高度な腐食が起きている。全て燃料棒格納プールが過熱する前に解決されたとは言え、様々な原子炉の冷却装置も、ネズミが制御パネルをショートさせて停電を起こしたり、従業員が“誤って”切断してしまったり、といった様々な災難に悩まされている。

同時に、東京電力は、原発敷地にある何百ものタンクに蓄えられていて、頻繁に漏れて、その下の土壌を汚染する、増大し続ける量の汚染水への対処に苦闘している。また大いに喧伝された、漏れた汚染水が海に流れ込むのを‘氷壁’を構築して、原発を囲む土壌と水を凍結させて止める計画も日本当局の期待通りには機能していない。

記事原文のurl:http://rt.com/news/170800-fukushima-water-leak-temperatures/
----------
沖縄密約、原告敗訴確定へ 言い分を聞かず、デタラメ判決。この属国の全ての機構、行政府も司法府も含めて、上にゆけばゆくほど属国傀儡度が増す仕組み。

この福島原発の話題も、小さな記事が夕刊に載っていた。RTの記事とはかなりニュアンスが違う。
もはや、我々は北朝鮮国民同様だろう。他国の英語報道を読まないと、実情が分からない。

英語ということでは、最近刊行されたブックレット『学校英語教育は何のため?』は素晴らしい。とりわけ、対談 内田樹×鳥飼玖美子

117ページ「ネイティブの特権」はごもっとも。
発音やら言い回し、そうは言わない、とネイティブが言えば終わってしまう。
ポール・クレーグ・ロバーツ氏が、国際準備通貨としてのドルの強さを何度も主張されるのを連想する。英語は日本人を等級分類する指標なのだ。
内田氏は、日本の支配層が目指しているのは日本のシンガポール化だという。125-126ページ。

シンガポールは、一党独裁の国です。野党も事実上存在しないし、反政府系のメディアは存在しないし、労働運動も学生運動もない。反政府的な言動をした人は、国内治安法で令状なしに逮捕・拘禁される。でも、国家自体の「経済成長」の為には、一党独裁はきわめて効率がいい。日本のグローバリストは日本もああいう国にしたいのです。

そして、129ページから。オーラルだけというのは、宗主国の戦略

定価1000円+税 日本人全員に、一読をお勧めする。

« ウクライナ: キエフで時を刻む時限爆弾 | トップページ | 東ウクライナの出来事は‘民族浄化作戦の開始’ »

マスコミ」カテゴリの記事

地震・津波・原発・核」カテゴリの記事

英語教育」カテゴリの記事

コメント

       未解決の話題二つ   On Fukushima and MH17-370 passenger airplanes

  大型台風が日本を襲っている。精神医学者リフトン教授の「精神的麻痺」により,被害に遭われた方には申し訳ないが,毎年の事件なので驚かない。人生の同行者も何とか生きのびるだろうという程度の意識しかない。ただこの台風到来の季節に想い出すのは,庭のブル-・ベリ-が今年も実をつけたかどうかと言うことぐらいである。その芳香が懐かしい。石川啄木の「クランボン」という作品を想い出す。

  確かに,3.11のフクシマ核分裂発電所事故の年は,庭に来ていた野生の鳩や小鳥は姿を見せなくなった。黒大アゲハチョウが裏庭に産卵していたが,その後見ていない。損害賠償を東電に求めておくが,ブル-・ベリ-・ジャムは諦めざるを得ない。ご承知のように,セシウムや他の放射性物質で汚染されているからである。毎時0.7μシ-ベルトあった。大田原市の農協の案内では一瓶600円であったから3万円以上は毎年請求できるはずである。冷蔵庫に保存しておいて冬まで食べられた。

  裏庭にはもう1本ベリ-の木があり,たわわに実り始めたが,3号機の核爆発以後切られてしまった。しかし私が問題にし,未解決の問題とするのは,その賠償請求のことではない。7月6日付けの本記事「福島原発が‘安全でない’過熱を防ぐ為の猶予は9日間(Russia Todday)」に報じられている「危険」がどうなったのかと言うことである。

  「隠す,隠すが秘なり」の東電。身元のはっきりした記者やジャ-ナリストはいつでもフクシマ原発敷地内に入れることが必要であると考える。少なくとも,週に2回は記事を書くために必要であろう。そういう法律を作ってくれる事を約束する政党や政治家に次回の投票をしたい。しかしそれだけではない。 「65度Cという危険な閾値」や「氷土壁が凍らない」といった重大な内容の詳細がRTのような外国のマスコミしか報道しないことである。巨大資本のマスゴミは当てにできないが,他のジャ-ナリストが直ちに報道できるようにするのが,「情報公開」の上でも必要である。

  さて,二つ目の未解決の問題であるが,なぜMH370機とMH17機とが「二度連続して」狙われたかという疑問である。小生はいくらか仮説を提出したが,妄想の域をでないので反論して下さる方も少ないのかもしれない。また,佐世保の女子高校生殺人事件などに目を奪われ,ウクライナやパレスチナについて論評する方も少ない。
  そのようななかで,今回ウクライナ東で撃墜されたのはMH17機ではなくて,MH370機だと仮説を立てられているブログ「櫻井ジャ-ナル」がある。ブラック・ボックスをすり替えるためにMH370機を利用したという。

  小生も撃墜(墜落)の話を聞いたとき,MH370機だと直感した。しかし,ならばオランダまでどうやって運んだのかという疑問が湧いた。またオランダでなくても,ポーランド上空で17と370が入れ替わったのではないのかと考えた(無人機droneでも370機の死体が乗っていれば有人機?)。さらに,370機の旅客はどうしたのか,17の旅客はどうしたのかという疑問が雲霞のごとく湧いた。
 最大の疑問は,ウクライナ東上空で入れ替えるためにMH370機を行方不明にしたのかという疑問である。3月始めから7月17日まで約4ヶ月間をかけて,どこかを経由して少しずつ370機をオランダまで運んだ?

  他方,MH17機墜落時の遺体が数日前に死んだ遺体であるというニュ-ズも流れた。ならばその遺体の本人は,MH370機の旅客かという問題を連想させた。ならばまた本来の17機の旅客はどこへ行ったのか,という問題が浮上する。疑問は尽きないが,櫻井ジャーナルの指摘は一つの仮説ではありうる。感謝申し上げたい。

  英蘭の手に渡ったブラック・ボックスの内容及びウクライナ航空司令室の交信会話が世間に公表されるまで真相は藪の中だが,両機ともマレ-シア国の航空機なのに自国へ持ち帰って自国の専門家に任せず英蘭の専門家に手渡したのかという疑問も湧く。またそれをロシアが認めたことも不可解である(おそらく,ボックスの内容は真相究明にあまり役に立たないのかも知れない)。

  米ロ間で「墜落問題を曖昧なままにし,ウクライナを昨年11月の状態に戻し,ネオナチは排除」という裏取引・約束はないと思うが,亡くなられ,負傷されたウクライナの住民はどうしてくれるの,と言いたくもなる。和平が訪れるなら,世界第三次大戦や大量虐殺よりマシかなと思わないこともないが,なぜそれがマレ-シア機でなくてはならないのかという疑問は尽きない。

             オランダに350年支配された国の,ある海辺の町で

  去年,招かれてオランダ人,シンガポ-ル人(SG)そして現地の方々と食卓を囲む機会があった。談たまたま教育に及んだとき,小生はPISAでもTIMSSでも,つまり「2種類の国際学力テストで貴国(SG)は中台韓国と並んで上位にあるが,日本はかなり落ちた」と新聞で報じられていると,申し上げたところ,SG人から「そうでもない。日本もかなり上位である」とお褒めの言葉に預かった。

  また食事に招いてくださった主催者のご厚意により,現地の私立学校を見学させて頂いた。案内は,学生2人で,英語がよくできるので,どの学校でも小学校から英語を勉強をしているのかと推測していたが,授業をいくつか見せてもらったところ,小学5年生の,英語の授業では2人で一冊の教科書を利用していた。経済的に豊かな私立の小学校で2人で一冊とはと,驚いたことがある。
  街中ではホテルを除いて,英語はほとんど通じない。そこで私が思いついたことは,福沢諭吉が最初にオランダ語を学び,ついで英語を習ったような順序で英語を学んでいるのかなと言うことである。しかし大きな違いがある。
  現地語に加えてオランダ語が通じるこの国で英語は第二外国語である。上流家庭を含めてオランダ語が通じるのはやむを得ない。そういう文化的に英語の背景がない地域,家庭の子どもが第二外国語として英語を学ぶとすれば,大きな困難が伴うはずである。その困難を乗り越えて,私を案内してくれたのが,上記の女学生ということになる。

   ところでSGはどうか。インド系,マレー系,華僑などがそれぞれの言葉を話す地域であり,マレ-半島の一部であった以上,英国の植民地であったと言うことになる。つまりほとんどの家庭に英語文化の下地があったということになる。これはインドとも異なる。英国の植民地であったインドはヒンディ-語に加えて言語が200以上あると言われている。
  分割して統治せよ。言語的にも言語がたくさんあることは分割するのに都合が良かったかも知れないが,英語の文化的影響が各家庭に及んでいたことは,想像に難くない。インドと違ってSGの言語問題は,英語を唯一の公用語としたことである。
  おそらくSGでは,英語を話さないで済んだ大人,老人世代と若者世代との間に大きな文化的断絶を生んだに違いない。その断絶は日本ではほとんど報道されなかった。しかし貧乏から抜け出すために英語教育が優先され,親の代の文化は葬り去られた。独裁と脱貧乏は表裏の関係である(しかし,野党が少しずつ育ってきたことは否めない)。

  翻って思うに,日本は,インドネシア,インド,SGとも異なる文化的,言語的背景を持つ。ほとんど日本語が全国で通じる。沖縄語もアイヌ語もある。しかし日本語で用を足すことができる。しかし英語は通じない。
  このような日本国で,英米語,特に英会話を強制すればどういうことがおきるか。加藤周一は,1950年代から英語教育論を展開してきたが,結論は「英語を強制しないことが望ましい(『再び英語教育について』,夕陽妄語[Ⅶ])である。
  確かに,加藤の時代に比べて,戦後,大学で英文科や英語科を卒業した大学生は劇的に増えたが,多くは話せない。今私が住む海辺の町の小中学生は,卒業時に英語の試験を受ける。地域によって話せる人数に偏りはあるが,英国の植民地であったから,文化的背景は日本と大いに異なるとしても,第二公用語しての価値は認めることができる。

  漢字が日本語に取り入れられて1500年以上が経つ。また仏像も韓半島を経由して日本に伝わった。文字なしの日本国が中韓の文化に大いに影響を受けたことは否定できない。次に明治革命前後に脱亜入欧,富国強兵を目指した。しかし,漢字なくして欧米化は不可能であった。すなわち,日本の文化は,加藤の言う「雑種文化」である。

  日本人は,漢字を中心とした文化的背景を基盤としてフランス語やドイツ語や英米語による文化をと入れた。教育,医学,海軍制度がどの国を倣ったかは小生が指摘するまでもない。しかし,小・中学校における,あるいは京大における英語(会話)教育の強制は,SG独裁化問題を論じる前に,「漢字文化」を捨て去るのかという問題をはらむ。

  SG,インドシナに古典はない。民族衣装や民族舞踊はある。インドから伝わった『ラーマーヤナ』の伝統的影絵劇を先月見た。しかし源氏物語や古事記や日本書紀のような文芸や物語がない。そういう国々と同様に,全国津々浦々,日本語で用を足すことができる日本国が自ら,日本語を捨て英米語に切り替えるとすれば,その文化的損失は計り知れない。あなたは何人なのか。藤原正彦氏がいうように英米語の強制は,「国際人」ではなく,ガムをかみながら野球や蹴球国際大会を見る『国籍不明人』を生むだろう。

  閑話休題。小生の出身地である大田原市は,英語特区として他市町村に先駆けて,英会話教育を行ってきた。そのカリキュラムに協力したのが,帰化された奥様(甲)だと聴く。しかし,近所の,あるいは自転車を乗り回す中学生が話す英単語を,英会話を聞くに連れて,唖然とすることが多かった。「クレイジ-」や「ユ-フ-ル」の連発であった。

  大田原市は,英語助手として英米はもちろん,スリランカ,インド,パキスタン,カナダなどから偏らないように若い人を採用する。姉妹都市も利用する。そのことに異論はないが,英語助手に問題があった。その奥様(甲)の話によれば,羊や貝の複数形を誤る助手もいる,という。また,あちらこちらからの無料の食事招待も盛んにあり,それが本国に伝わってそれと,給料を目当てに来る外国人も多いと,嘆いていた。英米語話者は必ずしもよい英米語教師ではない。
  また市の隣町にはアジア学院があり開発途上国の農業指導者を養成している。インドの方をお茶に招待したことがあるが,彼女の話によれば,招待者で英語を話す方は少なく,どこに招待されてもアルバムを見せるだけの,ご奇特な方ばかりだという。そこから,いくらか「英語ができたらいいな」という要望も読み取れる。

  話は1990年代初頭。「歓迎会の食事が味わえる」と友人に誘われて,京都の国際会議場に足を運んだことがある。その会場では代読の厄人が大臣の挨拶全文を日本語で,府知事は最初の部分だけ英語で読み上げ,残りを日本語で語った。京都市長は全文,英語で読み上げた。そして最後に京大学長であったと思うが,原稿なしの英語で語った。さすがに,これには小生も驚いた。私の来る処ではなかったと。
  京大に英会話ができて当たり前の,流れがあるのか,そのとき以外無縁なので,分からない。しかし,義務教育課程と大学課程での英語教育論は分けて考える必要がある。前者は日本語の形成期でもあるからである。

  数学者にして文学者の藤原正彦氏は,「一に国語,二に国語,三四がなくて,五に国語,あっても算数」と述べられている。義務教育段階では,日本人としての「情緒」を養うことが大切であり,「読み」に力を入れるべきであると,主張されている。私は今,その意見に賛成する。
  海辺の町で,言語学者ホイットニ-,馬場らの専門家の指摘を思い出して,私は以上のような感想を抱く。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/56723365

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発が‘安全でない’過熱を防ぐ為の猶予は9日間:

» 危機的な東電福島第一原発 [Dendrodium]
規制委、東電に抜本対策指示 福島第1「凍らない」氷の壁問題で 2014.7.7 21:55  東京電力福島第1原発の2号機タービン建屋とトレンチ(地下道)間にある汚染水を遮断する「氷の壁」が凍らない問題で、原子力規制委員会は7日、検討会を開き、「このままでは凍らない」と指摘、冷却能力を3倍に上げるなど早急に抜本対策を講じるよう東電に指示した。3号機でも氷の壁の造成工事が進められているが、...... [続きを読む]

« ウクライナ: キエフで時を刻む時限爆弾 | トップページ | 東ウクライナの出来事は‘民族浄化作戦の開始’ »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ