« 福島第1原発・廃炉: 誰も欲しがらない使用済み燃料棒 | トップページ | CIAの無人機戦争に反撃 »

2011年8月 1日 (月)

アメリカのアフガニスタン戦略:無分別かつ無慈悲

Rick Rozoff

2011年7月22日

ヴォイス・オブ・ロシア

John Robles

Stop NATOウェブ・サイトとメーリング・リスト運営者で、カナダのグローバル・リサーチの寄稿者であるリック・ロゾフ氏とのインタビュー。

アフガニスタンの司令官が、ペトレイアス大将から、アレン大将に変わったことに関して、いくつか質問したいと思います。近い将来、アフガニスタンの状況が明確に変化すると思いますか?

いいえ。これは最新の、当然、全米規模のいわゆる限りなき自由作戦(OEF)と、NATO国際治安支援部隊(ISAF)同時の、最高司令官達交替の一環です。二年前、デヴィッド・マッキャナン大将が追い出され、スタンリー・マクリスタル大将が後を継ぎ、彼もデヴィッド・ペトレイアス大将を迎えるため、追い出されました。

そして、今度はジョン・アレン海軍大将が昇進するわけです。一連の最高司令官連中の異動後、状況は悪化の一途をたどっていますし、最近のアフガニスタンでの出来事をみれば、何かが変わるだろうと信じる理由は皆無で、少なくとも改善はしていません。歴代司令官達が、軍事活動の残虐さと強烈さを激化してきているのを、我々は良く知っており、ペトレイアス大将が、中でも特に、しばしば、アフガニスタン民間人の死亡をもたらした、いわゆる夜襲、特殊部隊作戦のみならず、空襲も強化しました。

たとえば、先月末の時点で、今年前半で、約1,500人のアフガニスタン民間人が殺害されましたが、これはこの戦争中の六ヶ月としては最高で、一年前の同時期よりも、確実に多いことが分かっています。過去二年間に、これまでの最高記録、250,000人のアフガニスタン民間人が、激しい戦闘のため、町や村から強制退去を強いられたという最新報告もあります。ですから、もしも何か指標があれば、アフガニスタンの状況は、多少は良くなっているとは到底表現できません。

アメリカはなぜ、アフガニスタンに駐留しているのですか?

個人的な推量をお話しますが、それは、十年前の2001年夏、上海協力機構が創設されて、三ヶ月もしない時に行われた、アフガニスタンへの最初の攻勢で明らかになっているものだと私は思います。私の推測は、オサマ・ビン・ラディン狩りやら、アフガニスタン侵略開戦の理由と、それを十年間継続している理由として、いかなる口実が使われていようとも、要するに、ロシア、中国、イラン、インド、パキスタンや他の国々が、アメリカが支配する一極世界に対する、多極的な代替策の構築に協力できるようになり得る合流地点に、アメリカと西欧の同盟諸国は、アフガニスタンと、その周辺に居すわることによって、しっかり根を下ろしたいと思ったのです。アメリカとNATO同盟諸国連中の軍事施設は、依然として、最近アメリカが、パキスタンで2,500人程の人々を殺害した、無人機ミサイル攻撃を遂行している国内基地から撤退するよう要請されている、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタンとパキスタンを本拠としていることに、留意しておく必要があります。昨年は、最高の人数、ほぼ千人が殺害されました。2010年1月のドーン・ニューズ紙は、パキスタン国防省の情報筋を引用して、前年のアメリカ無人機によるミサイル攻撃で、パキスタンで、およそ714人が殺害されたが、その714人のうち、わずか5人が、アルカイダなり、タリバン戦士だったと報じています。

5人?

5人です。千人、あるいはそれ以上ではないとしても、数百人の民間人が、無人機攻撃で殺害されていると思いますが、それが当然、アフガニスタンとパキスタンにおいてのみならず、それ以前には、イラクでも、またイエメンでも、最近ではソマリアでも、リビアでも、アメリカのプレデター無人機を配備し、一層激しさをまして、拡大しています。こうして、現在アメリカは六ヶ国で無人機戦争を遂行しているのです。アレン大将が、アフガニスタンのアメリカ軍とNATO軍の司令官として引き継げば、この種の戦争が強化される結果になると思います。こうした攻撃に関与しているのはペンタゴンではありません。中央情報局(CIA)です。9月に一体誰が中央情報局を引き継ぐのかを考えてください。

ペトレイアスですね?

はい。そこで、アフガニスタン駐留の西欧軍隊の最高司令官が、無人機攻撃を遂行しているアメリカ政府機関の責任者であるという状態は継続するわけです。ですから、パキスタン国内での無人機攻撃がエスカレートすると予想しても、おかしくはないでしょう。アフガニスタン国内での虐殺は、パキスタン国内における、無人機によるミサイル攻撃、ヘルファイア・ミサイルによる殺戮に対応しています。

アフガニスタン国内での、NATOとアメリカによる作戦全体を、あなたなら、どう表現されますか?全くの失敗なのでしょうか、あるいは何か得たものがあるのでしょうか?

最近、米国防省、ペンタゴンの報道機関、米軍プレス・サービスによるある記事が、ヘラート州のシンダンド空軍基地は、最近、規模が三倍になり、アフガニスタンで、バグラムに次ぐ二番目に大きな空軍基地となったことに、たまたまちらりと触れています。

昨年、アメリカとNATO同盟諸国は、アフガニスタン内の空軍基地、バグラムとシンダンド基地に加え、カンダハル、マザリ・シャリフ、ジャララバートの拡張を強化し、これらの基地は、軍隊輸送の継続に加え、地域全体、いうなれば大中東の大半を支配する空軍基地となる予定です。

彼らは、北部兵站ネットワークも開設しました。これは、空路、鉄道、トラック輸送の大規模ネットワークで、現在、15の旧ソ連邦共和国のうち、モルドバとウクライナを除く13ヶ国をとりこんでいます。

これにより要員と資材が出入りしており、アメリカから北極を超え、更にカザフスタンを超え、アフガニスタンに入った、つい最近の初飛行を含め、良くみれば、これは驚くべきネットワークです。世界中に軍事ネットワークを構築したという意味でも、またアフガニスタンには、NATOの指揮下、50ヶ国以上の国から軍隊が駐留しており、世界史上、一国中の、一軍事司令部に対して、軍隊を派兵した国の数としては、これが最大であることを念頭に置く必要があります。アフガニスタンは、いうなれば、米-NATO同盟諸国とパートナーを、実際の戦闘状況において、英語を共通言語として使用して、基本的にアメリカによる指揮の下、少なくとも50ヶ国の軍隊を統合する演習場となっていることを想起すべきです。アフガニスタンは、こうした様々な国々の軍隊を統合するための実験場だというのが私の説です。

記事原文のurl:rickrozoff.wordpress.com/2011/07/22/u-s-afghan-strategy-senseless-and-merciless/

----------

「具体的な根拠がない大胆な発言」という書き込みに答えて、
これは、ヴォイス・オブ・ロシアによる要約であること。7分間の電話インタビューを圧縮したものゆえ、発言を、どこまで書いてくれるかはわからず、リンクも、引用も、添付も期待できないとして、著者は、下記のことも話していとは、想像しがたいだろうと、補足している。(やや意味不明。誤訳訂正をいただけると有り難い。)

“十年におよびアフガニスタン戦争のための北兵站ネットワーク起動とともに、ソ連邦を構成していた15の旧共和国のうち、モルドヴァとウクライナの二ヶ国を除いた全てが、世界で最長期の武力紛争用の兵士と装備輸送ルートに組み込まれた。アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、エストニア、グルジア、カザフスタン、キルギスタン、ラトヴィア、リトアニア、ロシア、タジキスタン、トルクメニスタンとウズベキスタンだ。1月に、アフガニスタン戦争支援のための、ロシアを横切るアメリカとNATOの飛行は‘年間、一方向で、4,500回にものぼった’とロシア政府は発表した。翌月、ヴォイス・オブ・ロシアは、外務省の数値を引用し、2009年10月以来、15,000人の米軍事要員と、20,000トン以上の貨物が、アフガニスタンへの途上、ロシア領を通過したことを明らかにした。”
そこで、たとえば、中央、および南アジアにおける、過去十年間のアメリカとNATO軍事駐留に対する上海機構加盟国の反対、そして、プーチン政権が、ワシントンとブリュッセルは、“ビン・ラディンととムラー・オマール狩り”とされるものの為に、今後どれだけ地域に居すわるつもりか再三問いただしてたことがあったが、変わりつつある状況のおかげで、変わる可能性がある。メドベージェフ政権の下での外交政策の変化と、西欧の十年間のアフガニスタン関与によって、タリバンの復活と、毎年、数万人ものロシア人死者を生み出すアヘン栽培のまん延がもたらされたという事実があるゆえに、ロシアが今戦争を幇助しているという状態も、変わる可能性がある。

« 福島第1原発・廃炉: 誰も欲しがらない使用済み燃料棒 | トップページ | CIAの無人機戦争に反撃 »

NATO」カテゴリの記事

アフガニスタン・パキスタン」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/41031242

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのアフガニスタン戦略:無分別かつ無慈悲:

» 米海軍は日本から豪へ移動すべき [東京の郊外より・・・]
米海軍大学を代表する論客で、中国軍事力の増強に警告を発してきた日系の準教授が、「在日米軍基地は今後重要となる戦域から遠すぎるうえ、中国のミサイルの射程内にあって非常に危険。豪基地へ移動すべき」だとする論文を発表しました。... [続きを読む]

« 福島第1原発・廃炉: 誰も欲しがらない使用済み燃料棒 | トップページ | CIAの無人機戦争に反撃 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ