« 東電、米国で原発建設予定: 日本の悲惨な原発運営者の貸借対照表情報無し | トップページ | 北方四島は返却すべきだ(モスコフスキー・コムソモーレツ) »

2011年3月21日 (月)

今度は地球丸ごと道連れ

Chris Hedges

2011年3月7日

truthdig.com

今は堆積した泥に埋もれている、イラクのバビロンや、古代ローマ都市、ローマ帝国シリアの首都アンティオキアの、荒涼とした遺跡の中を歩いたことがある。現在は、トリポリ南東の荒涼とした流砂の中で孤立している、かつてローマ帝国で最重要な農業中心地の一つであったレプティス・マグナの大理石遺跡を訪れたこともある。夜明けに、ティカルの古代寺院に登ったことがあるが、下方では、ジャングルの木の葉をぬって、鮮やかな美しいオオハシの群れが飛び交っていた。大地の上に砕けて横たわる偉大なエジプトのファラオ、ラムセスII世像を見つめながら、ナイル川にある古代エジプトの都市ルクソール遺跡で佇んでいた際、パーシー・シェリーの詩“オジマンディアス”が頭の中を巡った。

    “我が名はオジマンディアス、王の中の王なり。
    我が造りしものをとくと見て、神よ、絶望されよ!”
    傍らには何も残らず。朽ちた巨大な廃墟の辺り一面
    広大で、何も無い、平らな砂漠が遥か広がるばかり。

文明は、勃興し、堕落し、死滅する。時間というものは、古代ギリシャ人達が論じていた通り、個人にとっても、国家にとっても、循環的だ。社会がより複雑になると、社会は必然的に一層不安定となる。社会は益々脆弱になる。そして、社会が崩壊し始めると、おびえて、混乱した国民は、現実から奇妙な逃避をして、自明の脆弱さや、迫り来る崩壊を認めることができなくなってしまう。終末時のエリートは、現実とは関連のない言葉や専門用語で話すようになる。彼等は、ベルサイユや、紫禁城の宮殿なり、あるいは現代の宮殿のような私有地なり、隔離された屋敷に逃避する。エリートは、歯止めの利かない快楽主義や膨大な富の蓄積と浪費にふけるのだ。益々激化する獰猛さで、抑圧されている大衆の苦悩などに、連中は耳を貸さない。資源は一層容赦なく、枯渇するまで使い尽くされる。そして、最後に、空洞化した殿堂が崩壊する。ローマ帝国もシュメール帝国もこうして滅びた。マヤのエリート達は、森林を伐採し、川を沈泥や酸で汚染した後、未開状態に後退し、逃避した。

食糧と水の不足が世界中に広がり、中東、アフリカ、ヨーロッパで、悪化する貧困と窮状が街頭抗議デモをひき起こす中、エリートはあらゆるエリートが行うことを実行している。連中はさらなる戦争をしかけ、自分たちの為により巨大なモニュメントを建造し、自国民をどっぷり借金漬けにし、こうしたすべてが崩壊する中、連中は労働者と貧乏人に背負わせ、八つ当たりするのだ。40兆ドルという膨大な富を消滅させた、世界経済の崩壊は、アメリカのエリート達が、アメリカの製造基盤を破壊し、莫大な量の詐欺的な不動産担保証券を、年金基金、個人投資家、銀行、大学、国や外国政府や株主に売りつけた後でひき起こされた。エリート連中は、彼等の損失補填の為に、投機を再開しようとして、国庫を略奪した。連中はまた、緊縮財政という名目で、基本的な社会福祉を取り壊し始め、労働組合最後の痕跡も破壊に着手し、仕事の口を大幅に削減し、賃金を凍結し、何百万人もの人々を家から追い出し、失業者やパート雇用者という永久底辺層を生み出しながら拱手傍観している。

最後には、マヤのエリートは、人類学者のロナルド・ライトが“A Short History of Progress(「進歩小史」)”で書いているように“… 過激派や超保守派となり、自然と人類から、利益の最後の一滴を搾り取った。”我々自身の文明を含め、全ての文明は、このようにして、硬化し、死ぬのだ。差し迫った死の印は否定すべくもなさそうだ。常識が、新たな根本的対応を強く要求しても良いはずだ。しかし、自滅へと向かう競争は、知的、道徳的麻痺のおかげで、加速するばかり。ジークムント・フロイトが、“快楽原則の彼岸”や“文明への不満”で洞察した通り、人間社会は、性的満足の探求に夢中になり、目がくらんだまま、死と破壊へとまっしぐらだ。

中東での騒乱、アイルランドやギリシャ等の国々における国家経済の内部崩壊、アメリカ国内で、つのりつつある怒り、困窮する国外の労働者階級、必死の移住が増加していること、生命がそれに依存している生態系を、容赦ない破壊を人間が止めようとしないこと等は、アメリカ自体の崩壊と、アメリカのエリートの馬鹿さ加減と、グローバリゼーションの愚かさによる結果の兆しだ。不可避の事態を、未然に防げるのは、帝国と法人国家の迅速な廃絶を含む、アメリカ社会の完全な再構築を中心に築かれた抗議活動しかない。より良い条件を求めて交渉するのではなく、アメリカの腐敗したエリートを権力の座から排除することを目指す、新たな、何者をも恐れない根本的変革主義の誕生によってのみ、我々は救われるだろう。

グローバル経済は、人間の強欲さを見抜ける市場が、人々の行動を決定すべきであり、経済は永遠に拡大が可能なのだという、誤った信念の上に構築されている。膨大な二酸化炭素を放出しても、深刻な影響をひき起こすことなしに、生態系をボロボロにし続けることが可能だという想定の下でこそ、グローバリズムは機能する。そして、グローバルな経済拡大のエンジンは、豊富で安い石油が常に存在するという保証に基づいている。人間の本性や自然界に関する単純な真実に直面することができないエリートが、新たな社会的、経済的、政治的パラダイムをまとめることなど不可能だ。彼等は、死につつあるシステムを永続させようとつとめているに過ぎない。

グローバリゼーションというのは、金儲けの為に、国民を奴隷に、自然界を荒廃地に変える為に、過去のエリート達が使ってきた、古代イデオロギーの現代版表現なのだ。こうしたエリート連中にとって、神聖なものなど皆無なのだ。人類も自然界も、枯渇するか、崩壊するまで搾取されるのだ。エリートは、公益を守ろうという素振りさえ見せない。グローバリゼーションというのは、要するに、理性的思考の敗北であり、人道主義の死だ。自滅に向かう行進は、既に海洋の大型魚類の90パーセントを滅ぼし、地球の肺ともいうべき、成長した熱帯林の半分を壊滅させた。この勢いで行くと、2030年までには、地球の熱帯林は、わずか10パーセントしか残らない。汚染した水によって、地球上で、毎日25,000人が亡くなり、栄養不良によって、毎年約2000万人の子供が健康を損なっている。空気中の二酸化炭素は、現在、350 ppmを越えており、大半の気候学者は、これは我々が知っている生命を維持するための最大レベルだと警告している。[編者注: 上記の文章は、記事がここに初めて発表された後、改訂されている。] 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2100年までに、測定値が、541から970 ppmにまで至る可能性があると推測している。現時点で、地球の膨大な部分が、人口過剰、干ばつ、土壌の浸食、異常な暴風、穀物の大凶作や、海面上昇に悩まされており、人類の生存には適さなくなるだろう。

ジャレド・ダイアモンドは、エッセイ“最後のアメリカ人”で、エルナンド・コルテスが、ユカタン半島に到着した頃には、数百万人のマヤ臣民が消滅していたと書いている。

    “一体なぜか”ダイアモンドは書いている“王侯貴族は、こうした問題に気がつかず、解決しなかったのだろうか? 一つの主要な理由は、自分たちが金持ちになること、戦争をしかけること、モニュメントの建造、お互いの競い合い、そして、こうした活動支える為、農民から充分な食糧を取り立てること、といった短期的な関心事に彼等の注意が明らかに集中していたことだ。”

“石油を汲み出し、木を切り倒し、魚を捕ることは、それで金や権威が得られるエリートにとっては利益になっても、長期的には、(エリートの師弟を含めた) 社会全体にとっては良くないのだ”ダイアモンドは更に続ける。“マヤの王達は、庶民や次世代の幸福よりも、自分達の権威(より多くのより巨大な寺院が必要だ)やら、次の戦争での勝利(より多数の支持者が必要だ)といった、目先の関心に夢中だった。現在、我々の社会において、政治判断上で最大の権力を持った連中は、通常、社会全体にとっても、彼等自身の子供達にとっても良くない可能性がある行為を通して金を儲けている。こうした政策決定者の中には、エンロン社幹部、多数の地開発業者や、金持ち減税論賛成論者が含まれる。”

イースター島も全く同じだった。五世紀、166平方キロの島に初めて住民達が定住した際には、豊富な淡水と樫の大きさにまで成長するチリ・ヤシが生い茂る森林があった。魚、アザラシ、イルカやカメなどの水産物や、巣をつくる海鳥も豊富だった。貴族、僧侶と庶民という精巧なカースト制度でわかれていた、イースター島の社会は、5あるいは6世紀の間に人口は約10,000人に膨れ上がった。天然資源はむさぼり尽くされ、消滅し始めた。

    “作物栽培のための森林伐採によって、人口は増大することになったものの、土壌浸食と、肥沃度の低下を招いた”と、ポール・バーンと、ジョン・フレンリーが“イースター島、地球島”の中で書いている。“次第により広大な土地を切り開かねばならなくなった。高木も低木も、カヌー造り、薪、家造りや、像の運搬と建立に必要な材木とロープ用に切り倒されることになった。ヤシ果実は食糧にされ、ヤシ再生は低減した。食料として持ち込まれたネズミも、ヤシ果実を餌に、急速に繁殖し、ヤシの再生を完全に妨げた。豊富な海鳥資源の乱獲により、沖合の小島を除き、海鳥資源は完全な絶滅に至ったろう。卵を食べることによって、ネズミがこの過程を助長した可能性もある。漁業、海鳥やネズミによって実現された豊富な食糧が、最初の急速な人口増大を促進した。無制限な人口増大によって、後に土地取得への圧力が高まり、紛争を、そして最終的には戦争を招いた。材木とロープがもはや得られなくなると、それ以上の像を彫刻するのは無意味となった。住民達の要求に応えてくれるはずの巨像信仰の効能に対する幻滅によって、この狂信的な宗教を放棄するに至った可能性もある。不十分なカヌーのため、漁業は沿岸と岸辺の海に限定され、タンパク質の供給は更に乏しくなった。その結果として、大飢饉、戦争や、経済全体の崩壊、著しい人口減少となったのだろう。”

イースター島文明の後期には、各部族は益々巨大な切り出した石像を建立して、先祖を讃える為に競争したが、それは島の材木、ロープや人的資源の最後の残りを必要とするものだった。1400年までに森は消失した。土壌は浸食され、海へと流された。島民達は古い材木を巡って争いはじめ、飼い犬を、そして間もなく、巣を作る鳥を、全て食い尽くすまでに落ちぶれた。

自暴自棄になった島民達は、建立した石の神々モアイには生命がやどり、自分たちを災厄から救ってくれるのだという信仰体系を作り上げた。こうした呪術への最後の逃避は、最終局面に陥ったあらゆる社会の特徴だ。これは、制御不能と絶望と無力さに対する、死に物狂いの反応なのだ。こうした呪術への絶望的な逃避から、チェロキー族の亡霊の踊り、ペルーでの、スペイン人侵略者に対する、絶望的なタキ・オンコイの反乱や、1530年代のアステカ族の予言がもたらされた。文明は、最期の瞬間には、受け入れるには余りに暗くなってしまった現実を前にして、現実からの完全な断絶を信奉する。

聖書には書かれていない携挙、つまり、この世の終わりに、キリストが天から再臨する際、キリスト教徒は不死の体となり、裸で天へと浮揚しキリストに会うという福音派キリスト教徒による信仰は、地球温暖化や、進化論を否定することを可能にする、正しい人々は全員救われるという不条理な考え方同様に、空想的だ。道徳的に中立で、人類の熱望に役立つ科学技術が、世界を丸ごと造りなおしてくれるのだという信念も、同様に妄想的だ。世俗面でも、宗教においても、こうした呪術思考に我々は祈りをささげている。

我々は、過去の欠点から何とかまぬかれているだろうと考えている。我々は、先人たちよりもより賢明で、偉大だと確信している。我々は必ずや救済されるのだと、我々は素朴にも信じている。特に、事態が悪化する中で、こうした偽りの希望を提供する連中は、我々からの、お世辞や称賛を享受する。アメリカ合州国に暮らす、世界人口のわずか5パーセントの我々が、世界のエネルギーの25パーセントを浪費する消費水準を維持するという権利など神から授かってはいないのだと、もしも誰かが言おうとすれば、アメリカ人は激怒する。そのような消費は恐らく良くないことだろうと、ジミー・カーター大統領が提言した所、彼は全国的なあざけりの的になった。事態が悪化すればするほど、人は架空の明るい話を一層欲しがるのだ。空想やら自己欺まんを提供するのが商売の連中は、連中が私たち国民を、政治的に従順することができるゆえに、大企業や寡頭政治勢力から潤沢な資金援助を得て、勢いづいている。そして、最後には、その多くが共和党大統領指名を受けようと行列しているかに見える愚か者や精神錯乱者連中によって、我々は崖から嬉々として飛び下りさせられるだろう。

    “ちっぽけな孤島における300年前の出来事が、世界全体に対して、何らかの意義があるのだろうか?”バーンとフレンリーは問うている。“我々は、あると考えている。イースター島は、地球全体のモデルとなる小宇宙だったと我々は考えている。地球同様、イースター島は、孤立したシステムだった。島の住民は、他の全ての土地は海面下に沈んでしまっていて、自分たちが地球上で唯一の生存者だと信じていたのだ。無制限の人口増加、資源の浪費、環境破壊と、将来面倒を見てくれるはずだという自分達の宗教への限りない確信を許容するという実験を、私達の為に彼等が行ってくれたのだ。その結果、生態学的災害から、集団的消滅に至ったのだ。... この実験を大規模で繰り返す必要があるだろうか? 我々は、ヘンリー・フォードの様にひねくれて、‘歴史などたわごとだ’と言うしかないのだろうか? イースター島史の教訓に学び、その教訓を我々が暮らす地球島に適用する方がより賢明ではなかろうか?”

こうした搾取と崩壊のサイクルを繰り返すべく、人類はのろわれているもののようだ。そして、荒廃の程度がひどくなればなるほど、周囲で一体何が起きているのかを、益々理解できなくなってゆくのだ。人間の愚行と、人間の傲慢さの産物が、地球上に散乱する。この瞬間が、およそ5,000年前に始まった定住文明生活という、この惨めなだしもの自体の大団円のように見えるのだが、生物の種として、我々は、我々自身も、社会も、絶滅に向かって、駆り立てるよう運命づけられているもののようだ。地球上には、もはや奪うべきものは何も残されていない。森林、化石燃料、空気や水を含む、自然資本の、最後の残物を、我々は今食いつぶしている。

今度我々が滅亡する際は、地球規模になるだろう。略奪できる新たな土地はもはや存在せず、搾取すべき新たな人々も存在しない。時間と空間の制限を消しさった技術が、この地球村を地球規模の死を招く落とし穴へと変えたのだ。イースター島の運命は、地球という巨大な規模で示されることになろう。

クリス・ヘッジズは、Truthdigの週刊コラム執筆者で、ネーションズ研究所・特別研究員。彼の新著は“Death of the Liberal Class”である。

記事原文のurl:www.truthdig.com/report/item/this_time_were_taking_the_whole_planet_with_us_20110307/

----------

まるで、今の日本・世界のために書かれたように思える記事。文明が終焉する時には、あやしい呪術への逃避が流行する?

Minamisanrikumoai

驚くべき事実。南三陸町ホームページに、なんと上のモアイ像写真がある。(暗い部分を、明るく加工した)この町の橋のたもとに、モアイ像のレプリカが建てられているという。解説の一部を引用させていただこう。

この像は、イースター島にあるモアイ像のレプリカで、本物のモアイと同じ種類のチリ共和国本土の石から、現地の石工が製作し平成3年7月に設置したものです。
 当地方は、昭和35年5月に発生したチリ地震津波で大きな被害を受けました。この地震津波で被災し、復興を遂げた両国の友好のしるしとして、平成2年に当時の駐日チリ共和国大使が来町して町に「友好のメッセージ」を贈りました。これがきっかけで、交流が始まり、モアイ像は平成3年7月に復興と友好の、そして防災のシンボルとして設置されました。

昨年秋(2010/10)に書かれた下記の新聞記事もある。

南三陸モアイ化計画 高校生が町のキャラ目指し奮闘中

日本中に林立する原発がモアイ像の役割を演じ、ひたすら原子力教を奉じ続けるこの日本、現代版イースター島と化しているようだ。イースター島史、これまで、学者が調査し、本にして、知らせるしか方法がなかった為に、貴重な教訓、なかなか広まらない。今回、貴重な教訓は、世界にリアルタイムで報じられる。人間モルモット。

新刊“Death of the Liberal Class”素晴らしい本だが翻訳は出るまい。お笑いテレビ番組視聴者の皆様、たとえ翻訳が出ても購入されるまい。預言者郷里に容れられず。

地震予知でなく、大地震があっても、耐えられるような都市造りにこそ力を注ぐよう主張してこられた地震学者の石橋克彦氏も郷里に容れられない方のようだ。テレビに全く登場されない。テレビ、現代の呪術布教装置なのだから。『原子炉時限爆弾』(2010/8)を書かれた広瀬隆氏も同様だ。

Aptimebomb_2

W大名誉教授(実はテレビ・タレントではと想像する)が『原子炉時限爆弾』について、読者からの質問に答える形で下記のように書いている。

2010年11月30日 (火)

【原発は時限爆弾?】

大地震のとき原発は暴走して、原子爆弾の爆発となって大惨事をもたらす、という本ですね。

本当かどうか、私には分かりません。手元にスーパーコンピューターもなければ、原発炉心のソフトもないからです。

それにしてもこの本の作者、広瀬隆という人は何者なのでしょうか。

このような結論は、放射線物理の専門家である私でもまったく分からないのに、この人は『本を書けるほど』分かっているのです。多分、東大や京大の原子力工学、原子核工学関連の学科の大学院博士課程を卒業、その後専門の原子炉設計のシミュレーションをやっている人かしら?

そうでなければ、こんな本は書けないからです。

さて、本当は広瀬隆とは何者なのでしょうか?

噂ではどこぞの大学(?)の理工応用化学出身、しかも原子力工学大学院とは無縁らしいのです。これは驚きですね。

まったくの素人が携帯電話の電磁波の強度と人体、とくに生殖細胞への悪影響をシミュレーションして警告した、という笑い話を思い出しました。

この東大卒・早稲田大学名誉教授と、そうした学問的背景の無い広瀬氏、どちらが庶民にとって重要な発言・行動をしているだろう?学歴肩書の問題ではない。シミュレーション用スーパーコンピューターを使えるか否かではない。某大手オンライン通販サイトにも、「原子力を専攻した自分からみると、広瀬氏の本は間違いだらけ」という趣旨の書評がある。そんな書評をする暇があるなら、現場で率先対応をお願いしたい。(「テレビ出演している人々は、すべからく幇間」という確信、この数日、強まるばかり。幇間は、大スポンサーの悪口、口が裂けても言えない。それはアメリカも同じだ。アメリカのマスコミ: 意見を売って、ニュースと呼ぶ)ただの幇間という表現ですむのか、詐欺などの犯罪にはあたらないのか、彼等に向かって声を出してののしりながら、不思議に思って見ている。

都痴事の暴言には驚かないが、米倉弘昌日本経団連会長の「千年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」発言にはびっくり。そういう人が財界トップであることが、日本の財界が正気でないことの証明でないことを期待したい。もし、できるのなら。一体どこが、千年に1度なのか?どこが「想定外」なのか。この不埒な連中の頭脳構造こそ、「想定外」。天罰があるのなら、こういう人々に下るはずだろうに。

大震災、死亡・不明2万1千人に 「明治三陸」と同規模という記事がある。

 東日本大震災の死者・行方不明者は21日、午後11時現在の警察庁まとめで2万1469人となり、明治以降、国内最悪の津波被害とされる1896年の明治三陸地震(死者数2万1959人)とほぼ同数となった。明治三陸地震では、高さ約38・2メートルの津波が確認されている。

災害対策を口実にしたインチキ連立政権と、TPP加盟で、日本という国家は究極のメルトダウンに突入する。日本には生まれたくなかった、と改めて思う。

広瀬氏の『原子炉時限爆弾』書店から姿を消した。情報統制でなく完売品切れ重版中だ、と愛読者は思いたい。

尊敬する反原発運動の先駆者、高木仁三郎氏(残念ながら2000年に亡くなられた)の遺作に岩波新書『原発事故はなぜくりかえすのか』2000/12刊がある。残念なことに店頭では品切れ。岩波webでは重版中とある。『原発事故はなぜくりかえすのか』いたる所、示唆に満ちている。特に第5章「自己検証のなさ」。物事をあいまいにしたままにはせずに、徹底的に究明し、自己検証しなければ、進歩はないはずだ。しかし、JOCの臨界事故の際も、うやむやのままに終わっている。高木氏が、ある委員会に入ると、結論がどこに落ち着くかわからないから、その委員会には誘えない、と役人は彼に言ってきたという。(同書133ページ。)結論を内包した委員会、アカウンタビリティー、寄せ集めの技術、と高木氏の、もっともな指摘が続く。見識ある専門家達による真摯な論議の上で、わかりやすく、責任を引き受けて、行われるものでなければ、まともな科学技術政策になることはあり得ない。こうなると、「自己検証のなさ」、日本が誇るべき民族的特性と思えてくる。次の6章「隠蔽から改ざんへ」は、もう大企業と国家ぐるみの原発犯罪見本市。読みながら、頭に血が上り、脈が早くなる。本書を読むと、日本人、実は人類の為、自発的に現代のイースター島民になろうとしている偉大な国民であることがわかる。

高木氏の新書『市民科学者として生きる』1999年刊なら、購入可能だろう。福島第一原発三号炉での使用で、深刻な問題になっている、プルトニウムを含むMOX燃料問題、彼は明確に指摘している。

猛毒のプルトニウム、半減期は2万4000年。人類滅亡後も、毒性は消えない。

すべて「想定外」を言い募る幇間連中による、常識では想定内の人災。

昨日のNHK国営放送、IAEA天野事務局長の急な訪日の様子を報道していた。日本へ向かう暗い機内の事務局長の様子が映し出される。読書灯をつけ、下線を引いた英字新聞を読んでいる。彼は記者に向かって言う。「out of controlと書いてありますが、言い過ぎです。」(ビデオにとっていないので、この部分小生の記憶による。正確な文章をご存じの方がおられたら、ご教示頂きたい。)この放送だけ見ても、IAEAと、NHKの出鱈目さ、インチキさ、普通の方ならわかるだろう。いずれも、基本的には、信じてはいけない組織だと。

現時点で、ようやく、どれか原子炉に電源配線がつながり、中央制御室か卓の一部機能が回復したと報道されている。IAEAトップが英字新聞を読んでいた時点では、すべての中央制御室が機能していなかった。普通に考えればそれは「制御不能」という。制御不能を英語でout of controlと言う。「そうでない」というトップか、NHK放送局のいずれか、あるいは両者の、制御機構が制御不能であることを意味するのではないかと素人は懸念する。素人の懸念、間違いであって欲しいものだ。「お前の高校英語レベルでの解釈は、全く間違っている」と具体的に、ご指摘頂ければ嬉しい。

英語という話題で言えば、経済財政政策担当大臣の与謝野馨という人、中曽根康弘の紹介で日本原子力発電に入社、会社の命により、民社党の核拡散防止条約に関する訪欧調査団に原子力の専門家・通訳として同行、スイス、イギリス、イタリア、ドイツなどを訪問した。とWikipediaにある。いやがる日本のメーカー、学者を押さえ込み、強引に、突然に、原発導入を決めたのは、まさに中曽根康弘なのだ。決して、日本のメーカーが導入したがったのではない。逆に、アメリカ政府やアメリカメーカーが輸出したがった可能性は想像できる。もろちん、福島第一原発一号炉は、ゼネラル・エレクトリック製。アメリカ製品の輸入ということでは、ロッキード疑惑に倒れた田中首相を思い出す。この青年将校政治家、そうした不祥事での失脚もせず、生き延びている。この国では、人類の大災厄をもたらすかも知れない政策を進めると、有り難いことに、位階従六位、大勲位が頂ける。頭がくらくらする不思議なこの国の道徳律。シェークスピアのマクベス、魔女のセリフにもあるではないか。
「きれいはきたない、きたないはきれい。闇と汚れの中を飛ぼう。」

五十嵐仁の転成仁語 3月22日(火)原子力発電を推進した元凶としての中曽根康弘と正力松太郎 [災害]で、より具体的な情報がわかる。

国営放送には、緊急、中曽根インタビューを要求したいものだ。

先行する大事故から得られた、良い教訓を引用しておこう。

チェルノブイリ事故とスリーマイル事故からの教訓

(1) 事故は思いがけないことから起こり、予想外の経過をたどる。
(2) フェイルセーフ、フールプルーフはあり得ない。
(3) 事故の際の現場担当者は、信じられないほど楽観的である。
(4) 事故の通報は遅れる。
(5) 関係者はあらゆる手を尽くして事故を秘密にする。
(6) 事故の影響は過少評価される。
(7) 経済性のためには、少々の安全は犠牲にされる。
(8) 被害者は、因果関係がはっきりしないのをいいことに切り捨てられる。

出典:「原発事故 その時あなたは」瀬尾健著 風媒社 88-94ページ (著者の遺稿を、小出裕章氏が尽力されて、1995年刊行した本)

10年後か20年後、今回の放射性物質で癌になっても、体内に入った放射性物質に「福島第一原発3号炉発」と書かれていて、証拠が残るわけではないのだから、切り捨ては容易だろう。

官房長官も御用学者も、嘘をいっているわけではないだろう。
「今すぐ健康に害があるわけではない」は、言い換えれば、例えば
「15年後に健康に害がないと断定しているわけではない」とも解釈できるだろう。何がおきても、その時点では証拠皆無だから、彼等は問責されない。

今年は、奇しくも、チェルノブイリ25周年。

事故当時、「にがよもぎ」というのは、ロシア語では、チェルノブイリで、ヨハネの黙示録8章で予言されていたという話がまことしやかに広まった。あの頃、気になって調べて見たが、ロシア語聖書には、チェルノブイリでなく、別名のパルイニとして出ていると、ロシア語を解する知人は言っていた。また、ウクライナ語聖書での表記も、ロシア語と同じパルイニだそうだ。「チェルノブイリ」という単語そのものが、聖書の下記文章中にあるわけではない。

10.第3の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が天から落ちて来て、川々の3分の1とその水源に落ちた。11.この星の名は苦よもぎと呼ばれ、川の水の3分の1は苦よもぎのようになった。水が苦くなったので、その水のために多くの人が死んだ。

「こうした呪術思考」全く関心ないので、ここで止めておこう。

Warerachernobuili

高木仁三郎氏等が事故翌年(1987)出版された『われらチェルノブイリの虜囚』が手元にある。58ページに、当時の原発業界幹部の言動が紹介されている。読むに耐えない。今テレビで、平然と?語られている水素爆発については、当時の幹部の一人「水素問題は哲学論争に近い」とにべもない発言をしている。つまり、当時、日本での水素爆発、全く想定外であり、対策は用意されていないかったということだろう。現状は想定内か?想定内の事故だとしても、そのわりに、いくら素人目で見ても、対応は後手ばかり。

終章は水戸厳教授(故人)によるシミュレーション・レポート もし東海原発が暴走したら。

現在の福島原発、当時の東海原発より、東京からは遠いが、出力は遥かに高い。しかも、猛烈に毒性が高いプルトニウムを含むMOX燃料が福島第一原発三号炉に存在している。日本の為政者がプルトニウムを隠すため、意図的に造語した「プルサーマル」なる悪魔の核物質使用・製造システム(「流言蜚語」源になるつもりはないので、内容にはあえて触れない。プルサーマル、プルトニウム、MOX燃料、飛散のシミュレーション等、ご面倒でも、各自お調べ願いたい。たとえば最寄りの書店、あるいは図書館で、お金か時間を費やして。政府もマスコミもプルトニウムについては報道管制体制なので。)

念の為、この1987年の「あとがき」の一部を引用させて頂く。2011年迄には、24年もあった。担当各位におかれては、その気さえあれば、本格的対策、実施できていた可能性もあったろう。最善の対策は、もちろん、稼働中の原子炉の停止、廃炉、解体。そして、原子力推進政策の放棄。「経済が縮小する。国民が貧しくなる」としても、今の大惨事よりは、ましだったろう。それでも、中曽根を含む、原発推進論者にとって、なぜか全て「想定外」だ。

 チェルノブイリ原発事故から早や一年。世界中を恐怖の底に突き落とした同事故も、もはやほとんど世間の口の端に上らなくなり、マスコミ報道からも、時たまの外電を除いて「チェルノブイリ」はすっかり影をひそめた。

 だが、本書の中でも指摘されている通り、事故の影響はいまだに進行中であり、放出された放射能は、今後数十年間にわたって世界の人々を苦しめ続ける。チェルノブイリに終わりはないのである。

 原発の危険性、一たび大規模原子炉災害が発生した場合の悲惨さについては、これまで幾多の科学者、専門家が口すっぱく指摘し、警鐘を乱打してきた。にもかかわらず、推進体制側は、「人が死ぬような原発事故は百万炉年(注、一基の原発が百万年間稼働した場合を仮定)に一度しか起こらない」とする、いわゆるラスムッセン報告などをもち出して安全PRにこれ努め、原発推進に血道をあげてきた。

 そしてTMIからわずか七年後にチェルノブイリが起こった。

 ラスムッセンの確率論的安全論が、まやかし以外の何物でもなく、原発が、地球上の全生物にとって危険極まりない悪魔の産物であることは、もはや誰の目にも明らかである。

が、周知のごとく日本では、この全生物への「最後の警告」ともいうべきチェルノブイリ原発事故の発生もものかは、全原発が平然と稼働を続けている。

 一体、この国はどうなっているのか。太平洋戦争で敗戦を体験するまで戦争をやめなかったように、東海原発で大原発事故が発生し、首都が壊滅するまで、原発を廃絶しないのではないのか。時折り、そんな想いにとらわれる。

 ところで、この国の原発推進体制が、かくも強固な背景の一つに、新聞、テレビに代表されるマスコミが、体制内に取り込まれてしまっていることが挙げられる。第一線で働く記者一人ひとりに、「原発推進」の意思はなくても、組織の総体としては、残念ながら推進に加担しているのが実態だ。

 原発のもつ反人間性、反社会性、犯罪性は無論その危険性にあるだけではない。原発は、生物とは本来的に相容れない放射能を、絶え間なく生産し続けるばかりか、地方自治を侵害し、民主主義を徹底的に破壊する。さらには、下請け、孫請けの労働者を情容赦なく使い捨て、人心を荒廃させる。

  そんな悪の権化である原発をなぜ稼働させるのか。かつて盛んにPRされた経済性やエネルギー・セキュリティとやらも、すでに馬脚を現しているではないか。

東京都知事選挙、地方選挙が迫っている。都民は、今回の大地震・津波を天罰だと言い、地震でも壊れなかった築地市場を、想定通りに液状化した豊洲への移転を強行する男を再選するのか、それとも、地震・津波による原発災害の危険性を正面から取り上げてきた党も推薦する人物を選ぶのかが問われている。この記事の流れからすれば、当然、後者以外の選択肢、考えられない。アメリカ人である、クリス・ヘッジズも、ラルフ・ネーダーも、同じ意見に違いない。東京以外の皆様にしても、同じだ。痴呆選挙ではいけない。

不可避の事態を、未然に防げるのは、帝国と法人国家の迅速な廃絶を含む、日本社会の完全な再構築を中心に築かれた抗議活動しかない。より良い条件を求めて交渉するのではなく、日本の腐敗したエリートを権力の座から排除することを目指す、新たな、何者をも恐れない根本的変革主義の誕生によってのみ、我々は救われるだろう。

しかし、なんといっても、この国のマスコミ・政治家は「想定外」がお好きなので、結果はわからない。東京では「小池晃さんを応援する市民勝手連Q」というものもあるようだ。市民社会フォーラム。Eメール宛先は、katteren2010@gmail.com。率直に申しあげて、あまり見かけは「ぱっとしない」。「反原発」ではなく、「脱原発を」とアピールしている。これは、座布団十枚!

チュニジアやエジプトのように、アメリカ国務省や、その意を汲むGoogle,Facebook,Twitterといったソーシャル・ネットワーク企業の支援を受けた傀儡若者運動とちがい、宗主国の支援がない手作り組織、資金もノウハウも不足だろう。しかし、名もなく、貧しく、美しく、手作りで大資本に対抗(脱大資本とおっしゃるのだろうか)してこそ、宗主国様がおっしゃる「市民革命」の本物。本当にトモダチなら、国務省には、「小池晃さんを応援する市民勝手連Q」に技術支援をお願いしたいものだ。「カッコよく資金潤沢な運動こそ、いぶかしい」と貧乏人はひがんでいる。

TVコマーシャルの多さにいまさらながら気づかされた。万一事態が収束した暁には、『オール電化』CM、復活するのだろうか?アメリカのアヒルもネコも最近みかけない。どうしたのだろう。代理に挿入される公共広告機構AC(実態は、電力業界が牛耳る、視聴者洗脳機構)CM、節電の為、つまらないコマーシャルは見ずに、早くテレビを消しましょうという親心メッセージに違いない。「日本はひとつ」などとしつこく言うのは、原発で儲ける連中と、原発で被害を被る庶民、日本は二つに別れている証拠だろう。

またもや一億総懺悔を目指す洗脳だろう。ACの偽善広告に騙されず、今回の人災、東京裁判ではなく、東京電力関係者(通産官僚、政治家、御用学者、マスコミなどを含め、原発推進に関与した人々が、なぜ原発推進政策を進めたのか、どういう責任を問われるべきなのかを問う)裁判が必要だろう。それなくしては、再発必至。必要なのは、決して、総懺悔ではない。

仁科亜季子の子宮頸ガン・乳ガン予防CMを飽きるほど見せられている「われらフクシマの虜囚」メタボ中年男の小生、連休明け、検診に行くべきか迷っている。:-)

2012/1/6追記:

文中にある、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が旗ふりをして広めた二酸化炭素による地球温暖化説は出鱈目だ。二酸化炭素による地球温暖化説、原発推進やら、排出権商売のための「プロパガンダ」であることを明記しておかないといけない。気温が上がると、二酸化炭素も増える現象は確認されているというが、逆ではない。日本のマスコミは報じないが、海外のマスコミは報じている。それが、たとえば、京都議定書に対する外国政府の対応と、日本政府の対応の大きな違いの一因だろう。原発でも、TPPでも、排出権でも、日本政府は、宗主国の為になることを基準に、政策を選んでいるもののようだ。

« 東電、米国で原発建設予定: 日本の悲惨な原発運営者の貸借対照表情報無し | トップページ | 北方四島は返却すべきだ(モスコフスキー・コムソモーレツ) »

アメリカ」カテゴリの記事

クリス・ヘッジズ」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

地震・津波・原発・核」カテゴリの記事

新自由主義」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
今更ですが関連記事をご紹介します。

イースター島で何がおこったか? 新しいシナリオ(NPR)
http://blog.talktank.net/2013/12/npr.html

こうしたお話もあります。
どちらが真実でどちらが虚構か。

お話で振り回される人間の浅はかさですかね。
ろくでもない筋の先に何があるかは歴史と経験が
教えるところのものではありますが。
歴史には嘘もあり、経験は作られることもある。
失敗を受け止めぬものは同じ失敗を繰り返す。
自分の墓穴を掘るは、自己責任。
ご親切に他人の墓穴まで掘ってくれる人もたまに
おられますが。
(これは主様への批判ではなく、自己批判です。)

福島はいつの間にか、幼子までもが緊急時被曝状況を適用され、年間人工放射線被曝量が引き上げられ、出来上がった数値を基に辻妻合わせの安全論が権威、マスコミから語られてしばらくが経ちました。

驚くべきは、思考停止した人達の多さと、危機感を持ち、正論を語る人へのなんとも言えない疎外感。

余計な正論を事を語る人より、今ある現実を逃避させてくれる安全論を語る人にある意味信仰に近い信頼があります。

日本の長年に渡る国民総家畜化計画は順調に根付いていることを再認識しました。

羊でさえも鳴き声くらいは上げるだろうに

永遠に右肩上がりで発展し続ける経済は、この先必ず滅びるだろうとなんで気がつかないのだろう?

地球の資源を使い尽くし、あらゆるものを使い捨て、人間がこの世のすべてを支配し、そして一番だと思っ

ている人間しか居なくなったとき、初めてどんなことをしても取り戻せないと悟った時、 きっと最後の

一人になるまで争い、そして滅びて行くのだろう。

その前に何とか食い止められないのか

それとももうタイマーは回ってしまっているのか

この素晴らしい地球という星に生きられて感謝することしか今の私には出来ない。

私の子孫がここに生き続けられるよう、今何をすべきか考えても手立てはないように感じるのは

私だけだろうか?

もしかしてみんながそう感じながら、滅びの道を突っ走っているのではないだろうか?

TBありがとうございました。

地球全体がイースターとなるのかはよく分かりません。

福島の原子炉は爆発しません。(放射能が出るのはまた別問題)

広瀬隆氏のサイトにリンクがあったので飛んできました
石橋氏、小出裕章氏など色々な方が原発と地震について指摘してきたのに予知委員会は
「想定を超えた津波」の一点張り

広瀬氏は門外漢でも分かることを専門家が分かってないと再三言ってきました
プルトニウムの報道が出た今東京もこの事態が長ければ長いほど危険だと思われます
(放射能の蓄積が心配)

ドイツやフランスの放射能と風の動きで沖縄まで汚染されるかも知れないと思われるデータを貼っておきます
http://www.zamg.ac.at/pict/aktuell/20110326_fuku_I-131.gif

TBありがとうございます。

参考になりました。

TBありがとうございます。
>いやがる日本のメーカー、学者を押さえ込み、強引に、突然に、原発導入を決めたのは、まさに中曽根康弘なのだ。

日本の原子力発電所 立地、好漁場に隣接していて、気になっていましたが、これで、その経緯理解できました。
原発事故で 好漁場が、汚染されると、蛋白源をアメリカなどに、頼らざるをえなくなる「仕組み」になってたんですね。。。。

売国奴noodle

日本に生まれたくなかったのなら、他の国の国籍取って、日本の国籍を捨てろよ。
老いたときに、平気な面して年金もらいに来るのだけは止めろよな。

autodoa様
「グローバリゼーションというのをやめて、地球的破壊活動」説、全くごもっとも。今後、なるべく併記するようにしましょう?
小生、良い日本語があるのに、わざわざ、カタカナ、アルファベットを使う政治家、学者、皆インチキだと思っております。極めつけは「アジェンダ」を連呼する政党。
小生など、アジェンダという単語、読んでいる英文に出てくるたびに悩むのに。
『原子力時限爆弾』「単なる品切れ」であることを願いたいものです。「北朝鮮以上の統制国家」ではないことを祈ります。

グローバリゼーションというのをやめて、地球的破壊活動と言い換えましょう。
原発事故でも簡単に想像力を働かせれば、想定内ですし
地球の中で、右肩上がりの経済なんて考えられません!
エコポイントで、ものすごい大量消費をそれこそ「意味がわかりません」

原発事故がこれ以上危険な状態にならないことを祈ります。
そしてそのあと、しっかりとした真実が明かされることも祈ります。

原子力時限爆弾、今売り切れ中です。いつ入ってくるかわからないと言われました。?

CMはやはり気になってました。ひつこすぎて、ちょっと逆に考えてしまいます。
TVは、やはり見ないほうがいいようですね。

今回の原発事故では、万一のプルトニウム汚染の危険性について全く報道されていません。 おそらく、これに言及すると国民のパニックが起こるかもしれないので報道規制をかけているのかもしれませんが、より疑わしいのは、プルトニウムの危険性が開示されることで、いずれプルサーマルや使用済み核燃料処理が問題になることを原子力委員会や原子力発電環境整備機構(略称:原環機構、NUMO)が恐れて圧力をかけていることです。 現在、日本原燃が所有する核燃料の再処理工場である六ヶ所再処理工場は、1993年から2兆1,930億円(!)をかけて青森県上北郡六ヶ所村弥栄平地区に建設が進められており、試運転中です。 予定は 2010年10月竣工でしたが、2010年9月に最大で2年後まで竣工が延期されることになっています。 この再処理工場が万一事故にあえば、青森県は人が住めなくなるほど汚染される危険性があるのです。

原発の使用済み燃料には、プルトニウムと燃え残りのウランが含まれます。 これを再処理工場でガラス固化体にして高レベル放射性廃棄物にするのですが、放射能がきつく崩壊熱も高いので、再処理後30年から50年間一時貯蔵したのちに地層処分するとされています。 しかし、最終的な放射性廃棄物保管場に関しては地層処理場も含めて何も決っていません。(核分裂生成物の30年~50年減衰保管管理は経費がかかり、半減期の長い長寿命核種は数億年も管理できないので、高速増殖炉/加速器駆動未臨界炉で中性子を当てて核分裂させ半減期の短い物質に変えて燃やしてしまう処理方法が研究されています。) すべてが莫大な費用がかかり汚染危険もはらんでいるのですが、情報は意図的に国民に伏せられています。

読んでいてあまりに刺激的で放心状態に陥ってしまいました。
ただ分かっている人は分かっているのだなと少し安心させてもらえました。

人類の大部分は未だ猿のままなのだと思います。
順位争い、縄張り争い、餌を巡る争いをわずかに高度化したレベルです。
自分が何かを得るために平気で同属の足を引っ張り、場合によっては殺します。
また自分が原因であるのに人のせいにすることも躊躇しません。

本当に上品で賢ければ福の神にしかなりようがありません。
また自分が愚かであることを認識出来るならその愚かさを抑え込むことが
出来ますがその認識さえろくに出来ずに突っ走っているのが山ほどいるのが
人類でしょう。ろくでもないエゴはあっても本質的な理性が欠けている。
例えば「儲けて何が悪い」と言った人が居ましたが儲けは最初から人から余分に
奪うという意味で大きければ大きいほど悪でしかない。ましてや詐欺的手法で
儲けるなら論外です。そんなレベルの理性すらなかったのが人類です。

原発の問題でも末端の日雇い労働者を使い捨てにしていたらしいですが、
物の考え方が特攻隊と変わらずこれではまともな労働環境にいつまで経っても
なりません。「人を使い捨てにするとは何事か!」とする経営者でない時点で
終わってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/39313428

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は地球丸ごと道連れ:

» 震災・原発ディアスポラ [雪裏の梅花]
福島原発事故は放水作戦が一定の効果を得ているらしく、少しは明るい兆しが見え始めた状況かも。 枝野幸男官房長官をテレビドラマの主人公に見立てて「政界のジャック・バウアー」と呼ぶ声もあるとか。ただ...... [続きを読む]

» 原発事故対策マニュアルがウェブに [ペガサス・ブログ版]
チェルノブイリ事故のあと,1989年に仲間と作った原発事故対策マニュアルを,ウェブに出しています.イメージなので1.8MBあります. http://jsa-t.jp/local/fukuoka/genpatsujiko1989.pdf 事故地の近隣の方で今関心が高い,防護対策は42ページからです.絶版になっていますが,緊急出版のオファーがあるとのことです.応援のクリック歓迎 ... [続きを読む]

» 全面的情報公開(徹底解明)で恐怖の克服を [逝きし世の面影]
『人は判らないものを恐れる』 闇夜が怖い訳は、人間は何時もは情報の9割以上を視覚に頼って生きているので、肝心の自分の目が働かない夜の『闇』が恐しい。 誰であれ『判らない』ことが一番恐ろしいのです。 『人生において恐怖すべきことは何も無い。あるのは理解す...... [続きを読む]

» 安全なんだったら使用済核燃料は経団連会館で保管したらいかが。 [くろねこの短語]
 昨日は、午後から雨なんて予報もあったので、午前中早々に墓参りへ。いつものように [続きを読む]

» dendrodium復帰丸1年 [Dendrodium]
今日3月21日春分の日でdendrodiumに復帰してから丁度1年になる。 今朝このブログの管理画面の機能がおかしくなっていて、トラックバックの返信画面が出なかったので、大慌てして、TB下さった方のブログ...... [続きを読む]

» 夜明けの満月 [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
3月20日午前4時、ヤップから見た夜明け前の満月、18年ぶりのスーパー・フルムーンです。 どんどん悪化する福島原発「人災」事故に心を奪われ、11日の地震&津波発生以来ずっと睡眠不足が続いていましたが、19日(土)の夕方、原発冷却方法としては前代未聞の消防車による注水!により、原子炉の温度が少し下がったというニュースを受けて、ようやく睡魔に襲われました。20日午前2時には空港へのアテンドがありましたから、19日午後8時から翌1時まで爆睡、空港の帰りに見た満月です。夜が明ける前に煌々と照らす月を見てい... [続きを読む]

» 資料 原発事故 19 3月21日(月)の放射能大気汚染 [木霊の宿る町]
ただいま当地時間は3月21日(月)15時。 日本は22日(火)7時。以前に3月20日(日)までは風が北東へ向いているので放射能物質が東京方面には流れないだろうというCBC情報をのせたがその後どうなっているのだろう。先ほどみつけたドイツ気象庁の情報に3月21日(月)午前三時の大気中放射能予測が出ていた。Relaiv Konzentration(相対濃度) で hoch(高濃度) 〜 niedrig(低濃度) 六段階になっている。 千葉の一部は上から四番、東京は五番と低位にある。まだ安全圏内にある。別な... [続きを読む]

» 一貫して原子力廃止を貫こう! [Autodoa 自転車 Life]
想像力を働かせれば、原子力が人間の扱えるものではないくらい解る。 まして、広島・長崎に米国によって原爆投下された国の人間なら解る。 チュルノブイリの事故を思い出せば当然解るし、あの時世界は原...... [続きを読む]

» 資料 原発事故 20 掛け算をしないNHK怪説 [木霊の宿る町]
●三月二十日(日)は十六年ぶりに大きな満月がでるから月光を浴びながら滑ろうとスキー仲間から誘われた。なんでも普段の140%もの大きな月になるらしい。おのまはトロントでとても大きな月をみたことがある。それは十六年前ではなく、ギルシャハムと江口玲の演奏を聴いた1999年の秋だった。どういうわけか月は昇ったり降りたりを繰り返しているように見え、いつもと違う妙に赤っぽい色とあいまってとても不思議な念にかられたものである。●日本の惨事いらいこのかた海外にいる日本人の多くは多かれ少なかれ喪に服しているような精神... [続きを読む]

» NO.1998 石原に民罰を!選挙で引きずり落とせ! [大脇道場]
 いくら暴言で有名な石原都知事とは言え・・・! 日本中が被災地に心を寄せて、救援を見守っているさなか、「大震災は天罰」とは! さすがにこれには唖然としました。 もはや、暴言でしか自らの存在を表現...... [続きを読む]

» 体を張って頑張る消防、火事場泥棒の自衛隊、逃げ出す米軍 [逝きし世の面影]
『市民を守る消防と、自をまもる自衛隊』 プルトニウム混合燃料の東京電力福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールを冷やすため、東京消防庁は燃料プールまで50メートル建物の壁まで2メートルの位置まで最接近。19日隊員らは交代しながら手作業で最大一時間の野...... [続きを読む]

» お財界様は「命よりゼニ」の強欲街道まっしぐら [Afternoon Cafe]
◆Newsweek 原発推進派のメルケルも日本無視できず 地震で被災した日本の原発が危機に陥っているのを見て、「やっぱり危ないじゃないか」と怒り出したドイツ人 2011年03月15日(火)16時50分 バリー・ニ...... [続きを読む]

» (補足)正しい情報を出したがらない国と東電の態度が国民を不安にさせている [Afternoon Cafe]
前の記事を補足しておきます。 ?.国や東電の認識の甘さや隠蔽体質を示す記事はたくさんありますが、そのうちのいくつかをここからあげておきましょう。 (尚、今まで「国と東電」というように一緒くたに...... [続きを読む]

» フランスの独立系原子力監視機関が報じる2011年3月21日の福島原発の記事 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
   フランスの独立系原子力情報センター、「CRIIRAD」の2011年3月21日11時(日本時間で同日19時)の発表記事を読んでみましょう。ここに含まれるいくつかの情報、たとえば、「ホウレンソウの汚染が27倍」...... [続きを読む]

» 必見! 大前研一氏の講演「福島原発事故の現状と今後」 [人類猫化計画]
■朝から激しい雨。 原発事故の収束の兆しは未だに見えず、計画停電の不確実さに怯える地方の町は きょうも閑散と冷え込んでいる。 ■それでも週が明けて、スーパーの棚にはお米や菓子パンが並ぶようになり...... [続きを読む]

» 北へ向かうタンク貨車列に「がんばれ!」と思わず叫ぶ,涙溢れつ [静かなる革命2009]
計画停電の真っ暗闇の中で炊事場に立ち食器を洗う.わたしの母は晩年になって失明したので最初は大変だったが,やがて手探りで何でも一人でできるようになった.それに比べれば真っ暗とは言え多少の明かるみもあり,思ったよりも難しくなかった.ベトナム戦争のときベトコン戦士らは米軍の空爆を避けるため,夜,無灯火で月明かりを頼りにジャングルの中を猛スピードでトラックを走らせて物資の輸送を行ったという.毒性の強いダイオキシンを含む枯葉剤はそのジャングルを根絶やしにするために空中から大量散布された.しかし,勇敢なベトコン... [続きを読む]

» NO.2010 「福祉・防災都市東京へ」、「東京革命」を掲げる革新都政の会の小池あきら候補 [大脇道場]
 いつも何から書こうかと迷います。  大災害のなか、被災三県をのぞく、東京、北海道など12都道県の知事選が告示され、いっせい地方選挙が始まりました。選挙は全国的に延期し、災害復興に全国が一丸と...... [続きを読む]

» 一票一揆があるじゃないか!共産党があるじゃないか! [BLOG BLUES]
政治、行政は、変えられる。なぜなら、 その主権者は、ほかならぬあなたであり、僕なのだから。 変わらないのは、主権者たるあなたや僕が、変わることを 渇望していないからである。変わるといいなくらいじゃ、 変わりゃしませんて。「ぶっ潰す」くらいの思いきりがなけりゃね。 左派・市民派ブログシーンに身を置く僕が、 一貫して抱く不満は、この点だ。思いきりが、全然足りてないよ。 自民党的政治を否定するのに、民主党応援ってなんなのさ。きっと否定じゃ ないんだろうな。目先を変える、そんな程度か... [続きを読む]

» 地震の発生原因⇒プレート説は本当に正しいのか?⇒「熱移送説」も [日本を守るのに右も左もない]
地震の発生原因として、プレートテクトニクス説が常識化していますが、一方で「プレート説は地震の原因を十分には説明できない」という問題提起もなされています。 埼玉大学の角田史雄名誉教授が提唱する「熱移送説」がそれで、地核で発生し地球の表面へと伝わる熱が、地震や火山の噴火を起こすという説です。 ...... [続きを読む]

» 子や孫にシャッキン残すより、ゲンパツ残す方が罪悪だ [偏西風にのって]
前回の記事はクソ真面目な論調でツマラン!とお思いのあなた。そうです。閑古鳥もここに極まる、と言われるぐらいの別ブログにアップした4月2日の記事でございまして。手抜きでございます。申し訳ありません、てな... [続きを読む]

» 「今度は地球丸ごと道連れ」を読む [志村建世のブログ]
 昨日の当ブログ記事に、「マスコミに載らない海外記事」さんから、まことに適切なトラックバックを頂きました。かなりの長文ですが通読をお勧めします。この記事が、東日本大震災・福島原発事故が起きる前の時点で書かれていることに驚くとともに、改めて「わかる人にはわかっていた当り前のこと」だったのに気づかされます。 http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-286f.html ご用とお急ぎの方のために、少しばかり引用すると... [続きを読む]

» アリモドキゾウムシの運命 [Dendrodium]
志村建世のブログの放射線による人類駆除計画は面白くも恐ろしい物語であった。 琉球新報に載ったアリモドキゾウムシという人間にとって害虫である虫を駆除したニュースを元にした想像である。 アリモドキ...... [続きを読む]

» 地球挽歌を見て思ったこと [Dendrodium]
地球ばかりが人の住む星ではない。 宇宙には数え切れないくらいに、生物が住む事の出来る環境の星があるそうである。 そんなに悲観することもない。 人生はいつかは終わるという事は初めから決まっていた事...... [続きを読む]

« 東電、米国で原発建設予定: 日本の悲惨な原発運営者の貸借対照表情報無し | トップページ | 北方四島は返却すべきだ(モスコフスキー・コムソモーレツ) »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ