« 国民をだます冷笑的な所為、2012年アメリカ大統領選挙戦始まる | トップページ | イラン: 次の戦争は、ワシントンの政治課題に載っている »

2012年1月11日 (水)

マスコミはいかにして世界が戦争をするように仕向けているのか:報道のふり

James Corbett

grtv.ca

2012年1月2日

(訳注:リンク先は原文通りに設定。したがって、文章の場合は英語原文。)

イランシリア南シナ海や世界中の他の紛争地域や引火点で、陣太鼓がまたもや鳴り響き始めている今、虐殺に飽き飽きした世界や、紛争にうんざりした国民が、一体どうしてそうした場所に引き込まれるのかと、憂慮する人々は問うている。

この一見矛盾したものを理解するには、戦時の狂乱状態へと国民を叱咤激励し、敵とされる相手から人間性を奪い去り、何十年も後には全くの作り話であると認められるような戦争の大義を信じ込ませるよう、大衆をあやつるのに、マスコミがいかに利用されてきたかという何世紀も続く歴史を、まず理解する必要がある。

イエロー・ジャーナリズム”という言葉は、ウイリアム・ランドルフ・ハーストのニューヨーク・ジャーナルのような新聞によって広められた、扇情的でスキャンダル志向で、往々にして間違ってもいる類の報道を表現するために造り出された。この現象のもっともひどい例の一つが、ハーストの新聞がメイン号沈没をスペインの仕業として大いに喧伝したことだ。スペイン軍がキューバ人を拷問・強姦したとされる話を描く記事を日々連発して、反スペイン狂乱へと叱咤激励し、メイン号事件で分別を吹き飛ばされた大衆は米西戦開戦を歓迎した。今日では、メイン号の爆発は石炭槽の一つが火事になったせいだと広く信じられているにもかかわらず、スペインの関与という最初の生々しい報道が残ってしまい、国民は戦争に引きずりこまれたのだ。

部下のイラストレーターに答えたハーストの言葉だとされる悪名高いセリフ“君は絵を書けば良い。私が戦争を供給する”という話は、極めて真偽の怪しいものではあるにせよ、何十年にもわたり、繰り返し繰り返し、大衆が戦争に導かれる手法を、多くの点で完璧に符号化している。

アメリカ人乗客を載せたイギリスの遠洋定期船が、アイルランド沖でドイツ軍Uボートに魚雷攻撃され、乗客1,000人以上が死亡したルシタニア号沈没事件で、アメリカは第一次世界大戦に巻き込まれた。当然ながら、当時大衆が知らされなかったのは、事件のわずか一週間前に、当時の海軍大臣ウインストン・チャーチルが商務院総裁に“とりわけドイツとの戦争にアメリカ合州国を巻き込むことを期待して、英国沿岸に中立国の海運を惹きつけるのは最も重要だ”と書き送っていたことだ。攻撃の報道では、この船がライフル銃の銃弾や他の軍用品を運んでいたことも発表しなかった。そうはせず、報道は、またしても、攻撃は熱狂的な敵による予告なしの攻撃だと強調し、大衆は戦争に導かれた。

第二次世界大戦へのアメリカ参戦も、同様に意図的な偽情報の結果だ。ホノルル・アドバタイザー紙が真珠湾攻撃を何日も前に予言していたとは言え、日本海軍の暗号はその頃には既に解読されており、米陸軍長官ヘンリー・スティムソンさえ、ルーズベルトとの会談で“一体どうやれば、我々が余り大きな脅威に会わずに、連中[日本]が先に発砲するようしむられるだろうか”と議論したと一週間前の日記に書いているのに、真珠湾攻撃は全く予測できなかったと大衆は思い込まされたままだ。真珠湾事件のわずか三日前に日本のハワイ攻撃が差し迫っていることを、ルーズベルトが警告されていたのを示す新たに機密解除されたメモが先月出現したが、歴史書は依然、真珠湾を奇襲の見本として描き出している。

1964年8月、大衆は、トンキン湾で、北ベトナムが、米軍駆逐艦を、別々に二度攻撃したことを知らされた。攻撃は“共産主義侵略”の好例として描き出され、ジョンソン大統領に、ベトナムへの米軍派兵を開始する権限を与える決議が間もなく議会を通った。2005年、二度目の攻撃など実際には起きていなかったと結論付けるNSAの内部調査が発表された。ジョンソン政権の妄想とアメリカ・マスコミのページでしか起きていない出来事のおかげで、実際に500,000人ものカンボジア人とラオス人は言うまでもなく、60000人のアメリカ軍人と、300万人ものベトナム人が命を失った。

1991年、クウェートでイラク軍がおかした残虐行為を証言したクエート人少女ナイリヤの感情に訴える話を、世界中が聞かされた。

あの件が実はヒル・アンド・ノウルトン広告代理店のしわざで、少女が実はクェート大使の娘だったということを、世界は知らされなかった。アメリカ合州国そのものによって提供された兵器で、自国民の一部に対して、イラク政権が実際に行った、立証済みの残虐行為によってではなく、広告代理店によって画策されたテレビによって大衆に語られる想像上のお話を基にして、またもや、大衆はフセイン政権憎悪という狂乱へと叱咤され追い込まれたのだ。

対イラク戦争に至るまでに、アメリカ・マスコミは、恥ずかしくも、イラク政府の大量破壊兵器を巡る論議で指導力を発揮し、存在するかどうかという問題でさえなく、どこに隠されていて、相手を武装解除するためには何をすべきかという問題として描き出した。現在では信頼できない情報源からの偽りの情報に依拠していたとして知られている、イラクの大量破壊兵器ネタとして恥ずべき報道であるジュディス・ミラー報道で、ニューヨーク・タイムズが戦争への道を切り開いた訳だが、他のマスコミも共同歩調をとり、NBCのナイトリー・ニューズは“イラクとその大量破壊兵器のアメリカに対する脅威は具体的にはどのようなもの”かと尋ね、タイムは、フセインが“イラクの大量破壊兵器を解除する誠実な努力をしているか”どうかを論じていた。化学兵器の隠し場所を巡る報道は、見出しでは大胆に、その存在を議論の余地のない事実と断言し、それが確認される前に報道されていた。我々は今は実際、備蓄は存在せず、政権は計画的に、嘘をついて、国を次ぎの戦争に引きずりこんだことを知っているが、この確認された戦争犯罪を巡って、ブッシュ政権が受けた最も強烈な反対と言えば、日曜の政治トーク番組で、丁重な訂正が若干あっただけだ。

驚くべきは、こうして立証されている全ての歴史的なごまかしから一般大衆が何も学んでいないように見えることだ。どちらかと言えば、大衆の物の見方をあやつるという企みで、マスコミは更に大胆になっている。恐らくは、夜のニュースで描き出される図柄にごく僅かの聴衆しか進んで疑問を抱こうとしないという事実につけあがっているのだろう。

年末、CNNは、南オセチアのツヒンバリの爆撃映像を、ロシア人に攻撃されたゴリの映像と偽って称して放送した。

2009年、BBCは、イラン政府への反対意思を表示するために集まっている抗議デモ参加者の群衆だと称するイラン集会のトリミングされた写真を載せた。同じ写真のトリミングされていないものが、LAタイムズのウェブに載ったが、写真が実際はアフマディネジャド支持集会のものであることが明らかになった。

2011年8月、BBCはトリポリのグリーン広場での祝賀と称する映像を放送した。鋭い視聴者達が映像中の国旗が実はインド国旗だということに気がいて、BBCは“偶然に”トリポリではなく、インドから放送された映像であったことを認めざるを得なかった

同じ月、シリア当局が地域の電力を停電させた際、ハマの病院で保育器に入れられていた8人の幼児が亡くなったというシリアの人権監視団体からの話題をCNNは報じた。幼児の写真まで掲載しているニュース・サイトまであった。後に映像はエジプトで撮影されたものであることが認められ、人権団体の非難を裏付ける証拠は現われなかった。

これら全ての嘘、ごまかしや、いわゆる“間違い”同様に驚くべきことは、彼らだけが戦争機構としての唯一のマスコミ機能ではないことだ。今や、戦争推進プロパガンダ用マスコミ・メッセージの形成に、アメリカ政府が益々直接関与し、先頭にたつようになり、一般大衆は、ペンタゴン自身のレンズを通した偽の姿の世界に一層翻弄されるようになっている。

2005年、ブッシュ ホワイト・ハウスは、本格的な独立したジャーナリストによるニュース報道の様に見えるようデザインされたビデオを制作し、そうした報道を夜のニュースでそのまま放送できるパッケージ済み材料としてマスコミに提供していることを認めた。政府の政府監査院が、これらの偽ニュース報道は実際は違法な秘密プロパガンダにあたると規定すると、ホワイト・ハウスは単にこの行為は合法的でとするメモを発行しただけだ。

2008年4月、ニューヨーク・タイムズが、2002年に立ち上げられた、ペンタゴンのテーマをマスコミに吹き込むために、退役した軍当局者を利用する、秘密国防省プログラムを暴露した。そうした職員は事前にペンタゴンから特別にブリーフィングを受けていたにも係わらず、トーク番組やニュース番組では“独立した専門家”として紹介されていた。2011年12月、国防総省自身の監察官が、プログラムは、政府の政策・規制を完璧に順守していると結論する報告書を公表した

今年早々、アメリカ政府が、世論を誘導し、人気のウェブでプロパガンダを推進する為に、偽のソーシャル・メディア・アカウントを作るソフトウエアを開発するためHBGary Federalと契約を結んでいたことが明らかになった。ソフトウエアに対する連邦政府の契約をさかのぼると、フロリダ州のマクディル空軍基地(中央軍司令部)にたどり着いた。

外部世界からの情報を捕らえ、仕分けし、編集し、我々の家庭に送信する手段として、マスメディアには、直接にはアクセスできない出来事に対する我々の理解を形成し、知らせる上で重大な責任がある。これは、できる限り率直な形で、最も重要なニュースを報道するため最善を尽くす信頼できる編集者に導かれた熱心な記者という最も理想的な条件においてすら、畏怖すべき責任だ。

しかし、どの国でも、一握りの企業が、事実上全ての印刷、ラジオとテレビ・メディアを所有しているという状況においては、大衆ができる唯一の手段は、主流マスコミに完全に背を向けることだ。そして、まさにそれが起きているのだ。

様々研究様々報告が示している通り、近年、旧メディアの死は加速しつつあり、益々多くの人々が、ニュースの主な情報源として、新聞、更には、テレビさえ見捨てつつある。その代わり、大衆はニュースと情報を求め、益々オンライン・ソースへと向かっており、これは、プロパガンダ機関が独占的支配の下で維持されてこそ真に繁栄できる制度たる戦争機構自身にとっては、必然的に憂慮すべきことだろう。

しかし、人々がニューヨーク・タイムズに背を向け、その多くが市民ジャーナリストやアマチュア編集者によって運営されている、独立ウェブ・サイトに向かうようになるにつれ、大衆の心に対する支配を何世代もにわたって確立していた体制も、無敵ではないのかも知れないという兆しを、とうとう見せ始めたかのようにも見える。

ただし、だからといって、オンライン・メディアは、在来メディアを、これほど信頼できないものにしている欠点の影響を受けないと言うわけではない。全く逆だ。だが差異は、オンラインでは、個人レベルでは、当面相対的な選択の自由がまだあるということだ。インターネットの自由が存在している間は、読者、視聴者は、あらゆる問題に対し、ウェブや評論家や解説者の言い分を額面通りに受け取る必要はない。おそらく、偶然の一致ではないだろうが、原資料や記事中の文書にリンクしようとしない在来メディア陣地のウェブ以外でなら、大元の文書を自分で確認できるだろう。

それゆえにこそ、SOPA Act(オンライン海賊行為防止法案)、Protect IP法案(インターネット検閲法案)や、ドメイン名レベルで、ウェブ・サイトを差し押さえようとするアメリカ政府の企みやら、インターネットの自由に対し、我々が近年目にしている他の全ての組織的な攻撃が行われつつあるのだ。

究極的には、情報に通じ、積極的に関与している大衆が、権力と利益の為に行われる戦争を支持する可能性は、はるかに低い。そして、メディアがこれほど長い間、だまし続けようとしている問題そのものについて、大衆がより知るようになるにつれ、全ての主流マスコミによる戦争鼓舞とあからさまな誤魔化しに対する答えは、我々がこれまで考えていたよりも多分簡単であることに、大衆は気づくだろう。我々がするべきはスイッチを切るだけのことだ。

記事原文のurl:www.corbettreport.com/faking-it-how-the-media-manipulates-the-world-into-war/

----------

手元に、似た題名の本がある。Tragedy & Farce How the American Media Sell Wars, Spin Elextions, and Destroy Democracy この著者John Nichols, Robert W. McChesneyの本、いずれも非常に興味深い。邦訳が出ないのが実に残念。

Tragedyandfarcecover

ルシタニア号沈没のWikipedia日本語記事には、兵器を積んでいたことは書かれておらず、英文記事には詳細が書かれている。

長年潜伏していた指名手配オウム容疑者出頭、続いて彼を匿っていた女性出頭。

新聞・テレビ、再三この話題ばかり報じている。

Bigbrotheriswatchingyouposter

1984年』の映画のポスターのように、容疑者達の顔を何度も見せつけられる。

恐ろしいのはオウムではないだろう。

Bigaumiswatchingyouposter

イスラム原理主義過激派でもないだろう。

本当に恐ろしいのは、平然と原子力発電を推進し、宗主国の軍事基地を受け入れ、宗主国軍によるアフガニスタンやイラクでの無辜の市民虐殺を支援し、売国TTP政策や消費税増税を推進している、自民党、民主党、公明党、経産省官僚、大企業、労組、御用学者、太鼓持ち芸能人、マスコミだ。そしてもちろん彼らを駆使する宗主国支配層の1%。

Bignodaiswatchingyouposter_2

連続練炭殺人容疑者裁判の話も何度となく聞かされる。

豪腕政治家裁判の話も何度となく聞かされる。

同じ熱心さで、TPPの是非、原発推進の是非を論じてみるが良い。

原子力発電を推進してきたのは、自民党、民主党、公明党、経産省官僚、電力会社、関連労組、御用学者、太鼓持ち芸能人、マスコミだ。

宗主国の軍事基地を受け入れ、思いやり予算として、莫大なみかじめ料を支払い続け、TTP売国政策や消費税増税を推進している顔ぶれも、ほとんど同じ。

そうした悪辣な政党、民主党、自民党が、消費税をあげるためには、まずは身を切らねばならないとして、比例区議員数を大幅削減しようとしている。民主党マニフェストに、きちんと書いてある。マニフェストにありながら、無視された他のことはさておき、この項目の実現こそが、米日支配層の最重要課題だろう。

2政治改革
参議院の定数を40程度削減します。
衆議院は比例定数を80削減します。

自分たちの身を切る」などという真っ赤な嘘どころでなく、絶滅危惧種になりながらも、しつこく・うるさい「社共政治家を切る」のが本当の狙いに決まっている。そもそも、それが狙いで、小選挙区制導入を推進したマスコミ、絶対この話題にはふれず、「社共排除」の為の削減を両手をあげて推進するに違いない。ファシズム反対派が消滅すれば憲法改悪も簡単に実現し、日本の若者、普通の国?の「宗主国傭兵」として世界で大活躍する。

小選挙区導入に反対して、当時孤軍奮闘されていた良心的ジャーナリスト石川真澄氏の危惧、100%的中し、完成の域に近づきつつある。 (入手しやすい本に、『戦後体験は無力なのか』がある。)主要ニュース番組人気キャスター、政治評論家諸氏、こぞって小選挙区制度導入に賛成していた。だからこそ仕事がもらえるのだろう。反対を言明したキャスター、全く記憶にない。いたら首になっていたろう。記憶違いであれば、ご指摘頂きたい。

小選挙区制度を維持したまま、比例区議席を削減して、少数政党を排除するのでなく、小選挙区制度・政党助成金を廃止すれば、直ちに自分たちの身は切れるだろう。

この悪魔的システム導入を推進したマスコミ、その駆動力となった豪腕氏の裁判は報道しても、自分たちの罪は決して指摘しない。

小選挙区制度も政党助成金も、今話題の裁判の当事者、豪腕政治家氏が主導して実現した。もちろん、財界、御用労組、御用政治学者、太鼓持ち芸能人、マスコミもこぞって応援した。4億円出所問題など、この無茶苦茶な属国二大傀儡政党支配体制の仕組みを導入した罪に比べればかわいいもの。

「小選挙区制度、政党助成金導入は大失敗だった」と彼や彼を支持した連中が言うのを聞きたいものだが、永久属国国民には、かなわぬ夢。

何度も書いているが、とんでもない悪法を成立させたい時期になると、マスコミというものは、一斉にどうでもよいような事件を騒ぎ立て、悪法から目をそらせる。

WikiLeaksを巡る疑念はてんこもりに書いたコメントの一部を再度貼り付けておこう。

野球関係のおば様と剣劇のおば様の口論?が大いに報道されたのは、1999年3月末

そこで、 周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律 1999年5月28日

国際連合平和維持活動などに対する協力に関する法律の一部改正 1999年7月16日

白装束の渦巻きカルト集団の動きが大いに報道されたのは、2003年4月から5月

それから、 武力攻撃事態等における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律 2003年6月13日

モンゴル人横綱の暴力騒動がかまびすしかったのは、2010年1月

そして、 「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」(日米安全保障条約)署名50周年に当たっての日米安全保障協議委員会の共同発表 2010年1月19日

マスコミのごまかし記事より、孫崎享氏や金子勝氏のtwitterを読む方が、はるかにためになるだろう。

ふと思い付いて、手元にある本『原発と陰謀』を開いてみた。この記事にある話題が、ならんでいる。

  • メイン号事件の話 218ページ
  • 真珠湾奇襲の話 221ページ
  • クエートの少女の話 222ページ

著者の池田整治という方、元元自衛隊陸将補。歴史的真実、誰が考えても同じ結論になるだろう。同じ著者の他の本同様、お読みいただきたい本だ。

学生時代、イエロー・ジャーナリズムというのは、タブロイド版夕刊紙や、家に持ち帰りずらい週刊誌のことを言うと思い込んでいた。認識は大いに誤っていたようだ。宗主国同様、日本の大手新聞・テレビ、全てイエロー・ジャーナリズムそのものに違いない。

いかにして属国マスコミは、属国庶民を完全に隷属化させ、宗主国の為に戦争をするよう仕向けるのか:報道するふり

我々がするべきはスイッチを切るだけのことだ。

ところで、どじょうか、なまずの生まれ変わり氏の大義云々で聞かされた英語 Never, never, never, never give up.
チャーチルの41年対ドイツ戦演説のフレーズだそうだ。1%の支配者はそう思うだろう。

しかし99%側としては、BSで放送されたイギリス・プロム最終日を見て、より切実な言葉を思い出した。ルール・ブリタニア(統べよ、ブリタニア!)だ。

Britons never never never shall be slaves.
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ

Japaneses never never never shall be slaves.
日本の民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ

と、いつの日か、我々の子孫が歌える日がやってきて欲しいものだ。
と、「宗主国から見て理想的な属国」の奴隷住民は思う。

« 国民をだます冷笑的な所為、2012年アメリカ大統領選挙戦始まる | トップページ | イラン: 次の戦争は、ワシントンの政治課題に載っている »

アメリカ」カテゴリの記事

テロと報道されているものごと」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

金沢大学1年生です。こんにちは。
宗主国が戦争を作り出すためにメディアを効果的に利用していたという事実は
高校の世界史Bの授業で習ったことを思い出しました(米西戦争等以外も)。私の担当をして頂いた教員が非常に優秀だったこともあると思いますが。

宗主国の中でもアイゼンハワーが軍産複合体の危険性を説き、クロンカイトがニュースキャスターの立場から愛国主義の危機を説いてきました。しかしヴェトナム戦争後も湾岸戦争やイラク戦争の際には民主主義の危機や愛国心をマスコミは口をそろえて叫び、そのたびにそれに呼応する宗主国の民…。「民主主義」を建国の理念とし、終わることのないマニフェストディスティニーを進める宗教国家、人工国家アメリカの民は学ぶことを知らないのでしょうか。属国の民の立場で言えたことではありませんが…。

これだけの内容を翻訳して、我々に無償で公表して下さるご努力を高く評価いたします。この中のいくつかは存じておりましたが、本当に、国の暴力が情報操作によって齎されていることを日本人は知らなさ過ぎるように感じます。これからも機会があるごとにこの様な情報を公開して頂ければと思います。私はこの様な感想文をお送りするのは初めてなのですが、日本人にはこの様な情報が必要と感じましたので、今後も、ご期待していると言うことを含めて送らせて頂きます。

こんにちは、
いつもいつも翻訳の記事を拝読し思う事は
なんと世界の「支配者」たちの行為がこの日本でもそっくりと言うことです。
ということは、日本を支配している方たちと、世界を支配している方たちは
同じ組織で同一人物なのかなと感じてしまいます。
生息している場所が違うだけで、見えているものは違うけど同根。
まるで7つの顔を持つおろち・・
これをグローバルな支配と言うのでしょうか。

いつも貴重な翻訳と貴重なご意見に感謝し、拝読しています。
寡占マスコミはまさしく国際金融資本と軍産複合体の大衆洗脳機関と考えています。
この日本の場合はさらに、明治以来の教育効果で国民の盲信性が強力で、占領米軍はそれを使うため官僚制と共に寡占マスコミを温存、保護した。
米軍もさぞかし、日本人の盲信性には驚いたことだろう。
マスコミは立派に応えて現在に至る。
転載させて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/43704180

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミはいかにして世界が戦争をするように仕向けているのか:報道のふり :

» 報道のふりして洗脳するマスコミ、断じて奴隷とはならじ [もうすぐ北風が強くなる]
 マスコミがやっていることは実は報道ではない。彼らは報道のふりをして大衆を騙しているわけだ。  支配層が大衆を意のままに扱い、奴隷化するための洗脳道具が、「寡占マスコミ」だ。  我らは、断じて奴隷とはな...... [続きを読む]

» 橋下(大阪市長)の2枚舌を垂れ流すマスコミと対応しきれない大企業御用労働組合 [ゆきひろ社会科日記]
橋下のテレビ露出は府知事時代よりも露骨になっている。 NHK関西のニュース。 夕方の朝日テレビニュース。 連日「橋下」を登場させ 橋下のメッセージを垂れ流している。 [続きを読む]

» 備えあれば…いや万全の備えを! [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
雨の多かった去年におさらばして、いまでは毎日そよそよビュービューと貿易風が吹いている。しかもまだ朝夕適度なお湿りがあって助かっているが、パラパラと10分やそこらの雨が落ちる程度では、もう土が乾き切るのを止めることはできないだろう。 さて本日の左の写真は、去年10月はじめにヤップ近海で起きた地震で崩れたミル・チャネルのサンゴです。ちょっとした地震が起きるたびに、海の中でも実はサンゴの倒壊がけっこう起きている(サンゴには耐震設計なんて発想はないだろうし^^)。写真のものは水深数メートルの浅いところ... [続きを読む]

» 男「ボク、特別手配の平田です」、女性警官「えっ、ウッソ!」・・・丸の内寄席「新春初笑い!」 [くろねこの短語]
 昨日は、箱根駅伝で東洋大が横浜に差しかかったところで、ちょいと気分転換に深川不 [続きを読む]

» 「日本」とは何か [反戦塾]
 2004年2月27日に物故された網野善彦氏は、中世史に多くの業績を残す著名な歴史家である。その晩年、2000年に出版された本が『「日本」とは何か』である。同書 [続きを読む]

» 野田米傀儡政権を退治するためにも、「絶滅危惧政党」福島社民党党首決意を示せ! [ゆきひろ社会科日記]
社民党党首選挙にマスコミが面白おかしく 「福島党首に対立候補・・・」などとの見出。 [続きを読む]

» 市民感覚で裁くなら裁判官はいらない [政治の季節【稗史(はいし)倭人伝】]
この国の腐敗が急に進んだわけではないだろう。 腐敗が見えてなかっただけなのだ。 腐敗が露わになったのは小沢一郎事件からである。 もちろんそれ以前から、この国の腐敗に目を向け戦ってきた人たちはいる...... [続きを読む]

» NO.2186 「社説」配信業者でもいるのか?おそろいの「社説」たち  [大脇道場]
 冗談みたいなタイトルですが・・・、「社会の木鐸(ぼくたく)」にはほど遠い存在となってしまったようですね。        去年の年頭にも、NO.1959 年頭に メディアの翼賛化・劣化と主権者で、新...... [続きを読む]

» 金がないは大嘘!法人税は税収の約27%残り73%は勤労者の税金ですが/// [ゆきひろ社会科日記]
選挙だけが心配な国会議員 民主党の党大会が16日開催されたとの報道に 「政権交代の原点に帰れ」を叫んでいる集団がいるらしいが 官僚に取り込まれた岡田を副総理にし 岡田的「身を切ると」とは 比例議員定数の削減らしい。 (これは小沢の考えと同じらしい) 増税路線一直線と宣言する野田が 増税反対の声を聴く耳を持たないのなら すぐさま離党して、公約原点党と名称はともかく 行動を起こすべきであるがその気配がない。... [続きを読む]

» 議員定数削減・「身を切る」ことをめぐって [浮游空間]
自民党がやれなかった消費税増税の導入を自分の手でやろうと、野田首相は再三、その決意が固く動かぬことをのべている。一方、世論調査では引き続き、増税に反対する態度が賛成より優勢だ。同時にメディアの宣伝もあいまって、増税をやる前にわが身を切れという文脈で議員...... [続きを読む]

» 日本政府は米軍の安全を日本市民の安全より優先させた〝驚きではないが、怒りで体が震える〟 [どこへ行く、日本。(政治に無関心な国民は愚かな政治家に支配される)]
励みになりますので一日一回 下のバナーをそれぞれクリックしてください http://peacephilosophy.blogspot.com/2012/01/tomodachi-information-control-operation.html Peace Philosophy Centre  Vancouver, Canada, ピース・フィロソフィー・センター(カナダ・バ... [続きを読む]

» シリーズ 比例80削減の危険/小選挙区制の害悪/虚構の多数で政治が劣化【しんぶん赤旗】 [どこへ行く、日本。(政治に無関心な国民は愚かな政治家に支配される)]
励みになりますので一日一回 下のバナーをそれぞれクリックしてください http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-20/2012012001_07_1.html 「しんぶん赤旗」 2012年1月20日(金) シリーズ比例80削減の危険/増税派議席9割に/反対の声を締め出し h... [続きを読む]

« 国民をだます冷笑的な所為、2012年アメリカ大統領選挙戦始まる | トップページ | イラン: 次の戦争は、ワシントンの政治課題に載っている »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ