« TPPA文書公開を要求する署名公開質問状 | トップページ | 東電、米国で原発建設予定: 日本の悲惨な原発運営者の貸借対照表情報無し »

2011年3月17日 (木)

チェルノブイリ後始末の専門家、日本とIAEAを酷評

Michael Shields

Reuters

2011年3月15日、火曜日 2:42 PM EDT

ウイーン(Reuters)

火曜日、原子力産業の強欲と、国連の原子力監視機構に対する企業の影響力のおかげで、日本は原子力災害を拡大する羽目になりかねないと、チェルノブイリの汚染除去をすべく配属された人員の一人が語った。

福島における日本の対応を批判して、ロシア人原発事故専門家ユーリー・アンドレーエフ氏は、企業と国連国際原子力機関(IAEA)は、業界の繁栄を守るために、25年前の世界最悪の原発事故の教訓を意図的に無視していると非難した。

"チェルノブイリ後、自分たちの評判に傷がつかないようにするために、原子力産業のあらゆる力が、この出来事の隠蔽に向けられました。研究資金を持っているのが、原子力産業しかないため、チェルノブイリ体験は正しく研究されなかったのです。

"業界はあの事故が気に入りませんでした" ウイーンでのインタビューで、元ソ連の原発事故緊急対策機関、スペツアトム元理事長で、現在、原子力の安全性について教鞭をとり、助言している彼はそう語った。オーストリアの環境省は彼を顧問として雇っている。

火曜日に、福島の原子炉直近で保管していた使用済み燃料棒がひき起こし、放射能を放出した火事は、安全よりも利益を優先している一例に見えるとアンドレーエフ氏は語っている。

"日本人は、非常に貪欲で、使える空間を全て利用します。しかし、プールに使用済み燃料をぎっしり詰め込めば、水がプールからなくなったら火事になる可能性は非常に高くなります"と、アンドレーエフ氏は語っている。

企業の建屋や、稼働中の原発に近すぎると主張して、IAEAも、この基準には責任があります、と彼は語った。そして、ウイーンに本拠を置く機関が立ち上げた緊急事故対策チームは、"実働部隊ではなく、シンクタンクに過ぎません"と、彼はにべもなく言った。

"あらゆる組織は原子力産業に依存しているので、見せかけの組織に過ぎません。IAEAは原子力産業に依存しており、適切な行動をとることはできません。

"彼等はいつも真実を隠そうとするのです。"

"IAEAは... 原子力産業で起きる可能性がある事故に対して注目を集めることに興味はないのです。彼等は全ての緊急対応組織に全く関心がありません。"

アンドレーエフ氏の批判に対し、直後のIAEAコメントはない。

福島で日本の当局が体験したことは、いやというほど私は理解しているが、漏洩をくい止めるには創造的な解決策が必要だろうと、アンドレーエフ氏は語っている。

"静かなパニックのような状況です。私はこの状況を知っています"と彼は言う。"この業界では規律が一番大事なのですが、緊急事態対応には、独創力、ある種の想像力や臨機応変のようなものさえ必要なのです。"

記事原文のurl:in.reuters.com/article/2011/03/15/us-chernobyl-clean-up-expert-slams-japan-idINTRE72E7AL20110315

----------

この記事、日本でも記事になっている。たとえば下記。なぜかしら全文ではないので、あえて掲載。スペツアトム、汚染除去会社と元記事にはあるが、調べてみると、どうやら緊急対策組織といった方が正確におもえるので、あえて翻訳を変えた。

【放射能漏れ】日本の設計は「安全より経済優先」ロシア人原発専門家が批判

ユーリー・ボリソビッチ・アンドレエフ氏、1986年4月のチェルノブイリ黒鉛減速炉原子力発電所の暴走事故発生時、原発Unit2の主任技師だった。こちらのインタビュービデオの人のようだ。(ロシア語だろう)

追記:2011年3月18日10時58分東京新聞記事、チェルノブイリの教訓生かされず 福島原発事故で被害者団体 で、「チェルノブイリ原発事故の被害者団体「チェルノブイリ同盟ウクライナ」(キエフ)代表で、元同原発技師のユーリー・アンドレエフ氏(61)」と紹介されている人が本記事の人物。

複数の沸騰水型原発、運転停止はしたが、核燃料、使用済み核燃料の冷却機能が完全に失われた福島原発と、暴走したチェルノブイリ、事故の性質は全く違うだろう。それは素人でもわかる。

とはいえ、膨大な放射性物質が放出される懸念という点では、全くの別物とはいえまい。飛散の可能性がある核燃料の量に至っては、チェルノブイリより多そうだ。あちらは、原子炉三基、こちらは、6基。

しかも、猛毒のプルトニウムまで、核燃料に使っている。広瀬隆著『原子炉時限爆弾』、まるで予言書そのもの。世界初のプルトニウム飛散という悲惨な結末がまっている。世界中の専門家はそれを知っている。広島・長崎ではアメリカに原爆を落とされた。一方、福島原発の放射性物質による被害、政・官・財・マスコミ・学者たちの自己責任?独断による、壮絶な国民総モルモット実験の結果。(小生、ものごころついて以来、原発建設に賛成したことはない。インチキ・プロジェクトを、住民・国民を安全だとだまして推進して、儲かる連中と、だまされて、被害にあう人、人数も収入も天地の差だろうに。儲けは自分たちに、損害は国民に。素晴らしいエリートの皆様。彼等を支える素晴らしい国民おられればこそ。)

広瀬隆氏の最新記事、ダイヤモンド社のサイトで読める。「破局は避けられるか――福島原発事故の真相

自衛隊ヘリコプターで水を投下する予定だという話で、チェルノブイリの使用済み機材置き場を思い出した。こちら「閉ざされた大地、チェルノブイリ原発事故から15年目」に詳しい報告がある。

「一般住民に健康被害はない」という旧ソ連政府の偽りの報告を住民、国民は怒っている。と、報告にはある。

「一般住民に健康被害はない」という日本政府、偽りの報告はないと祈りたい。できることならば。

そもそも、問題の原発、本来は装置寿命だったようだ。廃炉にすべきだったろう。外国報道(たとえばBusiness week)では、そう報道されている。ちなみに、このBusiness week記事には、尊敬する石橋克彦氏のコメントが載っている。反原発活動をしておられる田中三彦氏のコメントも。日本のマスコミ、連日の報道でも、決してこのお二人は登場しない。ブラックリスト?さすが宗主国の調査能力。誰が本当のことを言っておられるか、把握した上で、活用、報道している。

毎日新聞には、下記記事があったらしい。いくつものブログに、記事の写しはあるが、本家の毎日に、その記事見あたらない。削除されているのだ。事実ならば、寿命を、ごり押し延長し、延長許可したのだろうか。安全性より、経済性優先で。組織の凶暴共謀。TVも新聞も、この延長の話題、一切触れない。不思議な蜃気楼。

<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)

2010.03.27

東京電力は25日、来年3月で運転開始から40年を迎える福島第1原発1号機(福島県大熊町、沸騰水型、46万キロワット)について、さらに20年間の運転が可能とする技術評価書と、今後10年間の保守管理方針を原子力安全・保安院に提出した。40年超の運転が認められれば、既に廃炉を表明している日本原子力発電・敦賀原発1号機(福井県敦賀市)、関西電力・美浜1号機(同県美浜町)に次ぎ国内3例目となる。

福島第1原発1号機は高経年化に合わせて配管などの交換作業を進めてきており、東電は「大部分の機器・構造物は、現在の保全活動を継続することで40年目以降も健全に維持できる」としている。

高嶋哲夫『津波』集英社文庫、昨日読み終えた。彼の『M8』は以前読んでいた。ノーベル賞候補かどうかは別に、世界向け発信に値するだろう。著者、元原発関係者という経歴があるためか、原発事故については甘すぎて、今の日本とは大きく違っている気がする。津波そのものについては、あわてて昨年刊行された『津波災害』-減災社会を築く 河田惠昭著を読んだ。著者、当然、テレビ出演しておられる。この本を読むと、「想定外」という言葉を連発する皆様、小生にとっては、そのIQか人格のいずれか、あるいは両方が、「想定外」の方々におもえる。:-)

TPPで、日本の農産物も、品質さえよければ、世界に輸出する可能性が広がるという屁理屈があったような気がする。もはや日本産というだけで、農産物や牛肉、競争力をうしなったろう。放射性物質は長く残る。世界中で大人気の日本料理も、「材料は日本産ではありません」という看板が不可欠になる。世界の人々、この大惨事を永久に忘れまい。チェルノブィリの場合、全くの秘密裏で、スウェーデンによって暴露されるまでわからなかった。今回は、チェルノブイリ並(以上か?)の大惨事対応のダッチロール状態が、終始、世界に配信されている。

我々中高年も、頑張って、危険覚悟で消費するしかなさそうだ。生き残れたら。(ただし、財力欠如の小生、もちろん牛肉消費は「想定外」。)

追記:

2011/3/17 とうとう宗主国の日大使館、在日同胞に「80km以上離れるよう」勧告をだした。この発表、まともな判断力を持つ政府・人間がすべき「想定内」の行動だろう。残念ながら、属国政府・マスコミよりも、信憑性ははるかに高い。

故平井憲夫氏の『原発がどんなものか知ってほしい』も、是非お読みいただきたい。

観光立国の夢も、大量移民の夢も、これで蜃気楼と化した。医療・介護、3K労働、いくらお金を積んでも、特攻隊精神の持ち主、世に満ちてはいないだろう。

悪名高いアメリカ名産無人飛行機がいよいよ登場するようだ。イラク、アフガニスタン、パキスタンで暴虐な市民殺戮で大活躍中のグローバルホーク。世界で初めて人助け?に使われる。福島原発専用監視カメラ、大気汚染サンプリング測定という触れ込みで。これは、たしかに本物の『想定外』事態。この高価な殺人・偵察用無人飛行機メーカーにとって、夢のような売り込み宣伝の機会。日本中の国民がテレビで洗脳される。もちろん、ついでに何機も買わされるだろう。次は沖縄配備?そして、今後は偵察・殺人という「想定内の」用途で活用されるだろう。

« TPPA文書公開を要求する署名公開質問状 | トップページ | 東電、米国で原発建設予定: 日本の悲惨な原発運営者の貸借対照表情報無し »

マスコミ」カテゴリの記事

地震・津波・原発・核」カテゴリの記事

コメント

ノーニュークス・アジアフォーラムhttp://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/index.htm
に、たかしさんの紹介してくださった番組のテープ起こしが。http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/109a.htm大変な労作です。「打ち間違いがあるかも」とのことでしたので、番組で確認してください。

http://www.youtube.com/user/chorochannel#p/u/0/rpcuM1v90XE

いつ政府により削除されるか分かりません。
ハードコピー出来る方はぜひお願いします。
繰り返します。
この映像は必ず政府によって削除されます。
ハードコピーを取って、各自のサーバーに確保してください。
(ブログ主補足:朝日ニュースターで、広瀬隆さんが登場している優れた番組です。普通のテレビ番組を、24時間、一週間見続けるより勉強になるでしょう。番組制作を決断された方々に敬意を表します。)

処で原子力発電なんて元々狂気の沙汰だと思っておりましたので福島第一原発の原子炉は何処の会社の原子炉なんて考えもしませんでしたが、何とジェネラルエレクトロニック社のマークⅠ(もうご存知かもしれませんが)と言う70年代に設計された原子炉だそうです。(事故以前の日本のニュースを見ていると如何にも日本の素晴らしいテクノロジーは安全だと言う様な記事が多かったので当然日本でデザインされたか若しくは米国の炉を日本で改良した物かと思っていましたが)
 兎に角、開発当初から問題視されていて、ジェネラルエレクトロニック社の3人の技術者が問題のマークⅠの危険性を訴えて辞任していた程危険な原子炉だそうです。米原子力規制委員会(?)までも批判的なリヴューを書いていたそうで(事故が起こると制御不能になる可能性は---ナナナ何と90%と言う!!!)そんな危険な原子炉をホイホイ日本に持って来るような東芝?其れとも日立?と日本自民党政府には呆れて物が言えない状態に私は陥っております。

記事に頷いた後、コメント欄のお名前のかわいらしさに不覚にも和みました。丸々としたマガモさんが頭の中を泳いでいます。

さておき、「想定外」って嘘も休み休み言えって感じですね。津波に耐えられないという指摘は06年に県議員さんから出てますし、07年7月には今回の事故をそのまま写し取ったような申し入れ書
http://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html
が正式に出されてますし。
「情報の無視」と「想定外」って、全然、まったく、違うと思いませんか。

事前にマスコミと検察を使っての言論封殺、非常時には大本営発表、それにすがりつき、本当のことを言うと隣組に「煽り」だの「扇動」だのと言われる、まるっきり我々は大日本帝国臣民であるかのようです。情けなく、悔しいです。

私個人は自分が「特攻(←めさくさ不名誉な言い方ですが)」しても構わないです(虚弱な痩せ気味の女ひとりの肉体労働能力なんてたかが知れてますが)。第二次大戦と違い、それ以上の価値はある。原発にはずっと反対してきましたが、結局とめることが出来なかった責任はこの国の有権者として確かに私にもあるので。但しこの期に及んで東電と行政は手をこまねいていますから、どうにも……。

名無しさんへ、
当ブログ、決して道路のブロック塀とは思っておりません。通りがけやら、通りがかりやら、名無しといった、「思いっきり匿名」の投稿は、基本的に無条件で削除させていただいております。
今回に限り、(「ビデオ・メッセージ」という言葉を目にして以来)似た想像をしていたので、公開させて頂きます。本当はどうなのでしょうね?国内では間に合わないのでは?知人のフランス人、まもなくフランスに帰国します。
今後、書き込みいただく場合、特定個人と同定できるような、独特なお名前でお書きくださるよう、宜しくお願いいたします。

隠ぺいばかりの日本・・・
安全だーって話している矢先・・・今日から大物業界人は遠方へと避難しています。

歴史を振り返ってみても先の大戦の時でもそうですがこの国の血脈が感じられます。
呪われた血筋というか遺伝子というか。
毎回おかしな方向に流れて行き、壊滅的なダメージを受けて再起し、また繰り返す。
しかも、テクノロジーや人心操作術という力が激増した現在与えられる人災が
段違いになっており、人そのものをどうにかしないとその害が半端ないレベルに
達してしまいます。

どうしたものでしょうね。

キョウ様
「想定外」は魔法の言葉です。グレッグ・パラストというジャーナリストは、連中、嘘をついて国民を殺して、「心神喪失」のふりをするつもりか、と言っています。病気の治療には、正しい診断が必要でしょう。政府・東電の災害対応には、正しい現状把握が必要でしょう。国民が、適切に対応するには、正しい情報提供が必要なはずでしょう。けれども、平時、大本営でしかない報道機関が、戦時に正気にかえるはずはないのが現実。大前研一氏は、現状を日航機事故にたとえています。ダッチロール、わかっていて、墜落の大惨事をまっているのでしょう。今回は全国民が乗客。近県の無計画「計画」停電も、家の外にでるな!パニックになって、東京集団脱出するな!という発言代わりの「心神喪失者の」「悲しい」親心でしょう。

想定外と言えば許されるなら何をやっても良いですよね。
自分が刃物を持って人を殺しても自分がこんなことするなんて想定外と言えば
許される。

それにしても情報工作が酷いですね。
正確な情報が伝えられそれが絶対的に信用に足るなら混乱もしないのに。
まともな分析も出来ず、まともな戦略も立てられず工作活動でいよいよ混乱。

この期に及んでこの有様は悲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/39257590

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリ後始末の専門家、日本とIAEAを酷評:

» 核廃棄物プールの破損 [Dendrodium]
福島第1原発4号機建屋付近で15日午後10時に、40万マイクロシーベルトの放射線量検知 東京電力は、16日朝の会見で、15日に火災があった福島第1原発4号機の原子炉建屋で、再び炎が上がっているのが確認されたと...... [続きを読む]

» 原発について情報まとめ(随時追加、更新) [Afternoon Cafe]
原発に詳しくない私があーだこーだと書くより有益だと思いますので、福島原発情報について、目に留まった情報を随時ここに加えていくことにしました。 欠けている情報もあるかと思いますが、お許し下さい。随...... [続きを読む]

» 福島原発4号機で火災再発 [王様の耳はロバの耳]
福島第一4号機で再び火災、建屋の壁の穴から炎確認(朝日新聞) - goo ニュース 今日16日朝からTVニュースを見ていると7時半頃「福島原発4号機で5時45分頃建屋から炎が上がっているのを発見」そして今の追加情報では「炎は消えた」と。 なんとなく不安ですよね。...... [続きを読む]

» 被災者への救援作業、難航 [虎哲徒然日記]
7日目となった。 当初の人命救助の段階から、生き残った人々をどう救うのかへと段階はうつりつつある。しかし、救援物資がなかなか届いていない実態が明らかになってきた。 ... [続きを読む]

» 東日本大震災関連情報 [雪裏の梅花]
昨日(15日)は休息のためブログを休みましたm(_ _)m 非常時にブログを休んだあげくに、いきなりこんな内容なのもどうかと思いますが…悪い情報です。 冗談抜きで悪い情報なので、気の小さい方は読まない...... [続きを読む]

» 待ったなしの国難を救う「お釈迦さまの蜘蛛の糸」作戦 [静かなる革命2009]
おしゃべりしている時間はない.簡単に要点だけ記そう. ■長時間・無人・連続注水しかない.そこで,「お釈迦さまの蜘蛛の糸」作戦: 「水で冷却する」というのがほとんど唯一の手段となっているが,すでに放射線濃度が高くなり過ぎて有人で必要量の放水(100~1000トン)を効果的に行うことが困難になっている.プールが漏水している可能性もあり,長時間(24時間/1週間/1月・・・)無人で連続注水する必要がある.放水車を無人化するということも考えられるが,改造に時間がかかりそうだ.一番簡単なのはホース... [続きを読む]

» 原発事故所感その2 [たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ]
---------------------------------------------------------------------------------------- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000186-jij-pol 石原慎太郎東京都知事は14日、東日本大震災に関連し、「津波をうまく利用して『我欲』を一回洗い落とす必要…... [続きを読む]

» ★暴走原発を制御不能な東京電力と政府の対応! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★暴走原発を制御不能な東京電力と政府の対応!震災、津波の被災者に追い打ちを掛ける [続きを読む]

» 原発の安全確保に「想定外」があってはいけない。 [くろねこの短語]
 昨日の大停電警告ってのには驚いた。そもそも、大停電を回避するための計画停電じゃ [続きを読む]

» 日本の友へ、事態をはやく察知して~! [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
こんなときでも、仕事に行かなければなりません。 少しでもお役にたてればと、下記をリンクしておきます。 〇スリーマイル島原発周辺でのガン増加を示す新たな論文 by 今中哲二 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/TMI/JHT9704A.htm 〇飯山一郎のLittle HP http://grnba.com/iiyama/ アメリカ大使館はその日に、ついでフランスも、ドイツも、イギリスも...どんどん各国政府が自国民の東北~関東地方からの緊急避難... [続きを読む]

» 現実を見つめて−チェルノブイリ原発事故10年目の環境問題[平成8年(96)6月記] [住職のひとりごと]
日本全体、いな全世界を巻き込む大事故に発展するかに思われた福島第1原発の事故は、その後、消防、自衛隊さらには外国の応援も受けながら放水し放射線を発し続ける使用済み核燃料の冷却を行い、さらには電源機能の回復によって劇的に終息に向け動き出しているかに見える...... [続きを読む]

» きゃ~ [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
徹夜明けのヤップは薄曇り、3週間弱のお見送りの日々が、今朝、ようやくおわった…。 やりきれぬフンヌを抱えて病院から家に戻り、いつまでも眠くならない目をネットに向けていると、きゃ~、ここでも…(憤) ↑これが↓(上下写真)、チェルノブイリ後、ロシアで活躍した放射能除染作業員(リクビダートル)のいでたちだったが: 〇リクビダートル、チェルノブイリ作業員 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20... [続きを読む]

« TPPA文書公開を要求する署名公開質問状 | トップページ | 東電、米国で原発建設予定: 日本の悲惨な原発運営者の貸借対照表情報無し »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ