« オバマの面子を救うためのとんでもない費用 | トップページ | 王座から追われた欧米 »

2013年9月 7日 (土)

戦犯・うそつき集団アメリカ政府は、自らを世界にさらけ出して立っている

2013年9月5日

Paul Craig Roberts

アメリカ政府が、口を開くたびに嘘をつく戦犯集団であることをさらけ出して、世界中を前に立っている事実に直面する気骨が、アメリカ国民にあるだろうか? 議会とアメリカ国民は、国民が戦犯と嘘つきを支持しないと、“アメリカは面目を失う”というホワイト・ハウスの嘘を受け入れるのだろうか?

オバマ政権の嘘が、余りに明白、かつ目に余る為に、慎重で如才ないロシアのプーチン大統領も、堪忍袋の緒が切れて、我々が既に知っている事実を述べた。ジョン・ケリーは嘘つきだ。プーチンはこう述べた。"これは私にとって、余りに不快で、心外だ。我々が彼等[アメリカ人]と話す際、我々は彼等は良識ある人々であることを前提にしているが、彼は[ケリー]は嘘をついていて、自分が嘘をついているのを知っている。悲しいことだ。"
http://www.informationclearinghouse.info/article36117.htm

コリン・パウエル国務長官が、犯罪人ブッシュ政権によって、嘘をつくために国連に送られた際、パウエルと大統領首席補佐官は、パウエルは嘘をついているのは知らなかったと主張した。国務長官は、真っ赤な嘘を基に、何百万人ものイラク人を殺害し、障害者にし、住処から追い立てた戦争を始める為に、ホワイト・ハウスが彼を国連に派遣するだろうとは、思い付かなかったのだ。

卑劣なジョン・ケリーは自分が嘘をついていることを知っている。アメリカ国務長官と、傀儡大統領オバマは、知りながら、世界に嘘をついているのだ。アメリカ政府には、品位の片鱗もない。真実、正義、道義、人命など何とも思っていない。戦犯ブッシュがイラクで行ったことを、シリアで繰り返したがっている二人の大悪人が、ここにいる。

アメリカ国民や、議会にいる彼等の代表達は、一体どうして、このような異常な犯罪に耐えられるのだろう? なぜオバマとジョン・ケリーは弾劾されないのだろう? オバマ政権は、ナチス・ドイツと、シュタージ共産ドイツのあらゆる資質を有しており、オバマ政権の方が酷いという違いしかない。オバマ政権は世界中をスパイし、それについて嘘をついている。オバマ政権は、7ヶ国の国民殺害に、ヒトラーでさえやろうとしなかった血みどろの凶行に、全面的に関与しているのだ。

犯罪人オバマ政権が、あからさまな戦争犯罪で、議会とヨーロッパの傀儡諸国の協力を買収できるかどうかが、間もなく決定される。決定は世界の運命を決定めるだろう。

事実について言えば、ロシア政府が国連に公表した報告書は、シリアでの化学兵器攻撃に使用された兵器は、アル-ヌスラの手中にある兵器に類似しており、シリアが所有していることが分かっている兵器とは異なっていると結論づけている。
http://www.informationclearinghouse.info/article36116.htm

オバマ政権は、国連に何の証拠も開示していない。その理由は、犯罪人政権には証拠が皆無で、でっち上げたおとぎ話しかないからだ。

もしオバマ政権に何か証拠があれば、イギリス首相デービッド・キャメロンが、議会の票を得られるようにすべく、証拠は彼に公表されていたろう。証拠が無いので、キャメロンは議会に、証拠は無く、シリア政府は化学兵器を使用しただろうという確信しかないことを認めざるを得なかった。議会は、アメリカ政府の傀儡に、イギリス国民は、首相の裏付けのない確信を基に戦争をするつもりはないと語ったのだ。

アメリカ国民と、他の世界の人々は、、新たなナチス国家がワシントンで興隆しているのを、親指をしゃぶって、眺めているだけなのだろうか?

議会は、戦争を否決し、オバマには、もし彼が、憲法に定められた議会の権力を無視すれば、彼は弾劾されると、はっきり言わなければならない。

もしアメリカ議会が、義務を果たすには、余りに堕落していたり、無能だったりする場合、アメリカ以外の世界は、国連事務局長とロシア大統領に加わり、アメリカ政府による一方的な軍事侵略は、戦争犯罪であり、戦犯アメリカ政府は、国際社会で孤立すると宣言しなければならない。海外を旅する所を捕らえられたアメリカ政府メンバーは全員逮捕され、裁判の為にハーグに引き渡されることになる。

Paul Craig Robertsは、元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えていた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでい る。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the Westが購入可能。

記事原文のurl:www.paulcraigroberts.org/2013/09/05/the-us-government-stands-revealed-to-the-world-as-a-collection-of-war-criminals-and-liars/
----------
この国には、卑弥呼の末裔が君臨している。そのシャーマン的念力で、7年後には全く原発問題はないと豪語する。放射能汚染は風評だという。正気だろうか?廃炉作業には、普通の原発ですら、40年かかるという。

原発事故に責任を負う戦犯首相は、無責任都知事とともに、自らを世界にさらけ出して立っている。

安倍政権は、招致委員会に、放射能濃度が安全だという何の証拠も開示していない。その理由は、犯罪人政権には安全な証拠が皆無で、でっち上げた安全神話しかないからだ。

原発を推進し、世界最悪のメルトダウン事故を引き起こした犯罪・売国奴が、堕落した宗主国や、ヨーロッパ諸国や、産油専制王国の支持を買収できるかどうかが、間もなく決定される。決定は世界の運命を決定めるだろう。

« オバマの面子を救うためのとんでもない費用 | トップページ | 王座から追われた欧米 »

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

オバマ大統領」カテゴリの記事

チュニジア・エジプト・リビア・シリア・アルジェリア」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/53169945

この記事へのトラックバック一覧です: 戦犯・うそつき集団アメリカ政府は、自らを世界にさらけ出して立っている:

» 東京の放射能濃度を示せないオリンピック招致委員会  [Dendrodium]
招致委、IOC総会現地で初会見 汚染水問題に質問集中 共同通信 2013年9月5日 01時00分  【ブエノスアイレス共同】2020年東京五輪招致委員会は4日、国際オリンピック委員会(IOC)総会が開かれ...... [続きを読む]

» 資料 ジョンケリー国務長官のブログとそれに対するコメント [木霊の宿る町]
★只今の当地時間は9月6日を過ぎたばかり。9月6日 朝8:36に公開されたケリー国務長官のブログおよびそれに対して五千件を越すコメントが寄せられているのをみつけた。これから全部を読むつもりだが、対シリア戦争を強力に進めているケリーを支持するコメントは極く少数であろう。ブッシュ戦争前夜と違って米国民の事実認識力、反戦意識が断然増していることが分かるだろう。ブッシュ戦争のときと変わらず今回も思考をせず盲目的に従米路線を走っている日本政府は愚かというべきである。nbsp;http://www.h... [続きを読む]

» アサド政権のどこが残酷で最悪なのか? [インターネット政党 「ネット des 新党 (NetdesNewParty)」 のブログ]
Introduction: シリア情勢は物理的にも理論的にも泥沼の様相を呈している。  「物理的」にとは、このブログでも既にエントリーで述べたように大量破壊兵器[Weapons of mass destruction]の使用、つまり核兵器使用の疑いと、化学兵器の使用が確認されたということだ(...... [続きを読む]

» 論理と倫理を使い分けてアメリカはシリアを攻撃するか [rakitarouのきままな日常]
アメリカはふだん論理的正当性を厳しく追及して、正義や国益を貫きますが、論理的整合性が成り立たない時は倫理的正当性、つまり「これは神から付託された行為」といった定義付けをして自国の主張を通します。結局自分のやりたいようにやるのですが、論理的正当性と倫理的...... [続きを読む]

« オバマの面子を救うためのとんでもない費用 | トップページ | 王座から追われた欧米 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ