« 爆撃遠征: 600人のリビア人‘既にシリアで戦闘中’ | トップページ | ビルマのクリントン: 米対中国戦略のもう一つの動き »

2011年12月 3日 (土)

‘著作物一時保存’も複製と見なす…営利目的がなくとも処罰対象に ハンギョレ新聞

TPPの予行演習、米韓FTA、予想してはいたが、色々な面で大劇薬のようだ。大変に興味深い記事なので、「そのまま全文」貼り付けさせていただく。当ブログの近未来も、想像がつくような気がする。

2011年11月28日07時48分

提供:ハンギョレ新聞

原文入力:2011/11/27 22:14(1524字)

ク・ポングォン記者

知的財産権条項 インターネットに足かせ

検索事業に複製物活用してきた

NAVER・DAUMなどポータル 安心できず

米国企業 民事訴訟 乱発憂慮

米国の知的財産権制度をほとんどそのまま受け入れた韓-米自由貿易協定(FTA)により国内インターネット業界と使用者は不安に震えることになった。一日でサイトが閉鎖されたり不法複製容疑で訴えられ刑事処罰と共に巨額の損害賠償金を出さなければならないこともある。

韓-米協定の不法複製関連付属書簡は著作権を侵害するサイトだけでなく、著作物の無断複製、伝送を許容するインターネット サイトも閉鎖することができるよう定めている。 ナム・ヒソプ弁理士は27日「付属書簡で名指ししたウェブハードやファイル共有サイト(P2P)だけでなく、ネイバー、ダウムのようなポータルサイトも含まれる」と話した。国内ポータルは一時期、事業者または使用者による不法複製を通じて膨大なコンテンツを構築してきたし、それをデータベース化して検索事業に活用してきた。ネイバーの知識人コーナーのように問答型情報サービスが代表的なもので、記事や写真など著作権のあるコンテンツをそのまま転載することはブログやカフェでは珍しくない。あるポータル関係者は「対応策の準備を議論しており、変わった内容を利用者らに公示することも検討中だ」と明らかにした。

韓-米協定と共に通過した著作権法改正案はインターネットで広く使われている‘一時的保存’を明確に‘複製’の範囲に含ませた。インターネット サービスは一つのファイルを細かく分けて移動させるため、コンテンツをなめらかに見るためにはバッファリングやキャッシュのような‘一時的保存’技術が使われてきた。 情報を使用者PCに永久保存せず、電源が切れれば情報が消される臨時メモリー(RAM)に情報を閉じ込めておく技術だ。‘コンピュータで円滑で効率的な情報処理のために必要だと認められる範囲’内でのみ例外を認めるという但し書が付いているが、‘一時的保存’が複製として規定されたことにより多様なサービスが危険になった。例を挙げれば、インターネットで音楽、映画、ゲームなどデジタル著作物を所有せずに一回きりで利用することは幅広く許されてきた。だが、法が発効する来年からは一時的保存も複製として規定され、著作権者の統制下に入る。

また、改正された著作権法は著作権侵害訴訟対象を拡大して手続きを簡素化した。刑事処罰対象を‘営利のために(and)常習的な’場合から‘営利を目的にまたは(or)常習的な場合’に拡大したのだ。これまでは営利目的が立証されなければ刑事処罰が難しかったが、これからは反復的著作権侵害だけで刑事処罰を受けることになった。インターネット利用者が自分も知らない間に刑事処罰対象になり得る状況だ。

‘法定損害賠償制度’を導入したことも問題だ。著作権者が実際に損害を立証せずに、侵害事実だけを立証すれば裁判所が適正な賠償額を判断するためだ。 著作権を前面に掲げた米国企業らの民事訴訟乱発が憂慮される内容だ。これはまた、民法の実損害賠償原理とも衝突する。実際の損害を立証する必要なしに著作物当たり1000万ウォン、営利目的による侵害の場合は5000万ウォンの法定損害賠償請求が可能になったためだ。

ク・ポングォン記者 starry9@hani.co.kr

原文: http://www.hani.co.kr/arti/economy/it/507381.html 訳J.S

記事原文のurl:news.livedoor.com/article/detail/6067183/

----------

郵政破壊を推進した人物が、「TPPはメリットがある」といっているという。100%本当だろう。

もちろん宗主国にとって、メリットがあるという意味で。売国奴推薦の政策は売国政策だ。エセ学者の文、いくら読んでも、植民地の貧乏人にとっての利点はわからない。

200万人、宗主国の人の仕事が増えるのは、属国側の仕事がそれだけ減るからだ。

トロイの人豚作戦による日本完全攻略の鍵は、非関税障壁に決まっている。

TPP推進論者、すなわち、属国・植民地を丸裸にするのが職業のBKDにほかなるまい。TPP推進・売国マスコミが重用するのは、そういう、エイリアン・インベーダーばかり。

« 爆撃遠征: 600人のリビア人‘既にシリアで戦闘中’ | トップページ | ビルマのクリントン: 米対中国戦略のもう一つの動き »

TPP・TTIP・TiSA・FTA・ACTA」カテゴリの記事

インターネット」カテゴリの記事

コメント

googleで画像検索しただけで、逮捕とかありえそうだなwww

こんにちは。

12月2日にTPPの学習会を行いました。
呼びかけに時間がなく、医師会・農協・自治体・商店会等には呼びかけが出来ず少し残念です。
来年早々に・原発・TPPの学習会を開催を予定していますが、
考えれば考えるほど日常の生活そのものを「米国利潤」に置き換えられえるようですね。
知的財産もしかりですが、自然環境も規制の対象と目論んでいることが見えてきます。
OOさんの書物によるとなんて引用すれば罰則という事態になるのは、
共謀罪の本質を生活の場に持ち込むTPPと思ったりしています。

自治体の水道事業の方の話ですが、
大阪の橋下が「水」こだわり水道事業の民営化を目論んでいます。
命の水をも資本の論理に置き換えて金儲けにしてしまう。
宇沢弘文先生の「社会的共通資本」の
共同体までも破壊するTPPを断念させるためにも
色々とご教授をお願いします。
(民族派右翼の方は天皇の国・農業破壊という意味でTPPに反対しているようです)

週刊現代をやっている講談社、ポストの小学館、文藝春秋社は、そろそろハッキリとTPP反対を言い出さないと、自分の首を絞めるんじゃないか?まず、間違いなく電子出版に関しては、アマゾンの要求通りになって、再販制度も廃止され、今まで通りの様にはいかなくなる。特に高給で知られる講談社はどう出るのか見物である。

hayate様

もちろん、国益を、しっかり売り尽くすためにこそ参加するのです。
守る意思が多少ともあるまともな連中なら、参加しなかったでしょう。
BKDの連中は、未来を考えるのが恐ろしくないのでしょう。
人間の顔をした「レプタリアン」かも知れないと、本気で思います。
宗主国に強い親しみを感じるストックホルム症候群患者がこの島国には、非常に多数生息しているそうです。
「サルの惑星」ここにあり?

 とても勉強になります。 
 国内でも、ネット規制関連法案が審議されていましたが、これらもTPP締結に向けた伏線だったのではないかと思ってしまいます。
 アメリカン・スタンダードは、押し付け文化ですから、相手国の個別事情など問題ではなく、自国の利益保護のために、他国の社会的構造まで変えてしまうという、おそろしい実体がありますね。
 TPP交渉で、日本側は、国益をしっかり守れるのでしょうか、甚だ疑問です。

いつも参考にさせてもらってます

アメリカ基準は最悪ですね。
だいたい西洋的私的財産権の考え方に違和感があります。
おかげで生物のDNAまで権利を主張する社会に成ってしまった。
そのうち空気にも財産権が設定されたりして、、、

ネットでデモ情報を、知り合いの文章に似ているから拡散したら、
おとり捜査で刑事罰を受けるなんてことも考えられるんですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/43239541

この記事へのトラックバック一覧です: ‘著作物一時保存’も複製と見なす…営利目的がなくとも処罰対象に ハンギョレ新聞:

» 野田総理が捨石覚悟なら、棄ててしまった方が良いのでは? [Dendrodium]
野田首相:TPPや消費増税「捨て石に」  野田佳彦首相は3日夜、東京都内のホテルで若手企業経営者らの会合に出席した。参加者によると、首相はあいさつで、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参...... [続きを読む]

« 爆撃遠征: 600人のリビア人‘既にシリアで戦闘中’ | トップページ | ビルマのクリントン: 米対中国戦略のもう一つの動き »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ