« 福島第一: 原子力発電所から核兵器第一へ | トップページ | 我々の中のネオコン戦犯 »

2012年8月 7日 (火)

マレーシア、TPPを拒否

2012年8月6日 09:33pm投稿

Azizul Rahman Ismail

newsdesk@thesundaily.com

クアラルンプール(2012年8月6日)

マレーシアは、外国企業の医薬品の特許期間を延長することを狙った太平洋横断戦略的経済連携協定(TPP)には反対だ。

リョウ・チョンライ厚生大臣は、アメリカとマレーシアを含む11ヶ国の間で交渉されている条約は国内の医薬品産業に悪影響をもたらすだろうとと語った。

"我々は特許延長には反対です。条約によれば、ある薬品がアメリカで発売され、やがて三年後にマレーシアで発売されたとすると、特許はアメリカで発売された時点ではなく、マレーシアで発売された時から始まります" リョウ大臣は語っている。 "これは公正ではありません。"

条約は、実質的に、医療を国民が受けにくくするだろうと大臣は強調した。

リョウ大臣は、環境を対象にしたチャリティー・キャンペーン・プロジェクト、トゥルーリー・ラビング・カンパニーによるWATTS(支援を持続可能性に変えるの略)を立ち上げた後、記者団にこれを語ったもの。

TPPは、アジア太平洋地域における経済の更なる自由化を目指す多国間自由貿易条約だ。

ところが、条約は、交渉の秘密性と、外部に漏洩した条約草稿中になる、論議の的となっている多数の条項のため、批判と抗議が起きていると言われている。

漏洩情報を検討した当事者達は、国際通商法が要求するものを越える、攻撃的な知的財産権条項をアメリカが要求していると主張している。

マレーシアの主張の要点は、既存の医薬品特許が、現在の20年間という要求に加えて、更に5年から10年、あるいはそれ以上、延長されてしまうということだ。

特許延長は、ジェネリック医薬品会社が、この期間中、より買い求めやすいジェネリック医薬品を製造することができなくなることを意味する。

リョウ大臣は、企業は、国家政策に対して、政府を訴える権力を与えられるべきではないとも強調した。

条約の下で、投資家は、新たな規制が自分たちの投資に悪影響があることを理由に、政府に補償を要求することが可能なのだ。

太平洋横断戦略的経済連携協定の他の9ヶ国は、ブルネイ、チリ、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリア、ペルー、ベトナム、メキシコとカナダだ。

マレーシアの非政府組織は、曜日のフォーラムで、TPPに関する異義を表明した。

彼らの中には、マレーシアAIDS協議会、マレーシア乳ガン福祉協会と、サード・ワールド・ネットワークがある。

リョウ大臣は、厚生省は病院のエネルギー効率を向上させ、環境によりやさしく、経済的にすべく務めていると補足した。

"マレーシアには28の総合病院があり、電気代だけでも1億1500万マレーシア・リンギット(年間)にのぼります"と大臣は言う。"特に、こうした病院や専門病院の、電球とエアコンをエネルギー効率のより良いものと交換することで、来年には少なくとも10%の節約ができるよう願っています。"

プロジェクトはクラング・ヴァレーで始まり、年末までに、3%の節約が実現できると期待されていると大臣は説明した。

記事原文のurl:www.thesundaily.my/news/456642

----------

日本の大本営広報部、TPPの実態は一切報道せず、ひたすら、早く参加しろという恫喝ばかり。バスの行き先を確かめずに、乗る馬鹿がどこにいるだろう。

原発の放射能同様、外国との条約による呪縛は、孫子の代よりはるかに長く、祟り続けるだろう。

メダルなどなくとも人は生きられる。現に生きている。しかし、とんでもない条約で、文化を窒息させられては、人は生きられまい。

TPPの実態を全く伝えようとしない大本営広報部、ほとんど、おれおれ詐欺以下の人々としか思えない。犯罪人と呼んでも間違いではないだろう。

足尾鉱毒問題、1901年、今から111年昔の田中正造の文章、言い回しこそ古いが、現在の福島第一原発問題そのままに思える。

足尾鉱毒問題 明治34年9月25日

                             田中正造

世人口を開けば内治外交を云ふ、外交の事固より重し、然れども内治の紊乱恰も無政府より甚だしくして、妄りに外交を云ふ者あらば、これ自ら斃るゝの外なきのみ、足尾鉱毒問題は、関東の中央に起り、世人或はこれを偏小の事件たるが如く看倣すものあり、然れどもその被害の範囲が、我邦の伊豆、安房の両国に比して、殆んど二倍以上の面積を有し、その被害地に住する生民約四十万と称せられ、就中毒流渡良瀬の沿岸に接せる村落に在ては、農民地を奪はれ、漁家魚を奪はれ、楫者水を奪はれ、その他特有の天産を害されて、祖先の遺業漸次廃滅に帰し、一家の生計頓に窒迫に陥り、その毒浪の汎濫するごとに、毒水の被れる禾穀を食し、鉱毒の沈澱せる井水を服し、毒渣の浸染せる弊屋に住し、毒塵の飛散する大気を呼吸する等の禍害は、不知不識の間に身体の営養を害し、顔色憔悴常に蒼白を帯びて虚弱なる者多ければ、また乳汁欠乏して育児に困窮せる婦人さへ数あるに至り、而してその損害を被むる者、ただ彼等窮民に止まらず、国家は年々数十万円の収入を減じ、地方もまた多額の政費を失ひ、その国庫と地方費と町村費の収入損害はそもそも幾千なるやを知らず、却って年々河川破壊のため多額の土木費を支出するに至る、もし窮民個人の損害を精算し、以上の各種損害を合せば、決して軽少のものに非ず、而も尚ほ関東中央の一小出来事として軽々に看過すべきものなるか

田中正造文集(一)鉱毒と政治 岩波文庫 278-279ページ

そこで、原発事故

これまで、様々な報告?が出されている。

誰も頼まないのに、福島原発事故独立検証委員会なる組織による、福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書が刊行された。3/12

主要メンバーの名を見た瞬間、購入意欲が失せたので、全く読んでいない。

津波でなく、地震が事故を引き起こした可能性を否定できないとした画期的な国会事故調査委員会報告書が7/5に出たが、

津波が事故原因だという雰囲気の、政府事故調査委員会報告が、7/23に出された。

さらに、大前研一の『原発再稼働「最後の条件」: 「福島第一」事故検証プロジェクト 最終報告書』が7/25に発売されている。

その宣伝文?によれば、

電源1つと冷却源さえあれば、福島第一原発はメルトダウンしなかった。

とある。上手すぎる。新たな原発安全キャンペーンとしか思えない。

そこで、お勧めは、8/5、国会事故調委員・調査員の田中三彦氏と伊東良徳氏の合同講演会。主催者が公開しているものを、YouTubeで見られる。

「津波が原因だ」という東電・政府説に対する強力な反証、是非ご覧いただきたい。ただし、娯楽番組ではないので、かなり忍耐力が必要かも?約二時間?

« 福島第一: 原子力発電所から核兵器第一へ | トップページ | 我々の中のネオコン戦犯 »

TPP・TTIP・TiSA・FTA・ACTA」カテゴリの記事

地震・津波・原発・核」カテゴリの記事

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

     MH370機とTPP合意について-ナジブ首相に期待-

  核アレルギ-のニュ-ジ-ランドは,ウラン鉱石が出る豪州と違って「折れたタバコの吸い殻」こと安倍首相の「憲法無視」を無視して寄せ付けなかった。また,MH370機探索にも協力的でなかった。
  しかし「吸い殻」は南半球にわざわざ出かけ,閣議決定のための法案提出を来年に延期すると発表したらしい。そういうことを従軍記者は詳しく書くが,マレーシアの元首相,マハティ-ル博士の言動には目も向けない。
  7月11日付けマレ-シア・メイル・オンライン紙は,マハティール博士の言葉を載せて,指導力不足が懸念されるナジブ現首相の決断を迫った。しかるに博士は何と言ったか。「マレ-シアのためにならないTPP合意から抜け出して勇気ある所を見せろ」。

  人件費の安さや円高のために日本の企業が東南アジア進出を図ったというのは,事の一面である。事の他面は,インドネシアでもマレ-シアでも政府の補助,優遇策があることである。特に,両国は天然ガス・石油の産地であるから,電気代が国民にも補助されて外国企業にも優しい。日本国内とは大いに異なるのである。
  もちろん,日本国内の電気代は一般家庭の料金の方が,工場の料金の9倍高い。その話は「記憶喪失」の彼方にあるが,インドネシア・マレ-シアの電気代の方が遙かに安い。かくして,円安になれば,電気料金は高くなる。よってさらに日本企業の海外進出が盛んになる。すなわち,円高でも円安でも優遇措置のある両国への投資が盛んになるのである。

  ところでマレ-シアの場合,州税は現在あるが,来年春には物品税(消費税の一種)が導入される予定である。これで国庫の赤字がかなり解消されるはずであるが,零細中小企業や個人商店は税金を払わない。その状あたかも,ギリシャに似る。

  もしTPPが合意された場合,外国企業にとっておそらく,ガス・電気代への国の補助,税金不払い=納税率の低さは,「関税障壁」と見なされる違いない。もしまた国の助成金がなくなれば,経済活動は停滞するに違いない。
  さらに本記事にもあるように知的財産に関する不利益は,マレ-シア国がTPP合意を拒否する大きな原因となるであろう。かくして,「この国がいつまでもTPP合意に向けて交渉を続けるのは百害あって一利なし,ゆえに交渉から脱退するほどの,強い指導力を発揮せよ」とマハティ-ル氏はナジブ現首相に迫ったのである。

  なおしかし,ナジブ首相は,わが国の「吸い殻」首相のように公約=マニフェスト違反をおかしTPPに参加したわけではないから,「嘘つき」の称号は与えられない。残るは,「TPP脱退」の決断あるのみ。ナジブ首相に期待する所以である。

追記:ナジブ首相が蹴球国際大会でのドイツチームを引き合いに出してピント外れの言動をしたことを脇に置いても,彼の指導力の弱さは,MH370機失踪と大いに関連しているように思われる。米国に「弱み」を握られて決断できないでいるのかも識れない。
 今や電子錠(ロック)は「当たり前だのクラッカ-」で銀行や研究所では常備である。ドアを開ける場合,番号を忘れたり,部外者が侵入したりする場合,電子ロックそれ自体を足で蹴るとドアが開くという「映画」を見たことがある。マレ-シアもこの映画に見習ってドアを蹴ってみてはいかがか。おそらく,他の国もあれよあれよと追随するかも識れない。ナジブ首相に期待する所以である。

追記2:昔,「てなもんや三度笠」というTV番組があった。白木みのる・藤田まこと主演。岩下俊三氏がブログでよく使われている「当たり前田のクラッカー」というのは藤田氏が番組の最後に言うセリフである。
  前田製菓の工場が小生の出身県栃木県の宇都宮駅と岡本駅鉄道沿いにあったので,小生には思い出深い言葉である。藤田氏よ。安らかに眠るのは結構だが,『化けて出てきて』また必殺シリ-ズを見せてほしい。

 4月7日付けの英ファイナンシャル・タイムズ(FT)で,E.ル-ス氏が「今月末のオバマ大統領の訪日は当初、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉が実を結ぶ場になると見られていたが、結局日本からは手ぶらで帰ることになりそうだ」と書いている(日経,8日)。
 他方,手ぶらか手ぶらでないかは,オバマ訪日前の閣僚会議の2日間が山場だと日本のマスゴミは書いている。「政治の一寸先は闇」と言ったのは,故・春日一幸民社党首だが,どちらが正しいのであろうか。
 また,ル-ス氏は「オバマ氏は『少数の信頼できる』アドバイザ-としか交わらない」とも言っている。つまり,USTRのフロマンとか国務次官補のヌーランドなどは「信頼していない」ということである。そうした中で,宮中晩餐会出席以外何をするのであろうか。まさか,安倍首相とジョン・バエズの唄を謳う積もりではないだろう。

 ところでしかし,知的財産権などでTPP参加を拒否しているマレーシアは,先月,ファ-スト・フ-ド店で働く従業員の正規雇用法案の議会通過を図った。安い賃金で働かせる出稼ぎ労働者の排除を狙ったモノだが,TPP法案を批准すれば,こういった法律はISDS条項の訴訟要因となるだろうから,TPP交渉脱退は決定的であろう。

 日本も見習いたい正規雇用法だが,小保方氏が「STAP細胞を見た」と言っている。その真偽はともかく,山中教授が証言したようなノ-トの記録はお持ちなのだろう。記録よりも「先発明主義」が知的財産として認められていた米国では,小保方氏は優位な地位を占めるに違いない。一日でも早く,ハーヴァード大にもどり,著作権を主張されたが良い。

 ところで,皿洗いのない時間帯を見計らって波止場を散歩したり,大型商業施設を見学したりするが,ある施設は頻繁に催事を行っている。地下の大広間や1階の広間を利用して人寄せの見世物が大々的に行われる。例えば,ベッド販売会,ネスレの「ミロ」宣伝会など。先月は地下で本頒布会,1階でキックボクシングの試合などが同時にあった。クリスマスの時に訪れた町では,地元の青年たちがクリスマス・ソングを披露していた。

 3月21日は日本では春分の日で墓参りなどをする日だが,ペルシャつまりイランでは新年である。その直後の週は小・中・高校はお休みであった。ある事情通に聞いたところ,ペルシャ帝国に敬意を表しての春休みであるという。
 こちらも暇な時間がたくさんできたので,地下1階で本頒布会を「のぞき」に行った。普段の本屋さんには見られないほど,親子連れが目立った。「のぞき」はNSAだけの特権ではない,などと考えながらBiologyの名の付いた本を開いてみると,日本の教科書には見られないような記述の仕方がしてある。思わず買ってしまった。高校時代にはゆっくり勉強できなかった分野である。

 まず,1ペ-ジ目に’biology’とは何かという問いがあり,6問続く。日本では生物学と訳されているが,本書の解答に拠れば,’study of life’ だという。「生命の研究・学」だから「生命学」と翻訳されて然るべきものである。
 つづいて,科学的探求・調査"The Scientific Investigation" に関する質疑が18問出てくる。問い2で「科学的方法にはどんな段階があるか」で,問題の確認-仮説を立てる-・・・・-情報を集める-・・・・-デ-タ分析-結論を出す-科学的報告書を書く,と言う順序が示される。
 「効果的にデータを記録する仕方」としては一覧表にする,グラフ化,付箋をして図示化せよ,とある。問い17では,結論付けの仕方は?という問いに対して"Keep in short and simple" つまり,KISSが大事だよと言う。そして最後は,実験報告書の典型的な様式が具備する項目を問うている。

 長くなったが,理数に全く縁のない自分にとって初めての分かり易い問答であり,「雨が降らなければ,天気はいい」式のよく分からない説明より明快である。こういう簡潔にして要領を得た教科書なら,高校時代もっと一生懸命勉強したモノをと,反省した昨今。先発明主義から先願主義に移行した米国。知的財産権の行方が,心配。

 しかしノ-トがあるか,ないか以前に,生命学の科学的問答が示す手順18はしっかりと守られていたのか知りたいところである。

今日は,義理チョコに対する返礼の日であることをすっかり忘れていた。商売に敏い人はよくこういう日を造ったものだ。感心。
 ところで一番チョコレ-トが美味しい国はどこか。そこへたどり着くまでに回り道になるが知っていることをお話申し上げる。
 答えを知っている方は,少し我慢して頂くとしても,ブラジルの奥地にはカカオの上等なのがあるらしい。日本の商社は比較的上等なカカオを仕入れてくるらしいが,特上のカカオはベルギ-やフランスの商社が押さえているらしい。

 そういう話を教えてくれた方は,ブラジルで10年ぐらい商社員として働いて南西アジアに転勤してこられたA氏である。また,日本で会うことがあれば,ブラジルで希少価値とされるコ-フィ-豆を進呈(紹介?)したいとも付け加えられた。まだ再会を果たしていないが,一度はブラジルに行って最高級の香りや味を味わって見たい。CIAに乗っ取られる前に,また多国籍企業によって遺伝子組み換えのコ-フィ-豆やカカオ豆が生産される前に。

公職選挙法廃止を

 ひょっこりひょうたん島ではないが,旅の疲れが出て寝込んだ。咳もでる。頭もふらふら。そんななかで文章を書くのは辛い。
 ところで加藤周一は第16巻(平凡社)で『まじめな冗談』を世に問うた。しかしおまけ(無料)であり,評判の程はしらない。しかし加藤研究家の端くれとして,「私の冗談」を書いてみた。諸賢のご批判を仰ぎたい。
 
 公職選挙法は廃止すべし

 選挙前,後,期間中人殺しが起きるよりは平和的な解決法だと思うが,金を持っている候補者はどんどん金をばらまき,所得再配分機能を十分に発揮してもらう。電話での呼びかけ,カツ丼屋への注文あるいはポスター貼りなど選挙応援に関わった人にどんどん金をばらまく。
 他方,ない人は払えないが,泡沫候補と言われたくなければ,金を稼いで立候補すべきである。

 ところで誰が「金権選挙」はいけないなどと言い出したのか。対立する候補からも応援する候補からも雀の涙であるが,お金をがっぽり頂く。されば,自分の金だから,パチンコや競馬に使っても誰からも文句は出ない。
 
 選挙立会人とか区・市役所の役人だけが日曜出勤なので割り増しの税金をがっぽり手に入れる。もちろんこれは合法だが,200万円以下の収入の方が選挙立会人になれば,選挙の度に懐が少し暖かくなる。TPPが行き詰まっているようだが,日本国内で規制を撤廃して,誰もが喜べば,経済が回復する。これは後世,「アホノミクス」と呼ばれるかも知れないが,一考の価値はあると思う。

 政党助成金も廃止し,贈収賄取り締まりも止める。その代わり議員数を増やす。そうなれば,金をばらまく人が増える。増えるから,もらえる額も増える可能性が高い。金ばかりではない。端株(恥株)と呼ばれる小額の株券もアルらしい。もらった株券で東電の株主総会に出れば,お土産がでたり,電気代が割引きされる可能性がある。

 TPPの総まとめ米通商部代表のフロマンとかは,バンカメやシティバンクから9億円あるいは4億円のボーナスをもらった。金融界を退職し,米政権に入るともらえるらしい。日本でもそういう制度を輸入して,フェルドマン某にも日本の証券・銀行ははらったらいい。
  しかしTPPを日本側が推進するなら相手がもらって甘利さんがもらわないのは不公平である。ここは経団連の皆さん,度胸を決めて規制を全て取っ払い,TPP賛成派の政治家の皆さんにどんどん配りましょう。その結果,まわり回って国民の懐がますます豊かになるなら,目出度し,目出度し。

 春節は2週間で終わり,地元に帰った人達との再会を楽しんでいるが,なにせ風邪のせいで頭が朦朧,歩く足取りもおぼつかない。私の初夢は当たるかしら。
 
 

反省の弁:
 ある方のブログに迷い込んだら,吉永小百合が細川支持だという。
 さきに私は,宇都宮けんじ氏には『青い山脈』がぴったしだと申し
上げた。『歌声喫茶』で,高齢者の人気一番の曲でもあり,トリとなっ
て藤山一郎氏が唱った御用放送局NHKで一番の人気が『青い山脈』
であったからである。
 しかしこの曲を主題とした映画「若い人」での主人公は吉永小百合
氏である。その彼女が細川・けんじ氏のどちらを支持しているのか,
知りたかったが,確かめもせず投稿してしまった。恥ずかしい限りで
ある。
 
 失敗にも関わらず,自説を押し通すつもりは全くないが,もしこの
歌を聞いた吉永氏が宇都宮側に寝返ってくれる事を願っている。

tubuqoomaroさんに完全同意致します。先進国とやらの殆んどの国が歩調を合わせて進めようとしている
NWO。新たな支配の枠組みの構築に余念がない。国家を超えた地球規模の支配に各国の支配層が連繋し、国民を無視し続ける。この支配層は、ピンからキリまでを含めればかなりの範囲に及ぶ。そここそがまさに厄介な所なのだ。南米や東南アジアは、まだしも国民よりである。日本はどうか?疑問符すら恥かしい。16%なのに楽々と過半数をこえる?問題だがカスゴミ(マスゴミでも勿体無い)は取り上げようとさえしない。韓国の親日罪も一向に報道する気がない。
 子供達に言い訳ができない。しかし、それでいいはずも、ない。様々な場所で声を上げよう。身近な者に知らせよう。

こう言ったマレーシアを始めとするTPP交渉参加国がTPPに疑問を持ちはじめていることこそ日本国内で大きく報道すべきです。
また日本からマレーシア、オーストラリア等交渉参加国へISD条項、ラチェット規定、26分野、4年間守秘義務など交渉参加国でも疑問に思うようなTPPに危惧している情報を逆輸出して「このままで良いのか」的にTPP疑問に拍車をかけるような駆け引きをするべきと考えます。
見送り続けるのも良いですがアメリカでも反対派は多いのでTPPを立ち消えにさせるよう少し日本も逆に策を講じることができたら、と思います。
但しアメリカから日本をカモれるぞと前々から聞かされて策が講じなければひたすら見送りで。

国家主権を根底から喪失させるものであり、これを推進する輩は正に売国奴そのものである。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/46607354

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア、TPPを拒否:

» TPPとは1%による主権者99%の主権乗っ取り計画である [Dendrodium]
耕助のブログ1005「99%の日本国民を苦しめる政策」に、次のような記載がある。 TPPは貿易協定などではな く、企業が国家を支配するためにその国の社会システムを変えさせることなの だ。99%を搾取...... [続きを読む]

» ■開業つれづれ: 26人いる!「 <福島県立医大>今春卒業生、県内勤務は3割余 過去最低」 [勤務医 開業つれづれ日記・2]
  >医学部卒業生のうち県内に勤務したのは3割余の26人で過去最低 それでも26人いるのか!? というレヴェル。 医師が卒業後、自由に就職を 決めるように主導したのは ...... [続きを読む]

» マレーシアもTPPを拒否 [利他自利 ritajiri]
ritajiriマレーシア、TPPを拒否 クアラルンプール(2012年8月6日)マレーシアは、外国企業の医薬品の特許期間を延長することを狙った太平洋横断戦略的経済連携協定(TPP)には反対だ。リョウ・チョンライ厚生大臣は、条約は悪影響をもたらすと語った。http://t.co/E5Ed6aOS08/18 03:22... [続きを読む]

« 福島第一: 原子力発電所から核兵器第一へ | トップページ | 我々の中のネオコン戦犯 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

ブックマーク

無料ブログはココログ