« アルカイダの本当の起源暴露 | トップページ | GMO種子特許と農家を訴える資格に関し、モンサントを農家に勝たせた最高裁 »

2014年1月13日 (月)

アメリカの帝国主義的政策とアジア“回帰”

Stephen Lendman

Global Research
2014年1月10日

大手マスコミの編集者達は、本来糾弾すべきものを支持している。ウォール・ストリート・ジャーナルの編集者連中は大半の連中よりひどい。

彼等はワシントンの帝国主義的政策を支持している。連中は「力は正義なり」を奉じている。1月2日、”沖縄における勝利”という見出しの下、彼等はこう書いている。

“…日本の当局は、戦略的に重要な沖縄にある航空基地をアメリカ軍が移転するのを容認するのだ”

“これは、地域における脅威の再発に対する、民主的現実主義の勝利だと考えよう。”

アメリカの駐留こそが遥かに大きな地域的脅威だ。ウォール・ストリート・ジャーナルの編集者達によればそうではない。編集者達は、中国が“軍事的な威嚇”をしていると不当にも非難している。編集者達は、中国の“攻撃的な振る舞いを阻止”したいのだ。

“アジア中の憂慮する当局者達は”アメリカとの軍事的なつながりを強化したがっていると彼等は主張している。ワシントンこそ、彼等にそうするよう圧力をかけているのだ。

安倍晋三政権は懸念すべきものだ。安倍政権は、日本軍国主義を擁護している。安倍政権は軍事支出を増大させた。安倍政権は、ここ十年で始めて、軍事支出を増やした。安倍政権は中国とのとの緊張をかき立てた。

問題になっているのは両国が領有権を主張して、係争中の島嶼だ。中国の防空識別圏(ADIZ)もそうだ。日本にも日本の防空識別圏がある。アメリカにもある。

安倍は、ワシントンの東アジア帝国主義計画と手を組んでいる。アメリカ/日本共同の挑発は懸念すべきだ。

ウォール・ストリート・ジャーナルの編集者達は、安倍首相には“日本を東アジアの民主主義コミュニティーの中核にする機会がある”と主張している。

彼等は心の中で、民主主義の原則を残念に思っているのだ。安倍もそうだ。軍国主義の強化が、その理由を示唆している。

安倍の新たな国家秘密法もそうだ。秘密法は民主主義を沈黙させる法律だ。内部告発者は、アメリカの内部告発者達同様に起訴されることとなる。

国家秘密には、福島の真実を語ることも含まれる。政府の悪事を暴露すると、最高10年以下の懲役となる恐れがあるのだ。

軍国主義と反民主主義諸施策は極めて密接に関連している。反対する人々は、日本が嫌な昔の頃に回帰しつつあるのを懸念している。

かつての帝国主義政策では、治安維持法を活用して、政治的にする人々を投獄した。軍国主義の強化は、弾圧的法規とあいまって、全ての近隣諸国に不安をひきおこしている。

高まるアメリカ/日本軍国主義は世界平和を脅かしている。東アジアが主要な紛争の火種になりかねないのだ。

米日安保条約は長年にわたるものだ。この条約は1952年に始まった。1960年に改訂された。安保条約は、いずれか一方に対する武力攻撃に、共通の危険に対処するように行動すると規定している。

安保条約はアメリカ軍基地を認めている。沖縄での新基地建設が現地住民達を激怒させている。

彼等はそんなものには関わりあいたくないのだ。詳細については下記を。ヘーゲル国防長官は、日本の決断はアメリカの地域兵力再編における“最も重要な節目だ”。”

これは“アメリカ合州国が進めているアジア-太平洋地域へのリバランスにとって極めて重要だ”と彼は強調している。

これは懸念すべきアメリカの帝国主義的拡張策だ。これはオバマのアジア回帰の一環だ。それによって、地域におけるアメリカのプレゼンスを強化するのだ。

アジア回帰は、軍事的に攻撃可能な範囲を拡張するものだ。アメリカは、中国とロシアに対し、より積極的に挑んでいる。両国は世界の中の彼らの地域で、それを行なっている。

アメリカはその過程で、世界の平和を脅かしている。それがアメリカの軍事専門家達が計画していることを躊躇させるのだ。彼の著書“ネメシス: アメリカ共和国最後の日”で、チャルマーズ・ジョンソンはこう書いている。

“かつては、植民地の数を数えることで、帝国主義の広がりを追うことができた。”

“アメリカ版の植民地は、軍事基地だ。そこで、世界中への基地配置政策の変化を追うことで、アメリカ帝国主義の一層網羅的な攻撃可能地域と、それとともに増大する軍国主義について、ずっと多くを学ぶことができる。”

アメリカの基地帝国が世界の平和と安全を脅かしている。基地の存在が基地受け入れ国に悪影響を与えている。

環境被害も甚だしい。毒物汚染が住民に悪影響を与えている。24時間ひっきりなしの騒音レベルは耐えがたい。

貴重な公共の土地が使用されている。アメリカ軍関係者達は現地の法律に違反をしている。アメリカ軍関係者は破壊的だ。いわゆる地位協定の下で、アメリカ軍関係者達は概して責任を負うことがないのだ。

他の国々にはアメリカ国内に基地を置く権利はない。ペンタゴンの司令官達は、外国ではそれを要求しているのだ。そうすることは、帝国の傲慢さの反映だ。

現地住民には発言権はない。アメリカの政策の方がより重要なのだ。現地の権利を完全に無視しているのだ。

沖縄は日本最南端の県だ。最も貧しい県だ。日本のプエルトリコだ。

沖縄は何十の米軍基地を擁している。米軍基地は1945年以来現地に構築された。沖縄はアメリカ占領地域なのだ。著書“ネメシス”の中で、ジョンソンは説明している。

1998年から、2004年までの間だけでも、アメリカ軍関係者が、2,024件の犯罪や事件に関与していた。わずか一人の有罪兵士が軍法会議にかけられた。

他の318人は、管理上、処分をされた。それ以外全員が責任を免れた。彼らの犯罪には強盗、強姦、見境のない殺人や暴行等々がある。

こうした犯罪のどれ一つとて本国なら許されない。地位協定による事実上の免責のおかげで、彼等が無視するには重大すぎる犯罪をおかしても何の罰も受けないで済んでいる。

現地の住民達は、当然のことながらに腹を立てている。他のどの県民より、沖縄県民がそうだ。自分の土地にアメリカ軍兵士がはびこっているのだ。アメリカ軍が最も価値ある地域を支配しているのだ。

アメリカ軍は最大限に活用している。ジョンソンは沖縄を直接知っていた。朝鮮戦争の時に、彼は沖縄に駐留していたのだ。彼はアメリカ海軍将校だった。

彼は“沖縄: 冷戦の島”(Okinawa: Cold War Island )という本を共編著した。第二次大戦後、アメリカは日本を占領した。アメリカが日本の憲法を書いた。アメリカは現在、日本の政治に大きな影響を与えている。

この本は、長期間のことを詳細に調べている。アメリカは約90の大小の陸軍、空軍、海軍施設を維持している。

沖縄は、30以上の基地を擁している。日本に駐留するペンタゴン、50,000人のアメリカ軍人の半分以上が、そこで暮らしている。

沖縄は、ほんの狭い土地にすぎない。アメリカの大都市ほどの広さだ。一体何故沖縄県民が、アメリカ人を憎むのかを理解するのは容易だ。アメリカ人が島の生活を支配しているのだ。アメリカ人はそれを暴力的におこなっている。

アメリカ軍は住民達を太平洋に追い込んだも同様だ。アメリカ軍は占領を容易にする為にそうしたのだ。第二次大戦が終わって以来、約70年間、それが継続しているのだ。

地位協定に関連した刑法が県民の憤激を悪化させている。刑法にはこうある。

“アメリカ合州国軍、あるいは民間人要員の容疑者の身柄は、起訴されるまでは、アメリカ合州国のままである(べきだ)。”

日本当局は、事実上、容疑者との面会を拒否されている。彼等が起訴されるまで、ずっとそうなのだ。

日本の検察は告発をしたがらない。そうするための十分な証拠を得られないことが多い。アメリカ当局は、日本の検察を妨害している。犯罪は罰を免れている。

1995年9月の出来事が、当時のアメリカ/日本関係を揺るがせた。二人の海兵隊員が12歳の日本人女子小学生を誘拐した。

二人は少女を殴打した。二人は少女を強姦した。二人は彼女を一人、海岸に放置した。二人はレンタカーで基地に戻った。

約85,000人の沖縄県民が抗議行動をした。県民はそのし不満に対処するよう要求した。アメリカ軍当局は、日本の警察に、容疑者の身柄を引き渡すのを拒否した。

アメリカ人は、やってくると暴れ回る。アメリカ人は、罰せられずに暴れ回っている。現地の法律や慣習は無意味なのだ。

アメリカ人軍事要員も民間要員も、殺人、強盗、強姦、飲酒しての喧嘩、強奪、薬物違反、放火や他の犯罪をしても、何の罰も受けないで済む。

現地住民は防ぎようがない。彼等の権利は重要ではないのだ。沖縄県民は何十年も苦しんできた。

女性と娘達が最も虐待を耐え忍んでいる。日本当局は彼女達を守ってくれない。アメリカ軍は、暴力行為をはたらくべく、訓練されているのだ。

多くが、それを最大限に活用する。帰国しても、そうする者は多い。自国では、責任が問題となる。外国なら、何でもし放題だ。

非白人の国々では、暴走が特にひどい。沖縄の女性と娘達が、アメリカの無法な存在を証言してくれる。

辺野古湾での新名護基地建設は、その予定地である北部沖縄の住民を激怒させている。

浦島悦子は地域の住民だ。彼女は“ヘリ基地いらない二見以北10 区の会”共同代表だ。

彼女は“稲嶺市政を支える女性の会”事務局長だ。この会は“いーなぐ会”と呼ばれている。11月25日、名護市の稲嶺進市長に延々と状況を伝える手紙を書いた。その一部はこうだ。

“17年間、絶え間なく、辺野古での基地建設に反対してきました.”

名護の住民は、1997年12月に住民投票を行なった。投票は住民の決意を示していた。住民は、強く基地建設に反対した。

“それにもかかわらず”浦島は言う。“何が起ころうと、基地を我々に押しつけると固く決めた政府が進める‘アメとムチ’政策で、この地域は分裂させられてきました…”

両親達も子供達も分裂した。家族や親戚もそうだ。かつて暖かかった人間関係が不和になった。

“防衛省によって、新施設が建設されるのは反比例して、現地の小企業は破産に陥り、名護の辺鄙さと、後進性はひどくなりました”と浦島は言う。

“我々大人は、子供達や孫達に… 自然と平和を残さなければなりません。”

“湾の埋立と基地建設”が現地住民にもたらす(の悪影響)が、私達は不安でしかたがありません。

”‘全沖縄人’の基地建設‘反対’運動は、はっきりと確立しています。”

“政府がこうした展開を無視したことへの我々の深い怒りを抑えることはできません…”

“政府は我々の運動を無視して、知事に埋め立て工事を承認させるまで要求する程、力ずくで進めるつもりなのです…”

埋め立て工事は“建設準備の最終段階です。”現地住民にとって、極めて悪影響を及ぼすでしょう。

名護で、アメリカ海兵隊普天間航空基地を置き換える計画だ。兵員は18,000人から10,000人に削減されよう。他の兵員はグアムとオーストラリアに転属になる。

ペンタゴンの司令官達は兵員を、どれだけの人数でも、好きなだけ、増員したり、削減したり、転属させたりできるのだ。オバマのアジア回帰を考えれば、今後、この地域での、より大きな兵員増が想定される。

沖縄に住む多数の県民がその重荷を担うのだ。長年の抗議行動は無駄だった。安倍首相の軍国主義は、ワシントンのこの地域での計画と手を組んでいる。

中国とロシアには懸念する理由がある。沖縄県の仲井眞弘多知事は、名護基地建設を認めた。安倍の圧力が知事に承認を強いたのだ。

無謀にも“安倍政権は、それ以前のいかなる政権より、沖縄に対する格別の配慮を示してくれた”と知事は主張した。彼は中国に触れて、こう付け加えた。

“国際 情勢は県民の意思に関係なく緊張している。沖縄はその為に、一定の役割を演じることが必要だ。”

基地はアメリカ軍の発射台なのだ。アメリカ駐留は非常に嫌われている。アメリカ駐留は沖縄の主権への侮辱だ。

アメリカ駐留は70年近く住民に害を与えてきた。駐留は長期間、固定化したままだ。

地域の人々の懸念など重要ではない。東アジア支配は長年にわたるアメリカ政策だ。オバマのアジア回帰が、東アジアの支配を優先しているのだ。

Stephen Lendmanはシカゴ在住。彼とはlendmanstephen@sbcglobal.netで連絡できる。

彼の新刊の題名は『銀行家による占領: 人類に対してしかけられている戦争』原題“Banker Occupation: Waging Financial War on Humanity”だ。(訳注:翻訳は出ていない。)

http://www.claritypress.com/LendmanII.html

彼はMoneyNewsNow.comと、VeteransToday.comに寄稿している。

Lendmanは、sjlendman.blogspot.comで自身のブログも書いている。

彼は、プログレッシブ・ラジオ・ネットワークのプログレッシブ・ラジオ・ニューズ・アワーの著名ゲストとの最先端の議論があるラジオ番組司会者である。

著名ゲスト達との最先端の議論を、Progressive Radio NetworkのProgressive Radio News Hourで聞くことができる。

金曜のアメリカ中部時間午前10時と、土曜と日曜の正午に放送されている。いつでも聞けるよう、全ての番組がアーカイブされている。

http://www.progressiveradionetwork.com/the-progressive-news-hour

http://www.dailycensored.com/americas-imperial-agenda/

記事原文のurl:www.globalresearch.ca/americas-imperial-agenda-and-pivot-to-asia/5364467

----------

記事に書かれている故チャルマーズ・ジョンソン氏の“沖縄: 冷戦の島”(Okinawa: Cold War Island )も、“ネメシス: アメリカ共和国最後の日”も、残念なことに日本語翻訳はない。

『アメリカ帝国への報復』は絶版だろうか?
帝国解体――アメリカ最後の選択』はまだ購入可能。

地位協定については、例えば『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』 (「戦後再発見」双書2、前泊博盛沖縄国際大学大学院教授編著)という本がある。

検証地位協定 日米不平等の源流』もある。

2013/03/05 [IWJ日米地位協定スペシャルVol.1] 岩上安身による『日米地位協定入門』著者 前泊博盛氏インタビュー

【特集】IWJ日米地位協定スペシャル

2014/01/10 【名護市長選】辺野古移設を巡り名護市内でシンポジウム 稲嶺氏「移設強行なら、抵抗の先頭に」 ~新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」

2014/01/12 【沖縄】米国の軍事戦略上「必要ない」辺野古基地を推進する日本政府の狙いとは? 〜岩上安身による玉城デニー衆院議員インタビュー

岩上安身氏のIWJ現状報告とご支援のお願いは下記ページにある。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/107798

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

 

1月10日刊の本、NHK出版新書423は必読書。
転換期の日本へ 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジアか」
まだ「対米従属」を続けるのか?世界的大家からの提言!
ジョン・W・ダワー、ガバン・マコーマック
まさに、この記事の話題をあつかっている。

第一章、サンスランシスコ体制─その過去、現在、未来
は、ジョン・W・ダワー氏の記事
第二章、属国─問題は「辺境」にあり
は、ガバン・マコーマック氏の記事
第三章は、お二人の対談 東アジアの現在を歴史から考える

2012年1月、NHK-BSで放送された対談番組「震災後 日本と世界への眼」が、本書を生むきっかけになったという。もちろん、お二人それぞれの文章でも、対談でも、領土問題に触れられている。

お二人、辺野古基地強化に反対する外国の知識人の声明(pdf)に名前を連ねておられる。

基地は県外移設といっていた沖縄県知事が、県外移設要求を弊履のように投げ捨てた。
原発反対といって活動していた、郵政破壊愉快犯、一体何を狙っているのだろうと不思議に思ってきた。殿様出馬で、そういう策略だったのかと納得。

「自民党が首脳が困っている」などと言う報道、いつもの八百長芝居に過ぎまい。属国傀儡のチャンピォンが、本気で傀儡属国体制を壊すはずがないだろう。

自民・民主・公明・みんな・維新の総属国傀儡大本営体制に反対する候補を潰すのが迷優政治家の真の狙いだろう。本当に、宗主国・傀儡体制と決別して、原発反対を推進したいのであれば、体制側でない候補者を応援すれば良いだろう。

日本の破壊を決定的なまでに進め、理不尽な侵略戦争への軍隊派遣を推進した人物が、そうした破壊行為をなんら反省することなく、更に小選挙区制、政党助成制度を実現し、ほとんど、そのことを反省していない人物を担ぎ上げて、東京の属国度強化を進めようとしている。罪にまみれた悪人連合が、美しい標語を掲げたとて、彼等が庶民に負わせた害悪は全く消えないだろう。

彼等に賛成票を入れることは、郵政破壊、小選挙区制、二大傀儡政党制度、侵略戦争支援の為の、集団自衛権推進、といった属国版新自由主義の是認にほかなるまい。恐ろしくも悲しいことだ。

大本営広報部は、小選挙区制を挙国一致体制で強力に推進した。今のファシスト政治、大本営広報部による小選挙区制推進洗脳活動なかりせば、実現していなかったろう。

大本営広報部は、真面目な小選挙区制度批判を決してしない。

大本営広報部は、郵政破壊を推進する連中を面白おかしく褒めそやした。

その結果の郵政破壊によって、庶民生活はどれだけ、良くなっただろう。

大本営広報部は、昨年夏の選挙では、団結一致して、ねじれ解消を訴えた。

実現した「ねじれ解消」のおかげで、軍備強化が進み、秘密法案が成立し、TPPにも飛び込んだ。

大本営広報部は、今、堂々TPP推進の論陣を張っている。その結果は推して知るべし。

大本営広報部の編集者達は、本来糾弾すべきものを、終始支持している。

日本人は民主主義を捨てたがっているのか?

殿ご乱臣ならぬ、大本営広報部の洗脳による、民ご乱臣。日本の崩壊は底無し。日本には、目に見えない「傀儡支配者・被支配者地位協定」があるのだろう。傀儡支配者は売国行為をいくら重ねても、責任を負わずに済んでいる。

« アルカイダの本当の起源暴露 | トップページ | GMO種子特許と農家を訴える資格に関し、モンサントを農家に勝たせた最高裁 »

Stephen Lendman」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

憲法・安保・地位協定」カテゴリの記事

日本版NSC・秘密保護法・集団的自衛権・戦争法案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/54592159

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの帝国主義的政策とアジア“回帰”:

» 宇都宮さんが必ずしも細川さんより弱い候補とは限らない:水野誠一氏 [晴耕雨読]
https://twitter.com/SeiichiMizuno 【脱原発候補同志の競争】 脱原発の両候補を比べて、どう考えても細川有利だと思っている人が圧倒的だ。 僕もそう考えて、両者の調整を画策もしていた。 だが意外とその考え自体が古いのかもしれないと考え始めた。 人気blogランキング 例えば、三宅洋平や山本太郎が本気で支援したら、流れが変わる可能性がある。 元首相というだけでは通用しないのは、鳩山や菅を見れば明解。 細川氏はその同列。 ひたすら小泉頼みだと選挙参謀も言うが... [続きを読む]

» 小泉「脱原発を総理が言えば、脱原発の運動は止まる」 東京都知事選挙もこの手法 [ゆきひろ社会科日記]
2014年「成人の日」小泉・細川の脱原発発言と東京都知事選挙を考えた [続きを読む]

» 細川氏 小泉元総理と会談!! [王様の耳はロバの耳]
小泉氏「脱原発に共感」 細川氏「支援、心強い」(朝日新聞) - goo ニュース 昨日14日午後都知事選立候補に関して細川元首相と小泉元首相が会見しその後100名も集まった記者団の前で「細川氏が立候補表明し小泉氏の強力な支援を要請」した事を明らかにしました。 こ...... [続きを読む]

» 東京都知事選で日本人そのものが試される [黄泉の国から]
そもそも神の世界にしかなかった「火」を盗み出し人類に与えたギリシャ神話に登場するプロメテウスは強靭な不死の神でもある。だから原子力の「火」はその強大なエネルギーゆえに ... [続きを読む]

» 東京都知事選は「TPP(安倍晋三)を是とするか否とするか」の選挙である。 [青のパジェント]
当たり前である。 順当なら今後2年半は国政選挙が無いのだし日本の首都東京の都知事選である。安倍政権への信任・不信任、とりわけ日本の行く末を大きく左右するであろうTPPに対して賛否を問う選挙になるのが当たり前だし、そうでなければならない。 安倍氏が最も争点に…... [続きを読む]

« アルカイダの本当の起源暴露 | トップページ | GMO種子特許と農家を訴える資格に関し、モンサントを農家に勝たせた最高裁 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ