« オバマ、TPPを中国に対する挑戦と位置づけ | トップページ | 誰が勝利しようと、容易に予測できる選挙後の5項目 »

2012年10月30日 (火)

ベン・アフレックの『アルゴ』: アメリカ外交政策の受容

wsws.org

ダン・ブレナン

2012年10月24日

監督 ベン・アフレック、脚本 クリス・テリオ

ベン・アフレックが主演、監督の政治スリラー映画アルゴは、批評家の称賛を得、興行成績が二週間連続、第二位だ。映画は、1979-1980年のイラン人質事件の際のほとんど知られていないエピソードに関する機密指定を解除された情報に基づいている。

ワシントンの残虐な傀儡、シャー打倒のためのイラン革命のさなか、1979年11月、抗議行動参加者集団がアメリカ大使館を襲い、52人のアメリカ人を捕獲し、444日間拘束した。当日大使館にいた6人のアメリカ外交官が脱出し、密かにカナダ大使の住居に避難する。映画は、CIAによるこの6人救出の物語だ。

テヘラン大使館での大混乱から二ヶ月後、このグループの安全は次第に不確かなものとなる。アメリカでは、CIAの‘救出’専門家トニー・メンデス(ベン・アフレック)は猿の惑星から着想を得たSF映画用のロケ地を見つけるカナダ映画制作隊の一員の振りをする計画をでっちあげる。計画成功のため、不利な状況を利用するアイデアが提案され、実際の脚本を選ぶことが必要になり(そこで“アルゴ”)、ハリウッドの制作チームを集め、計画中の映画をマスコミに宣伝する。メンデスは映画プロデューサーのふりをして、イランに入国し、仲間達の集団脱出を率いなければならない。

いくつかのわざとらしい危機一髪を別にすれば、この映画は、通常このジャンルの映画で用いられているほどにはアクションの連続で観客の関心を維持しようとしているわけではない。その代わりに、アフレックは、記録映画や当時のニュース映画の映像を混ぜ合わせることで、緊張を伝えようとしている。映画制作者は、サスペンス場面の利用は比較的抑え気味に、時折の滑稽な会話を交えて、ストーリー展開の中に挿入される。

とはいえ、興味を持ち続けさせることと、感銘を与えるために、生活の状態や歴史に関して、何か意味があることを言うというのは全く別物なのだ。マスコミと情報の力は、銃器の力とは対照的に、テーマとして現われる。それゆえに、カメラの前で演じられる模擬処刑や、イランでの革命への熱情は一過性のマスコミ種かどうかについての熟考、偽の映画プロジェクトそのものとなるが… 結局、アルゴではさほど新しいことが提出されているわけではない。息子との関係を維持しようと苦闘する家にいない父親のわき筋は、とりわけ陳腐で、ありきたりなものに終わっている。

はるかに問題なのは、この映画の人質事件と救出作戦描写の含意だ。1979-1980の出来事は、突然藪からぼうに起きたわけではない。特に、アメリカ政府とCIAは、イランのシャーを権力の座に据えた1953年のクーデターで直接的な役割を演じていたのだ。イランにおける四半世紀の独裁的支配とあらゆる抵抗の残虐な弾圧は、何よりまずワシントンによる支持のおかげだった。1979年には、広範な階層のイラン国民がアメリカの役割に激怒していたのだ。

この新植民地主義介入の話は、映画冒頭にわずか数分のナレーションで触れられはするが、以後二時間ずっと基調となるのは全く別物だ。我々はCIAの英雄を受け入れ、ハリウッドの諜報機関との協力をクスクス笑い、イラン大衆を敵と見なすよう期待されるのだ。

みかけ上のバランス用に、過去(そして継続中)の犯罪について手短に触れられるが、以後そういう話は本質的に脇へ押しやられ、忘れ去られる。これはアルゴの出来事の中で何ら積極的な役割を演じることもなく、結局は、アメリカ帝国主義の作戦を推進する作品に、うわべの客観性を与えるのに役立っている。何十年もの弾圧、拷問や殺人は問題だが、結局、6人のアメリカ人の生命が危機にさらされているのだ!

共同製作者ジョージ・クルーニーを含む映画制作者にとって“映画を政治化させないようにすることが、我々にとって常に重要だった”とアフレックはインタビュアーのロマン・レイナルディに語っている。“多くの物事が政治化されるアメリカ合州国大統領選挙前に公開されることになることが分かっていたので、大いに事実に基づいたものにしようと大変苦労をしました。私たちは明らかに物事がどれほど酷くなり得るかを予想することが出来ませんでしたが、映画制作中も混乱の中にある国々との関係を感じました ... 世界の一部で争いや混乱起きているからといって、我々がそれを検証するのを止めたり、注目するのを止めたり、それについて話すことを止めたりすることにはなりません。それは良くないことだと思います。”

こうしたコメントは、もう驚きながら読むしかない。

実際、この地域における現在の“争い”は、映画、そして芸術全般によって、より少なくでなく、より多く扱われることを求めている。しかしながら本当の芸術は、より深い真実を明らかにする、本当の芸術は、恐る恐る上っ面の“事実”や些細なエピソードで満足して、深い真実を回避するようなことはしない。

世界中で(そして、とりわけイランで)殺人株式会社として知られているCIAに対するアフレックの熱中にはうんざりさせられる。元工作員メンデスがアルゴ制作に深く関与したことをアフレックは認めている。俳優兼監督はレイナルディに、こう説明している。“トニーと会うのは非常に刺激になりました。彼がこの映画にしみこんでいるのです。これはトニーの物語、トニーの視点です。”

ハリウッドの無知のおかげで、多数の監督、脚本家や俳優は、ごくわずかの人々しか気がつかない圧力や雰囲気や社会的勢力に屈服しがちなのだ。アフレックは、彼が望むと否とにかかわらず、彼の映画が、アメリカを対イラン戦争に引きずり込もうとする、アメリカ支配層エリートによる尽力の一環になっている事実を気に留めずにいるように見える。

しかし、軽率さゆえに、彼の行動は許されるのだろうか? 映画制作者は、自分たちの映画が撮影され、公開される文脈を全く把握せずにいられるものだろうか。つまり、イランの両側の国々での10年間にわたるメリカ軍占領、継続中の秘密作戦と経済戦争、そして容赦なく、増大しつつあるアメリカとイスラエルによる軍事介入という脅威について。

指摘するのも恥ずかしいことに、民主党のバラク・オバマがホワイト・ハウスにいるおかげで、映画業界のリベラル派は、戦争への動きをより受け入れ易くなっていることは確実だ。マット・デイモンと共同執筆して、最初にアフレックに名声をもたらした映画、グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997)は、彼らについての各人の意見はどうであれ、アメリカの中東侵略に対して公に異義を申し立てる人々である左翼学者のハワード・ジンやノーム・チョムスキーについて肯定的に触れていた。

15年後、アフレックは、どうやら新たな大当たりを求めて、スーパースターに復帰し、いつのまにかイランとイラン人を悪魔化する動きのど真ん中に立っているかのようだ。これ以上語るべきことなどない。

記事原文のurl:www.wsws.org/articles/2012/oct2012/argo-o24.shtml

---------

この映画、見に行く元気が出ないが、試写会では98%の人が満足したという回答だったという。

  • 宗主国では、本命イランを攻撃する中東戦争拡大が、
  • 属国では、土地爺による寝た子起こしの島嶼紛争が、

軍需産業の存続、国家支配の為の大切な目玉。

金を稼ぎながら洗脳という一石二鳥作戦の面白いほどの大成功。関係者、笑いがとまらないだろう。

見損なっているのだが、原題が良く似た『Agora』、邦題『アレキサンドリア』で公開された映画の方が遥かに見応えがありそう。

どじょう氏が、地獄への道、別名経済破壊政策を演説する光景、精神衛生にもエネルギー消費にも宜しくないのでチャンネルを切り換えた。といって助かるわけではない。下記の太文字部分は、重要な欠落を補ったもの。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)など経済連携の取り組みを「経済外交」と位置づけ、「守るべき支配層の権益は守りながら推進する」とTPP交渉への早期参加に意欲を表明。

震災復興予算を原発輸出調査にも流用して、原発再開・輸出する国民総カミカゼ乗員の国。不沈空母とて自然の摂理には逆らえまいに。

« オバマ、TPPを中国に対する挑戦と位置づけ | トップページ | 誰が勝利しようと、容易に予測できる選挙後の5項目 »

wsws」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

イラン」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

佐藤秀様
別映画の題名の間違い、ご指摘を有り難うございます。
「Argo」、個人的に懐かしい単語Argonautを思い出し、つい思い込みをしました。
ともあれ「Agora」DVDで早急に見たいと思っています。

>原題が同じ『Argo』、ただし題名『アレキサンドリア』で公開された映画の方が遥かに見応えがありそう。

ツッコミすみません。『アレキサンドリア』の原題は「Agora」です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/47637744

この記事へのトラックバック一覧です: ベン・アフレックの『アルゴ』: アメリカ外交政策の受容:

» アルゴ [Akira's VOICE]
地味だけど面白い。   [続きを読む]

» ドッキリカメラ [MESCALINE DRIVE]
ベン・アフレック監督・主演作品、「アルゴ」を観た。 1979年、イランでホメイニ師を指導者とする革命が勃発。米英が担ぎ上げていたパーレビは浪費と圧政によって国民の憎悪を買っていた。パーレビにとって幸福なのは、彼自身の癌治療のためこのときアメリカに渡ったこと。人民裁判によって前国王には死刑の判決が下されることは免れないが、死刑執行人の手もアメリカ大陸までは届かない。パーレビ不在の状況下において、民衆の怒りは傀儡政権を作り上げた大国へと向けられる。 11月4日、テヘランのアメリカ大使館が襲撃された。機... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「アルゴ」 [日々“是”精進! ver.F]
6人を、脱出させろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210260004/ アルゴ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (ハヤカワノンフィクション文庫)アントニオ... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「アルゴ」 [日々“是”精進!]
「アルゴ」を鑑賞してきました1979年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口実に使った驚愕の救出作戦を緊張感溢れる筆致でスリ... [続きを読む]

» アルゴ [佐藤秀の徒然幻視録]
偽映画と言っても期待したほど劇的でない 公式サイト。原題:Argo。ベン・アフレック監督・主演。アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、スクート・マク ... [続きを読む]

» 映画レビュー「アルゴ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Argo: How the CIA and Hollywood Pulled Off the Most Audacious Rescue in Historyクチコミを見る◆プチレビュー◆ウソの映画製作で人質を助け出す驚きの実話「アルゴ」。監督ベン・アフレックの緩急をつけ ... [続きを読む]

» 実話を誠実に描いた作品。『アルゴ』 [水曜日のシネマ日記]
1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件の裏で敢行されたCIAによる救出作戦を描いた作品です。 [続きを読む]

» アルゴ [あーうぃ だにぇっと]
アルゴ@よみうりホール [続きを読む]

» アルゴ [映画感想メモ]
緊張感が続き過ぎてどうにかなりそうだった。見終わった後、作戦全てに関わった人達に [続きを読む]

» アルゴ / ARGO [勝手に映画評]
CIAが18年間隠し続けたイランからの外交官救出作戦と言う事実を下にした映画です。 1979年11月4日に発生したイランアメリカ大使館人質事件の裏に、こんな物語が隠れているとはねぇ。カバーとして使った身分が、映画撮影スタッフと言う事で、荒唐無稽で、コミカルな印象を...... [続きを読む]

» アルゴ [花ごよみ]
監督、主演はベン・アフレック、 ジョージ・クルーニーがプロデューサー。 1979年イランで起こったアメリカ大使館占拠、 人質事件救出作戦を描いています。 6人がアメリカ大使館から脱出、 カナダ大使の自宅に身を潜める。 ベン・アフレック演じる CIAの人質...... [続きを読む]

» [映画『アルゴ』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず相手の分も払うので、いつでも、あなた、「やったあ!」じゃ...... [続きを読む]

» アルゴ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
事実は映画よりも奇なり。 イラン革命の混乱の中、治外法権のはずの大使館に怒れる過激派学生たちが雪崩れ込み、大使館員とその家族ら52人を人質に、444日間に渡って占拠したアメリカ大使館人質事件。 全...... [続きを読む]

» アルゴ / argo [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...... [続きを読む]

» 映画:アルゴ Argo 長く極秘にされていたイランからの「奇抜」な救出大作戦。重さ軽さの対比が売り! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出した6人のアメリカ人外交官を救出する秘密作戦。 その方法が奇抜! 「アルゴ」とい...... [続きを読む]

» 映画「アルゴ」@よみうりホール [新・辛口映画館]
 客席はほぼ満席。試写会場入場前にカメラチェック&身体検査、上映中には1階席と2階席両端に警備員が観客を監視する厳重な試写会となった。      映画の話  1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過...... [続きを読む]

» アルゴ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリヴァー...... [続きを読む]

» アルゴ [象のロケット]
1979年11月4日。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、革命防衛隊がアメリカ大使館を占拠し52人が人質になってしまう。 一方、6人の大使館員がカナダ大使の私邸へ逃げ込み、身を隠していた。 イラン側に逃亡の事実がバレたら6人は処刑されてしまう。 CIAの救出作戦のエキスパートであるトニー・メンデスは、6人がカナダ人の映画関係者であるということにして、国外へ脱出させる作戦を立てたのだが…。 実話サスペンス。... [続きを読む]

» アルゴ [悠雅的生活]
人質奪還。絶体絶命。真剣勝負の作り話。 [続きを読む]

» 『アルゴ』 [ラムの大通り]
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、 その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を描いているんだ」 ----...... [続きを読む]

» 映画「アルゴ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「アルゴ」観に行ってきました。1979年に勃発したイランのアメリカ大使館人質事件で実際にあった話を題材とした、映画「ザ・タウン」のベン・アフレックが監督&制作&主演... [続きを読む]

» アルゴ [映画 K'z films 2]
Data 原題 ARGO 監督 ベン・アフレック 製作 ジョージ・クルーニー 出演 ベン・アフレック  アラン・アーキン  ブライアン・クランストン 公開 2012年 10月 [続きを読む]

» アルゴ / Argo [うだるありぞな]
この映画は実話を元にしている。 1979年に起きたイラン革命で、イスラム過激派グループがアメリカ人大使館を占拠して50人以上の外交官が人質となった。 彼らは1981年に解放されるまで、一年以上も監禁された。 一方、イスラム過激派が大使館に乱入する直...... [続きを読む]

» アルゴ [映画的・絵画的・音楽的]
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、...... [続きを読む]

» アルゴ (Argo) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語…... [続きを読む]

» 映画「アルゴ」真実が伝える本物の緊張感 [soramove]
映画「アルゴ」★★★★ ベン・アフレック、アラン・アーキン、 ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン出演 ベン・アフレック 監督、 120分、2012年10月26日より全国にて公開 2011,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ (原題/原作:ARGO) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場10位スタート、2週目は 圏外へと淋... [続きを読む]

» 映画:アルゴ [よしなしごと]
 ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しかも映画が題材(?)となっていると聞いてはスルーするわけにもいかず、そんなわけでアルゴを見てきました。... [続きを読む]

» 映画『アルゴ』を観て [kintyres Diary 新館]
12-85.アルゴ■原題:Argo■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製作:ベン・アフレック◆ベン・アフレック(トニー・メンデス)◆アラン・ラーキン(レスター・...... [続きを読む]

» アルゴ : これが実話ベースって…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨夜の侍ジャパン、薄氷の勝利といってよかったですね。日本中の野球ファンが、ハラハラドキドキしましたよ。ちなみに、本日紹介する作品も、ハラハラドキドキのこちらになりま [続きを読む]

» アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...... [続きを読む]

» 『アルゴ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル...... [続きを読む]

» アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...... [続きを読む]

» アルゴ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
大使公邸に匿われたアメリカ人を架空の映画製作のロケハンで、堂々とテヘラン空港から民間の飛行機で脱出させる。実際に自分もいっしょにイランを脱出できるかと入り込んでしまった。シュレッダーで裁断した紙を子供がつなぎ合わせて、隠れていたメンバーの顔が判明してから... [続きを読む]

» アルゴ [タケヤと愉快な仲間達]
【あらすじ】 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートと...... [続きを読む]

» 『アルゴ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル...... [続きを読む]

» アルゴ [映画に耽溺]
「事実は小説よりも奇なりッ!」 「なに叫んでるのよ」 「だから事実は映画よりも奇なりッ!なのよ!!」 「はいはい映画のお話なのね?」 「そうそう」 「おかずですッ!」 「ずーこですッ!!」 「2人揃って~~」 「映画に耽溺~~~!!」 「うだるような猛暑…... [続きを読む]

« オバマ、TPPを中国に対する挑戦と位置づけ | トップページ | 誰が勝利しようと、容易に予測できる選挙後の5項目 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ