« 北朝鮮: 米日同盟に好都合な脅威 | トップページ | リチャード・ホルブルックの本当の遺産 »

2010年12月16日 (木)

Wikileaksの背後にいるのは誰か?(超抜粋)

Michel Chossudovsky

Globalresearch.com

首題記事、長いので『Wikileaksの社会的、企業的環境』という一項目のみ、翻訳・引用させて頂く。

Wikileaksの社会的、企業的環境

Wikileaksと『エコノミスト』は、矛盾するとおぼしき関係にもある。Wikileaks創設者、編集長のジュリアン・アサンジは、2008年『エコノミスト』のニュー・メディア賞を受けている。

『エコノミスト』はイギリスの金融エリートと密接な関係を維持している。『エコノミスト』は、結局のところ、イラク戦争へのイギリス参戦を支持した体制側報道機関だ。同社にはロスチャイルド家のお墨付きがある。サー・イヴリン・ロバート・エイドリアン・ド・ロスチャイルドは、1972年から1989年まで『エコノミスト』の会長だった。彼の妻リン・フォレスター・ド・ロスチャイルドは、現在『エコノミスト』の理事会メンバーだ。ロスチャイルド家は『エコノミスト』には、かなりの株も持っている。

一体なぜジュリアン・アサンジは、常に偽情報マスコミ工作に関与してきたイギリス最高の体制側報道組織から支援を受けるのだろうかというのが、より幅広い問いかけだ。

Wikileaksの試みを支援し、褒賞するというプロセスにより、Wikileaksプロジェクトを支配し、操作す手段としながら、同時にWikileaksを、主流マスコミの中に埋め込む"マニュファクチャード・ディセント(でっちあげられた反対意見)"という出来事の相手を我々させられているのではあるまいか?

もう一つの重要なつながりにも言及する価値がある。ジュリアン・アサンジの弁護士、ロンドンの一流エリート弁護士事務所ファイナース・スティーブンズ・イノセント(FSI)のマーク・スティーブンズは、偶然にもロスチャイルド・ワデスドン・トラストの顧問弁護士だ。このこと自体は何の証明にもならないと言えるが、ニューヨーク・タイムズ、外交問題評議会(CFR)、エコノミスト、タイム、フォーブズ、ファイナース・スティーブンズ・イノセント(FSI)等々、Wikileaksの社会的、企業的環境という、より広い文脈での検証が必要だろう。

記事原文のurl:www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=22389

----------

911の背後のアッと驚くような真実やら、イスラエル・アメリカの対アラブ世界侵略策などが、これから暴露されるなら、背後関係を疑う必要など不要になるだろう。

そうあって欲しいものだが、「そういう展開にはなるまい」と貧乏人、想像してしまう。

« 北朝鮮: 米日同盟に好都合な脅威 | トップページ | リチャード・ホルブルックの本当の遺産 »

WikiLeaks」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

古い記事ですが、

Saturday, December 4, 2010
トロイの木馬だったウィキリークス。詐欺師&工作員ジュリアン・アサンジ
http://insidejobjp.blogspot.com.au/2010/12/blog-post_04.html

5度目の不当「凍結処分」中>私のツィッター

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/38095449

この記事へのトラックバック一覧です: Wikileaksの背後にいるのは誰か?(超抜粋):

» イスラエルは核兵器を使うかもしれない 伊首相米国に伝言 [Dendrodium]
伊首相、イスラエルの核使用警告 対イラン、米長官に  【ローマ共同】内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」は、イランに対するイスラエルの核使用の可能性をイタリアのベルルスコーニ首相がゲーツ米国防...... [続きを読む]

» ★仙石長官の発言を甘受する自民党県連の面妖?★官房機密費の見返りが疑われる。 [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★仙石長官の発言を甘受する自民党県連の面妖?★官房機密費の見返りを疑われる対応。 [続きを読む]

» イラ菅はカイライだ!!! [雪裏の梅花]
昨日(20日)のscottiさんからのコメントでもありましたが、東京新聞「こちら特報部」に載ったウィキリークスの暴露情報(@_@;) それで「こちら特報部」の全文を引用したいと思ったのですがWebには未掲載...... [続きを読む]

» 胡散臭いウィキリークス(Wikileaks)とウィキペディ(Wikipedia) [逝きし世の面影]
『地元ではみんなが知っていた機密情報?』怪しい臭いがするウィキリークスウィキリークスの情報流出ですが、2008年にイラクのロイター記者など多数の一般市民が米軍へりに殺された銃撃事件の映像をすっぱ抜いたことで、一躍有名になり世界的な信用を獲得した。しかし...... [続きを読む]

» ウィキリークスとアサンジの不思議な動き [逝きし世の面影]
『本当に情報公開なのか?』本物なら大事件だが・・・ウィキリークスで外交秘密資料を暴露したアサンジとアナーキズムというテーマで外務省元分析官・佐藤優が、『アメリカ外交は10年間は大影響する』として、日本のマスメディアや有識者がWL(ウィキーリークス)を企...... [続きを読む]

« 北朝鮮: 米日同盟に好都合な脅威 | トップページ | リチャード・ホルブルックの本当の遺産 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ